似ているようで似ていない!?旬の冬野菜「カブ&大根」の食感を楽しむアレンジレシピ♪

似ているようで似ていない!?旬の冬野菜「カブ&大根」の食感を楽しむアレンジレシピ♪

冬野菜の代表選手「カブ」と「大根」。煮てもサラダでもおいしい野菜ですよね。どちらも冬に旬を迎えておいしくなるので、いろんなお料理で食べたいものです。そこで今回は、それぞれの特徴の違いや上手な選び方、調理法をはじめ、シャキシャキを楽しむサラダや漬物、ほっくりとろとろを楽しむ煮込み料理、とろとろのすりおろしなど、食感が楽しい「カブ」と「大根」を使った冬におすすめの絶品アレンジレシピをご紹介します。2017年11月27日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
食材
野菜
冬野菜
野菜料理
冬レシピ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
456

冬野菜の代表「カブ」と「大根」

冬野菜を代表する「カブ」と「大根」。生でも煮物にも美味しいので使い勝手が良い野菜ですよね。それぞれの特徴を知っておくと、お料理のレパートリーの幅が広がりますよ。
出典:www.photo-ac.com

冬野菜を代表する「カブ」と「大根」。生でも煮物にも美味しいので使い勝手が良い野菜ですよね。それぞれの特徴を知っておくと、お料理のレパートリーの幅が広がりますよ。

「カブ」と「大根」の特徴と選び方

見た目は、「カブ」も「大根」もどちらも緑色の葉っぱと白い姿が似ています。さらに、大根の中にはカブのような形をした「聖護院大根」という種類もあるので、見分けづらいという方もいらっしゃるのでは?
まずは、カブ。日本書紀に記されていたほど古くから日本で親しまれている野菜のひとつ。日本各地の気候や風土によって多くの品種が生まれ、今では80種類もあるんだとか。東日本に分布するカブは実つるんとしていて、西日本に分布するものは毛がある品種が多いんです。

◆カブの選び方
・葉っぱの緑がみずみずしく、ピンとしているもの
・実に張りがあって傷がないもの
出典:www.flickr.com(@maplegirlie)

まずは、カブ。日本書紀に記されていたほど古くから日本で親しまれている野菜のひとつ。日本各地の気候や風土によって多くの品種が生まれ、今では80種類もあるんだとか。東日本に分布するカブは実つるんとしていて、西日本に分布するものは毛がある品種が多いんです。

◆カブの選び方
・葉っぱの緑がみずみずしく、ピンとしているもの
・実に張りがあって傷がないもの

一年中スーパーで見かける大根は、いつが旬なのか分からないという方もいらっしゃるようですが、一般的には「春大根」と「冬大根」に分けることができます。春大根は辛みが強く、冬大根は甘みが強いのが特徴です。生食に人気に赤大根や、煮物にするとおいしい聖護院大根など、様々な品種があります。

◆大根の選び方
・葉っぱが鮮やかな緑色のもの
・ずっしりと重みがあるもの
・実に張りとつやがあるもの

※カットした大根を買う場合は、断面のきめが細かく「す」が入っていないものを選びましょう。
出典:www.flickr.com(@Dom Pates)

一年中スーパーで見かける大根は、いつが旬なのか分からないという方もいらっしゃるようですが、一般的には「春大根」と「冬大根」に分けることができます。春大根は辛みが強く、冬大根は甘みが強いのが特徴です。生食に人気に赤大根や、煮物にするとおいしい聖護院大根など、様々な品種があります。

◆大根の選び方
・葉っぱが鮮やかな緑色のもの
・ずっしりと重みがあるもの
・実に張りとつやがあるもの

※カットした大根を買う場合は、断面のきめが細かく「す」が入っていないものを選びましょう。

「カブ」と「大根」オススメの調理法でおいしさ倍増

カブの味は大根のような辛みがなく、生で食べても甘さを感じることができます。加熱するととろとろになるのが特徴です。実だけでなく、葉っぱの栄養価も高いので捨てずに活用しましょう。


◆カブのおすすめ調理法 
・生:漬物や酢の物 、柔らかさを活かしたサラダにも良い。
・加熱:煮込み時間を長くするとトロトロに。食感を活かしたい場合は、煮込み時間を短くするのがおすすめ。
出典:www.photo-ac.com

カブの味は大根のような辛みがなく、生で食べても甘さを感じることができます。加熱するととろとろになるのが特徴です。実だけでなく、葉っぱの栄養価も高いので捨てずに活用しましょう。


◆カブのおすすめ調理法
・生:漬物や酢の物 、柔らかさを活かしたサラダにも良い。
・加熱:煮込み時間を長くするとトロトロに。食感を活かしたい場合は、煮込み時間を短くするのがおすすめ。

スーパーで見かけることの多い「青首大根」は部位によって固さや味が異なります。上部はやや固いものの甘みが強く、中央部は柔らかく色がキレイです。根に近い部分は辛みが強いといった違いがあるので、料理に合わせて使い分けるのがおすすめ。

◆大根のおすすめ調理法
・上部:甘みを活かしたサラダ、酢の物など
・中央部:カブにくらべて煮崩れしづらいので、ふろふき大根やポトフなど長時間煮る料理向き
・根に近い部分:辛みを活かした焼き魚などの付け合わせの大根おろし

※煮物にする場合は、米のとぎ汁などで下茹でするとえぐみや苦みがなくなります。
出典:www.flickr.com(@[puamelia])

スーパーで見かけることの多い「青首大根」は部位によって固さや味が異なります。上部はやや固いものの甘みが強く、中央部は柔らかく色がキレイです。根に近い部分は辛みが強いといった違いがあるので、料理に合わせて使い分けるのがおすすめ。

◆大根のおすすめ調理法
・上部:甘みを活かしたサラダ、酢の物など
・中央部:カブにくらべて煮崩れしづらいので、ふろふき大根やポトフなど長時間煮る料理向き
・根に近い部分:辛みを活かした焼き魚などの付け合わせの大根おろし

※煮物にする場合は、米のとぎ汁などで下茹でするとえぐみや苦みがなくなります。




シャキシャキを楽しむサラダや漬物レシピ

カブのやさしい甘みを堪能

【10分で作る「カブのカルパッチョ」】


塩もみしたカブにオリーブオイルやブラックペッパーを振った簡単カルパッチョ。カブは実が柔らかいので10分ほど塩もみするだけでしんなりします。茎を少し残すのがセンスアップのコツですよ。
出典:

【10分で作る「カブのカルパッチョ」】


塩もみしたカブにオリーブオイルやブラックペッパーを振った簡単カルパッチョ。カブは実が柔らかいので10分ほど塩もみするだけでしんなりします。茎を少し残すのがセンスアップのコツですよ。

【箸休めにぴったりな「カブのお漬け物」】


箸休めに食べたいお漬け物を自分で作ってみませんか?赤カブと白カブで作れば、お正月などハレの日にもぴったり。カブの色が映えるようにシックな器に盛り付けるとステキです。
出典:

【箸休めにぴったりな「カブのお漬け物」】


箸休めに食べたいお漬け物を自分で作ってみませんか?赤カブと白カブで作れば、お正月などハレの日にもぴったり。カブの色が映えるようにシックな器に盛り付けるとステキです。

【あやめ雪カブの「しゃきしゃきサラダ」】

皮の一部が紫色の品種「あやめ雪」というカブを使ったサラダは、爽やかな印象。キメが細かくて甘いので、皮ごとスライスして使いましょう。茎にドレッシングを和えて栄養満点のひと皿です。
出典:

【あやめ雪カブの「しゃきしゃきサラダ」】

皮の一部が紫色の品種「あやめ雪」というカブを使ったサラダは、爽やかな印象。キメが細かくて甘いので、皮ごとスライスして使いましょう。茎にドレッシングを和えて栄養満点のひと皿です。

大根のシャキシャキ食感がたまらない!

【あと1品にちょうど良い「大根のなます」】

細切りにした大根とにんじんのなますは、みずみずしい食感が魅力。冬大根の甘さが引き立つ1品です。さっぱりとした味は、揚げ物や焼き物など、いろいろなお料理のわき役に欠かせません。
出典:

【あと1品にちょうど良い「大根のなます」】

細切りにした大根とにんじんのなますは、みずみずしい食感が魅力。冬大根の甘さが引き立つ1品です。さっぱりとした味は、揚げ物や焼き物など、いろいろなお料理のわき役に欠かせません。

【火を使わずに作れる「大根とツナの簡単サラダ」】

大根をたっぷり食べたいならこのサラダがおすすめ。千切り大根とカイワレ、ツナを和えるだけなので火を使わず簡単に作れます。だしがら昆布を入れると、風味がアップするのでおうちにあればプラスしてみては?大根から水分が出やすいので、食べる直前に和えると良いですよ。
出典:

【火を使わずに作れる「大根とツナの簡単サラダ」】

大根をたっぷり食べたいならこのサラダがおすすめ。千切り大根とカイワレ、ツナを和えるだけなので火を使わず簡単に作れます。だしがら昆布を入れると、風味がアップするのでおうちにあればプラスしてみては?大根から水分が出やすいので、食べる直前に和えると良いですよ。

ほっくりとろとろを楽しむ煮込みレシピ

とろける柔らかさが魅力のカブの煮込み

【ピリ辛味がおいしい「カブのコンビーフ煮」】

やさしい味付けにすることが多いカブをピリ辛煮にしたレシピです。豆板醤とオイスターソースのコクがカブに絡んで、白いごはんが進む味付けです。カブは味がしみやすいので短時間で作れるのも助かりますね。
出典:

【ピリ辛味がおいしい「カブのコンビーフ煮」】

やさしい味付けにすることが多いカブをピリ辛煮にしたレシピです。豆板醤とオイスターソースのコクがカブに絡んで、白いごはんが進む味付けです。カブは味がしみやすいので短時間で作れるのも助かりますね。

【ほっこりしたい日の「厚揚げとカブの煮物」】

定番の味もはずせません。醤油ベースのおだしで煮たかぶはとろとろとほどけるような柔らかさ。厚揚げにもしっかり味がしみていて冬の食卓をほっこりさせてくれそう。水溶き片栗粉でとろみをつけているので、冷めにくく見た目のツヤもキレイですね。
出典:

【ほっこりしたい日の「厚揚げとカブの煮物」】

定番の味もはずせません。醤油ベースのおだしで煮たかぶはとろとろとほどけるような柔らかさ。厚揚げにもしっかり味がしみていて冬の食卓をほっこりさせてくれそう。水溶き片栗粉でとろみをつけているので、冷めにくく見た目のツヤもキレイですね。

【素材の味が引き立つ「かぶの煮物」】

カブの他には何も入れないシンプルな煮物は、素材の味を存分に味わえます。舌触りをよくするために、皮を厚めにむくとなめらかな食感に仕上がります。シンプルなお料理こそ、ひと手間かけて作ってみてはいかがでしょうか?お鍋の中で動かしすぎると、カブが崩れてしまうので落としぶたを忘れずに。
出典:

【素材の味が引き立つ「かぶの煮物」】

カブの他には何も入れないシンプルな煮物は、素材の味を存分に味わえます。舌触りをよくするために、皮を厚めにむくとなめらかな食感に仕上がります。シンプルなお料理こそ、ひと手間かけて作ってみてはいかがでしょうか?お鍋の中で動かしすぎると、カブが崩れてしまうので落としぶたを忘れずに。

お袋の味の代表、大根の煮物

【冬はやっぱり「ふろふき大根」】

寒い冬こそ食べたくなるのがふろふき大根。厚く切った大根が柔らかくなるまで、ゆっくりコトコト煮るのがポイント。手作りの味噌だれのこっくりした味もたまりません。早く食べたい!と待ち遠しくなるようなお料理ですね。
出典:

【冬はやっぱり「ふろふき大根」】

寒い冬こそ食べたくなるのがふろふき大根。厚く切った大根が柔らかくなるまで、ゆっくりコトコト煮るのがポイント。手作りの味噌だれのこっくりした味もたまりません。早く食べたい!と待ち遠しくなるようなお料理ですね。

【お酒にもごはんにも合う「ぶり大根」】

冬が旬の魚、ぶりと大根の煮物はお酒のお供にも白いごはんにも合う冬の人気メニュー。ぶりのあらは、比較的お手頃価格で手に入るのでぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか?ぶりの下処理を丁寧に行うことで、魚独特のニオイも気にならずおいし煮ることができますよ。
出典:

【お酒にもごはんにも合う「ぶり大根」】

冬が旬の魚、ぶりと大根の煮物はお酒のお供にも白いごはんにも合う冬の人気メニュー。ぶりのあらは、比較的お手頃価格で手に入るのでぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか?ぶりの下処理を丁寧に行うことで、魚独特のニオイも気にならずおいし煮ることができますよ。

【お母さんの味を思い出す「大根と切り昆布の煮物」】

子どもの頃から慣れ親しんでいる味は、大人になっても食べたくなりませんか?大根と切り昆布の甘辛煮は、そんな1品です。このレシピでは、大根の下茹では必要ないのでお鍋ひとつで作れます。柔らかくて甘みがある冬大根のおいしさをしみじみ味わいたくなりますね。
出典:

【お母さんの味を思い出す「大根と切り昆布の煮物」】

子どもの頃から慣れ親しんでいる味は、大人になっても食べたくなりませんか?大根と切り昆布の甘辛煮は、そんな1品です。このレシピでは、大根の下茹では必要ないのでお鍋ひとつで作れます。柔らかくて甘みがある冬大根のおいしさをしみじみ味わいたくなりますね。

意外においしい焼き・揚げレシピ

カブのソテー&揚げは、程よい歯ごたえがGOOD!

【香ばしさととろみが絶妙「焼きかぶのごまあんかけ」】

生や煮物で食べることが多いカブですが、表面を香ばしく焼くと違ったおいしさを楽しめます。生でも食べられる野菜なので、中までしっかり火を通さなくても大丈夫。カブの葉っぱが入ったあんかけをかけてアツアツをいただけば、寒さが吹き飛ぶ温かさです。
出典:

【香ばしさととろみが絶妙「焼きかぶのごまあんかけ」】

生や煮物で食べることが多いカブですが、表面を香ばしく焼くと違ったおいしさを楽しめます。生でも食べられる野菜なので、中までしっかり火を通さなくても大丈夫。カブの葉っぱが入ったあんかけをかけてアツアツをいただけば、寒さが吹き飛ぶ温かさです。

【揚げてもイケる!「かぶのスパイシーフリット」】

揚げたカブを食べたことがありますか?衣はサクサクで中はコリコリ、カブの甘みがぎゅっと詰まったフリッターはとまらないおいしさです。衣にクミンシードや粗挽き胡椒を入れたスパイシーな味はビールにもぴったり。

見た目が可愛らしいので、ホームパーティーにも良さそう。
出典:

【揚げてもイケる!「かぶのスパイシーフリット」】

揚げたカブを食べたことがありますか?衣はサクサクで中はコリコリ、カブの甘みがぎゅっと詰まったフリッターはとまらないおいしさです。衣にクミンシードや粗挽き胡椒を入れたスパイシーな味はビールにもぴったり。

見た目が可愛らしいので、ホームパーティーにも良さそう。

【デリみたいなおしゃれ惣菜「焼きカブとハムのマリネ」】

おしゃれなデリにありそうな焼きカブとハムのマリネ。じっくりと火を通したカブの表面はしっかりで中は柔らかく、食感の違いを楽しめます。熱いうちにマリネ液で和えると味がなじみやすくなりますよ。そのまま食べるだけでなく、パスタの具やサラダのトッピングにするのもおすすめ。
出典:

【デリみたいなおしゃれ惣菜「焼きカブとハムのマリネ」】

おしゃれなデリにありそうな焼きカブとハムのマリネ。じっくりと火を通したカブの表面はしっかりで中は柔らかく、食感の違いを楽しめます。熱いうちにマリネ液で和えると味がなじみやすくなりますよ。そのまま食べるだけでなく、パスタの具やサラダのトッピングにするのもおすすめ。

大根のソテー&揚げは、香ばしくてジューシー♪

【ふうふうしながら食べたい「あんかけ揚げ大根と餅」】

揚げ出し豆腐の大根バージョンのような1品。大根の中まで火が通るように、レンジでチンしてから揚げるのがポイント。見た目のインパクトがあるので、おもてなしにも良さそうですね。適度に歯ごたえの残った大根ととろとろのお餅、アツアツの餡のコントラストは冬にぴったり。
出典:

【ふうふうしながら食べたい「あんかけ揚げ大根と餅」】

揚げ出し豆腐の大根バージョンのような1品。大根の中まで火が通るように、レンジでチンしてから揚げるのがポイント。見た目のインパクトがあるので、おもてなしにも良さそうですね。適度に歯ごたえの残った大根ととろとろのお餅、アツアツの餡のコントラストは冬にぴったり。

【みずみずしさが引きたつ「甘辛大根ステーキ」】

見るからにおいしそうな大根ステーキは、あと1品ほしい時のお助けメニュー。大根と調味料だけあれば作れるので、忙しい時でもすぐに作れますね。大根をあらかじめレンジで柔らかくしておくと、焼き時間を短縮できます。しゃきっとした歯ごたえと焦げたお醤油が絶品。
出典:

【みずみずしさが引きたつ「甘辛大根ステーキ」】

見るからにおいしそうな大根ステーキは、あと1品ほしい時のお助けメニュー。大根と調味料だけあれば作れるので、忙しい時でもすぐに作れますね。大根をあらかじめレンジで柔らかくしておくと、焼き時間を短縮できます。しゃきっとした歯ごたえと焦げたお醤油が絶品。

【大人も子どもも大好き「大根餅」】

大根がたくさんあって消費したい、という時に大根餅はいかがでしょうか?大根おろしで作るお好み焼きのようなお料理で、中華の点心としても知られています。外はカリッと、中はもっちりでお箸が止まらなくなりそう。大根がニガテ、というお子さんも大根餅ならパクパク食べられると評判なんですよ。年末年始のおもてなしに作ってみては?
出典:

【大人も子どもも大好き「大根餅」】

大根がたくさんあって消費したい、という時に大根餅はいかがでしょうか?大根おろしで作るお好み焼きのようなお料理で、中華の点心としても知られています。外はカリッと、中はもっちりでお箸が止まらなくなりそう。大根がニガテ、というお子さんも大根餅ならパクパク食べられると評判なんですよ。年末年始のおもてなしに作ってみては?

とろとろがおいしいすりおろしレシピ

カブのすりおろしは、ほっこりまろやか

【朝食に食べたい「カブのポタージュ」】

カブのやさしい味を生かしたポタージュは、冬の朝食にいただきたい1品。牛乳や生クリームが入っているので、体が温まりますね。お鍋で煮てからミキサーやブレンダーでなめらかにするとまろやかなポタージュに。ぽってりとしたカップによそうと、おしゃれ感アップです。
出典:

【朝食に食べたい「カブのポタージュ」】

カブのやさしい味を生かしたポタージュは、冬の朝食にいただきたい1品。牛乳や生クリームが入っているので、体が温まりますね。お鍋で煮てからミキサーやブレンダーでなめらかにするとまろやかなポタージュに。ぽってりとしたカップによそうと、おしゃれ感アップです。

【華やかさが魅力の「海老と春キャベツのかぶら蒸し」】

すりおろしたカブと卵白を合わせて蒸した「かぶら蒸し」。豊かな味わいが口いっぱいに広がります。上品な味は年配の方にも気に入ってもらえそう。お祝いの席などに作ったら喜ばれること間違いなし。中に入れる具材は、海老の他に鯛やタラなど白身のお魚を使ってもおいしいですよ。
出典:

【華やかさが魅力の「海老と春キャベツのかぶら蒸し」】

すりおろしたカブと卵白を合わせて蒸した「かぶら蒸し」。豊かな味わいが口いっぱいに広がります。上品な味は年配の方にも気に入ってもらえそう。お祝いの席などに作ったら喜ばれること間違いなし。中に入れる具材は、海老の他に鯛やタラなど白身のお魚を使ってもおいしいですよ。

大根おろしをおかずに変身!

【ヘルシーで旨みたっぷり「蒸し豆腐のカブみぞれあんかけ」】

ヘルシー食材のお豆腐をちょっとアレンジしたレシピです。蒸したお豆腐にすりおろしたカブとタラコなどで作る餡をかければ、とろりとした食感とぷちぷち感を楽しむことができます。色合いもキレイで食欲をそそります。
出典:

【ヘルシーで旨みたっぷり「蒸し豆腐のカブみぞれあんかけ」】

ヘルシー食材のお豆腐をちょっとアレンジしたレシピです。蒸したお豆腐にすりおろしたカブとタラコなどで作る餡をかければ、とろりとした食感とぷちぷち感を楽しむことができます。色合いもキレイで食欲をそそります。

【メインおかずにぴったり「鶏もも肉のみぞれ煮」】

大根おろしを入れた煮物「みぞれ煮」は、ジューシーな鶏もも肉をさっぱり仕上げてくれます。ボリュームがあっても食べやすいので女性や年配の方にもおすすめ。フライパン1つで作れて洗い物が少ないのもうれしいですね。大皿に盛り付けて取り分けても良さそう。
出典:

【メインおかずにぴったり「鶏もも肉のみぞれ煮」】

大根おろしを入れた煮物「みぞれ煮」は、ジューシーな鶏もも肉をさっぱり仕上げてくれます。ボリュームがあっても食べやすいので女性や年配の方にもおすすめ。フライパン1つで作れて洗い物が少ないのもうれしいですね。大皿に盛り付けて取り分けても良さそう。

【大根おろしたっぷり雪見鍋】

大根おろしを雪に見立てた「雪見鍋」は、冬にぴったりなお鍋。真っ白な大根おろしがキレイですね。具材もタラやホタテなど白いものを使うと、より冬らしい雰囲気になりますね。風邪気味で食欲がない日もこれならたくさん食べられそうです。
出典:

【大根おろしたっぷり雪見鍋】

大根おろしを雪に見立てた「雪見鍋」は、冬にぴったりなお鍋。真っ白な大根おろしがキレイですね。具材もタラやホタテなど白いものを使うと、より冬らしい雰囲気になりますね。風邪気味で食欲がない日もこれならたくさん食べられそうです。

今年の冬は「カブ」と「大根」をたくさん食べよう!

似ているようで似ていない!?旬の冬野菜「カブ&大根」の食感を楽しむアレンジレシピ♪
出典:
甘さと柔らかさが魅力のカブ、部位によって味の違いを楽しめる大根、どちらも冬の食卓に欠かせない野菜です。それぞれの特徴を知っておくと、お料理の時に役立ちますね。旬の野菜は味も良く、比較的お手頃価格で手に入ることが多いので、今年の冬はぜひカブと大根をおいしくお料理してみてはいかがでしょうか?

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play