芳醇な香りが食欲をそそる、“ワイン塩”を作ってみませんか?

芳醇な香りが食欲をそそる、“ワイン塩”を作ってみませんか?

お料理にさっと振りかけるだけで芳醇な香りが楽しめる、「ワイン塩」をご存知でしょうか?梅塩や抹茶塩、レモン塩などフレーバーソルトはいろいろありますが、ワインのフルーティな風味を楽しめるワイン塩は、お酒が進む大人の食卓にぴったり。赤ワイン塩なら鮮やかな葡萄色も綺麗なので、おもてなしやパーティーディナーにも活躍しますよ。今回は、このワイン塩の美味しい使い方や、手作りレシピなどをご紹介します。 2017年10月11日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
調味料
手作り調味料
レシピ
ワイン
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
102

“ワイン塩”ってどんなお塩?

新しい美味しさ!調味料としてのワイン

まるで宝石の欠片のような、濃い葡萄色の美しい結晶。
お料理にちょっと添えておくだけでも食卓が一気に華やぎそうなこちらが、お塩にワインの香りと旨味を纏わせた『ワイン塩』です。「お酒はあんまり強くないんだけど…」という方でも大丈夫。製造過程でアルコールの成分は飛んでいるので、安心して召し上がれます。
出典:www.instagram.com(@joyphoto_yukari)

まるで宝石の欠片のような、濃い葡萄色の美しい結晶。
お料理にちょっと添えておくだけでも食卓が一気に華やぎそうなこちらが、お塩にワインの香りと旨味を纏わせた『ワイン塩』です。「お酒はあんまり強くないんだけど…」という方でも大丈夫。製造過程でアルコールの成分は飛んでいるので、安心して召し上がれます。

ワインならではのほどよい酸味に加え、香辛料やハーブを配合しているものもあります。ひとつまみのワイン塩をかけるだけで料理にコクと深みを持たせてくれますし、下味や隠し味として使ってもOK。まさに調味料として楽しむワインですね。
出典:pixabay.com

ワインならではのほどよい酸味に加え、香辛料やハーブを配合しているものもあります。ひとつまみのワイン塩をかけるだけで料理にコクと深みを持たせてくれますし、下味や隠し味として使ってもOK。まさに調味料として楽しむワインですね。

色々な料理にかけるだけで風味豊かに

ワインを原料としてできているお塩なので、もともとワインと相性の良いお料理に添えれば、まず間違いなく美味しくいただけます。こちらは赤ワイン塩と熟成肉の組み合わせ。もちろんベストマッチですよね。
出典:www.instagram.com(@mainu1110)

ワインを原料としてできているお塩なので、もともとワインと相性の良いお料理に添えれば、まず間違いなく美味しくいただけます。こちらは赤ワイン塩と熟成肉の組み合わせ。もちろんベストマッチですよね。

こちらは冷や奴にパラリ。見た目にもピンク色が鮮やかです。淡白なお豆腐にほんのりとワインの香りのお塩がアクセントになって、いつもとは違った冷や奴を楽しめます。
出典:www.instagram.com(@hana99hana)

こちらは冷や奴にパラリ。見た目にもピンク色が鮮やかです。淡白なお豆腐にほんのりとワインの香りのお塩がアクセントになって、いつもとは違った冷や奴を楽しめます。

お刺身やお寿司にかけても美味しいというお声も多いです。
和食にワインを合わせるという試みも最近よく耳にしますが、ワイン塩も和と洋の食文化の間を上手に取り持ってくれるんですね。
出典:www.instagram.com(@acopon7)

お刺身やお寿司にかけても美味しいというお声も多いです。
和食にワインを合わせるという試みも最近よく耳にしますが、ワイン塩も和と洋の食文化の間を上手に取り持ってくれるんですね。

こちらは赤ワイン塩を添えたリンゴと巨峰のカクテル。きめ細やかな白い気泡にワイン色がよく映えます。美味しさだけでなく、こうした視覚的な魅力をランクアップしてくれるのも、ワイン塩ならではの特長です。
出典:www.instagram.com(@bar_bottomsup)

こちらは赤ワイン塩を添えたリンゴと巨峰のカクテル。きめ細やかな白い気泡にワイン色がよく映えます。美味しさだけでなく、こうした視覚的な魅力をランクアップしてくれるのも、ワイン塩ならではの特長です。

ワインとお塩があれば手作りもできます

ワイン塩は、実はご家庭でも案外簡単に手作りすることができます。ボトルに少しだけ余ってしまったり、いただきものでちょっと好みでなかったワインも、ぜひ捨てずにワイン塩にしてみて下さいね。作り方は後ほどご紹介します。
出典:

ワイン塩は、実はご家庭でも案外簡単に手作りすることができます。ボトルに少しだけ余ってしまったり、いただきものでちょっと好みでなかったワインも、ぜひ捨てずにワイン塩にしてみて下さいね。作り方は後ほどご紹介します。

料理を美味しくするワイン塩の効果

料理の味にコクと深みを与える

ワイン塩には、ワインのフルーティな香りと独特の旨味が凝縮されています。赤ワイン塩なら深みのあるベリーの風味、白ワイン塩ならさっぱりした爽やかな酸味が加わって、お料理の味をグッと引き立ててくれます。
出典:pixabay.com

ワイン塩には、ワインのフルーティな香りと独特の旨味が凝縮されています。赤ワイン塩なら深みのあるベリーの風味、白ワイン塩ならさっぱりした爽やかな酸味が加わって、お料理の味をグッと引き立ててくれます。

素材の旨味を引き出す

手間ひまのかかった美味しいソースやタレはいろいろありますが、食材本来の味をじっくり楽しみたいならやっぱりお塩。シンプルなグリルや蒸し野菜とワイン塩の相性はとても良いので、ぜひお試し下さい。
出典:pixabay.com

手間ひまのかかった美味しいソースやタレはいろいろありますが、食材本来の味をじっくり楽しみたいならやっぱりお塩。シンプルなグリルや蒸し野菜とワイン塩の相性はとても良いので、ぜひお試し下さい。

下ごしらえの風味付けや、臭み消しに

魚の臭み消しには白ワイン、お肉の臭み消しには赤ワインがよく使われますよね。ワイン塩はワインそのものとは効果が異なりますが、ハーブやスパイスも配合した芳醇な香りのワイン塩は、料理の下ごしらえに使うとより風味豊かに仕上がります。
出典:www.foodiesfeed.com

魚の臭み消しには白ワイン、お肉の臭み消しには赤ワインがよく使われますよね。ワイン塩はワインそのものとは効果が異なりますが、ハーブやスパイスも配合した芳醇な香りのワイン塩は、料理の下ごしらえに使うとより風味豊かに仕上がります。

ワイン塩を手作りしてみよう

簡単にお洒落 ワイン塩。

フライパンで作るワイン塩のレシピがこちら。材料は赤ワイン、塩、お好みの乾燥ハーブのみです。深紅の色合いが本当に綺麗ですね。そしてコーディネートがお洒落すぎます…。
出典:

フライパンで作るワイン塩のレシピがこちら。材料は赤ワイン、塩、お好みの乾燥ハーブのみです。深紅の色合いが本当に綺麗ですね。そしてコーディネートがお洒落すぎます…。

作り方は、赤ワインに塩を入れ、水分がなくなるまで気長に煮詰めるだけです。さらさらになったら、クッキングシートなどに広げて冷まします。お好みのハーブなどを混ぜるならこのタイミングで。赤ワイン塩にはローズマリーやタイムなどがおすすめだそうですよ♪
出典:

作り方は、赤ワインに塩を入れ、水分がなくなるまで気長に煮詰めるだけです。さらさらになったら、クッキングシートなどに広げて冷まします。お好みのハーブなどを混ぜるならこのタイミングで。赤ワイン塩にはローズマリーやタイムなどがおすすめだそうですよ♪

保存はしっかり乾燥した状態で

出来上がったワイン塩は、完全に冷めてから保存容器に移して保存します。湿気るのを防ぐため、乾燥防止剤も一緒に入れるといいですね。
出典:pixabay.com

出来上がったワイン塩は、完全に冷めてから保存容器に移して保存します。湿気るのを防ぐため、乾燥防止剤も一緒に入れるといいですね。

使うワインによって風味の違いも楽めます

赤ワインだけでなく、白ワインでも美味しいワイン塩を作ることができます。フルーティでさっぱりとした味わいは、天ぷらや冷や奴など日本食との相性も良いのだとか。また、ハーブを混ぜるとより奥行きのある味わいになります。
出典:pixabay.com

赤ワインだけでなく、白ワインでも美味しいワイン塩を作ることができます。フルーティでさっぱりとした味わいは、天ぷらや冷や奴など日本食との相性も良いのだとか。また、ハーブを混ぜるとより奥行きのある味わいになります。

また、ワイン塩は使うワインによって色合いも味わいも変わってきます。赤ワイン塩をより鮮やかなピンク色に仕上げたいなら、濃い赤ワインを選んでブレンドするのがおすすめだそう。どのワインからどんなお塩ができるのか、いろいろ試してみるのもいいですね。
出典:pixabay.com

また、ワイン塩は使うワインによって色合いも味わいも変わってきます。赤ワイン塩をより鮮やかなピンク色に仕上げたいなら、濃い赤ワインを選んでブレンドするのがおすすめだそう。どのワインからどんなお塩ができるのか、いろいろ試してみるのもいいですね。

ワイン塩にぴったりのおすすめレシピ

赤ワインピクルス♪

ワイン塩入りの液で漬けるカラフルなピクルスです。赤ワインも入っているので、大人の箸休めやお酒のお供に最適ですね。旨味の溶け出た漬け汁は、捨てずにお肉の下漬けや煮込み料理に使うと良いそうです。
出典:

ワイン塩入りの液で漬けるカラフルなピクルスです。赤ワインも入っているので、大人の箸休めやお酒のお供に最適ですね。旨味の溶け出た漬け汁は、捨てずにお肉の下漬けや煮込み料理に使うと良いそうです。

鮪コンフィのオイル de お豆腐アヒージョ

鮪のコンフィを作ったあとのオイルで煮た、お豆腐のアヒージョだそうです。仕上げにワイン塩をひとつまみ。バルメニューであるアヒージョは、ワイン塩との組み合わせもバッチリです。
出典:

鮪のコンフィを作ったあとのオイルで煮た、お豆腐のアヒージョだそうです。仕上げにワイン塩をひとつまみ。バルメニューであるアヒージョは、ワイン塩との組み合わせもバッチリです。

グリルチキンとアボカドのサラダディッシュ

グリルもサラダも、ワイン塩が美味しくしてくれるメニューのひとつです。こちらのサラダのドレッシングには白ワインビネガーを使っているので、お塩を白ワイン塩に変えてもさらに美味しくいただけると思います。
出典:

グリルもサラダも、ワイン塩が美味しくしてくれるメニューのひとつです。こちらのサラダのドレッシングには白ワインビネガーを使っているので、お塩を白ワイン塩に変えてもさらに美味しくいただけると思います。

野菜のソースでいただく彩り野菜巻きカルパッチョ

カルパッチョも、ぜひワイン塩を使ってみていただきたいレシピです。オリーブオイルとレモン汁、塩こしょうといったシンプルな味付けだからこそ、ワイン塩の旨味がより味わい深くしてくれるはず。色とりどりの野菜ソースがお洒落なこちらのカルパッチョなら、大人のパーティにもぴったりです。
出典:

カルパッチョも、ぜひワイン塩を使ってみていただきたいレシピです。オリーブオイルとレモン汁、塩こしょうといったシンプルな味付けだからこそ、ワイン塩の旨味がより味わい深くしてくれるはず。色とりどりの野菜ソースがお洒落なこちらのカルパッチョなら、大人のパーティにもぴったりです。

カプレーゼ・ピンチョス

簡単で美味しい前菜としてお馴染みのカプレーゼも、こんな盛りつけにするとさらにお洒落なおもてなしメニューになるんですね。オリーブオイル、バジルとともにワイン塩をひと振りして、ほんのりワインの香りも楽しんでみるのはいかがですか?
出典:

簡単で美味しい前菜としてお馴染みのカプレーゼも、こんな盛りつけにするとさらにお洒落なおもてなしメニューになるんですね。オリーブオイル、バジルとともにワイン塩をひと振りして、ほんのりワインの香りも楽しんでみるのはいかがですか?

きのことアーモンドのグリル

ワインに合う秋の味覚といえば、やっぱりきのこは外せません。アーモンドと一緒にシンプルなグリルにすれば、ヘルシーなおつまみになります。こちらのレシピではトリュフ塩を使っていますが、ワイン塩でも試してみたい一品です。
出典:

ワインに合う秋の味覚といえば、やっぱりきのこは外せません。アーモンドと一緒にシンプルなグリルにすれば、ヘルシーなおつまみになります。こちらのレシピではトリュフ塩を使っていますが、ワイン塩でも試してみたい一品です。

シンプル&繊細なワイン塩の旨味をお試しあれ

赤ワインの色に染まったお塩の結晶は、キラキラしてとっても綺麗ですよね。食卓に華やかな彩りを添えてくれる上、料理の味をしっかり引き出す調味料としても優秀なワイン塩。今度のご馳走ディナーのお供にいかがですか?
出典:www.instagram.com(@early_1971)

赤ワインの色に染まったお塩の結晶は、キラキラしてとっても綺麗ですよね。食卓に華やかな彩りを添えてくれる上、料理の味をしっかり引き出す調味料としても優秀なワイン塩。今度のご馳走ディナーのお供にいかがですか?

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play