1. トップ
  2. グルメ
  3. レシピ
  4. スープ・味噌汁
  5. ベジブロス
  6. 美味しい「野菜の皮や茎」の食べ方レシピ。余すことなく、綺麗に、美味しくいただこう!
美味しい「野菜の皮や茎」の食べ方レシピ。余すことなく、綺麗に、美味しくいただこう!

美味しい「野菜の皮や茎」の食べ方レシピ。余すことなく、綺麗に、美味しくいただこう!

野菜は私たちの健康に欠かせない食材ですよね。そして、できるなら安心して食べられる野菜を選んで食べたいものです。そして、そんな野菜は茎や皮など捨ててしまいがちな部分もちゃんとおいしく食べられるのです。今回は、野菜の皮を使ったレシピや、敬遠されがちな茎も美味しく食べられるレシピなど最後まで余すところなくおいしく野菜をいただけるレシピをご紹介します。いま、注目されている「ベジブロス」を使ったレシピもあるので、ぜひチャレンジしてみてください2016年06月15日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード
レシピスープ・味噌汁ベジブロス丁寧な暮らし節約
お気に入り数162

皮も茎も、ヘルシーにおいしくいただこう!

いままで捨ててしまいがちだった、野菜の皮や茎など・・・。実はそこに栄養がたっぷり含まれていることをご存知でしたか?
出典:unsplash.com

いままで捨ててしまいがちだった、野菜の皮や茎など・・・。実はそこに栄養がたっぷり含まれていることをご存知でしたか?

皮や茎を捨ててしまうのは、とってももったいない!ということで、野菜を余すところなく利用しておいしい一品を作るというレシピをご提案します。
出典:

皮や茎を捨ててしまうのは、とってももったいない!ということで、野菜を余すところなく利用しておいしい一品を作るというレシピをご提案します。

野菜の皮を利用したレシピたち

すだちの皮&わさびで★ササミの塩焼き

すだちの皮を捨てていませんか?実は、この皮も風味豊かでわさびと合わせると最高の調味料になります。ササミの塩焼きにのせるだけの簡単レシピです。
出典:

すだちの皮を捨てていませんか?実は、この皮も風味豊かでわさびと合わせると最高の調味料になります。ササミの塩焼きにのせるだけの簡単レシピです。

すだち皮のオリーブオイル漬け

すだち皮は、残しておいてオリーブオイル漬けにするとおいしい薬味になります。彩りも美しく、香りや風味がなんともいえません。2,3日おいておくとさらになじんでおいしくいただけます。
出典:

すだち皮は、残しておいてオリーブオイル漬けにするとおいしい薬味になります。彩りも美しく、香りや風味がなんともいえません。2,3日おいておくとさらになじんでおいしくいただけます。

葉っぱも皮も大根まるごとメンチカツ

葉っぱも皮も一緒に入れてしまう、大根をまるごと使ったメンチカツです。歯ごたえがあって、栄養満点のメンチカツができあがります。葉は塩もみして青臭さを抜くのがコツです。カレー粉が隠し味になっています。
出典:

葉っぱも皮も一緒に入れてしまう、大根をまるごと使ったメンチカツです。歯ごたえがあって、栄養満点のメンチカツができあがります。葉は塩もみして青臭さを抜くのがコツです。カレー粉が隠し味になっています。

ベー根すてーき

これも大根の皮を活用した個性的なレシピです。大根の皮とベーコンを一緒に巻いて焼くだけです。ベーコン独特の風味が大根しみこんでおいしくできあがります。
出典:

これも大根の皮を活用した個性的なレシピです。大根の皮とベーコンを一緒に巻いて焼くだけです。ベーコン独特の風味が大根しみこんでおいしくできあがります。

ヤーコンと野菜の皮でエコきんぴら

ヤーコン皮で作ったきんぴらです。きんぴらは残り野菜の皮で作ってもおいしくできる一品です。野菜の皮には栄養が豊富に含まれているので、どんどん活用したいですね。
出典:

ヤーコン皮で作ったきんぴらです。きんぴらは残り野菜の皮で作ってもおいしくできる一品です。野菜の皮には栄養が豊富に含まれているので、どんどん活用したいですね。

生姜と野菜の皮のエコふりかけ

残った野菜の皮を活用して作ったふりかけです。栄養満点なので、ごはんにこれだけかけて食べても十分栄養が摂れるのがうれしいですね。生姜を入れる以外の調味料は醤油とみりんだけなので、簡単にできます。
出典:

残った野菜の皮を活用して作ったふりかけです。栄養満点なので、ごはんにこれだけかけて食べても十分栄養が摂れるのがうれしいですね。生姜を入れる以外の調味料は醤油とみりんだけなので、簡単にできます。

たけのこの姫皮の酢の物

たけのこの姫皮は栄養たっぷりでおいしいです。これをシンプルに酢の物にすると味が引き立ちます。季節に合わせて木の芽で香りづけをし、きゅうりと白エビの釜揚げを加えた贅沢なレシピです。
出典:

たけのこの姫皮は栄養たっぷりでおいしいです。これをシンプルに酢の物にすると味が引き立ちます。季節に合わせて木の芽で香りづけをし、きゅうりと白エビの釜揚げを加えた贅沢なレシピです。

皮付き新じゃがとバジルの蜂蜜マスタードサラダ

新じゃがは皮つきで食べるとおいしいのです。ちょっと贅沢にバジルの蜂蜜マスタードサラダにしてみましょう。ツナを入れてもおいしくなります。作り置きもできるので便利な一品です。
出典:

新じゃがは皮つきで食べるとおいしいのです。ちょっと贅沢にバジルの蜂蜜マスタードサラダにしてみましょう。ツナを入れてもおいしくなります。作り置きもできるので便利な一品です。

カレー風味のチーズ味皮付き揚げポテト

ポテトは皮つきで揚げると独特の風味があっておいしく揚がります。それをカレー風味のチーズ味に味付けして食べます。おつまみにも重宝するメニューですね。
出典:

ポテトは皮つきで揚げると独特の風味があっておいしく揚がります。それをカレー風味のチーズ味に味付けして食べます。おつまみにも重宝するメニューですね。

かぼちゃの皮のスコーン

かぼちゃの皮ももちろん利用できます。余ってしまったらスコーンに混ぜて焼くことによって、栄養たっぷりのスコーンになります。彩りもよくなるので、一石二鳥にも三鳥にもなるアイデアです。
出典:

かぼちゃの皮ももちろん利用できます。余ってしまったらスコーンに混ぜて焼くことによって、栄養たっぷりのスコーンになります。彩りもよくなるので、一石二鳥にも三鳥にもなるアイデアです。

自家製青リンゴの皮のジャム

ジャムを作るとき、りんごも皮ごと使いましょう。皮の部分に栄養があります。風味もさらに増すので、ぜひ捨てないで活用したいものです。
出典:

ジャムを作るとき、りんごも皮ごと使いましょう。皮の部分に栄養があります。風味もさらに増すので、ぜひ捨てないで活用したいものです。

美味しい「野菜の皮や茎」の食べ方レシピ。余すことなく、綺麗に、美味しくいただこう!
出典:

野菜の茎を利用したレシピたち

ブロッコリーの茎ノリマヨ和え

なんとなく敬遠されがちなブロッコリーの茎ですが、しっかりゆでておいしく味付けすればおいしい一品として生まれ変わります。海苔を入れるところがミソです。ノリマヨ和えはかなりおススメの味付けです。
出典:

なんとなく敬遠されがちなブロッコリーの茎ですが、しっかりゆでておいしく味付けすればおいしい一品として生まれ変わります。海苔を入れるところがミソです。ノリマヨ和えはかなりおススメの味付けです。

ニンニクの茎と豚肉香ばし焼き

ニンニクの茎が好きな人も多いかもしれません。これを豚肉で巻いて香ばしく焼きます。バラ肉から脂が出てくるので、それを利用すると揚げ焼き状態で焼けます。
出典:

ニンニクの茎が好きな人も多いかもしれません。これを豚肉で巻いて香ばしく焼きます。バラ肉から脂が出てくるので、それを利用すると揚げ焼き状態で焼けます。

塩麹レシピ!蕪の茎のソフトふりかけ

かぶの葉や茎はおいしく食べられます。塩麹をつかってソフトふりかけを作ると、素敵なごはんの友が作れます。塩麹がない場合は醤油で味付けしてもOKです。
出典:

かぶの葉や茎はおいしく食べられます。塩麹をつかってソフトふりかけを作ると、素敵なごはんの友が作れます。塩麹がない場合は醤油で味付けしてもOKです。

ブロッコリーの茎deソースパスタ

堅いブロッコリーの茎も、しっかり煮ることによって食べやすくなります。パスタソースにすると、食欲もわきますね。生クリームを入れるのでまろやかな味になります。
出典:

堅いブロッコリーの茎も、しっかり煮ることによって食べやすくなります。パスタソースにすると、食欲もわきますね。生クリームを入れるのでまろやかな味になります。

いま注目の気になる「ベジブロス」とは?

最近、よく聞く「ベジブロス」という言葉。その意味を知らない人のために簡単に説明すると、要するに「野菜のくずで作るスープ」のことを言います。いままで多くの人が捨てていた「野菜の皮や種、ヘタ」などをコトコト煮込んで作る野菜のだしです。
出典:

最近、よく聞く「ベジブロス」という言葉。その意味を知らない人のために簡単に説明すると、要するに「野菜のくずで作るスープ」のことを言います。いままで多くの人が捨てていた「野菜の皮や種、ヘタ」などをコトコト煮込んで作る野菜のだしです。

圧力鍋で作ると簡単に作れます。野菜の皮やヘタをあらかじめためておいて、まとめてベジブロスを作るのがコツです。お料理のベースとして活躍してくれます。実は、この野菜の皮や根っこにこそ、ファイトケミカルやミネラルなど私たちの老化や病気を防いでくれる素晴らしい成分が多く含まれているのです。
出典:

圧力鍋で作ると簡単に作れます。野菜の皮やヘタをあらかじめためておいて、まとめてベジブロスを作るのがコツです。お料理のベースとして活躍してくれます。実は、この野菜の皮や根っこにこそ、ファイトケミカルやミネラルなど私たちの老化や病気を防いでくれる素晴らしい成分が多く含まれているのです。

「ベジブロス」を利用したレシピたち

シンガポールチキンライス

ベジブロスで炊くシンガポールチキンライスです。炊飯器に材料を入れて、スイッチを押せばできあがるので簡単です。それでいて、野菜の旨みと栄養成分はしっかり入っているので健康にもいいんですね。
出典:

ベジブロスで炊くシンガポールチキンライスです。炊飯器に材料を入れて、スイッチを押せばできあがるので簡単です。それでいて、野菜の旨みと栄養成分はしっかり入っているので健康にもいいんですね。

ベーコンと野菜のスープパスタ

べジブロスで作ったベーコンと野菜のスープパスタ。ベジブロスは、冷凍しておくこともできるので、必要なときに解凍して簡単にスープを作ることができるのです。
出典:

べジブロスで作ったベーコンと野菜のスープパスタ。ベジブロスは、冷凍しておくこともできるので、必要なときに解凍して簡単にスープを作ることができるのです。

まるごとレタス&トマトの蒸し野菜サラダ 


ベジブロスを使って蒸して作った蒸し野菜のサラダです。蒸すことで多くの野菜が食べやすい状態になります。ベジブロスのだしがきいていておいしくできあがります。
出典:


ベジブロスを使って蒸して作った蒸し野菜のサラダです。蒸すことで多くの野菜が食べやすい状態になります。ベジブロスのだしがきいていておいしくできあがります。

皮や茎を上手に活かしたり「ベジブロス」を利用しておいしい一品を作ってみよう

皮や茎も使い方次第でおいしく活用できます。節約もできて、栄養満点の一品ができあがりますね。ぜひ、いろいろなお料理に取り入れておいしく栄養のあるメニューづくりをしていきましょう。
出典:www.pexels.com

皮や茎も使い方次第でおいしく活用できます。節約もできて、栄養満点の一品ができあがりますね。ぜひ、いろいろなお料理に取り入れておいしく栄養のあるメニューづくりをしていきましょう。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play