梅雨や夏場の「お弁当」。美味しく食べられる作り方、扱い方をおさらいしよう

梅雨や夏場の「お弁当」。美味しく食べられる作り方、扱い方をおさらいしよう

梅雨の時期や気温が高くなると美味しさを保つのが難しくなるお弁当。おかずやご飯が傷まないように、安全に食べるためには少し工夫が必要です。梅雨や夏が来る前に、暑い日でも美味しく食べられるお弁当作りのコツをご紹介します。お弁当の中身が傷まないための基本や注意点、保管方法から、便利なお弁当グッズ、傷みにくく冷めても美味しいレシピまでチェックしておきましょう。 2016年05月28日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
お弁当
夏レシピ
基本の作り方
梅雨
除菌
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
298

暑い日でも、お弁当が傷まないためのコツを知っておこう

梅雨や夏場の「お弁当」。美味しく食べられる作り方、扱い方をおさらいしよう
出典:

まずはお弁当箱から!消毒したら水けをきって清潔にする

梅雨や夏場の「お弁当」。美味しく食べられる作り方、扱い方をおさらいしよう
出典:
まずはお弁当箱を清潔にすることから始めます。お弁当箱の内側に水分や汚れた残っていたら、どんなに工夫しても中身が傷んでしまいます。お弁当箱が耐熱性か確認したら、丁寧に洗い熱湯で消毒しましょう。お酢をキッチンペーパーに含ませて拭き取る方法もあります。
ここで大切なのは水けをしっかり切ることです。細菌や雑菌を残さないためにも、しっかり乾燥させましょう。もちろん、お弁当を作る前の手洗いもしっかりしてくださいね。
また、通気性のよいお弁当箱を選ぶのも1つです。今では密封型のプラスチックのお弁当箱を使う方が多いかもしれませんが、中の水分が逃げにくく、通気性という点では木や竹素材でできたわっぱお弁当箱にはかないません。アルミのお弁当箱も蓋をかぶせるだけなので通気性がよくおすすめです。

生野菜や炊き込みご飯など、傷みやすい素材はできるだけ避ける

梅雨や夏場の「お弁当」。美味しく食べられる作り方、扱い方をおさらいしよう
出典:
生野菜などは健康的で調理もラクなのでつい選びたくなりますが、時間が経つと水分もでやすく、暑い日や湿度の高い日には向きません。ブロッコリーやトウモロコシ、枝豆などのゆで野菜がおすすめです。あら熱と水けをしっかり取ることを忘れないようにしましょう。
もしミニトマトやレタスなどの生野菜を入れる際には、キッチンペーパーなどで拭いて水けをよく切り、カップなどの中に入れ、他のおかずとの間に仕切りができるようにしましょう。キュウリやもやしなど水分を多く含む野菜は時間が経つと水が出やすくなりますので避けましょう。炊き込みご飯やチャーハンなどの味を付けたご飯も傷みやすくなりますので避け、暑い時期は白ご飯やシソご飯、酢飯にすることをおすすめします。

お肉やお魚は揚げ物、焼き物、炒め物で火をしっかり通す

梅雨や夏場の「お弁当」。美味しく食べられる作り方、扱い方をおさらいしよう
出典:
夏場はやかり、しっかり火を通したレシピを選びたいものです。揚げ物をお弁当に入れる際は、余計な油をキッチンペーパーなどでしっかり吸いとるようにしましょう。冷めても歯ごたえがよく、美味しく食べるためのコツにもなります。
お肉やお魚を調理する際は、中心部が75度以上で1分以上加熱しないと、細菌を死滅させることができないとされています。しっかり火を通しましょう。ハムやかまぼこなどの便利な加工食品も同様で、必ず火を通すようにしてください。
煮物は火を通すおかずですが、暑い日は傷みやすいので避けたいところです。もし栄養バランスを考えて煮物を入れたいときは、煮汁などの水分をよく切ってから入れましょう。味付けも塩気や味付けの薄いと傷みやすくなります。夏場は少し塩気がつよく味が濃い目のほうが冷めても美味しく、傷みにくくなります。
もし、自宅で調理し冷凍にしたものをお弁当に使用する際には、必ず再加熱するようにしてください。

おかずやご飯のあら熱はきちんと冷ましてから詰める

梅雨や夏場の「お弁当」。美味しく食べられる作り方、扱い方をおさらいしよう
出典:
炊き立てのご飯や加熱したおかずのあら熱は、必ず冷ましてからお弁当箱へ詰めましょう。熱いままのご飯やおかずは余熱が発生するため、お弁当箱の中で水けを出してしまい雑菌の原因になります。
また、涼しい場所でのお弁当の保管が難しいときなどは、ご飯を炊く際にお米3合に対しお酢を小さじ1杯入れると傷みにくくなるのでおすすめです。ご飯を冷ますときには、大皿などを利用してあら熱を取ると短時間ですみます。
おかずを冷ますときに利用したいのが、木のまな板。木のまな板におかずをのせておくと、冷ましている間に余計な水分を吸ってくれます。

殺菌・防腐効果のある調味料と食材を使って

梅雨や夏場の「お弁当」。美味しく食べられる作り方、扱い方をおさらいしよう
出典:
殺菌作用のある調味料や食材をとりいれましょう。昔から殺菌効果で人気がある食材といえば梅干しです。梅干しに含まれるクエン酸は細菌を抑えますが、カリカリ梅のような梅は殺菌効果がないので気をつけてください。
また、生姜に含まれるジンゲロンやショウガオールにも強い殺菌効果があるとされています。炒め物や味付けの際に取り入れてみましょう。他にもお酢やカレー粉などもおすすめです。特に黒酢は夏の疲れも癒す効果があるので一石二鳥です。
調味料の使い方で注意していただきたいのが、ドレッシングや醤油、マヨネーズ、ケチャップを使用する場合は、食べる直前にしましょう。特にマヨネーズやケチャップはお弁当箱の中のおかずと一緒に入れておくことは傷みの原因になりますので、しないようにしましょう。

便利なお弁当グッズを上手に利用しよう

注目の素材はワックスペーパー。サンドイッチやおにぎりを包んだり、お弁当の仕切りに使えます。わっぱや竹素材のお弁当箱が汚れるのが気になる方は、お弁当箱のそこに敷いて汚れ予防にもなります。
出典:

注目の素材はワックスペーパー。サンドイッチやおにぎりを包んだり、お弁当の仕切りに使えます。わっぱや竹素材のお弁当箱が汚れるのが気になる方は、お弁当箱のそこに敷いて汚れ予防にもなります。

梅雨や夏場の「お弁当」。美味しく食べられる作り方、扱い方をおさらいしよう
出典:
お弁当用の保存には、市販されている衛生シートやスーパーでもらえる保冷剤を利用しましょう。お弁当箱と一緒にしておくことで、温度を下げておくことができます。他にも、冷凍したゼリーやジュースなども保冷剤の変わりになり、お弁当を食べるころには丁度よく解凍されるので便利です。

暑い日のお弁当におすすめの傷みにくいレシピ

ゴーヤのつくだ煮

美味しい夏野菜といえばゴーヤ。つくだ煮にすることで水分が出にくくなりますのでお弁当のおかずに最適。また、ゴーヤの苦みは暑い日の疲れをいやす効果もあるそうですよ。
出典:

美味しい夏野菜といえばゴーヤ。つくだ煮にすることで水分が出にくくなりますのでお弁当のおかずに最適。また、ゴーヤの苦みは暑い日の疲れをいやす効果もあるそうですよ。

こちらはセロリのつくだ煮。混ぜご飯やおにぎりの具にも使えて便利です。普段は捨ててしまいがちなセロリの葉まで使えるところも素敵です。
出典:

こちらはセロリのつくだ煮。混ぜご飯やおにぎりの具にも使えて便利です。普段は捨ててしまいがちなセロリの葉まで使えるところも素敵です。

カレーきんぴら

カレー粉とツナが入ったきんぴらは、子どもでも食べやすく、カレー粉に含まれるスパイスが暑い日の食欲不振も解消してくれます。
出典:

カレー粉とツナが入ったきんぴらは、子どもでも食べやすく、カレー粉に含まれるスパイスが暑い日の食欲不振も解消してくれます。

こんにゃくのピリッと甘辛炒め

ピリっ甘辛のこんにゃく炒めはヘルシーで、冷めても美味しいおかずです。
出典:

ピリっ甘辛のこんにゃく炒めはヘルシーで、冷めても美味しいおかずです。

タラコと大葉の卵焼き

お弁当の定番といえば卵焼き。タラコと大葉が入って夏のレシピになっています。お弁当の彩もきれいになりますね。
出典:

お弁当の定番といえば卵焼き。タラコと大葉が入って夏のレシピになっています。お弁当の彩もきれいになりますね。

ごぼうのからあげ

フライパンで作れてしまうごぼうのから揚げの材料は、醤油、砂糖、みりん、片栗粉とごぼうだけ。忙しい日のお弁当に是非どうぞ。
出典:

フライパンで作れてしまうごぼうのから揚げの材料は、醤油、砂糖、みりん、片栗粉とごぼうだけ。忙しい日のお弁当に是非どうぞ。

まぐろの角煮

殺菌効果のある生姜を使ったまぐろの角煮。オリゴ糖で甘さを出していることろがポイント。冷めても味がしっかりしみて、ご飯がすすむお弁当のおかずになります。
出典:

殺菌効果のある生姜を使ったまぐろの角煮。オリゴ糖で甘さを出していることろがポイント。冷めても味がしっかりしみて、ご飯がすすむお弁当のおかずになります。

鮭の焦がし醤油酒蒸し

暑い日でも、醤油とレモン汁でさっぱりと鮭を楽しめます。ネギや玉ねぎなどの野菜をプラスしたら、お弁当のボリュームもアップ。
出典:

暑い日でも、醤油とレモン汁でさっぱりと鮭を楽しめます。ネギや玉ねぎなどの野菜をプラスしたら、お弁当のボリュームもアップ。

チキンチーズボール

プロセスチーズとチキンを一緒に焼き上げます。ブラックペッパーのパンチがきいたミニから揚げ。コロコロした形がお弁当詰めやすい大きさです。
出典:

プロセスチーズとチキンを一緒に焼き上げます。ブラックペッパーのパンチがきいたミニから揚げ。コロコロした形がお弁当詰めやすい大きさです。

竹皮で包んだおにぎり

竹皮は防腐効果と湿っけをとる効果がある素材として昔から使われてきました。さらに抗菌作用や通気性もよいので、野外などのお弁当におすすめです。
出典:

竹皮は防腐効果と湿っけをとる効果がある素材として昔から使われてきました。さらに抗菌作用や通気性もよいので、野外などのお弁当におすすめです。

いなり寿司

お酢のご飯で作るいなり寿司は傷みにくく、さっぱりとした味が食欲をそそります。酢飯にねり梅や細かく刻んだ沢庵や野沢菜の漬物などをお好みで混ぜても美味しくなります。
出典:

お酢のご飯で作るいなり寿司は傷みにくく、さっぱりとした味が食欲をそそります。酢飯にねり梅や細かく刻んだ沢庵や野沢菜の漬物などをお好みで混ぜても美味しくなります。

梅雨や夏に負けずに、お弁当ライフを楽しもう♪

ムシムシした日や暑い日も、できればお弁当を楽しみたいですね。無理せず安心なお弁当ライフを是非楽しんでみてください。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play