簡単美味しいキッシュ。冬~春にかけていただきたいキッシュレシピ

簡単美味しいキッシュ。冬~春にかけていただきたいキッシュレシピ

ちょっとおしゃれなブーランジェリーやパティスリーに行くと、目にするキッシュ。朝食やランチ、ディナーに、おつまみに...色んなシーンで食べたくなる一品。お総菜とパンを兼ねている感もあるので、具材によってはボリュームたっぷり、お腹も心も満足させてくれるのが嬉しいですね。今回は、栄養豊富で体に嬉しい!冬~春にかけての旬のお野菜を使ったキッシュのレシピをご紹介します。 2016年02月14日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
レシピ
洋食
キッシュ
フランス料理
オーブン料理
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
736

キッシュで野菜をたっぷり摂ろう!

「キッシュ」は、元々、「キッシュ・ロレーヌ」と親しまれるフランス、アルザス・ロレーヌ地方の伝統的なお料理。内容は、パイ生地に卵、牛乳、クリーム、ベーコン、そしてチーズと、いたってシンプル。フルフル濃厚な卵とチーズの味や食感に思わずため息が漏れてしまうほど。とにかく絶品の卵料理です。
出典:www.pexels.com

「キッシュ」は、元々、「キッシュ・ロレーヌ」と親しまれるフランス、アルザス・ロレーヌ地方の伝統的なお料理。内容は、パイ生地に卵、牛乳、クリーム、ベーコン、そしてチーズと、いたってシンプル。フルフル濃厚な卵とチーズの味や食感に思わずため息が漏れてしまうほど。とにかく絶品の卵料理です。

初めは地方の郷土料理でも、そこはさすがにグルメな国のフランスらしく、あっという間にフランス中に伝わり、それぞれの家庭の味ができるほどになりました。だから、入れる具材も家庭によってそれぞれ。色んな食材とのマリアージュを楽しめるのもキッシュの醍醐味です。
出典:pixabay.com

初めは地方の郷土料理でも、そこはさすがにグルメな国のフランスらしく、あっという間にフランス中に伝わり、それぞれの家庭の味ができるほどになりました。だから、入れる具材も家庭によってそれぞれ。色んな食材とのマリアージュを楽しめるのもキッシュの醍醐味です。

季節ごとに出回る旬のお野菜。味も栄養においても、旬だからこその利点があります。普段の食卓にも豊富に取り入れたいけど、アレンジがマンネリになりがちという方もいるのでは?そこで、少し趣向を変えて、キッシュに取り入れてみるのはいかがでしょうか?
出典:stocksnap.io

季節ごとに出回る旬のお野菜。味も栄養においても、旬だからこその利点があります。普段の食卓にも豊富に取り入れたいけど、アレンジがマンネリになりがちという方もいるのでは?そこで、少し趣向を変えて、キッシュに取り入れてみるのはいかがでしょうか?

キッシュ×冬野菜 レシピ

ほうれん草のキッシュ

βカロテン、カリウム、ビタミンC、鉄、葉酸、カルシウム...、まさに栄養の宝庫と言えるほど、バランスの取れたお野菜、ほうれん草。11月~3月が旬で、貧血や風邪予防にも効果があり、旬の冬に積極的にいただくほど、効果が期待できそうです。
ほうれん草は、フランスでもキッシュに使われることの多いお野菜です。葉が柔らかいので生地に馴染みやすく、チーズとの相性も良いのです。真冬のほうれん草は甘くておいしいですよね。冷凍のパイシートを使えば、気軽にキッシュにチャレンジできますよ。こちらは海老、ベーコンも加わって、濃厚でボリューム満点です。
出典:

ほうれん草は、フランスでもキッシュに使われることの多いお野菜です。葉が柔らかいので生地に馴染みやすく、チーズとの相性も良いのです。真冬のほうれん草は甘くておいしいですよね。冷凍のパイシートを使えば、気軽にキッシュにチャレンジできますよ。こちらは海老、ベーコンも加わって、濃厚でボリューム満点です。

牛乳やクリームの代わりに豆乳を使って、ヘルシーに。具材をそれぞれ軽く下ごしらえしてから、次々卵液に加えて、パイシートの上に流し込みます。こちらのレシピでは、パイシートの敷き方のコツも紹介されていて、参考になりますよ。
出典:

牛乳やクリームの代わりに豆乳を使って、ヘルシーに。具材をそれぞれ軽く下ごしらえしてから、次々卵液に加えて、パイシートの上に流し込みます。こちらのレシピでは、パイシートの敷き方のコツも紹介されていて、参考になりますよ。

オリーブやスモークサーモンを入れて、大人味なキッシュ。パーティやおもてなしにもぴったり。ワインもすすみそうです。サーモンは、胃腸を温め、血行を良くし、抗酸化力の強いアスタキサンチンを豊富に含む魚。女性は健康のためにも美容のためにも積極的に摂りたいですね。ほうれん草&サーモンで体にも心にもおいしいキッシュはいかがでしょうか?
出典:

オリーブやスモークサーモンを入れて、大人味なキッシュ。パーティやおもてなしにもぴったり。ワインもすすみそうです。サーモンは、胃腸を温め、血行を良くし、抗酸化力の強いアスタキサンチンを豊富に含む魚。女性は健康のためにも美容のためにも積極的に摂りたいですね。ほうれん草&サーモンで体にも心にもおいしいキッシュはいかがでしょうか?

春菊のキッシュ

春菊は、βカロテンや鉄、葉酸を多く含む他、食物繊維やカリウムも豊富。腸内環境の改善やむくみにも効果的です。特有の香りはリモネンという成分によるもので、薬膳的な考え方では、気の流れを整えてくれるのだそうです。冬の時期にたくさん摂って、デトックス&リラックスしてみませんか。
春菊のミルキーな香りがいっぱい詰まったキッシュ。たっぷり作って、熱々のうちにいただきたいですね。
出典:

春菊のミルキーな香りがいっぱい詰まったキッシュ。たっぷり作って、熱々のうちにいただきたいですね。

こちらは、パイ生地ではなく、ホームベーカリーでつくったパン生地をベースにした春菊のキッシュ。これ一つで、朝ごはんやお昼ご飯のメインになりますね。
出典:

こちらは、パイ生地ではなく、ホームベーカリーでつくったパン生地をベースにした春菊のキッシュ。これ一つで、朝ごはんやお昼ご飯のメインになりますね。

根菜のキッシュ

根菜はその名の通り、野菜の中でも土の中の根っこの部分を食べるもの。ミネラル豊富で、体を温める効果が高いのが特徴的。寒い冬こそ、あったかいお料理でいただきたいですね。
シャキシャキとした食感も楽しめるれんこんのキッシュ。上にのせて焼けば、お花が咲いているようで、とってもかわいらしい雰囲気になります。レンコンは食物繊維や胃の粘膜を保護してくれる成分が豊富。ちょっとお疲れな胃腸にやさしい食材です。
出典:

シャキシャキとした食感も楽しめるれんこんのキッシュ。上にのせて焼けば、お花が咲いているようで、とってもかわいらしい雰囲気になります。レンコンは食物繊維や胃の粘膜を保護してくれる成分が豊富。ちょっとお疲れな胃腸にやさしい食材です。

れんこん、さつまいも、きのこ。ごろごろ入った素材が見た目にもおいしそう。食欲をそそります。パイ生地などは使わず、具材を炒めて、卵液(キッシュ液)を注いで、オーブンで焼きあがるだけ。手軽なのに、立派なメイン料理に。お家にある根菜類でアレンジしてみてもよさそうです。
出典:

れんこん、さつまいも、きのこ。ごろごろ入った素材が見た目にもおいしそう。食欲をそそります。パイ生地などは使わず、具材を炒めて、卵液(キッシュ液)を注いで、オーブンで焼きあがるだけ。手軽なのに、立派なメイン料理に。お家にある根菜類でアレンジしてみてもよさそうです。

長ネギのキッシュ

焼くとトロリ、甘みがます長ネギをキッシュに入れて。チーズやベーコンと溶け合って、最高に美味しそうです。半分、土の中に入っている長ネギも体を温める効果が抜群。体の冷えを感じたら、積極的に摂りましょう。
出典:

焼くとトロリ、甘みがます長ネギをキッシュに入れて。チーズやベーコンと溶け合って、最高に美味しそうです。半分、土の中に入っている長ネギも体を温める効果が抜群。体の冷えを感じたら、積極的に摂りましょう。

カリフラワーのキッシュ

くせやアクがなくお料理に使いやすいカリフラワー。チーズと卵たっぷりのキッシュに入れて、ホクホクした食感も一緒に楽しみましょう。ビタミンC豊富なカリフラワーは、風邪をひきやすい時期にも嬉しい食材です。
出典:

くせやアクがなくお料理に使いやすいカリフラワー。チーズと卵たっぷりのキッシュに入れて、ホクホクした食感も一緒に楽しみましょう。ビタミンC豊富なカリフラワーは、風邪をひきやすい時期にも嬉しい食材です。

キッシュ×春野菜 レシピ

アスパラガスのキッシュ

注目のアスパラギン酸というアミノ酸を豊富に含むアスパラガス。新陳代謝を促し、疲労回復や免疫力アップにつながると言われています。アスパラガスの春を連想させる柔らかな緑色に、心も自然と春モードに。何だかうきうきしてきそうです。
アスパラガスと新玉ねぎが春の空気を運んでくるようなキッシュ。トマトも挿し色になっていて、素敵です。焼き色がついたアスパラガスが美味しそうですね。
出典:

アスパラガスと新玉ねぎが春の空気を運んでくるようなキッシュ。トマトも挿し色になっていて、素敵です。焼き色がついたアスパラガスが美味しそうですね。

アスパラガスとソーセージを交互に置いて、おしゃれな雰囲気のキッシュ。具材が偏ることなくバランス良く食べられるのが嬉しいですね。フライドオニオンが香ばしさを引き立てます。
出典:

アスパラガスとソーセージを交互に置いて、おしゃれな雰囲気のキッシュ。具材が偏ることなくバランス良く食べられるのが嬉しいですね。フライドオニオンが香ばしさを引き立てます。

ちょっと変わり種。ミニクロワッサンを使ったキッシュ。斜めにカットされたアスパラガスが合間から顔をのぞかせます。とっても簡単で、春らしくてかわいらしい一品です。
出典:

ちょっと変わり種。ミニクロワッサンを使ったキッシュ。斜めにカットされたアスパラガスが合間から顔をのぞかせます。とっても簡単で、春らしくてかわいらしい一品です。

菜の花のキッシュ

調理した時の苦みと甘みのバランスの良さが印象的な菜の花。栄養面でもバランスが取れています。細胞の生成に欠かせない葉酸を多く含み、βカロテン、カルシウム、ビタミンも豊富。アクが気になるときは、さっと下茹でしてから使うといいですよ。ぜひ、旬の時期に色んなお料理に活用してみたい野菜です。
菜の花や新玉ねぎをたっぷり使ったキッシュ。胡椒をちょっと強めに効かせてみても美味しそうです。
出典:

菜の花や新玉ねぎをたっぷり使ったキッシュ。胡椒をちょっと強めに効かせてみても美味しそうです。

こちらは菜の花と新じゃがの組み合わせ。ウィンナーも入って、一切れでも食べ応えがありそうです。
出典:

こちらは菜の花と新じゃがの組み合わせ。ウィンナーも入って、一切れでも食べ応えがありそうです。

ココットを使って、洋風茶碗蒸し的な印象のキッシュ。焼きあがった後の、ふんわり膨らんでいる様子もたまらない。自宅ランチでも、ちょっとした贅沢気分を味わえそうです。
出典:

ココットを使って、洋風茶碗蒸し的な印象のキッシュ。焼きあがった後の、ふんわり膨らんでいる様子もたまらない。自宅ランチでも、ちょっとした贅沢気分を味わえそうです。

春キャベツのキッシュ

葉がやわらかく甘みがあり軽い食感が魅力の春キャベツ。ビタミンCやカルシウムの他、胃の粘膜を修復するビタミンU(キャベジン)というめずらしい成分が含まれているのが特徴的。旬の時期はとても安く手に入るのもうれしいですよね。そんな春キャベツをたっぷり使ったこちらのキッシュレシピ。おいしいキャベツをたくさん召し上がれ。
出典:

葉がやわらかく甘みがあり軽い食感が魅力の春キャベツ。ビタミンCやカルシウムの他、胃の粘膜を修復するビタミンU(キャベジン)というめずらしい成分が含まれているのが特徴的。旬の時期はとても安く手に入るのもうれしいですよね。そんな春キャベツをたっぷり使ったこちらのキッシュレシピ。おいしいキャベツをたくさん召し上がれ。

えんどう豆のキッシュ

春の緑が美しいえんどう豆。新玉ねぎと一緒にキッシュにして焼き上げました。ビタミンやミネラル豊富なえんどう豆と血液サラサラ、抗酸化作用の高い新玉ねぎ。甘くて栄養価も高くて優秀な野菜です。こちらのレシピでは、台に自家製のタルト生地を使っています。春のお豆が顔を出している様子、、バターの香ばしい香り、ざくざくとした食感...五感を使って、春の味をめいいっぱい感じられそうな一品です。
出典:

春の緑が美しいえんどう豆。新玉ねぎと一緒にキッシュにして焼き上げました。ビタミンやミネラル豊富なえんどう豆と血液サラサラ、抗酸化作用の高い新玉ねぎ。甘くて栄養価も高くて優秀な野菜です。こちらのレシピでは、台に自家製のタルト生地を使っています。春のお豆が顔を出している様子、、バターの香ばしい香り、ざくざくとした食感...五感を使って、春の味をめいいっぱい感じられそうな一品です。

最後に

冬野菜、春野菜を使ったキッシュのレシピ、いかがでしたか?旬の野菜もキッシュに入れることで、いつもとちょっと違った味わいになるのが、とても楽しいですね。フランスの家庭料理というイメージもあり、作るのはちょっと大変そう...と思っていた方も、大丈夫。冷凍パイシートを使えば、失敗しません。おいしくて体にもうれしい、たっぷりの旬の野菜を使ったキッシュ。ぜひ、チャレンジしてみて下さいね。
出典:

冬野菜、春野菜を使ったキッシュのレシピ、いかがでしたか?旬の野菜もキッシュに入れることで、いつもとちょっと違った味わいになるのが、とても楽しいですね。フランスの家庭料理というイメージもあり、作るのはちょっと大変そう...と思っていた方も、大丈夫。冷凍パイシートを使えば、失敗しません。おいしくて体にもうれしい、たっぷりの旬の野菜を使ったキッシュ。ぜひ、チャレンジしてみて下さいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play