これができたらお料理上手♪ 美味しく作れる魚の煮つけレシピ

これができたらお料理上手♪ 美味しく作れる魚の煮つけレシピ

定番「おふくろの味」のひとつ、「魚の煮つけ」。家庭料理ではあるものの魚の扱いに自信がない、和食ってちょっと敷居が高い…。としり込みしていませんか?実は、フライパンや鍋一つでできて短時間調理、意外と簡単。コツさえ覚えれば得意料理になること間違いなし、なのです。魚料理のレパートリーを増やしてみませんか? 2018年01月04日更新

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
レシピ
魚料理
魚介
コツ
煮物
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
368

魚を食べていますか?

魚は低脂肪、高たんぱくでカルシウムも豊富、女性の味方をしてくれるうれしい栄養たっぷりの食材です。普段からよく召し上がっていますか?

塩焼きくらいしかしない…という方には、ぜひ覚えてほしい調理法が、煮つけ。ふっくらと煮あがった身を箸でほぐし、白いご飯と一緒にいただくと、なつかしい味と香りにほっと心がほぐれます。
魚料理のレパートリーが増えれば、もっと食卓にのぼる機会も増えるかもしれません。
出典:stocksnap.io

魚は低脂肪、高たんぱくでカルシウムも豊富、女性の味方をしてくれるうれしい栄養たっぷりの食材です。普段からよく召し上がっていますか?

塩焼きくらいしかしない…という方には、ぜひ覚えてほしい調理法が、煮つけ。ふっくらと煮あがった身を箸でほぐし、白いご飯と一緒にいただくと、なつかしい味と香りにほっと心がほぐれます。
魚料理のレパートリーが増えれば、もっと食卓にのぼる機会も増えるかもしれません。

まずは切り身で簡単に

魚の取扱いに慣れていなくても、切り身なら簡単。

魚が重ならないような底の広い鍋(フライパンでも可)に調味料を合わせて入れ、
・白身魚は、調味液を煮立ててから
・青魚は、冷たいうちから
魚を煮ます。

下処理として、沸かした湯に魚の身をさっとくぐらせて表面が白くなったら氷水にとって締める「霜降り」のひと手間を加えると魚の臭みが抑えられます。流水で魚の表面に固まった血合いや汚れ、ぬめりなどを洗い流してから調理します。

白身魚(かれい、さわら、金目鯛など)

強火で煮立てた調味液に魚を入れ、落し蓋をして10分程度さっと煮ます。中まで完全に火が通らなくてもOK。味が芯までしみていなくても大丈夫。火を止めてしばらくなじませることで余熱をきかせてふっくらと煮あがるのです。
カレイとごぼうの煮付け
身の厚いかれいをしょうゆ+みりんの甘辛味で煮つけます。ごぼうは魚の煮つけによく使われる根菜。歯ごたえ、香りがよく煮汁に溶け出た魚のうま味を吸っておいしくなります。
出典:

身の厚いかれいをしょうゆ+みりんの甘辛味で煮つけます。ごぼうは魚の煮つけによく使われる根菜。歯ごたえ、香りがよく煮汁に溶け出た魚のうま味を吸っておいしくなります。

たけのことさわらの煮物
筍とさわらは春が旬の食材。しょうゆ味で煮つけたら、わかめを添えて。こんな風に季節感を盛り込むことも和食では大事なことです。
出典:

筍とさわらは春が旬の食材。しょうゆ味で煮つけたら、わかめを添えて。こんな風に季節感を盛り込むことも和食では大事なことです。

赤魚の煮つけ、煮魚そば
赤魚は淡泊ですが、美味しいだしが出ます。それを麺つゆ代わりにそばに絡めていただきます。甘めのつゆに針しょうがの薬味をきかせて、さわやかな香りと辛さを楽しみます。
出典:

赤魚は淡泊ですが、美味しいだしが出ます。それを麺つゆ代わりにそばに絡めていただきます。甘めのつゆに針しょうがの薬味をきかせて、さわやかな香りと辛さを楽しみます。

きんめだいの煮つけ
家庭でもできるなら、食べてみたい金目鯛。箸でふわりとほぐれる身の柔らかさを楽しむには火力の調節がカギです。

ここで添えてあるのは、菜の花と豆腐。金目を煮た後の煮汁でさっとお豆腐を煮て、菜の花は煮汁を絡めて。旨味が美味しい一皿です。
出典:

家庭でもできるなら、食べてみたい金目鯛。箸でふわりとほぐれる身の柔らかさを楽しむには火力の調節がカギです。

ここで添えてあるのは、菜の花と豆腐。金目を煮た後の煮汁でさっとお豆腐を煮て、菜の花は煮汁を絡めて。旨味が美味しい一皿です。

青魚(さんま、さば、いわしなど)

白身魚は「強火で、短時間に、余熱をきかせる」のに対して、青魚は時間をかけてじっくりと煮込みます。

くせのある青魚はしょうが、梅などをきかせて煮るとくせが和らぎ、うま味に変化します。
白身魚を煮付ける場合は、脂が抜けてしまいやすいから、煮時間は10分かそこらになるのだけれど、サンマやイワシ、ブリなどの青魚はコトコト長く煮るほうがうまい。

青魚は脂が多いから、ちょっと煮ただけでは味が入らず、逆に長く煮ても、脂が抜けないのである。
出典:魚を煮れるようになると、料理の世界が大きく広がるのである。 | 料理をしない男はクソだ
サンマ煮付け
さんまをお醤油で煮ることによってさっぱりと。青魚独特のクセをうま味に変えてます。
出典:

さんまをお醤油で煮ることによってさっぱりと。青魚独特のクセをうま味に変えてます。

サバの味噌煮
定番中の定番、さばの味噌煮。
味噌としょうががさばのくせを包み込み、おいしさを引き立てます。
これが上手になれたら、「わが家の味」と自信を持って言えますね。
出典:

定番中の定番、さばの味噌煮。
味噌としょうががさばのくせを包み込み、おいしさを引き立てます。
これが上手になれたら、「わが家の味」と自信を持って言えますね。

鯵の煮付け、フライパンで煮るレシピ
大きな鯵が手に入ったら、塩焼きばかりではなく煮付けも試してみて。ねぎしょうがをたっぷり加えてさわやかな香りを加えながらくせを抑えてうま味を閉じ込めます。ふっくらジューシーな鯵はまた格別です。
出典:

大きな鯵が手に入ったら、塩焼きばかりではなく煮付けも試してみて。ねぎしょうがをたっぷり加えてさわやかな香りを加えながらくせを抑えてうま味を閉じ込めます。ふっくらジューシーな鯵はまた格別です。

いわしのさっぱり梅煮
こちらも定番ですが自分で作ったことがないという方は意外と多いかも。
いわしは手開きで素早く下処理、梅干しの酸で骨まで軟らかくさっぱりと煮上げます。
出典:

こちらも定番ですが自分で作ったことがないという方は意外と多いかも。
いわしは手開きで素早く下処理、梅干しの酸で骨まで軟らかくさっぱりと煮上げます。

丸ごとの魚も怖くない

メバル、カサゴなどは家庭でも調理しやすいサイズなので、丸ごと調理してみましょう。

下処理として、まずはウロコを取り除きます。ウロコ取り、または包丁の背などでウロコをはがして取り除きます。
調理器具の「ウロコ取り」がご自宅になければ、包丁の背や、ペットボトルの蓋などでもウロコを取ることはできます。
出典:stocksnap.io

調理器具の「ウロコ取り」がご自宅になければ、包丁の背や、ペットボトルの蓋などでもウロコを取ることはできます。

続いて、腹に切り込みを入れて内臓、えらを取り出したらここで流水でよく洗います。お腹の中までよく洗って血合いなどを除きます。

ここまではお店で頼めばやってくれる場合も多いので、丸ごとの魚なんて捌けないという方はちょっと頼んでみましょう。専門の魚屋さんはもちろん、スーパーでも頼めます(店舗、時間帯による)。

自分で挑戦してみるのもいいかもしれません。できるようになれば釣ってきたばかりの新鮮な魚だって調理できますよ。
カサゴやメバルを使った魚の煮付け
カサゴやメバルは家庭でも調理できる手ごろなサイズで、煮つけにぴったり。頭も一緒に煮つけるのでうま味がたっぷり出ます。
出典:

カサゴやメバルは家庭でも調理できる手ごろなサイズで、煮つけにぴったり。頭も一緒に煮つけるのでうま味がたっぷり出ます。

連子鯛(キダイ)の煮付け
手のひらに乗るサイズの鯛なら、丸ごと煮つけてしまいましょう。
コツは同じ。調味液を煮立てた中に鯛を入れる、落し蓋をして短時間で煮上げる、余熱をきかせる。

同じ調理法でも、切り身より丸ごとをお出しするとかなりお料理上級者に見えてしまいます。
出典:

手のひらに乗るサイズの鯛なら、丸ごと煮つけてしまいましょう。
コツは同じ。調味液を煮立てた中に鯛を入れる、落し蓋をして短時間で煮上げる、余熱をきかせる。

同じ調理法でも、切り身より丸ごとをお出しするとかなりお料理上級者に見えてしまいます。

鯛の肝と卵の煮付け
もし手に入れた魚に食べられる肝や卵が入っていたら、ぜひ試して欲しいこのレシピ。しっかり煮詰めればお弁当のおかずにも、酒の肴にもごはんの伴にもなります。
出典:

もし手に入れた魚に食べられる肝や卵が入っていたら、ぜひ試して欲しいこのレシピ。しっかり煮詰めればお弁当のおかずにも、酒の肴にもごはんの伴にもなります。

甘辛しょうゆ味ばかりじゃない 世界の「煮つけ」レシピ

さばのコチュジャン煮
さばのくせを抑えるために、味噌で煮るのが味噌煮。ならば、韓国風にコチュジャン(唐辛子味噌)で煮てみました。辛さの中にうまみが引き立ちます。
出典:

さばのくせを抑えるために、味噌で煮るのが味噌煮。ならば、韓国風にコチュジャン(唐辛子味噌)で煮てみました。辛さの中にうまみが引き立ちます。

たらのトマト煮
たらは淡泊でどんな味付けにも合う、世界中で愛されている魚です。イタリア風に、オレガノ、ローリエを加えて香りづけしました。
出典:

たらは淡泊でどんな味付けにも合う、世界中で愛されている魚です。イタリア風に、オレガノ、ローリエを加えて香りづけしました。

真鯛の和風アクアパッツァ
アクアパッツァは、比較的魚介類をよく食べるイタリア南部の料理です。魚の種類はすずき、たい、たら、かさご、めばるといった白身魚が好まれます。

本来家庭料理なのでもちろん日本の家庭でも可能です。濃厚な魚介のスープを吸った野菜も一緒にいただく、この調理法は日本の「だし」文化につうじる物があるかもしれません。
出典:

アクアパッツァは、比較的魚介類をよく食べるイタリア南部の料理です。魚の種類はすずき、たい、たら、かさご、めばるといった白身魚が好まれます。

本来家庭料理なのでもちろん日本の家庭でも可能です。濃厚な魚介のスープを吸った野菜も一緒にいただく、この調理法は日本の「だし」文化につうじる物があるかもしれません。

イタリアンなブリの煮付け
ブリの煮付けにトマトとバジルを加えて、イタリアンに。斬新なアイデアで「おふくろの味」も生まれ変わりますね。
出典:

ブリの煮付けにトマトとバジルを加えて、イタリアンに。斬新なアイデアで「おふくろの味」も生まれ変わりますね。

いかがでしたか?

定番の「魚の煮つけ」が意外に簡単なこと、白身魚と青魚の調理法の違い、世界でも愛されている魚料理からヒントをもらって新たな煮つけのレシピをご紹介しました。

魚料理が得意になって、ヘルシーかつ変化に富んだ食生活を楽しんでくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play