手放して、好きなもので満たす。「マイベストクローゼット」のつくり方

手放して、好きなもので満たす。「マイベストクローゼット」のつくり方

服はたくさんあるのに、着たいものがない。気に入って買ったはずなのに、ほとんど袖を通さない服がある……。そんなクローゼット難民のあなたへ。美しく整ったミニマムなクローゼットに憧れているのなら、「マイベストクローゼット」をつくってみませんか。ただ捨てるだけの作業ではなく、好きなもので満たしつつ、手放していくものです。着たいと思えない服でいっぱいのクローゼットから、着たい服だけが整然と並ぶクローゼットへ。「マイベストクローゼット」のつくり方をご紹介します。2021年11月15日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード
家具クローゼット収納術整理術ワードローブ
お気に入り数1546

「マイベストクローゼット」は、今の自分を表します

手放して、好きなもので満たす。「マイベストクローゼット」のつくり方
出典:
クローゼットは一度整えたら完成ではありません。季節ごと、その時々のライフスタイルによって、着たい服は変化するものだからです。

トライ&エラーを繰り返しつつ、今の自分にベストな服を厳選していく。それが「マイベストクローゼット」なのです。

理想の「マイベストクローゼット」は?

理想のクローゼットをぼんやりとイメージするだけでは、実現は難しいでしょう。誘惑に負けたり、妥協したり、なし崩しになってしまいます。

具体的な「マイベストクローゼット」の条件を、紙に書くのです。それをクローゼットに貼っておくと、自分との約束を守ることができます。

理想はどんなクローゼット?

手放して、好きなもので満たす。「マイベストクローゼット」のつくり方
出典:unsplash.com
自らが思い描く、理想のクローゼット像を明確にします。それはいわば、理想の自分像でもあるのです。

どんな暮らしがしたいでしょうか? どんな装いがしたいでしょうか。そのためにはどんなクローゼットが理想でしょうか。

自分との約束事を決めよう

1シーズン何着なら管理できるでしょうか。それをもとに、オールシーズン何着あればいいか、目標数を割り出します。

そして、徐々に必要最小限の服に絞り込んでいくのです。“1年着ていないものは手放す”“買ったら必ずその分減らす”というように、自分との約束事を決めます。
少ない服でもオシャレに!「ワードローブチェック」&「服選びのルール」
少ない服でもオシャレに!「ワードローブチェック」&「服選びのルール」

クローゼットに服はたくさんあるのに、着ていく服がない! いつも同じような服ばかり買って失敗する……。服がありすぎるがゆえに、整理ができずストレスを感じている方も多いですよね。クローゼットをもっとスッキリさせたい! お気に入りの服でオシャレを楽しみたい! そんな願望を叶えるには、まずは手持ちの服を減らすことです。少ない服でもオシャレを楽しむための、とっておきの方法をご紹介します。

今の自分には何着の服が必要かわからない。そんなあなたは、こちらの記事をご参考になさってくださいね。

一年を通して取り組む

シーズンオフのものも含め、一気に捨ててしまわないことです。季節の変わり目などに“本当に着るものがない”状態になってしまいます。

一年を通して、そのシーズンに着なかったものを整理していくのです。そうすれば、自然と今の自分に必要なものだけが残るようになります。

好きなもので満たしながら手放す方法

手放して、好きなもので満たす。「マイベストクローゼット」のつくり方
出典:
「マイベストクローゼット」は一度で完成するものではありません。トライ&エラーを繰り返しながら、理想へと近づけていくものです。

途中失敗することもあるでしょう。それは経験や学びとして、これからの服選びの指針となります。

【1 IN 2 OUT】で循環させる

一つ買ったら、二つ減らす。それが、1 IN 2 OUTです。買いたい服が合ったら、その倍の数だけ手放す服を見定めるのです。

これを続けていくと、クローゼットの中が循環し、新鮮で着たい服だけが残るようになります。
ひとつ増えたらひとつ減らすだけ!シンプルに暮らす「1in 1out」の法則
ひとつ増えたらひとつ減らすだけ!シンプルに暮らす「1in 1out」の法則

「モノは増やしたくないけれど、やっぱりお買い物は楽しい」「好きなモノは捨てたくないけれど、暮らしをシンプルにしたい」――わたしたちの「こうしたい」は、ときに矛盾をはらんでいるものです。大切なモノに囲まれて、スッキリとした暮らしをしたい。そんなときは、増えた分だけ減らすことで、モノの収支を合わせるのです。ひとつ増えたらひとつ減らすだけでOKの「1in 1out」の法則で、シンプルな暮らしを叶えませんか?

二つ減らすのが難しいと感じたら、「1in 1out」から始めてみるといいかもしれません。

【ベスト3コーデ】を決める

好きなもので満たすということは、どれもがベストコーディネートになるということです。

明日にでも着たい、週2回は着たい、というベスト3コーデを決めます。それを軸に、1シーズンに必要な枚数を割り出すのです。
目指すは「私服の制服化」!少ない服でもおしゃれな《シンプリストの服選び》
目指すは「私服の制服化」!少ない服でもおしゃれな《シンプリストの服選び》

ライフスタイルの変化で着る服に迷ったり、年齢とともに体のラインが変わったり、今までの服がなんだか似合わなくなってきたり――こんなお悩みはありませんか? 大人のわたしたちには、たくさんの服は必要ありません。自分らしくいられる定番の服がいくつかあれば、十分おしゃれは楽しめるのです。目指すのは「私服の制服化」。少ない服でもおしゃれな《シンプリストの服選び》を始めましょう。

ベスト3コーデに迷ったら、「私服の制服化」という考え方が参考になりますよ。

クローゼットを【3分割】する

手放して、好きなもので満たす。「マイベストクローゼット」のつくり方
出典:unsplash.com
クローゼットを3分割し、管理しやすい仕組みにします。オンシーズン、オフシーズン、小物類の3エリアに分けるのです。

オンシーズンのものは取り出しやすい手前に配置し、オフシーズンのものは取り出しにくい場所に。両者を区切るように、小物で仕切るとよいでしょう。

【目標枚数】に絞り込む

目標枚数に絞り込むには、残すもの、手放すもの、迷い中のものに選別します。その際、“理想の自分はそれを着るのか”“賞味期限は切れていないか”“失敗を認めたくないだけではないか”というように、自問自答をするのです。

迷い中のものは、さらに選別を繰り返し、残すものと手放すものに仕分けます。

「マイベストクローゼット」で変わること

手放して、好きなもので満たす。「マイベストクローゼット」のつくり方
出典:unsplash.com
クローゼットが整うと、さまざまなメリットがあります。 “着る服がない”“買ったのに着ない”といった、服に関する悩みが減っていくのです。

トライ&エラーを重ねたぶん、自らの失敗パターンが見えてきます。服装への満足度が高まり、自己肯定感や自己評価までもが増してくるのです。

ベストコーデだけだから迷わない

選別を重ねて残った服は、どれも今の自分にしっくりくるものばかりのはずです。着心地も、色柄も、素材もデザインも、どれも一切妥協していません。ですから、着るものに迷うこともないのです。

買い物の失敗が大幅に減る

トライ&エラーを繰り返していると、自分の失敗パターンがわかってきます。次の買い物で同じ失敗はしないように、自制が利くようになるのです。少しでも違和感があれば、妥協して買うこともなくなります。

罪悪感から解放される

失敗した服を持ち続けるにしても、それを手放すにしても、必ず罪悪感がつきまとうことを学びました。厳選されて残った服は、何度も着たくなる服ばかりです。

それらは十分に着倒すことになるでしょうし、傷み出すころには罪悪感など抱くことなく、納得して手放すことができるでしょう。

好きなもので満ちた「マイベストクローゼット」をつくろう

手放して、好きなもので満たす。「マイベストクローゼット」のつくり方
出典:
着たい服だけが整然と並ぶ「マイベストクローゼット」のつくり方をご紹介しました。

トライ&エラーを繰り返しつつ、今の自分にベストな服を厳選していく。すると、クローゼットまるごと大好きなものばかりに変わっていきます。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play