持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア

持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア

ものにあふれる現代において、必要なものだけしか持たない「ミニマリスト」。住まいのインテリアにおいても、極力持たない&置かないを実践しています。しかし、そうすることはたやすくないこと。どのようにしたら今の部屋をすっきりとミニマリストの部屋のようにできるのでしょうか。国内&海外ミニマリストのインテリア実例や、ミニマリストに学ぶインテリアの工夫など、詳しくご紹介します。2021年05月22日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード
インテリアコーディネートお部屋作りミニマリスト持たない暮らし海外インテリア
お気に入り数2068

最小限のもので丁寧に暮らす「ミニマリスト」

持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:unsplash.com
持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす「ミニマリスト」。自身に本当に必要なものだけを厳選することで、ものであふれる現代において、心豊かに生きようという考え方を持つ、新たなライフスタイルを実践する人のことを言います。
持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:unsplash.com
そんなミニマリストは、どんな暮らしをしているのでしょうか。ミニマリストという言葉の意味や実際に実践しているインテリアの実例、ものを厳選する際の工夫等を詳しく見ていきましょう。

そもそも「ミニマリスト」って?

持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:unsplash.com
「minimalist(ミニマリスト)」とは、「最小限の」という意味の「minimal(ミニマル)」から派生した造語で、必要最小限の生活を楽しむライフスタイルも含めた言葉になります。
持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:unsplash.com
近頃は、インターネットやスマートフォンなどの普及により、ものだけでなく情報もあふれ、たくさんのものを手に入れても心が満たされなかったり、ものや情報が多すぎて本当に必要なものが分からず、暮らしにくさを感じる人も。最低限のものだけで生活をすることで、考え込むことなく楽に生きたいと共感しあった結果、「ミニマリスト」が生まれたと考えられます。

ミニマリストとシンプリスト

持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:unsplash.com
一見「シンプリスト」と同じ意味に捉えられがちですが、白やモノトーンカラーなど、お気に入りのインテリアをシンプルな色に統一したり、たくさんのお気に入りのものをすっきり見えるようコーディネートするなど、見た目をシンプルにすることを心掛けているのが「シンプリスト」です。
持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:unsplash.com
一方「ミニマリスト」は、機能や品質を重視して選ぶことが多く、なるべく物を減らして暮らしやすさを求めています。「シンプリスト」と「ミニマリスト」には、手持ちのものの数の違いがあると言えるでしょう。

こんなお部屋に憧れる。『国内&海外ミニマリストのご紹介』

では実際にミニマリストの方はどんなお部屋に住んでいるのでしょうか。まずはお部屋を拝見して、自身のお部屋をどんなふうにしていきたいのか、具体的にイメージしてみましょう。以下では、お部屋紹介をしている、国内外の素敵なミニマリストさんをご紹介します。

一人暮らしのお部屋をブログでご紹介。生活を楽しむ《coyukiさん》

持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:
整理収納アドバイザーとして活躍される、coyukiさんのワンルームをご紹介したブログ。厳選された家具のみが配置された、こだわりある住まいが魅力的です。

こだわりの家具が置かれたご自宅がおしゃれな《Tommyさん》

1Rで2人暮らしをするTommyさんのルームツアー動画。選び抜かれた家具にはどれもこだわりがあり、丁寧に暮らされているのが良くわかります。引き出しやクローゼットの中のご紹介もあり、とってもわかりやすい!

ご家族とともにミニマリストを実践する、オーガナイザー兼主婦ブロガー《山本瑠実さん》

持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:
4人家族である、ライフオーガナイザーの山本瑠実さんのブログ。日々の生活の中で行っている収納や片付けの工夫、おしゃれなインテリアについて紹介されています。白を基調とした室内がとってもおしゃれ。

シンプルに丁寧に暮らす、北欧在住CA《Sayaka Kozawaさん》

フィンランドでの暮らしを楽しむ、CAのSayaka KozawaさんのYouTube。北欧ならではのMarimekko(マリメッコ)のアイテムを差し色に、かわいくておしゃれなワンルームになっています。

ミニマリスト流のワンルームの模様替え。オーストラリア在住《Alex Miottoさん》

海外YouTuber、Alex Miottoさんのワンルームの模様替えする姿をおさめた動画。家具を変え、選び抜いた小物で配置をすることで、すっきりとしたミニマリストのベッドルームが完成します。変化していく姿は必見。

ミニマリストに学ぼう!『憧れのインテリアに近づくための4ステップ』

ミニマリストさんお部屋をもとに、自身の部屋作りを考えていきましょう。急にものを片付け始めるだけでは、その場限りの行動になってしまいかねないので、まずは段階を踏んでじっくりと進めるのがおすすめです。すっきりと居心地の良いインテリアに近づくための4つのステップを見ていきましょう。

1.インテリアの軸やテーマを決める

持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:
今の部屋をミニマリストのようなすっきりとした空間にしたい。そんなときは、まずどんな雰囲気にしたいか『インテリアの軸』を決めましょう。こちらは、ベッドと木製の椅子とフレグランススティックを置いて、清潔感あふれる白い部屋の中にナチュラルさをプラス。
持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:www.instagram.com(@4696tuuli)
シルバーのライトにシルバーグレーのトランク、ドアもコンクリート風にリメイクしてシャビーっぽさを取り入れて。同じ白い部屋でも、選ぶ家具の雰囲気で印象が変わります。

2.手持ちのものをそぎ落とす(断捨離)

持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:
次に、不要なものは思い切ってそぎ落していきましょう。溜まってしまった雑誌や着なくなった服などは「いる」「いらない」で仕分けを。次第と判断力も付いて、普段の片付けの際も役立ちそう。
持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:
使わないものは断捨離、もしくは、あえて用意しないことも大切です。こちらはカウンターで食事をとることが多いので、ダイニングテーブルや椅子は置いていないそう。またネット動画視聴がメインのため、思い切ってテレビを処分して、掃除が楽に空間に余裕もできて良かったというミニマリストさんも。

3.現在の収納方法の見直し

持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:
ものが少なくなれば、収納や整理整頓がしやすくなります。まずは、収納スペースの半分ほどにものを置くのを抑えてみましょう。余裕なスペースができることでしまいやすくなるので、なぜか部屋が散らかってしまうということも少なくなります。
持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:
見た目をすっきりさせるには、見せる収納はせず、隠す収納をしましょう。キッチンツールは戸棚の棚に設置して、隠しながらも取り出しやすい。

4.厳選したものを選び、ものを大切に思うように

持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:
これらのステップを踏んできたことで買い物にも影響が。例えばキッチンツールの場合も「部屋のイメージに合う?統一感は保てる?」と購入する際にも自問自答して、無駄なものを買わなくなるそう。
持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:
ものが少なくなると、今あるものは大切にしようという意識がより強くなり、すっきりと洗練された空間になっていきます。無理に捨てることばかりを意識するのではなく、自身に必要なものは残すという決断も大切です。

部屋作りのヒントがたくさん。ミニマリストの『部屋別インテリアカタログ』

【リビング】くつろぎの場所。厳選したソファとともに

こちらは、アイボリーやベージュなどのカラーを使ったナチュラルトーンのリビング。ちょっぴり夏を感じる心地よい空間に仕上がっています。
出典:www.pexels.com

こちらは、アイボリーやベージュなどのカラーを使ったナチュラルトーンのリビング。ちょっぴり夏を感じる心地よい空間に仕上がっています。

シンプルなリビングに、カラフルなラグや棚などの家具を置いて。小物が少ないので、色が多くてもすっきりとした印象に。
出典:www.pexels.com

シンプルなリビングに、カラフルなラグや棚などの家具を置いて。小物が少ないので、色が多くてもすっきりとした印象に。

【デスク周り】無駄なものが目に入らないようパソコンや作業しやすく

デスクと棚、椅子など家具の木目を生かした温かみあるデスク周り。目の届くところにはほぼものを置かないことで、作業に集中しやすい環境になっています。
出典:unsplash.com

デスクと棚、椅子など家具の木目を生かした温かみあるデスク周り。目の届くところにはほぼものを置かないことで、作業に集中しやすい環境になっています。

デスクトップパソコンやマウスは圧迫感のない薄いもので揃え、小物はシンプルなデザインのものにすることで、デスク上もすっきりとしています。この空間だったら仕事もはかどりそう。
出典:unsplash.com

デスクトップパソコンやマウスは圧迫感のない薄いもので揃え、小物はシンプルなデザインのものにすることで、デスク上もすっきりとしています。この空間だったら仕事もはかどりそう。

【キッチン】食器類はしっかり収納して、洗練された雰囲気に

食器やキッチンツール、調味料など、ものを厳選しても必要なものが豊富なキッチン。収納がたくさんあれば、しまうことで見た目にすっきりするので、心強いこと間違いなしです。
出典:unsplash.com

食器やキッチンツール、調味料など、ものを厳選しても必要なものが豊富なキッチン。収納がたくさんあれば、しまうことで見た目にすっきりするので、心強いこと間違いなしです。

飾り棚にもなる備え付けの棚付きキッチン。食器類は種類ごとに間隔を開けて収納することで、圧迫感をなくします。
出典:unsplash.com

飾り棚にもなる備え付けの棚付きキッチン。食器類は種類ごとに間隔を開けて収納することで、圧迫感をなくします。

【寝室】壁面にベッドサイトライトを付けてすっきりと

電球型のベッドサイドライト。壁面に付けることで、ものが溜まりがちなベッド周りももごちゃごちゃしません。目覚めにはグリーンで癒されて。
出典:unsplash.com

電球型のベッドサイドライト。壁面に付けることで、ものが溜まりがちなベッド周りももごちゃごちゃしません。目覚めにはグリーンで癒されて。

ヘッドが可動するサイドライト。夜の読書もしやすく便利です。ブラウントーンで色合いを合わせて、心落ち着く空間に。
出典:unsplash.com

ヘッドが可動するサイドライト。夜の読書もしやすく便利です。ブラウントーンで色合いを合わせて、心落ち着く空間に。

【クローゼット周り】ウッディな家具で洗練された空間に

すっきりとしたメイクスペース。木目を生かした線の細い家具と鏡を選ぶことで、おしゃれなドレッサーになります。
出典:unsplash.com

すっきりとしたメイクスペース。木目を生かした線の細い家具と鏡を選ぶことで、おしゃれなドレッサーになります。

アパレルショップのようなハンガーラックに、その日に着る服や手持ちの服を掛けて。服も厳選すればするほど、コーデに迷う時間も減り、朝の時間に余裕が生まれます。
出典:unsplash.com

アパレルショップのようなハンガーラックに、その日に着る服や手持ちの服を掛けて。服も厳選すればするほど、コーデに迷う時間も減り、朝の時間に余裕が生まれます。

【水回り】なるべくものを置かないことで、掃除しやすく

ライトや植物など、置くものにはこだわるおしゃれな洗面所。朝の時間を多く過ごす場所なので、お好みの空間にすることで、爽やかな1日の始まりに。
出典:unsplash.com

ライトや植物など、置くものにはこだわるおしゃれな洗面所。朝の時間を多く過ごす場所なので、お好みの空間にすることで、爽やかな1日の始まりに。

生活が便利になるタオルラックやバスタブトレーは積極的に設置。あとは置くものは厳選して、掃除しにくい水回りを快適にしましょう。
出典:pixabay.com

生活が便利になるタオルラックやバスタブトレーは積極的に設置。あとは置くものは厳選して、掃除しにくい水回りを快適にしましょう。

空間に余裕があるとつい何かを置きたくなりますが、そこはぐっとこらえて空間の余裕を楽しんで。細々したものが生活用品が多いトイレや洗面所は、棚収納を活用しましょう。
出典:unsplash.com

空間に余裕があるとつい何かを置きたくなりますが、そこはぐっとこらえて空間の余裕を楽しんで。細々したものが生活用品が多いトイレや洗面所は、棚収納を活用しましょう。

暮らし方や考え方もミニマリストに学ぶことたくさん!

持たない&置かない。「ミニマリスト」に学ぶ、心地よいインテリア
出典:unsplash.com
必要ないものをそぎ落とす潔さと、必要あるものを大切にする考え方。ミニマリストには芯のぶれない暮らし方も大きく影響しているように思います。日々の生活を楽しみながら、興味のある方は小さな一歩から、気軽に「ミニマリスト」を始めてみませんか。
ミニマリストが気になった方は、是非こちらの記事もどうぞ。ミニマリストになるためのヒントがたくさん紹介されていますよ。
数を増やしてもミニマリストは目指せます*「減らす」にこだわらないモノ選び術
数を増やしてもミニマリストは目指せます*「減らす」にこだわらないモノ選び術

モノを減らしてシンプルに暮らす「ミニマリスト」が注目を集める今日この頃。その姿に憧れて、日々「モノを減らす」ことを念頭に暮らしている方も多いのではないでしょうか。とはいえ、やみくもに「モノを減らす」ことで、むしろ生活の質や効率を落としていることもあるかも・・・。シーンによっては「モノを増やす」ことでよりよい過ごし方ができる、そんな観点もあるんですよ* 本質的な部分を見失わずに、あなたならではの「ミニマルライフ」を形にしていきましょう。

つい余計なものを買ってしまう方へ。ミニマリストになるためのヒント集
つい余計なものを買ってしまう方へ。ミニマリストになるためのヒント集

自分の身の回りはいつもスッキリさせておきたいもの。本当はいらないものなのに、つい余計なものを買ってしまい、部屋がごちゃごちゃしてしまう方も多いはずです。でも大丈夫。少し意識を変えるだけで、驚くほどお片づけ上手になりますよ。今回は、ミニマリストになるためのヒントと心得をご紹介します。

完璧じゃなくてもいい。ほどよい「ゆるミニマリスト」から始めてみない?
完璧じゃなくてもいい。ほどよい「ゆるミニマリスト」から始めてみない?

ミニマリストと聞くと、ストイックで禁欲的なイメージがあったりしませんか? モノを減らしてスッキリさせたいけれど、ミニマムライフを極めたいわけではない……。そんな方には「ゆるミニマリスト」から始めてみるのがおすすめです。完璧を目指すと何事も辛くなってしまいますから、今の生活をほんの少しよくするような、毎日できることから実践してみましょう。

目指すは素敵なワンパターン!少ない服を上手に着回すミニマリストになろう
目指すは素敵なワンパターン!少ない服を上手に着回すミニマリストになろう

「お出かけ前にクローゼットの前で何十分も悩んだ末、イマイチなスタイリングになってしまった」なんて経験をしたことがある人は多いはず。いっそ必要最低限の服だけ持って、上手に着回してみませんか?「断捨離」や「シンプルライフ」の一貫として増えている、“必要最低限の服だけ持つ”こと。「私服の制服化」「ユニフォーム化」とも呼ばれている、ミニマリストについてご紹介します。

こちらの記事で素敵な画像をお貸しいただきました。ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play