1. トップ
  2. インテリア
  3. 部屋
  4. リビング
  5. 「リビング収納」を見直してみませんか?モノが迷子にならない「技あり収納術」
「リビング収納」を見直してみませんか?モノが迷子にならない「技あり収納術」

「リビング収納」を見直してみませんか?モノが迷子にならない「技あり収納術」

家族のモノが溢れがちなリビング。もっと使いやすくおしゃれな空間にしたい、と願う方は多いかもしれません。リビングの収納が整えば、居心地が良くなるだけでなくモノが迷子にならず効率的に動くことができます。あなたもリビング収納を見直して、今よりもっと快適な暮らしを手に入れませんか。2020年03月03日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード
部屋リビング収納術整理整頓
お気に入り数767

リビングが整えば、暮らしやすさが変わる

「リビング収納」を見直してみませんか?モノが迷子にならない「技あり収納術」
出典:
リビングは、家族やゲストが集まる場所。テレビを見たり雑誌を開いたり、ほっとひと息つけるスペースにしたいですよね。

もし今、リビングが何だかすっきりしない、すぐに散らかってしまう…とお悩みなら、少しだけ収納を見直してみると良いかもしれません。
「リビング収納」を見直してみませんか?モノが迷子にならない「技あり収納術」
出典:
リビング収納が整うとこんなメリットがあります。

・モノの定位置が決まるため、散らかりにくい
・モノが片付いているため、実際の面積よりも広く感じられる
・いつもすっきりとしていれば、ディスプレイが際立ちおしゃれな印象になる
・モノが迷子になりにくいので、探す手間が省けて時短になる

家族が何気なくモノを置いてしまいがちなリビング。収納を整えれば、突然のゲストにも慌てないすっきりとした空間が保てますよ。早速、リビング収納のポイントを見ていきましょう。

リビング収納のポイント

1.取り出しやすく、しまいやすい

リビング収納は、「モノが取り出しやすく、しまいやすいこと」が大切なポイントです。

何かを動かさなくても、目的のモノが取り出せるように、ボックスなど容器を使って仕分けするのも◎

ラベルを貼るなど、どこに何があるのかわかりやすくしておきましょう。
出典:

リビング収納は、「モノが取り出しやすく、しまいやすいこと」が大切なポイントです。

何かを動かさなくても、目的のモノが取り出せるように、ボックスなど容器を使って仕分けするのも◎

ラベルを貼るなど、どこに何があるのかわかりやすくしておきましょう。

2.生活動線上に収納がある

リビングは家族が回遊する場所。
生活動線上に収納があると、散らかりにくくなります。たとえば、家に帰ったときに床にバッグを置くクセがある方は、その場所に小さなスツールやカゴを用意しておくと良いでしょう。
出典:

リビングは家族が回遊する場所。
生活動線上に収納があると、散らかりにくくなります。たとえば、家に帰ったときに床にバッグを置くクセがある方は、その場所に小さなスツールやカゴを用意しておくと良いでしょう。

3.見せる収納と隠す収納を使い分ける

リビングは人が集まる場所なので、「見せる収納」にもこだわりたいですね。

こちらのお宅のように、オープン棚にはお気に入りの雑貨などを飾って収納、扉付きや引き出し収納には生活感の出るモノを収納すると美しさを保てます。
出典:

リビングは人が集まる場所なので、「見せる収納」にもこだわりたいですね。

こちらのお宅のように、オープン棚にはお気に入りの雑貨などを飾って収納、扉付きや引き出し収納には生活感の出るモノを収納すると美しさを保てます。

リビング収納の素敵な事例集

ファイルボックスで整えたモノトーンインテリア

オープン棚はフレキシブルに使いやすく、リビング収納にぴったりの家具。こちらのお宅のように、色やデザインを揃えてアート・雑貨などを飾れば素敵なディスプレイコーナーになります。程よく「余白」を意識して、ゆったりと飾るのが、洗練された雰囲気に仕上げるコツです。
出典:

オープン棚はフレキシブルに使いやすく、リビング収納にぴったりの家具。こちらのお宅のように、色やデザインを揃えてアート・雑貨などを飾れば素敵なディスプレイコーナーになります。程よく「余白」を意識して、ゆったりと飾るのが、洗練された雰囲気に仕上げるコツです。

カラフルな色やデザインの雑誌や本も、モノトーンのファイルボックスに収納すればすっきりとまとまります。
デザインや色を揃えると整った印象になり、リビングをおしゃれな雰囲気に導いてくれます。
出典:

カラフルな色やデザインの雑誌や本も、モノトーンのファイルボックスに収納すればすっきりとまとまります。
デザインや色を揃えると整った印象になり、リビングをおしゃれな雰囲気に導いてくれます。

ファイルボックスは中にしまうものをジャンル分けしておくと便利。

見えてもおしゃれなラベルを貼っておくと一目瞭然。こちらはピータッチというラベルライター。自分が使いやすいアイテムを見つけておくと、ラベル貼り作業が楽しくなりそう。
出典:

ファイルボックスは中にしまうものをジャンル分けしておくと便利。

見えてもおしゃれなラベルを貼っておくと一目瞭然。こちらはピータッチというラベルライター。自分が使いやすいアイテムを見つけておくと、ラベル貼り作業が楽しくなりそう。

お子さんの教材もファイルボックスですっきり

お子さんの教材の収納場所は、頭を悩ませることのひとつではないでしょうか。

お子さんが自分で整理整頓しやすい収納でないと、キレイな状態を保つのは難しくなります。

こちらのお宅では、お子さん1人に2つずつファイルボックスを準備して、ひとつは問題集用、もうひとつは長期休暇の課題用にしているのだそう。
出典:

お子さんの教材の収納場所は、頭を悩ませることのひとつではないでしょうか。

お子さんが自分で整理整頓しやすい収納でないと、キレイな状態を保つのは難しくなります。

こちらのお宅では、お子さん1人に2つずつファイルボックスを準備して、ひとつは問題集用、もうひとつは長期休暇の課題用にしているのだそう。

ファイルボックス選びにもひと工夫。左のタイプはドリルが自立しにくいためお子さんの教材をしまうのには向かないよう。右の横型ボックスならすっきり収まりますね。
出典:

ファイルボックス選びにもひと工夫。左のタイプはドリルが自立しにくいためお子さんの教材をしまうのには向かないよう。右の横型ボックスならすっきり収まりますね。

低めの棚で、ディスプレイを楽しむ

低めの棚を取り入れれば、収納としてだけでなく棚上をディスプレイコーナーとして使うこともできます。インテリアグリーンや雑貨を組み合わせて、自分らしくアレンジしてみてください。
出典:

低めの棚を取り入れれば、収納としてだけでなく棚上をディスプレイコーナーとして使うこともできます。インテリアグリーンや雑貨を組み合わせて、自分らしくアレンジしてみてください。

目線よりも低めの棚は、圧迫感がないので部屋を広く見せることができます。
小さなリビングにもぴったりですよ。こちらのお宅のように、天然素材のバスケットを収納代わりに使うのも素敵です。少し離れて見たときに、収納アイテム全体がひとつの絵のようにまとまっていれば◎
出典:

目線よりも低めの棚は、圧迫感がないので部屋を広く見せることができます。
小さなリビングにもぴったりですよ。こちらのお宅のように、天然素材のバスケットを収納代わりに使うのも素敵です。少し離れて見たときに、収納アイテム全体がひとつの絵のようにまとまっていれば◎

こだわりの「家具」を主役に

人の目に触れることの多いリビング家具には、こだわりたいもの。
こちらのお宅では、デンマークのヴィンテージ家具をリビングの主役にしています。ずっと眺めていたくなるお気に入りの家具があれば、暮らしがより豊かになりそう。
出典:

人の目に触れることの多いリビング家具には、こだわりたいもの。
こちらのお宅では、デンマークのヴィンテージ家具をリビングの主役にしています。ずっと眺めていたくなるお気に入りの家具があれば、暮らしがより豊かになりそう。

上段には、カメラや化粧品などを収納ケースに小分けして収納しています。カテゴリ別に分けておけば、さっと取り出しやすく戻しやすいですね。

ハンカチやポケットティッシュなどは立てて収納すると、見た目が美しいだけでなく、何がどれだけあるのかわかりやすく便利。
出典:

上段には、カメラや化粧品などを収納ケースに小分けして収納しています。カテゴリ別に分けておけば、さっと取り出しやすく戻しやすいですね。

ハンカチやポケットティッシュなどは立てて収納すると、見た目が美しいだけでなく、何がどれだけあるのかわかりやすく便利。

リビングに素敵なサイドボードを置いています。オブジェやインテリアグリーンを置いて、ナチュラルなディスプレイを楽しんでいますね。
出典:

リビングに素敵なサイドボードを置いています。オブジェやインテリアグリーンを置いて、ナチュラルなディスプレイを楽しんでいますね。

上段の引き出しにはよく使う文房具などを、2段目と3段目はCDやDVDなどを収納しているそう。
リビングで使うものを集めておけば、モノを探す手間が省けて時短にも繋がりそうですね。
出典:

上段の引き出しにはよく使う文房具などを、2段目と3段目はCDやDVDなどを収納しているそう。
リビングで使うものを集めておけば、モノを探す手間が省けて時短にも繋がりそうですね。

大容量の収納は、仕分けして使いやすく

リビングに家具を置きたくないなら、リビング近くに大容量の収納を造作しておくのもひとつのアイデア。家具を買い揃える必要がなく、転倒の心配もありません。

可動式の棚を備えておけば、アイデア次第でさまざまな使い方ができます。お気に入りの本を集めて自分だけのライブラリーに、引き出しケースを使って日用品などのストックをまとめておくのも◎
出典:

リビングに家具を置きたくないなら、リビング近くに大容量の収納を造作しておくのもひとつのアイデア。家具を買い揃える必要がなく、転倒の心配もありません。

可動式の棚を備えておけば、アイデア次第でさまざまな使い方ができます。お気に入りの本を集めて自分だけのライブラリーに、引き出しケースを使って日用品などのストックをまとめておくのも◎

こちらのお宅のように、床から天井近くまでたっぷりと収納として使える収納があればリビングをきれいに保てそう。

必要なモノをすぐに取り出せるよう、ワゴンにまとめておくとより使いやすさがアップします。
出典:

こちらのお宅のように、床から天井近くまでたっぷりと収納として使える収納があればリビングをきれいに保てそう。

必要なモノをすぐに取り出せるよう、ワゴンにまとめておくとより使いやすさがアップします。

オープン棚はモノが一目瞭然なので使いやすい反面、全てが表に出てしまうため統一感を保ちにくいのが難点。

そこで取り入れたいのが先ほどもご紹介した引き出しケースです。

ただ、透明だと中身が透けてしまって気になる…という方も多いのでは。そんなときには、写真のように紙製の目隠しシートを使ってみてはいかがでしょうか。中に入っているモノをラベリングしておけば完璧です。
出典:

オープン棚はモノが一目瞭然なので使いやすい反面、全てが表に出てしまうため統一感を保ちにくいのが難点。

そこで取り入れたいのが先ほどもご紹介した引き出しケースです。

ただ、透明だと中身が透けてしまって気になる…という方も多いのでは。そんなときには、写真のように紙製の目隠しシートを使ってみてはいかがでしょうか。中に入っているモノをラベリングしておけば完璧です。

収納を見直して、もっと居心地の良いリビングに

「リビング収納」を見直してみませんか?モノが迷子にならない「技あり収納術」
出典:
家に帰ったらついソファや床に持ち帰ったものを置いてしまう、リビングにいつもものが溢れている、という状態を脱するためには、まず収納に目を向けることが大切。

今回ご紹介したアイデアを取り入れれば、きっと今より心地よい空間がつくれるはずです。あなたもぜひ、気になるアイデアがあれば取り入れてみてくださいね。
素敵な画像のご協力ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play