「心地良い睡眠」で夏を元気に過ごそう。『夏仕様』のベッドルームのつくり方

「心地良い睡眠」で夏を元気に過ごそう。『夏仕様』のベッドルームのつくり方

暑さで寝苦しくなる夏。ベッドルームを夏仕様に整えると、季節感のある素敵な空間がつくれるだけでなく快眠にも繋がります。心地良い睡眠をとれれば、暑い夏も元気に過ごせそう。あなたもぜひ、快眠のヒントにを取り入れてみませんか。 2019年07月09日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード:
部屋
寝室
インテリアコーディネート
快眠
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
271

夏に心地良く眠るには?

夏を元気に過ごすためには、「快眠」は大切なポイント。暑さでなかなか寝付けなかったり、寝不足が続いてしまったりすると夏バテの原因にもなっていまいます。
出典:

夏を元気に過ごすためには、「快眠」は大切なポイント。暑さでなかなか寝付けなかったり、寝不足が続いてしまったりすると夏バテの原因にもなっていまいます。

快眠を促すポイントのひとつが、インテリアや環境づくり。暑い季節に向けてベッドルームを見直してみることで、今よりもっと心地良く眠れるかもしれませんよ。
出典:

快眠を促すポイントのひとつが、インテリアや環境づくり。暑い季節に向けてベッドルームを見直してみることで、今よりもっと心地良く眠れるかもしれませんよ。

快眠に導くベッドルームのつくり方

心地良く眠れる寝具を選ぶ

快眠のポイントになるのが、心地良く眠ることができる寝具選び。何となく好みで選んでいた…という方も多いのではないでしょうか。でも、色や素材などを意識することで眠りの質まで変わるかもしれません。
出典:

快眠のポイントになるのが、心地良く眠ることができる寝具選び。何となく好みで選んでいた…という方も多いのではないでしょうか。でも、色や素材などを意識することで眠りの質まで変わるかもしれません。

人がリラックスする色は、ベージュとパステルカラー。寝室のインテリアは、柔らかく淡い色合いを選びましょう。特にグリーンの寝具は、入眠や目覚めにも良いと言われています。
出典:

人がリラックスする色は、ベージュとパステルカラー。寝室のインテリアは、柔らかく淡い色合いを選びましょう。特にグリーンの寝具は、入眠や目覚めにも良いと言われています。

好みの肌触りの寝具に包まれれば、心も体もリラックスしていくもの。質の良い睡眠をとるためには、ベッドファブリックによる肌ストレスをいかになくすかがポイントです。
出典:

好みの肌触りの寝具に包まれれば、心も体もリラックスしていくもの。質の良い睡眠をとるためには、ベッドファブリックによる肌ストレスをいかになくすかがポイントです。

快眠のためには、「頭寒足熱」が良いと言われています。頭や首元が触れる枕カバーは、ほんのりひんやりとさせてくれる素材を選ぶのが良いそう。ただし、冷やし過ぎないよう注意が必要です。
出典:

快眠のためには、「頭寒足熱」が良いと言われています。頭や首元が触れる枕カバーは、ほんのりひんやりとさせてくれる素材を選ぶのが良いそう。ただし、冷やし過ぎないよう注意が必要です。

究極にシンプルなインテリアがベスト

ベッドルームは、睡眠と関係ないモノはできるだけ置かないのがベスト。眠ることに集中できる環境をつくりましょう。
出典:

ベッドルームは、睡眠と関係ないモノはできるだけ置かないのがベスト。眠ることに集中できる環境をつくりましょう。

涼しさを感じさせるブルー系の寝具を

また、色使いにも工夫を。ブルー系は、体感温度を下げてくれると言われています。夏の暑い盛りは、目からも涼しさを感じられると心地良さがアップするのでは。
出典:

また、色使いにも工夫を。ブルー系は、体感温度を下げてくれると言われています。夏の暑い盛りは、目からも涼しさを感じられると心地良さがアップするのでは。

扇風機の風向きにも気をつけて

扇風機の風は、直接体に当たらないように向きを調整しましょう。部屋の空気を回すようなイメージで、天井や壁に向けて風を送ってみてください。
出典:

扇風機の風は、直接体に当たらないように向きを調整しましょう。部屋の空気を回すようなイメージで、天井や壁に向けて風を送ってみてください。

エアコンの設定温度は?

エアコンにできるだけ頼りたくないけれど、熱中症などの危険から付けて眠るという方も多いのでは。

エアコンの設定温度は、寝る1時間前から25度から26度に冷やしておき、寝る時に28度くらいに上げておくと良いそう。
出典:

エアコンにできるだけ頼りたくないけれど、熱中症などの危険から付けて眠るという方も多いのでは。

エアコンの設定温度は、寝る1時間前から25度から26度に冷やしておき、寝る時に28度くらいに上げておくと良いそう。

香りも上手に取り入れて

睡眠に良いと言われる人気の香りがラベンダー。特に「真正ラベンダー」は、心地良い眠りにぴったり。
出典:

睡眠に良いと言われる人気の香りがラベンダー。特に「真正ラベンダー」は、心地良い眠りにぴったり。

ただ、香りの好みや体調によって使えるアロマは人それぞれ。気持ちをしゃきっとさせるローズマリーなどを避ければ、基本的にはお好みの香りを選んでみてください。自分ではわからない、という場合は、専門家のいるショップなどで相談してみるのも良いですね。

リラックスできる香りに包まれれば、幸せな気持ちで入眠できそう。
出典:

ただ、香りの好みや体調によって使えるアロマは人それぞれ。気持ちをしゃきっとさせるローズマリーなどを避ければ、基本的にはお好みの香りを選んでみてください。自分ではわからない、という場合は、専門家のいるショップなどで相談してみるのも良いですね。

リラックスできる香りに包まれれば、幸せな気持ちで入眠できそう。

お気に入りをプラスして夏仕様に

季節感のあるアートを取り入れる

睡眠に必要なモノは置かない…とはいえ、シンプル過ぎるのも寂しいもの。

壁面に飾るアートなどは、季節感を感じさせるものを選ぶと心地良い空間に。
出典:

睡眠に必要なモノは置かない…とはいえ、シンプル過ぎるのも寂しいもの。

壁面に飾るアートなどは、季節感を感じさせるものを選ぶと心地良い空間に。

小さなインテリアグリーンをプラス

インテリアグリーンも目を楽しませてくれるアイテム。グリーンは、リラックス感をもたらす色とも言われています。眠りに集中できるよう、圧迫感のない小さなグリーンを少なめに取り入れるのがおすすめ。
出典:

インテリアグリーンも目を楽しませてくれるアイテム。グリーンは、リラックス感をもたらす色とも言われています。眠りに集中できるよう、圧迫感のない小さなグリーンを少なめに取り入れるのがおすすめ。

天然素材のマットで足元から心地良く

さらりとした肌触りのフロアマットがあれば、床に足を付ける時もひんやりせずに心地良く。コットン100%など夏仕様の天然素材がおすすめです。
出典:

さらりとした肌触りのフロアマットがあれば、床に足を付ける時もひんやりせずに心地良く。コットン100%など夏仕様の天然素材がおすすめです。

ベッドルームを整えて、夏の眠りを快適に

自分にとって十分で良質だと思える睡眠をとることができれば、暑い夏も日々元気に過ごせそうですね。あなたもぜひ、ご紹介したポイントのなかで気になるヒントがあれば取り入れてみませんか。
出典:

自分にとって十分で良質だと思える睡眠をとることができれば、暑い夏も日々元気に過ごせそうですね。あなたもぜひ、ご紹介したポイントのなかで気になるヒントがあれば取り入れてみませんか。

素敵な画像のご協力ありがとうございました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play