ベッドはどこに置く?一人暮らしさん必見【ワンルーム・1K】のお部屋づくりアイデア集

ベッドはどこに置く?一人暮らしさん必見【ワンルーム・1K】のお部屋づくりアイデア集

もうすぐやってくる新生活のシーズン、一人暮らしをスタートする人も多いのではないでしょうか。今回は、部屋数が少ないワンルームや1Kでも、自分らしくおしゃれに暮らせるインテリアのアイデアをご紹介します。お部屋の雰囲気から家具の配置、プチDIYのアイデアまで…素敵なエッセンスを取り入れて、理想のお部屋づくりに役立ててくださいね。 2019年03月05日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード:
インテリアコーディネート
狭い部屋
お部屋作り
ワンルーム
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1719

一人だからこそ自分らしく快適に

ひとり暮らしのお部屋。他の誰のためでもなく、自分が気持ちよく過ごすための空間として、満足のいくインテリアにしたいですよね。部屋数が少なくても、小さくても素敵な空間づくりにこだわりたい!今回は、そんな方に役立つアイデアをご紹介します。
出典:www.pexels.com

ひとり暮らしのお部屋。他の誰のためでもなく、自分が気持ちよく過ごすための空間として、満足のいくインテリアにしたいですよね。部屋数が少なくても、小さくても素敵な空間づくりにこだわりたい!今回は、そんな方に役立つアイデアをご紹介します。

理想の空間は、お部屋の雰囲気づくりから

暮らしたいお部屋は、どんな空間でしょうか?最初に、好みのスタイルのお部屋をイメージしてみると、揃えるものや気をつけたいポイントがわかって、理想の空間に近づけそう。

シンプル&ナチュラル

ごちゃごちゃとモノをたくさん置くよりも、シンプル&ナチュラルな暮らしがしたい。そんな方は、無垢材の家具や無垢のフローリングでまとめてみて。
無垢材の床でない場合も、フローリングシートなどを上手に使って、見た目を演出してみてくださいね。
出典:

ごちゃごちゃとモノをたくさん置くよりも、シンプル&ナチュラルな暮らしがしたい。そんな方は、無垢材の家具や無垢のフローリングでまとめてみて。
無垢材の床でない場合も、フローリングシートなどを上手に使って、見た目を演出してみてくださいね。

床は、インテリアの大事な一要素。余分な家具を置いたり、カーペットを敷いたりしなくても、上質な空間がつくれそう。
出典:

床は、インテリアの大事な一要素。余分な家具を置いたり、カーペットを敷いたりしなくても、上質な空間がつくれそう。

ホテルライク

ホテルライクなお部屋づくりのポイントは、なんといってもシンプルで機能的な空間。白を基調に、色数を抑えたインテリアもポイントです。
出典:

ホテルライクなお部屋づくりのポイントは、なんといってもシンプルで機能的な空間。白を基調に、色数を抑えたインテリアもポイントです。

窓にはカーテンではなく、ロールスクリーンなどを設置するとすっきりとした印象に。
出典:

窓にはカーテンではなく、ロールスクリーンなどを設置するとすっきりとした印象に。

個性派

「自分はこれが好き」という理想のイメージがはっきり決まっているなら、思いきり好みに寄せたお部屋を選ぶのもひとつの手。
ロマンチックなお部屋は、パステルや淡い色のファブリックアイテムを。ピンクや水色だと子どもっぽくなってしまいますが、グレイッシュにまとめることで大人らしく。グリーンもいれるとアクセントになっておすすめです。
出典:

ロマンチックなお部屋は、パステルや淡い色のファブリックアイテムを。ピンクや水色だと子どもっぽくなってしまいますが、グレイッシュにまとめることで大人らしく。グリーンもいれるとアクセントになっておすすめです。

男前インテリアやインダストリアルが好きなら、木の質感に黒のアイアンを揃えて。
雑貨の雰囲気にばらつきがあっても、家具や床・壁に基本の要素でそろえれば統一感が生まれるはず。
出典:

男前インテリアやインダストリアルが好きなら、木の質感に黒のアイアンを揃えて。
雑貨の雰囲気にばらつきがあっても、家具や床・壁に基本の要素でそろえれば統一感が生まれるはず。

~プラス1の空間、ロフトがあるワンルーム~
お部屋の雰囲気ではありませんが、「間取り以上の広さがほしい」「プライベートと日常の空間を分けたい」という方も多いですよね。そんな人におすすめしたいのが、ロフトつきのお部屋です。
出典:

お部屋の雰囲気ではありませんが、「間取り以上の広さがほしい」「プライベートと日常の空間を分けたい」という方も多いですよね。そんな人におすすめしたいのが、ロフトつきのお部屋です。

収納やベッドルームはロフトにまとめて、下のお部屋はスッキリ。住み分けをすることでライフスタイルにもメリハリが生まれそう。
出典:

収納やベッドルームはロフトにまとめて、下のお部屋はスッキリ。住み分けをすることでライフスタイルにもメリハリが生まれそう。

お部屋のパーツ別 アイディア&工夫

ベッドの置き方

部屋の中でも大きな面積を占めるベッド。
ヘッドボードや脚のないマットレスタイプなら、存在感を主張しすぎることなくさりげなく置けそうです。部屋の奥に配置し、ソファよりも高さを抑えることで、さらにすっきりと。
出典:

部屋の中でも大きな面積を占めるベッド。
ヘッドボードや脚のないマットレスタイプなら、存在感を主張しすぎることなくさりげなく置けそうです。部屋の奥に配置し、ソファよりも高さを抑えることで、さらにすっきりと。

窓の外が道路だったり、外の気配や音を気にせずに眠りたい…というときは、ベッドを壁に寄せて置くのもいいですね。このように、ソファからベッドが見える位置にあるときは、ヘッドボードがちょうどいい間仕切りに。裏側をどんなふうに演出するかもお楽しみ。
出典:

窓の外が道路だったり、外の気配や音を気にせずに眠りたい…というときは、ベッドを壁に寄せて置くのもいいですね。このように、ソファからベッドが見える位置にあるときは、ヘッドボードがちょうどいい間仕切りに。裏側をどんなふうに演出するかもお楽しみ。

ソファとベッドの間にオープンシェルフを置いて、間仕切りにすれば、ちょっとした寝室エリアに。完全に隠してしまうよりも開放感がありつつ、眠る場所とくつろぎの場所をゆるやかに区切っています。
出典:

ソファとベッドの間にオープンシェルフを置いて、間仕切りにすれば、ちょっとした寝室エリアに。完全に隠してしまうよりも開放感がありつつ、眠る場所とくつろぎの場所をゆるやかに区切っています。

いっそベッドを置かず、マットレスや布団を使うのもひとつの手。必要ないときは畳んで小さくまとめられるほか、視線を低く保つことでお部屋が広く感じます。
出典:www.pexels.com

いっそベッドを置かず、マットレスや布団を使うのもひとつの手。必要ないときは畳んで小さくまとめられるほか、視線を低く保つことでお部屋が広く感じます。

くつろぎスペースの作り方

一人暮らしの部屋に置きたい憧れの家具といえば「ソファ」。部屋の中で圧迫感を感じないよう、木質感があって軽やかな印象のもの、明るめの色のものなどを選ぶといいかも。テーブルを食卓としても使いたい!というときは、座面とテーブルの高さの関係も気にして選ぶといいですよ。
出典:

一人暮らしの部屋に置きたい憧れの家具といえば「ソファ」。部屋の中で圧迫感を感じないよう、木質感があって軽やかな印象のもの、明るめの色のものなどを選ぶといいかも。テーブルを食卓としても使いたい!というときは、座面とテーブルの高さの関係も気にして選ぶといいですよ。

ソファを置かず、ラグとクッション、ローテーブルでくつろぎスペースを作るのも素敵。友達をたくさん呼んでも、それぞれ好きな場所でくつろいでもらえます。
出典:

ソファを置かず、ラグとクッション、ローテーブルでくつろぎスペースを作るのも素敵。友達をたくさん呼んでも、それぞれ好きな場所でくつろいでもらえます。

スペースは限られているけどソファを置きたい!という方には、こんなソファはいかが?一見、普通のソファに見えますが、座面の下は大容量収納。さらに背もたれを倒せばごろ寝できるソファベッドにもなる多機能ソファ。
出典:

スペースは限られているけどソファを置きたい!という方には、こんなソファはいかが?一見、普通のソファに見えますが、座面の下は大容量収納。さらに背もたれを倒せばごろ寝できるソファベッドにもなる多機能ソファ。

簡単!プチDIYで、収納力を劇的にアップ

ひとり暮らしのお部屋で気がかりなのは、なんといっても収納。「できるだけ収納の大きい部屋がいい!」というのもごもっとも。でもそれだけじゃなく、ちょっとした工夫や手づくりで、限られた空間の「収納力」をぐっと上げることができるんです。
出典:

ひとり暮らしのお部屋で気がかりなのは、なんといっても収納。「できるだけ収納の大きい部屋がいい!」というのもごもっとも。でもそれだけじゃなく、ちょっとした工夫や手づくりで、限られた空間の「収納力」をぐっと上げることができるんです。

同じサイズのカラーボックスを2つ並べて、その上に板を渡せば、収納を兼ねたデスクスペースのできあがり。横にフックをつければバッグなども掛けられます。こちらは子供部屋のために作ったそうですが、一人暮らしのお部屋にも応用できそうなアイデア。扉をつけるのが難しいという方は、籐カゴなどを入れても素敵ですよ。
出典:

同じサイズのカラーボックスを2つ並べて、その上に板を渡せば、収納を兼ねたデスクスペースのできあがり。横にフックをつければバッグなども掛けられます。こちらは子供部屋のために作ったそうですが、一人暮らしのお部屋にも応用できそうなアイデア。扉をつけるのが難しいという方は、籐カゴなどを入れても素敵ですよ。

こちらは、2×4の木材で、お好みの高さに突っ張り棚を作ることのできる「ディアウォール」を使った、キッチンのスパイスラック。キッチン収納が少ないお部屋でも、手の届くところに調味料などを置けて、しかもおしゃれ!まねしてみたくなりますね。
出典:

こちらは、2×4の木材で、お好みの高さに突っ張り棚を作ることのできる「ディアウォール」を使った、キッチンのスパイスラック。キッチン収納が少ないお部屋でも、手の届くところに調味料などを置けて、しかもおしゃれ!まねしてみたくなりますね。

壁に固定せず、どこにでも立てかけられるスリッパラック。材料はなんとすべて100均で揃うそうです。玄関収納がちょっと心もとなくても、これで安心!
出典:

壁に固定せず、どこにでも立てかけられるスリッパラック。材料はなんとすべて100均で揃うそうです。玄関収納がちょっと心もとなくても、これで安心!

いかがでしたか?

ベッドはどこに置く?一人暮らしさん必見【ワンルーム・1K】のお部屋づくりアイデア集
出典:unsplash.com
お部屋の雰囲気作り、ベッドやソファの置き方や収納の工夫など、一人暮らしの部屋づくりに役立つアイデアをご紹介しました。始めから全部を揃えなくても、実際に暮らしながら自分にあった空間作りができるのが一人暮らしのいいところ。自分だけの素敵な空間を、じっくり、楽しみながら作り上げてくださいね。
写真は以下のサイトよりお借りしました。ありがとうございました

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play