冬は「見た目から」暖かく。目にもぬくぬく心地良いお部屋の作り方

冬は「見た目から」暖かく。目にもぬくぬく心地良いお部屋の作り方

本格的な寒さになるとできるだけ外出は控えめにして、暖かいお家にずっといたいものですよね。でも部屋でじっとしていると、暖房をつけてもいても何となく「冷えるな」って感じて、いつの間にか設定温度を上げてしまうことはありませんか?そこで、今回は暖房の温度を上げるのではなく、お部屋のインテリアを変えてみて見た目で暖かさを感じられるような、ぬくぬく心地よいお部屋の作り方をご紹介したいと思います。 2019年02月02日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード:
インテリアコーディネート
お部屋作り
照明・ライト
ファブリック
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
319
冬は「見た目から」暖かく。目にもぬくぬく心地良いお部屋の作り方
出典:www.instagram.com(@hushykke)
お家にいると家事をしている以外はあまり体を動かすことが少ないので、どうしても血液の循環が悪くなって体温も下がりがちになります。
もちろんこまめに体を動かして体を温めることが一番いいのですが、それもなかなか簡単にできることではなく、ついついソファやこたつの中でまったりというふうになってしまいますよね。
だったら、お部屋の中を暖かみの感じられるように模様替えをしてみるのはどうでしょうか。
私たち人間は暖房器具など直接肌から暖かさを感じること以外に目から入る情報によっても暖かみを感じることができます。
そこで、お部屋の中を「色」「素材」「照明」の3つのポイントにしぼって具体的にぬくぬく心地良いお部屋の作り方をご紹介していきたいと思います。

お部屋に暖かさを生むポイント

1.カーテンやラグを暖色のものに変えてみる。

冬は「見た目から」暖かく。目にもぬくぬく心地良いお部屋の作り方
出典:
目に入ってくる「色」によって、暖かみを感じる色のことを「暖色」といって一般的には「赤」や「イエロー」「オレンジ」といった色をいいます。
私たちはその「暖色」を見ると、活動的な時に働く交感神経が活発になります。
そうすると、血液の循環がよくなり体温が上がるといった心理効果をもたらすことができます。
なのでそんな「暖色」を多くお部屋に取り入れることが効果的になるのですが、お部屋の面積を多く占めるカーテンやラグを暖色に変えてみるのが一番効果的方法かもしれませんね。
またカーテンは窓からの冷気を遮断してくれたり、ラグなら床からの冷えを防いでくれるといった効果も期待できるのでおすすめです。
始めはクッションカバーなど小さなものから変えてみるだけでも雰囲気が変わっていいでしょう。
◆大きな面積のインテリアを暖色にしてみる◆
イエローのパンジーをモチーフにしたカーテン。
ベースがナチュラルな色合いなので、暖かみと明るさがあります。
出典:

イエローのパンジーをモチーフにしたカーテン。
ベースがナチュラルな色合いなので、暖かみと明るさがあります。

寒さを感じやすい足元に敷くラグも暖色を使うことで印象が変わります。
出典:www.instagram.com(@flymee_official)

寒さを感じやすい足元に敷くラグも暖色を使うことで印象が変わります。

やわらかいストーブの灯りで、足元がさらにポカポカしてきますね。
出典:www.instagram.com(@receno.interior)

やわらかいストーブの灯りで、足元がさらにポカポカしてきますね。

どんなインテリアにでも合うアースカラーのラグも暖かさを生んでくれます。
出典:

どんなインテリアにでも合うアースカラーのラグも暖かさを生んでくれます。

暖色の大きめのブランケットはベッドやソファにふわっと掛けるだけで暖かみを演出できます。
出典:www.instagram.com(@receno.interior)

暖色の大きめのブランケットはベッドやソファにふわっと掛けるだけで暖かみを演出できます。

見た目も肌触りの暖かい大きめのブランケットは一枚あるととても便利。
出典:www.instagram.com(@ecomfort_eoct)

見た目も肌触りの暖かい大きめのブランケットは一枚あるととても便利。

◆小物をひとつ暖色に変えてみる◆
いつも使うカップも明るい色のものにすると、温かい飲み物もさらにおいしそうに見えますね。
出典:www.instagram.com(@cortina_inc)

いつも使うカップも明るい色のものにすると、温かい飲み物もさらにおいしそうに見えますね。

クッションカバーを暖色に変えるだけでも暖かみのある雰囲気になります。
出典:www.instagram.com(@ecomfort_eoct)

クッションカバーを暖色に変えるだけでも暖かみのある雰囲気になります。

玄関マットも暖色にすると、家に帰ったらすぐにぬくもりを感じられていいですね。
出典:

玄関マットも暖色にすると、家に帰ったらすぐにぬくもりを感じられていいですね。

暖かみのある色合いのポスターフレームを立てかけてみるのもいいでしょう。
見ているだけで心もぽかぽかしますね。
出典:

暖かみのある色合いのポスターフレームを立てかけてみるのもいいでしょう。
見ているだけで心もぽかぽかしますね。

2.肌触りのいい暖かみのある素材のものを置いてみる。

冬は「見た目から」暖かく。目にもぬくぬく心地良いお部屋の作り方
出典:www.instagram.com(@receno.interior)
触ると心地よくて見た目も暖かい素材といえば、ウールやカシミヤ、ファーなどがあります。
そのような素材は起毛されることによってそこに空気の層を作り、暖かみをプラスしてくれる効果があります。
なのでブランケットやクッションカバー、ルームシューズ、マットやラグなど肌に直接触れるファブリックを冬素材のものにしてみると、見た目も感触も暖かくなるのでいくつか取り入れてみるのもいいですね。
お家の中で一番長く過ごす場所にふわふわ肌触りのいいアイテムを取り入れて、ぬくぬく暖かみのあるお部屋を演出してみましょう。
◆ふわふわラグで足元もポカポカに◆
パズルのようにいろいろなパターンを組み合わせることができるパズルラグマットは便利です。
じっとしていると冷えるソファ周りに簡単に敷くことができます。
出典:

パズルのようにいろいろなパターンを組み合わせることができるパズルラグマットは便利です。
じっとしていると冷えるソファ周りに簡単に敷くことができます。

毛足の長いラグは空気をいっぱい含んでいるので、足元はポカポカです。
ごろんと寝転びたくなりますね。
出典:www.instagram.com(@lifull.interior)

毛足の長いラグは空気をいっぱい含んでいるので、足元はポカポカです。
ごろんと寝転びたくなりますね。

足元が冷えやすいキッチンにも起毛素材のマットを敷くことでずいぶんと体感温度が変わります。
出典:

足元が冷えやすいキッチンにも起毛素材のマットを敷くことでずいぶんと体感温度が変わります。

◆ニット素材のカバーで気軽にぬくぬく模様替え◆
ニット素材の大きなクッションです。
座ると包み込まれるような感じでぬくぬくしてきます。
出典:www.instagram.com(@flymee_official)

ニット素材の大きなクッションです。
座ると包み込まれるような感じでぬくぬくしてきます。

アラン模様のクッションカバーも見た目だけでも暖かみを感じます。
クッションカバーを変えるだけでお部屋の雰囲気が変わるので、気軽に模様替えができますね。
出典:www.instagram.com(@receno.interior)

アラン模様のクッションカバーも見た目だけでも暖かみを感じます。
クッションカバーを変えるだけでお部屋の雰囲気が変わるので、気軽に模様替えができますね。

◆可愛い絵柄で心もほっこり◆
北欧デザインの可愛いブランケットです。
心も体もほっこりしますね。
出典:www.instagram.com(@ecomfort_eoct)

北欧デザインの可愛いブランケットです。
心も体もほっこりしますね。

グレー色に統一した渋めのインテリアですが、ふわふわ素材の小物使いであたたかみが感じられますね。
ブランケットの絵柄で可愛さをプラス。
出典:www.instagram.com(@77ponstagram99)

グレー色に統一した渋めのインテリアですが、ふわふわ素材の小物使いであたたかみが感じられますね。
ブランケットの絵柄で可愛さをプラス。

針葉樹の葉のようなデザインのブランケット。
北欧っぽいデザインは見た目であたたかい気持ちになりますね。
出典:www.instagram.com(@koenyoko_o)

針葉樹の葉のようなデザインのブランケット。
北欧っぽいデザインは見た目であたたかい気持ちになりますね。

◆「シープスキン」で冬の北欧風インテリアに◆
長く寒い時期が続く北欧では、家具、特に椅子やソファなどに「シープスキン」という羊の毛皮を着せかける風習があります。
見た目の暖かさを演出したり、座り心地を良くしてくれるアイテムです。
出典:

長く寒い時期が続く北欧では、家具、特に椅子やソファなどに「シープスキン」という羊の毛皮を着せかける風習があります。
見た目の暖かさを演出したり、座り心地を良くしてくれるアイテムです。

長毛のやわらかい「シープスキン」は軽くて持ち運びも簡単なので、家中のどこへでも使えます。
ブランケットのように使うのはもちろんベッドやソファにふわっとかけるだけで暖かみをもたらしてくれます。
出典:www.instagram.com(@flymee_official)

長毛のやわらかい「シープスキン」は軽くて持ち運びも簡単なので、家中のどこへでも使えます。
ブランケットのように使うのはもちろんベッドやソファにふわっとかけるだけで暖かみをもたらしてくれます。

◆そばにはいつもぬくぬく素材の小物たち◆
ウール100%のふわふわのニット素材でできた湯たんぽカバーです。
見た目も触り心地も暖かくずっと抱きかかえたくなります。
出典:

ウール100%のふわふわのニット素材でできた湯たんぽカバーです。
見た目も触り心地も暖かくずっと抱きかかえたくなります。

こちらもウール100%のポケット付きのショールです。
座っている時はブランケットとして、ちょっと動く時は肩にふわっとかけて使い方もいろいろです。
出典:

こちらもウール100%のポケット付きのショールです。
座っている時はブランケットとして、ちょっと動く時は肩にふわっとかけて使い方もいろいろです。

足元が暖かくなるムートンスリッパも欠かせないアイテムです。
もこもこした見た目がかわいいですね。
出典:

足元が暖かくなるムートンスリッパも欠かせないアイテムです。
もこもこした見た目がかわいいですね。

大きなサイズのブランケットもベッドにふわっとかけると暖かみのある寝室になります。
出典:

大きなサイズのブランケットもベッドにふわっとかけると暖かみのある寝室になります。

木を使った小物や家具も暖かみを感じさせてくれる素材です。普段使いの食器を木製にしてみるのもいいですね。
出典:www.instagram.com(@svale_furniture)

木を使った小物や家具も暖かみを感じさせてくれる素材です。普段使いの食器を木製にしてみるのもいいですね。

木味をそのまま活かしたテーブルとふかふかのラグ。
ぬくぬくした場所でゆったりと読書ができますね。
出典:www.instagram.com(@lifull.interior)

木味をそのまま活かしたテーブルとふかふかのラグ。
ぬくぬくした場所でゆったりと読書ができますね。

3.暖かみをもたらす電球色の照明を置いてみる。

冬は「見た目から」暖かく。目にもぬくぬく心地良いお部屋の作り方
出典:www.instagram.com(@flymee_official)
見た目だけで暖かさを感じさせてくれる照明も暖かいお部屋作りに是非とも取り入れてみましょう。
天井に付いているシーリングライトやペンダントライト、床やキャビネットなどの上に置いているスタンドライトなどの電球がもし蛍光色ならばそれを電球色に替えるだけでお部屋の雰囲気がぐんと変わります。
特にリビングでは間接照明を多く使うことで見た目の暖かさが増します。
他にはキャンドルの灯りも取り入れてみるのもいいですね。
ダイニングテーブルの上に置いて食事をとったり、バスルームに置くのもおすすめです。
◆壁や天井に灯る間接照明で暖かさを演出◆
存在感のあるフロアライトを置くだけで、お部屋の雰囲気をすぐに変えることができます。
出典:www.instagram.com(@lifull.interior)

存在感のあるフロアライトを置くだけで、お部屋の雰囲気をすぐに変えることができます。

スタンドやキャンドルからこぼれる灯りが木の家具の反射して暖かみが増しますね。
出典:www.instagram.com(@duckshome___dh)

スタンドやキャンドルからこぼれる灯りが木の家具の反射して暖かみが増しますね。

ライトが当たる場所を細かく調整できるタスクランプは間接照明を作るのに役立ちます。
出典:

ライトが当たる場所を細かく調整できるタスクランプは間接照明を作るのに役立ちます。

見た目が可愛いデザイン性のあるランプは反射する光がとてもきれいです。
リラックス空間に置いておきたいですね。
出典:

見た目が可愛いデザイン性のあるランプは反射する光がとてもきれいです。
リラックス空間に置いておきたいですね。

いくつか並んだコットンボールランプからもれる暖かみある光で癒やされます。
コンセントのある場所ならお好きなところで灯りを楽しめます。
出典:www.instagram.com(@mi1341)

いくつか並んだコットンボールランプからもれる暖かみある光で癒やされます。
コンセントのある場所ならお好きなところで灯りを楽しめます。

電球色の灯りの中で飲むあたたかいお茶。
さらに美味しく飲めそうですね。
出典:www.instagram.com(@receno.interior)

電球色の灯りの中で飲むあたたかいお茶。
さらに美味しく飲めそうですね。

ベッドサイドにはぼんやりやさしく灯るランプを置くと、暖かみのある落ち着いた空間になります。
出典:

ベッドサイドにはぼんやりやさしく灯るランプを置くと、暖かみのある落ち着いた空間になります。

シンプルな電球型のペンダントライト。
やさしくて暖かい灯りが食卓に灯っています。
出典:www.instagram.com(@simple.com_)

シンプルな電球型のペンダントライト。
やさしくて暖かい灯りが食卓に灯っています。

デザイン性のあるシェードのペンダントライトは天井に反射した灯りが楽しいですね。
出典:www.instagram.com(@mi1341)

デザイン性のあるシェードのペンダントライトは天井に反射した灯りが楽しいですね。

◆ゆらゆら灯るキャンドルで暖かさを演出◆
キャンドルの灯りはリラックス効果もあるので、ぜひとも取り入れたいアイテムです。
出典:www.instagram.com(@harmonyfoodlifedesign)

キャンドルの灯りはリラックス効果もあるので、ぜひとも取り入れたいアイテムです。

アロマキャンドルを炊いて、暖かさと香りを楽しむのも素敵ですね。
出典:www.instagram.com(@wacodays)

アロマキャンドルを炊いて、暖かさと香りを楽しむのも素敵ですね。

火の元の心配がいらないLEDのキャンドル。
まるで本物のようにゆらゆら揺れるキャンドルの灯りが楽しめます。
出典:

火の元の心配がいらないLEDのキャンドル。
まるで本物のようにゆらゆら揺れるキャンドルの灯りが楽しめます。

乾電池式でオンオフも簡単にできるので、寒いトイレや洗面室に置くのもいいですね。
これなら小さい場所に暖かみを添えることができて嬉しいですね。
出典:

乾電池式でオンオフも簡単にできるので、寒いトイレや洗面室に置くのもいいですね。
これなら小さい場所に暖かみを添えることができて嬉しいですね。

ぬくぬく心地いいお部屋で心も体も暖かく過ごしていきましょう。

冬は「見た目から」暖かく。目にもぬくぬく心地良いお部屋の作り方
出典:www.instagram.com(@hushykke)
ファブリックを暖色のものにしたり、空気を含むふわふわ素材のものを使ったり、電球色の照明に変えてみたりと今回は見た目で暖かいお部屋を作るポイントをいくつかまとめてみました。
リビングやトイレ、洗面室、寝室などお家の中のいろんな場所で使えるアイテムばかりなので、お気に入りのものが見つかったら、あなたが一番長く過ごす場所から始めてみるのもいいですね。
そしてあなた自身もぬくぬく素材のものを身に着けて、この冬は暖房器具の温度は控えめなのに暖かくて心地良いそんなお部屋作りをいろいろ試してみてくださいね。

※掲載時に、商品の在庫がない場合もございます。あらかじめご容赦ください。

素敵な画像にご協力いただいたサイト・ショップ様です。ありがとうございました。ほかにも、魅力的なアイテムに出会えますので、ぜひともサイトを覗いてみてください。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play