日当たりが悪い・狭い…。あなたの家の「欠点」を「長所」に変えてみませんか?

日当たりが悪い・狭い…。あなたの家の「欠点」を「長所」に変えてみませんか?

あなたのお家の悩みはありますか?例えば日当たりが悪い・部屋が狭い・物が多い・生活感がありすぎる……など、お家それぞれの悩みがあるでしょう。そんな誰もが抱えるお家についての「欠点」を「長所」へ変えることができたら、毎日の生活がもっと楽しくなるはずです。毎日がもっとハッピーになるために、お家についての悩みを解決できるヒントをご紹介します。2018年02月23日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード:
インテリアコーディネート
お部屋作り
狭い部屋
レイアウト・間取り
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
747

あなたは自分のお家に満足していますか?

日当たりが悪い・狭い…。あなたの家の「欠点」を「長所」に変えてみませんか?
出典:unsplash.com
自分のお家に満足している人がいるとしたら、その人はとても幸せな方ですよね。たいていの人は自宅のさまざまな所において悩みをかかえていることでしょう。日当たりは?広さは?満足できていますか?お家そのものの悩みもあれば、物が多くて雑然としていたり、逆に何もなくて殺風景になっていたりと自分の暮らし方から起きている悩みもあるはずです。
そんなお家の悩みを放置しないで、スッキリ解決して長所へと変えていくのはいかがですか?小さな行動で、今までの悩みが解決できるなら、動かない手はないですよ。理想のお家へ向けて悩みを解決していきましょう。

どんな悩みを抱えていますか?

お家の悩みは人それぞれ。お部屋が狭い・日当たりが悪い・周囲の音が気になる・部屋が落ち着かず眠れない・生活感がありすぎるなど……あげるとキリがないですね。お家においての「あるある」な悩みをピックアップし、解決策をご提案します。
出典:unsplash.com

お家の悩みは人それぞれ。お部屋が狭い・日当たりが悪い・周囲の音が気になる・部屋が落ち着かず眠れない・生活感がありすぎるなど……あげるとキリがないですね。お家においての「あるある」な悩みをピックアップし、解決策をご提案します。

お家そのものの悩み

部屋が狭い→立体感を出す、背の低い家具を使う

狭いお部屋を広く見せるには、間接照明を使って光と影の立体感を作り、お部屋に奥行きを持たせると効果的。また、カバーリングやカーテンには明るい色を使うと開放的な印象になります。家具は背の低いものを選ぶとより空間に広がりを感じられます。
出典:www.pexels.com

狭いお部屋を広く見せるには、間接照明を使って光と影の立体感を作り、お部屋に奥行きを持たせると効果的。また、カバーリングやカーテンには明るい色を使うと開放的な印象になります。家具は背の低いものを選ぶとより空間に広がりを感じられます。

日当たりが悪い→明るい色のインテリアにする

日当たりが悪くて暗くなりがちなお部屋は、インテリアの色に明るいものを使うようにしましょう。白っぽいものを選ぶとより明るい印象に。また、壁紙も白にすることで、光が反射してお部屋全体が明るくなります。貼って剥がせる壁紙がたくさん販売されていますので、賃貸でも手軽にできますよ。観葉植物を置くことも明るい印象にするのに効果的です。
出典:www.instagram.com(@77ponstagram99)

日当たりが悪くて暗くなりがちなお部屋は、インテリアの色に明るいものを使うようにしましょう。白っぽいものを選ぶとより明るい印象に。また、壁紙も白にすることで、光が反射してお部屋全体が明るくなります。貼って剥がせる壁紙がたくさん販売されていますので、賃貸でも手軽にできますよ。観葉植物を置くことも明るい印象にするのに効果的です。

ニオイが気になる→お気に入りのアロマを使う

お家そのもののニオイってありますよね。生活臭とはまた別の、家自体のニオイ。特に古いお家にお住まいの方なら感じたことがあるでしょう。こういったお家自体のニオイは、特に玄関を開けた時に感じることが多いです。そんな時には、お気に入りのアロマなどを玄関においてみてはいかがでしょうか。自宅へ帰った時に、お気に入りの香りが迎えてくれると、意外と嫌だったお家のニオイを感じなくなりますよ。
出典:

お家そのもののニオイってありますよね。生活臭とはまた別の、家自体のニオイ。特に古いお家にお住まいの方なら感じたことがあるでしょう。こういったお家自体のニオイは、特に玄関を開けた時に感じることが多いです。そんな時には、お気に入りのアロマなどを玄関においてみてはいかがでしょうか。自宅へ帰った時に、お気に入りの香りが迎えてくれると、意外と嫌だったお家のニオイを感じなくなりますよ。

冬の室内が寒い→カーテンやラグの使用、お気に入りのストーブを置く

すきま風が多い、北向きの部屋、窓が多い部屋といった冬にとても寒くなるお部屋に住んでいる方も多いでしょう。そんなお部屋では、カーテンの丈を長くしたり、2重にしたりといった方法で窓からの冷気をカットできます。冷たい床にはラグを敷きましょう。また、見た目にもオシャレなストーブを置くという手段もいいですね。お気に入りのストーブだと、寒い日でも嬉しくなりそうです。
出典:

すきま風が多い、北向きの部屋、窓が多い部屋といった冬にとても寒くなるお部屋に住んでいる方も多いでしょう。そんなお部屋では、カーテンの丈を長くしたり、2重にしたりといった方法で窓からの冷気をカットできます。冷たい床にはラグを敷きましょう。また、見た目にもオシャレなストーブを置くという手段もいいですね。お気に入りのストーブだと、寒い日でも嬉しくなりそうです。

トイレが古くて落ち着かない→お気に入りのものを置く

自宅のトイレが古いと、陰気な感じがしたり、落ち着かなかったりと悩みが多いものですよね。そんなトイレこそ、自分のお気に入りのものを置いて好きな空間にしてみてはいかがですか?飾る場所がなければ、小さな棚をつけてみるのもいいでしょう。
暗い雰囲気になりたくないのであれば、ファブリックを白っぽい清潔感のあるものに変え、植物を飾るとトイレの印象もガラッと変わります。お気に入りのアロマを置くのもおススメです。
出典:

自宅のトイレが古いと、陰気な感じがしたり、落ち着かなかったりと悩みが多いものですよね。そんなトイレこそ、自分のお気に入りのものを置いて好きな空間にしてみてはいかがですか?飾る場所がなければ、小さな棚をつけてみるのもいいでしょう。
暗い雰囲気になりたくないのであれば、ファブリックを白っぽい清潔感のあるものに変え、植物を飾るとトイレの印象もガラッと変わります。お気に入りのアロマを置くのもおススメです。

お家の外から引き起こされる悩み

音が気になる→防音カーテンを使用する

お家の外の音が気になる方は、カーテンを防音機能がついたものに変えるといいでしょう。2重に吊るすことによっても遮音性が上がります。日中にカーテンを閉めなければならない場合でも、明る色のカーテンなら部屋の暗さが軽減されますよ。
出典:unsplash.com

お家の外の音が気になる方は、カーテンを防音機能がついたものに変えるといいでしょう。2重に吊るすことによっても遮音性が上がります。日中にカーテンを閉めなければならない場合でも、明る色のカーテンなら部屋の暗さが軽減されますよ。

視線が気になる→ブラインドを使用する

1階に住んでいる方やベランダの向かいに建物がある方は、外からの視線が気になるでしょう。そんな時にはブラインドがおススメです。スラットの向きを変えるだけで、視線が気になる方向から室内を見えにくくし、採光や通風は確保できます。下の方だけブラインドをあげておくこともできますので、カーテンより融通が利きます。
出典:www.instagram.com(@receno.interior)

1階に住んでいる方やベランダの向かいに建物がある方は、外からの視線が気になるでしょう。そんな時にはブラインドがおススメです。スラットの向きを変えるだけで、視線が気になる方向から室内を見えにくくし、採光や通風は確保できます。下の方だけブラインドをあげておくこともできますので、カーテンより融通が利きます。

自分の暮らし方による悩み

物が多くて雑然とした部屋になる→カゴやボックスに収納する

物が多くて、雑然としてしまっているお部屋に悩んでいる方も多いでしょう。物を収納する時には、カゴや収納ボックスに入れてから棚になおすだけでスッキリと見せることができます。中のものがごちゃごちゃとしていても、見た目にはわかりません。カゴや箱を統一させるとさらに整然として見えますよ。
出典:www.instagram.com(@itsudemo_home)

物が多くて、雑然としてしまっているお部屋に悩んでいる方も多いでしょう。物を収納する時には、カゴや収納ボックスに入れてから棚になおすだけでスッキリと見せることができます。中のものがごちゃごちゃとしていても、見た目にはわかりません。カゴや箱を統一させるとさらに整然として見えますよ。

雑誌や書類、家電の取扱説明書などの紙モノも適当に収納すると雑然としたイメージになりがちです。雑誌や書類はファイルボックスに入れてから、収納するとスッキリ見せることができます。

床に物を置かないことも、お部屋を雑然と見せないためには重要です。床に物があるだけで散らかったイメージになりますし、ホコリも溜まりやすくなります。床はなるべく見える状態を心掛けましょう。
出典:www.instagram.com(@iebiyori)

雑誌や書類、家電の取扱説明書などの紙モノも適当に収納すると雑然としたイメージになりがちです。雑誌や書類はファイルボックスに入れてから、収納するとスッキリ見せることができます。

床に物を置かないことも、お部屋を雑然と見せないためには重要です。床に物があるだけで散らかったイメージになりますし、ホコリも溜まりやすくなります。床はなるべく見える状態を心掛けましょう。

部屋が落ち着かず眠れない→ブルー系のファブリックを使用する

落ち着いて眠れるベッドルームにするには、ベッドのカバーリングやカーテンをブルー系の色にするといいでしょう。青色は興奮をおさえ、気持ちを落ち着かせる効果があります。また、間接照明を取り入れてあたたかな光の色にすると、蛍光灯の白く明るい光よりも眠りにつきやすくなります。
出典:unsplash.com

落ち着いて眠れるベッドルームにするには、ベッドのカバーリングやカーテンをブルー系の色にするといいでしょう。青色は興奮をおさえ、気持ちを落ち着かせる効果があります。また、間接照明を取り入れてあたたかな光の色にすると、蛍光灯の白く明るい光よりも眠りにつきやすくなります。

生活感がありすぎる→色を統一する

生活感を感じやすいバスルームやトイレ、キッチンなどでは日用品や生活雑貨が目の着く場所にあり、それらのカラフルな色のせいで雑多な印象になっている場合があります。
そんな時は、色を統一していくとスッキリと見えます。さまざまな色・形の洗剤ボトルは、同じ詰め替えのボトルに移して統一させましょう。タオルやマットなどのファブリックも色を揃えて並べるだけで、スッキリみせることができて、生活感を減らせます。
出典:www.instagram.com(@iebiyori)

生活感を感じやすいバスルームやトイレ、キッチンなどでは日用品や生活雑貨が目の着く場所にあり、それらのカラフルな色のせいで雑多な印象になっている場合があります。
そんな時は、色を統一していくとスッキリと見えます。さまざまな色・形の洗剤ボトルは、同じ詰め替えのボトルに移して統一させましょう。タオルやマットなどのファブリックも色を揃えて並べるだけで、スッキリみせることができて、生活感を減らせます。

殺風景な部屋になってしまう→植物を取り入れる

物がなくてシンプルなお家は素敵なのですが、殺風景になりがちです。そんな時には、植物を飾ってみてはいかがでしょう。緑があるだけで、生き生きとした空間になります。育てるのが苦手な方は、精巧につくられたフェイクグリーンもたくさん販売されていますので、そちらで試してみてくださいね。
出典:www.instagram.com(@yupinoko)

物がなくてシンプルなお家は素敵なのですが、殺風景になりがちです。そんな時には、植物を飾ってみてはいかがでしょう。緑があるだけで、生き生きとした空間になります。育てるのが苦手な方は、精巧につくられたフェイクグリーンもたくさん販売されていますので、そちらで試してみてくださいね。

あなたのお家はどうですか?

日当たりが悪い・狭い…。あなたの家の「欠点」を「長所」に変えてみませんか?
出典:unsplash.com
あなたのお家の悩みを解決できそうなヒントはありましたか?せっかくの自分のお家なのだから、悩んでいる所をそのままにせず、より過ごしやすいお家へと改善していきましょう。住みやすいお家になると、心も体もリラックスできるあなたにとっての最高の場所になるはずです。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play