北欧インテリアに学ぶ♪リラックスできる“照明の使い方”とおすすめブランド

北欧インテリアに学ぶ♪リラックスできる“照明の使い方”とおすすめブランド

「北欧インテリア」と聞くと、家具や雑貨、テキスタイルを思い浮かべがちですが、実は他にも見本にしたいものがあります。 それは「照明」!照明が変わるだけでお部屋の印象はガラリと変わりますよ。 照明のあるインテリアや、効果的な使い方、お部屋作りにおすすめアイテムをご紹介します♪あたたかみのあるリラックスした空間作りのご参考にしてみてくださいね。2017年07月31日作成

カテゴリ:
インテリア
ブランド:
アルテック
ルイスポールセン
ライトイヤーズ
キーワード:
家具
照明・ライト
照明器具
北欧インテリア
北欧デザイン
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
392

インテリアの要。「照明」

インテリアを考えるとき、真っ先に考えるのは雑貨や家具という方も多いかと思います。

でも、それと同じくらい重要なのが「照明」。

お部屋を明るく照らしてくれるのはもちろん、灯りの強さや位置、デザインでお部屋の印象を大きく変えることも可能ですね。
出典:

インテリアを考えるとき、真っ先に考えるのは雑貨や家具という方も多いかと思います。

でも、それと同じくらい重要なのが「照明」。

お部屋を明るく照らしてくれるのはもちろん、灯りの強さや位置、デザインでお部屋の印象を大きく変えることも可能ですね。

照明の使い方が上手なのは北欧の人たち。

暗く長い冬があるため、「灯り」「光」「照明」にはとても気を使うのだそうです。

間接照明を壁に反射させて使ったり、ちいさな照明をたくさん集めて一ヶ所にまとめて使う、窓際にもキャンドルや照明を配置するといった使い方をしたり。

灯り1つとっても、少し影のある灯り、明るい灯り、柔らかな灯り……といったように、灯りの種類をシーン別で使い分けるというのも北欧風の灯りの使い方なのだそう。

日本では一般的な蛍光灯を使った空間も多いし明るいのですが、光や灯りにこだわった、間接照明などを使ったインテリアも素敵ですよね。
出典:stocksnap.io

照明の使い方が上手なのは北欧の人たち。

暗く長い冬があるため、「灯り」「光」「照明」にはとても気を使うのだそうです。

間接照明を壁に反射させて使ったり、ちいさな照明をたくさん集めて一ヶ所にまとめて使う、窓際にもキャンドルや照明を配置するといった使い方をしたり。

灯り1つとっても、少し影のある灯り、明るい灯り、柔らかな灯り……といったように、灯りの種類をシーン別で使い分けるというのも北欧風の灯りの使い方なのだそう。

日本では一般的な蛍光灯を使った空間も多いし明るいのですが、光や灯りにこだわった、間接照明などを使ったインテリアも素敵ですよね。

北欧インテリアのような、照明の素敵な使い方をチェック♪

実際に、北欧風のインテリアで暮らす方々の照明使いをちょこっとのぞいてみましょう。
出典:www.pexels.com

実際に、北欧風のインテリアで暮らす方々の照明使いをちょこっとのぞいてみましょう。

こちらは玄関の灯り。

やや暗めですが、他の小さな灯りと一緒に使って明るくするのも楽しそうです。

蛍光灯でパッと灯りがつく空間も良いですが、このようにほのかな灯りであたたかみのある空間作りをするのも素敵ですね。
出典:

こちらは玄関の灯り。

やや暗めですが、他の小さな灯りと一緒に使って明るくするのも楽しそうです。

蛍光灯でパッと灯りがつく空間も良いですが、このようにほのかな灯りであたたかみのある空間作りをするのも素敵ですね。

こちらはちいさな照明を複数使った空間。

照明を複数使ってやさしい明るさに調整された空間は、家族のくつろぎタイムにもぴったりですね。
出典:

こちらはちいさな照明を複数使った空間。

照明を複数使ってやさしい明るさに調整された空間は、家族のくつろぎタイムにもぴったりですね。

こちらは、あえて空間に灯りを灯さず、壁に灯りを反射させた空間。

小さな灯りじゃちょっと暗い……と感じる時は、このように壁に反射させてみると空間の明るさが調整できますね。
出典:

こちらは、あえて空間に灯りを灯さず、壁に灯りを反射させた空間。

小さな灯りじゃちょっと暗い……と感じる時は、このように壁に反射させてみると空間の明るさが調整できますね。

天井の隅やシェルフの上など、ばらばらに置いた灯りが、なんともいえない暖かさを放っています。

ドア外の灯りも、きれいな模様が壁に映し出されている様子が素晴らしいです。
ただの灯りではなく、目にも楽しく美しい灯りですよね。
出典:

天井の隅やシェルフの上など、ばらばらに置いた灯りが、なんともいえない暖かさを放っています。

ドア外の灯りも、きれいな模様が壁に映し出されている様子が素晴らしいです。
ただの灯りではなく、目にも楽しく美しい灯りですよね。

灯りにはこんなちいさなものも。

キャンドルを灯すのも北欧では一般的です。

「火を使うのはちょっと……」と感じる方には、こちらのようなコードレスライトがおすすめですよ。

サイズが小さいため、ベッドサイドやテーブルの上など、スペースが限られた場所にも簡単にディスプレイできますね。
出典:

灯りにはこんなちいさなものも。

キャンドルを灯すのも北欧では一般的です。

「火を使うのはちょっと……」と感じる方には、こちらのようなコードレスライトがおすすめですよ。

サイズが小さいため、ベッドサイドやテーブルの上など、スペースが限られた場所にも簡単にディスプレイできますね。

こんな遊び心あるライトも。

好きな場所まで伸ばせるため、灯りの位置調節もばっちりです♪

他の観葉植物やソファとのバランスもナチュラルに取れていますね。
出典:

こんな遊び心あるライトも。

好きな場所まで伸ばせるため、灯りの位置調節もばっちりです♪

他の観葉植物やソファとのバランスもナチュラルに取れていますね。

ワークスペースにドンと1つ、目立つ照明をぶら下げるのも北欧的照明の使い方。

ブラックのライトは、ほぼモノトーンでまとまった空間をより引き立てています。
出典:

ワークスペースにドンと1つ、目立つ照明をぶら下げるのも北欧的照明の使い方。

ブラックのライトは、ほぼモノトーンでまとまった空間をより引き立てています。

北欧にはどんなブランドの照明があるの?

せっかく照明を使うなら、北欧ブランドのものを使ってみたい!という方は多いのではないでしょうか。

眩しすぎず、空間をおしゃれに演出してくれる北欧ブランドは、おうちでのリラックスタイムを美しく彩ってくれるはずです。

さっそく、おすすめの北欧照明ブランドをご紹介します♪
出典:

せっかく照明を使うなら、北欧ブランドのものを使ってみたい!という方は多いのではないでしょうか。

眩しすぎず、空間をおしゃれに演出してくれる北欧ブランドは、おうちでのリラックスタイムを美しく彩ってくれるはずです。

さっそく、おすすめの北欧照明ブランドをご紹介します♪

ルイス・ポールセン

北欧の照明といえば、このブランド!
ともいわれているほどの知名度を誇るブランドです。

1874年創業のデンマークのメーカーで、多くのデザイナーと名作照明器具を生み出してきました。
古い歴史をもつブランドですが、これまでの生み出されてきた名作の多くは、きょうも世界中で愛されています。

こちらのランプは最も人気の「PH5」。
1958年に誕生した名作ペンダントライトで、食卓に使えば、家族の顔をやさしく映し出してくれます。
出典:

北欧の照明といえば、このブランド!
ともいわれているほどの知名度を誇るブランドです。

1874年創業のデンマークのメーカーで、多くのデザイナーと名作照明器具を生み出してきました。
古い歴史をもつブランドですが、これまでの生み出されてきた名作の多くは、きょうも世界中で愛されています。

こちらのランプは最も人気の「PH5」。
1958年に誕生した名作ペンダントライトで、食卓に使えば、家族の顔をやさしく映し出してくれます。

こちらは「PH 4/3」。
ぽわんとした、やさしい灯りですね。

食卓に吊るすとちょうど良いサイズです。

レッドやオレンジなど、カラーバリエーションも豊富なのも魅力的です。
出典:www.instagram.com(@svale_furniture)

こちらは「PH 4/3」。
ぽわんとした、やさしい灯りですね。

食卓に吊るすとちょうど良いサイズです。

レッドやオレンジなど、カラーバリエーションも豊富なのも魅力的です。

こちらは、まるで木漏れ日のような光のコントラストが楽しめる「LCシャッターズ」。

2012年にデザインされたアイテムで、まるで空間に浮かぶアート作品さながらのランプですよね。

ふんわりとした半球体は、お部屋の素敵なアクセントになること間違いなしです。
出典:

こちらは、まるで木漏れ日のような光のコントラストが楽しめる「LCシャッターズ」。

2012年にデザインされたアイテムで、まるで空間に浮かぶアート作品さながらのランプですよね。

ふんわりとした半球体は、お部屋の素敵なアクセントになること間違いなしです。

こんなカラー付きのものも。

まるでお部屋にステンドグラスができたかのような雰囲気です。
出典:

こんなカラー付きのものも。

まるでお部屋にステンドグラスができたかのような雰囲気です。

アルテック

フィンランドのインテリアアイテムブランド・アルテック。

フィンランドを代表する建築家である、アルヴァ・アアルトをはじめとする創業者4人で作られたブランドです。

芸術と技術の融合をコンセプトにしたアイテムは、これまでに世界中の人々を魅了してきました。

こちらのランプは、蜂の巣をモチーフにした「ビーハイブ」。
1953年にデザインされた照明で、丸みのあるころんとしたフォルムがとてもかわいらしいんです。
出典:

フィンランドのインテリアアイテムブランド・アルテック。

フィンランドを代表する建築家である、アルヴァ・アアルトをはじめとする創業者4人で作られたブランドです。

芸術と技術の融合をコンセプトにしたアイテムは、これまでに世界中の人々を魅了してきました。

こちらのランプは、蜂の巣をモチーフにした「ビーハイブ」。
1953年にデザインされた照明で、丸みのあるころんとしたフォルムがとてもかわいらしいんです。

こちらは、1937年にデザインされたモデル「ゴールデンベル」。

キッチンにずらりと並んでいる様子は圧巻ですね。

電源をつけると、光の輪がシェードの下部に映し出される仕様に。
出典:

こちらは、1937年にデザインされたモデル「ゴールデンベル」。

キッチンにずらりと並んでいる様子は圧巻ですね。

電源をつけると、光の輪がシェードの下部に映し出される仕様に。

ライトイヤーズ

北欧の照明ブランドは歴史の長いところが多いですが、2005年にデンマークで設立されたニューブランド・ライトイヤーズも注目ブランドの1つです。

室内で心地よく快適に過ごせるように、という願いが込められたブランドネームをもつライトイヤーズは、これまで機能性と美しいデザインを追求しながら、世の中に多くの洗練されたアイテムを提供してきました。

こちらの女性のスカートのようなランプは「カラバジオ」。
シンプルで柔らか、陶磁器のようなランプは、どの場所に置いても自然になじみます。
出典:

北欧の照明ブランドは歴史の長いところが多いですが、2005年にデンマークで設立されたニューブランド・ライトイヤーズも注目ブランドの1つです。

室内で心地よく快適に過ごせるように、という願いが込められたブランドネームをもつライトイヤーズは、これまで機能性と美しいデザインを追求しながら、世の中に多くの洗練されたアイテムを提供してきました。

こちらの女性のスカートのようなランプは「カラバジオ」。
シンプルで柔らか、陶磁器のようなランプは、どの場所に置いても自然になじみます。

灯りの工夫で、よりリラックスできる空間作りを

ふんわりとした灯り、きらきらした灯り、ぼんやりとした灯り…

灯りには実にさまざまな種類がありますが、うまく使ってお部屋の雰囲気を楽しめたら毎日がより快適になりそうです。

普段の灯りを少し工夫して、素敵なインテリア空間を作ってみませんか?
出典:

ふんわりとした灯り、きらきらした灯り、ぼんやりとした灯り…

灯りには実にさまざまな種類がありますが、うまく使ってお部屋の雰囲気を楽しめたら毎日がより快適になりそうです。

普段の灯りを少し工夫して、素敵なインテリア空間を作ってみませんか?

灯りやデザイン、インテリアの参考にしたショップ・ブロガーさんたちのサイトです。

今回ご紹介したアイテムやアイデア、インテリア以外にもにたくさん素敵な情報や写真がチェックできますよ♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play