脱・生活感を叶える!色数を絞ったインテリアコーディネート

脱・生活感を叶える!色数を絞ったインテリアコーディネート

掃除をしていてもなんだかお部屋が散らかってるように見えてしまう…もしかしたら配色を変えるだけで「すっきり見せ」が叶うかもしれません!うまくいくカラーコーディネートのコツを掴んで、脱・生活感を目指してみませんか? 2017年06月13日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード:
インテリアコーディネート
インテリアグリーン
北欧インテリア
ナチュラルインテリア
モノトーンインテリア
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
757

色の「トーン」を意識するとまとめやすくなる!

インテリアコーディネートで統一感を出すために鍵となるのは、色の明るさ「トーン」にあります。例えば同じ色でもペールトーンという薄い色合いから、グレイッシュトーンというくすみがかった色がありますよね。
出典:www.instagram.com(@metrocs_tokyo)

インテリアコーディネートで統一感を出すために鍵となるのは、色の明るさ「トーン」にあります。例えば同じ色でもペールトーンという薄い色合いから、グレイッシュトーンというくすみがかった色がありますよね。

同じ色でトーンが違うのはグラデーション効果が出て相性が良いのですが、違うトーンの色の組み合わせだと統一感が出にくく物があふれているような印象に。色合わせを考えるときは、明るさや鮮やかさを揃えるとコーディネートがしやすいでしょう。
出典:www.instagram.com(@metrocs_tokyo)

同じ色でトーンが違うのはグラデーション効果が出て相性が良いのですが、違うトーンの色の組み合わせだと統一感が出にくく物があふれているような印象に。色合わせを考えるときは、明るさや鮮やかさを揃えるとコーディネートがしやすいでしょう。

まずは基本のワントーンコーデに挑戦♪

同じ色でトーン(濃淡)の違う組み合わせをベースにすることでインテリアがまとまりおしゃれな印象を与えやすくなります。グレートーン・ホワイトトーン・ベージュトーンと、どの色でも良いので好きなカラーの基本色をまずは決めましょう。
出典:

同じ色でトーン(濃淡)の違う組み合わせをベースにすることでインテリアがまとまりおしゃれな印象を与えやすくなります。グレートーン・ホワイトトーン・ベージュトーンと、どの色でも良いので好きなカラーの基本色をまずは決めましょう。

基本の色が決まったらそこに好きな色を足していきます。色数が多くなると賑やかで元気なイメージに、少ないとすっきり落ち着いたイメージになります。
出典:

基本の色が決まったらそこに好きな色を足していきます。色数が多くなると賑やかで元気なイメージに、少ないとすっきり落ち着いたイメージになります。

色だけじゃなく家具のテイストも揃えよう

インテリアに統一感を持たせるには、家具のテイストや色も揃えたほうがうまくいきます!こちらは白を基調にして、かつソファやテーブルの素材が揃っているので、たくさん家具があってもまとまって見えます。
出典:

インテリアに統一感を持たせるには、家具のテイストや色も揃えたほうがうまくいきます!こちらは白を基調にして、かつソファやテーブルの素材が揃っているので、たくさん家具があってもまとまって見えます。

使用している家具が天然素材のラタンや雑材で、ベンチの木の色合いや質感もナチュラルです。ベージュから黒を基調に木の色合いや素材感が揃っているので統一感が出ています。
出典:www.instagram.com(@yupinoko)

使用している家具が天然素材のラタンや雑材で、ベンチの木の色合いや質感もナチュラルです。ベージュから黒を基調に木の色合いや素材感が揃っているので統一感が出ています。

もしも異素材であっても複数ずつ投入することでグループができあがるので、まとまり感が出てバラけた印象を回避することもできますよ。この場合は一部屋に多くても3種類くらいまでにして、色数を減らしてみましょう。
出典:www.instagram.com(@yupinoko)

もしも異素材であっても複数ずつ投入することでグループができあがるので、まとまり感が出てバラけた印象を回避することもできますよ。この場合は一部屋に多くても3種類くらいまでにして、色数を減らしてみましょう。

すっきり爽やか!寒色系でコーディネート

爽やかで涼しげな印象をもたらすブルートーンで統一されたコーディネートは暑い季節にぴったり。ナチュラルカラーの木材の家具でさらに明るい印象に仕上がっています。
出典:

爽やかで涼しげな印象をもたらすブルートーンで統一されたコーディネートは暑い季節にぴったり。ナチュラルカラーの木材の家具でさらに明るい印象に仕上がっています。

こちらは家具の木材の色が濃い目で、先ほどと同じ青色のソファでもまた違った表情に仕上がっています。ペンダントライトや絵など、ところどころに黒色が締め色になっていますね。濃い緑の植物も活き活きとして見えます。
出典:

こちらは家具の木材の色が濃い目で、先ほどと同じ青色のソファでもまた違った表情に仕上がっています。ペンダントライトや絵など、ところどころに黒色が締め色になっていますね。濃い緑の植物も活き活きとして見えます。

ブルートーンのなかでイエローがアクセントカラーに!違う色なのに、色の明るさや鮮やかさがほぼ同じなのでお揃いのような印象に。空間を上下に分けると上に淡い水色の壁やライトが、下に濃い色の家具があるので空間も広く見えます。
出典:

ブルートーンのなかでイエローがアクセントカラーに!違う色なのに、色の明るさや鮮やかさがほぼ同じなのでお揃いのような印象に。空間を上下に分けると上に淡い水色の壁やライトが、下に濃い色の家具があるので空間も広く見えます。

明るく淡い水色が基調になっていてポップでかわいらしい印象に。水色と対象的なアクセントカラーのピンクのクッションが浮いて見えないのは、ソファとトーンがよく似ているから。
出典:www.instagram.com(@receno.interior)

明るく淡い水色が基調になっていてポップでかわいらしい印象に。水色と対象的なアクセントカラーのピンクのクッションが浮いて見えないのは、ソファとトーンがよく似ているから。

鮮やかな濃い目の青色や紫色がアクセントになった大人っぽいコーディネート。
出典:www.instagram.com(@shop.algorhythm)

鮮やかな濃い目の青色や紫色がアクセントになった大人っぽいコーディネート。

どんなイメージも作りやすい!モノトーンコーデ

白い壁やソファと相性の良いモノトーンコーデは白の面積が多ければ明るく爽やかな印象に、黒の面積が多ければメンズライクな格好良い印象に。雑貨もインテリアもアイテムが多いので作りやすいコーディネートです。
出典:

白い壁やソファと相性の良いモノトーンコーデは白の面積が多ければ明るく爽やかな印象に、黒の面積が多ければメンズライクな格好良い印象に。雑貨もインテリアもアイテムが多いので作りやすいコーディネートです。

黒を基調としたヴィンテージ感漂うカフェ風コーディネート。コンクリートの壁や床にとても良く合っていますね。
出典:

黒を基調としたヴィンテージ感漂うカフェ風コーディネート。コンクリートの壁や床にとても良く合っていますね。

モデルハウスのように素敵なモノトーンコーディネート。白が多くお部屋も広く感じられますね。すっきり爽やかです。
出典:

モデルハウスのように素敵なモノトーンコーディネート。白が多くお部屋も広く感じられますね。すっきり爽やかです。

こちらはアイアン雑貨やアンティークな雰囲気の家具を合わせて女性らしい雰囲気のお部屋に仕上がっています。このようにモノトーンで作れるテイストはたくさんあるので、楽しめるカラーコーディネートのひとつです。
出典:lovelyzakka.blog.jp

こちらはアイアン雑貨やアンティークな雰囲気の家具を合わせて女性らしい雰囲気のお部屋に仕上がっています。このようにモノトーンで作れるテイストはたくさんあるので、楽しめるカラーコーディネートのひとつです。

アースカラーで癒やし空間!暖色系コーディネート

お部屋にぬくもりや落ち着いた印象を与えてくれる暖色系コーディネート。合わせやすいベージュベースにオレンジや赤色を挿し色に。少しくすみがかった色合いを選ぶと、まったりと癒される空間に。
出典:

お部屋にぬくもりや落ち着いた印象を与えてくれる暖色系コーディネート。合わせやすいベージュベースにオレンジや赤色を挿し色に。少しくすみがかった色合いを選ぶと、まったりと癒される空間に。

ナチュラルな色の木材の家具にオレンジや黄色を挿し色にして明るいコーディネートに。自然と元気が湧いてくる色合いです。
出典:

ナチュラルな色の木材の家具にオレンジや黄色を挿し色にして明るいコーディネートに。自然と元気が湧いてくる色合いです。

鮮やかなピンクのソファを主役に、落ち着いた濃いめの家具で統一。ソファが淡い水色やグレーなど寒色系の中にあることでぐっと引き立って見えます。
出典:

鮮やかなピンクのソファを主役に、落ち着いた濃いめの家具で統一。ソファが淡い水色やグレーなど寒色系の中にあることでぐっと引き立って見えます。

自然界の色を参考に♪

日本の家屋に馴染みやすく落ち着いた空間を作ってくれるベージュや緑色ベースには、季節によって明るい黄色や赤色など殆どの色やトーンとよく馴染み、扱いやすい色のひとつです。自然界を見てみても様々なトーンの緑色の葉にどんな色の花が咲いていても似合うのと同じです。ベースとなる緑の配色を多めに取りましょう。
出典:www.instagram.com(@receno.interior)

日本の家屋に馴染みやすく落ち着いた空間を作ってくれるベージュや緑色ベースには、季節によって明るい黄色や赤色など殆どの色やトーンとよく馴染み、扱いやすい色のひとつです。自然界を見てみても様々なトーンの緑色の葉にどんな色の花が咲いていても似合うのと同じです。ベースとなる緑の配色を多めに取りましょう。

ベースとなる色を決める・家具のテイストや色を揃える・アクセントカラーはベースにした色と同じトーンから選ぶ。これだけで色にまとまりが出てすっきりとしたお部屋に変わります。濃い色目は下に明るい色目は上にとお部屋の縦のグラデーションも意識すると圧迫感のない広い空間づくりに良いですよ。ぜひ、参考にしてみてくださいね!
出典:

ベースとなる色を決める・家具のテイストや色を揃える・アクセントカラーはベースにした色と同じトーンから選ぶ。これだけで色にまとまりが出てすっきりとしたお部屋に変わります。濃い色目は下に明るい色目は上にとお部屋の縦のグラデーションも意識すると圧迫感のない広い空間づくりに良いですよ。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play