冬のお部屋のフラワーアレンジ*『スワッグ』や『リース』をインテリアに取り入れて♪

冬のお部屋のフラワーアレンジ*『スワッグ』や『リース』をインテリアに取り入れて♪

落ち葉が北風に吹かれ舞う季節。寒い冬でもお家の中で植物やフラワーアレンジメントを楽しみたいですよね。そんな冬のシーンにおすすめなのが『スワッグ』や『リース』。クリスマスのオーナメントのイメージが強いですが、ドライフラワーや木の実、ユーカリや枝物など、選ぶ素材によって冬の間長く楽しむことができますよ。今回は『スワッグ』や『リース』の作り方をはじめ、松ぼっくりや雪を思わせる綿花などを使ったり、キャンドルと組み合わせたり…ナチュラルインテリアにそっと華を添えてくれる素敵なインテリアをご紹介します。 2016年12月26日作成

カテゴリ:
インテリア
キーワード:
フラワーアレンジメント
ドライフラワー
リース
インテリア
スワッグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
94

『スワッグ』や『リース』を冬のインテリアに♪

空気が乾燥し植物の成長も静かになるこの季節は、『スワッグ』や『リース』で冬のフラワーアレンジを楽しんでみませんか?

ナチュラルでやさしい雰囲気は、シックな冬のインテリアにそっと華を添えてくれます。

今回は、『スワッグ』と『リース』の作り方と素敵なインテリア実例をご紹介します。

自然体が魅力の『スワッグ』を楽しみませんか?

ここ最近目にすることが増えたスワッグ。ドイツ語で壁飾りを意味し、海外ではリース同様クリスマス飾りとしても定番です。

出典:

ここ最近目にすることが増えたスワッグ。ドイツ語で壁飾りを意味し、海外ではリース同様クリスマス飾りとしても定番です。

草花を束ねて吊るして飾る・・というアレンジが簡単な点も魅力♪シックな冬のインテリアに取りいれてみるのもおススメです。

出典:

草花を束ねて吊るして飾る・・というアレンジが簡単な点も魅力♪シックな冬のインテリアに取りいれてみるのもおススメです。

スワッグの作り方

簡単に作り方のご紹介です。

◆用意するもの◆
・お好みの植物
・花切りばさみ
・輪ゴム(または麻ひも)
・りぼんなど

※素材が短めだとブーケ風になります。お好みの長さを選んでくださいね。

出典: store.world.co.jp

簡単に作り方のご紹介です。

◆用意するもの◆
・お好みの植物
・花切りばさみ
・輪ゴム(または麻ひも)
・りぼんなど

※素材が短めだとブーケ風になります。お好みの長さを選んでくださいね。

このように、複数の花材をアレンジする場合は
①グリーンベース
②色ものを加える
③最後にインパクトのある花材を加える

の順でまとめていくのがポイントです♪

出典: store.world.co.jp

このように、複数の花材をアレンジする場合は
①グリーンベース
②色ものを加える
③最後にインパクトのある花材を加える

の順でまとめていくのがポイントです♪

茎を輪ゴムや紐でしっかりと結び、リボンや紐をかけてあげたら出来上がり♪

いかがでしょうか?飾ってみると、冬の空気の中にフレッシュで素敵な香りを届けてくれそうですよね!

出典: store.world.co.jp

茎を輪ゴムや紐でしっかりと結び、リボンや紐をかけてあげたら出来上がり♪

いかがでしょうか?飾ってみると、冬の空気の中にフレッシュで素敵な香りを届けてくれそうですよね!

ユーカリやオリーブをあしらったこちらのスワッグも素敵♪リースを作る要領で、カットした材料をワイヤーで巻き付けて仕上げます。選ぶ葉材によってフレッシュからドライへと経年変化を楽しむこともできますね。

出典: www.studio-clip.jp

ユーカリやオリーブをあしらったこちらのスワッグも素敵♪リースを作る要領で、カットした材料をワイヤーで巻き付けて仕上げます。選ぶ葉材によってフレッシュからドライへと経年変化を楽しむこともできますね。

作り方はこちらの動画でわかりやすくご紹介しています。

スワッグのあるインテリア風景

冬は枝物やスワッグを取り入れて、季節感のある“花のある暮らし”をしてみませんか?

出典: www.instagram.com(@accooooon)

冬は枝物やスワッグを取り入れて、季節感のある“花のある暮らし”をしてみませんか?

柱やお家の中のちょっとしたスペースにスワッグを飾るだけで、真っ白な壁面もあたたかみのある雰囲気に。

アクセントの松ぼっくりも可愛く、ドアの色とマッチしていますね。麻布を使って包めばよりナチュラルに♪

出典: www.instagram.com(@birds_kurume)

アクセントの松ぼっくりも可愛く、ドアの色とマッチしていますね。麻布を使って包めばよりナチュラルに♪

古物や古道具、そして小さなスワッグが組み合わさったナチュラルな雰囲気のテーブル。

出典: www.instagram.com(@a_un_pas)

古物や古道具、そして小さなスワッグが組み合わさったナチュラルな雰囲気のテーブル。

小物ラックにドライフラワーのスワッグを飾っています。ヴィンテージな小物とも相性抜群です♪

出典: www.instagram.com(@eri417k)

小物ラックにドライフラワーのスワッグを飾っています。ヴィンテージな小物とも相性抜群です♪

雪を思わせるようなふわふわの綿花を使った冬らしいスワッグ。小物やカードなど、バランスを考えながら飾るのも楽しそう。

出典: www.instagram.com(@ru_ni_)

雪を思わせるようなふわふわの綿花を使った冬らしいスワッグ。小物やカードなど、バランスを考えながら飾るのも楽しそう。

写真やポストカードなど思い出と共にスワッグを飾っても素敵!

ツリー型にスモーキーカラーの植物を組み合わせて。冬を感じるシックな色合いが大人っぽい雰囲気です。

出典: www.instagram.com(@ameri1215)

ツリー型にスモーキーカラーの植物を組み合わせて。冬を感じるシックな色合いが大人っぽい雰囲気です。

スワッグのお花の色に合わせて小物を選ぶとインテリアに統一感がでますね。

出典: www.instagram.com(@yukotakashima219)

スワッグのお花の色に合わせて小物を選ぶとインテリアに統一感がでますね。

幸せを運ぶ『リース』を飾ってみませんか?

リースは花や葉で作られた輪の装飾を表すもの。古くから縁起物とされ、現在も幸せを運ぶインテリアアイテムとして愛され続けています。

出典: www.livingly.com

リースは花や葉で作られた輪の装飾を表すもの。古くから縁起物とされ、現在も幸せを運ぶインテリアアイテムとして愛され続けています。

リースの作り方

基本的な作り方です。

◆用意するもの◆
・お好みの植物
・花切りばさみ
・ワイヤー
・りぼんなど

植物を15㎝~20㎝にカットし、どのようにアレンジをするかイメージをします。

輪の表面を植物の束をワイヤーで巻き付けていき、土台が見えないように隠します。短い枝はUピンのようにワイヤーを変形させて差し込んでいくとボリュームがでてきます♪この作業の繰り返しで仕上がります。

作り方はこちらの動画でわかりやすくご紹介しています。

リースのあるインテリア風景

ワイヤーをハンガー型にしてリースの土台として使っています。さり気ないグリーンが素敵なテーブルですね。

蔓のみのシンプルなリースもシックな雰囲気が好きな方におススメです。

出典: www.etsy.com

蔓のみのシンプルなリースもシックな雰囲気が好きな方におススメです。

リースをアルファベットの「O」に見立ててメッセージ性のあるディスプレイに。キャンドルの灯りもあたたかな雰囲気をプラスしてくれます。

実の付いた枝物リースをかごバッグやドライフラワーとともにナチュラルインテリアに飾って♪

出典: www.akmkny.net

実の付いた枝物リースをかごバッグやドライフラワーとともにナチュラルインテリアに飾って♪

ミニリースは、リボンや紐で長さを調節して複数並べて飾っても良いですね!

窓に飾ったシンプルなリースは、窓から幸運を呼び込んでくれそうですね!

赤い実が入ると冬らしさ満点。葉もユーカリのような色だと周りになじみ、ナチュラルインテリアにもぴったり♪

出典: www.ririnono.com

赤い実が入ると冬らしさ満点。葉もユーカリのような色だと周りになじみ、ナチュラルインテリアにもぴったり♪

ハート型のワイヤーに木の実をアレンジしたリース。ランタンやスケート靴など冬小物を上手く組み合わせています。

リースは壁に飾るだけじゃもったいない!木箱の上にキャンドルを囲むようにディスプレイするのも素敵です。

出典: www.waldoo.xyz

リースは壁に飾るだけじゃもったいない!木箱の上にキャンドルを囲むようにディスプレイするのも素敵です。

松ぼっくりを白でペイントしたミニリースでキャンドルを囲んで。工夫次第で色々楽しめますね!

こちらはリースにライトをプラスして。夜はムーディーな雰囲気を演出してくれます。

おわりに

雑貨屋さんやお花屋さんで素敵なリースを見つけるのも良いけれど、自分で好きな植物を選んで、アレンジのイメージを膨らませながら手作りするのも楽しいですよ。今回の記事を参考に、ぜひ冬のインテリアに『スワッグ』や『リース』を取り入れてみて下さいね!