6fab2ce1254ccf0e6a9eac3906ec6511abbe793d

vol.19 haluta・徳武睦裕さん -日本人が体験したことがない生活を伝えていきたい

長野県上田市を拠点に北欧ヴィンテージ家具の販売を行っているhaluta(ハルタ)。「家具屋の引っ越し」をしたばかりの新天地に伺い、代表の徳武睦裕(あつひろ)さんにhalutaが伝えていきたい思いと、新しく始まったプロジェクトチームAndel(アンデル)について伺いました。(2015年09月04日作成)

写真:松木宏祐文:キナリノ編集部

halutaの中心にある思いは『引き継ぐ』ということ

8月初旬にふさわしい高く大きな空。
向こう側には真夏を象徴するような入道雲がさらにその輪郭を大きくさせています。ここは、長野県上田市。今までは中心街近くに店舗を構えていた北欧ヴィンテージ家具を取り扱うhaluta(ハルタ)が、4,000坪の広さを持つ工場跡地に引越しをするという話を聞き、やって来ました。
水色の屋根を持つ倉庫がいくつも並んでいます

水色の屋根を持つ倉庫がいくつも並んでいます

vol.19 haluta・徳武睦裕さん -日本人が体験したことがない生活を伝えていきたい
引越し先は上田駅から車・バスで20分ほどの場所。敷地内には大きな倉庫がいくつも並んでいます。この場所に移ったのは、ほんの数週間前のこと。10月には「haluta AndelLund(ハルタ アンデルンド)」としてグランドオープンする予定です。その準備に向けた作業が広い敷地のあちらこちらで行われていました。
vol.19 haluta・徳武睦裕さん -日本人が体験したことがない生活を伝えていきたい
こちらの倉庫はスタジオになる予定

こちらの倉庫はスタジオになる予定

vol.19 haluta・徳武睦裕さん -日本人が体験したことがない生活を伝えていきたい
『風のような人』

haluta代表の徳武睦裕(あつひろ)さんを表現するならこの言葉がしっくりきます。なんだかつかみどころがないけれど、ある時は疾風のごとく力強く、ある時は、そよ風のように優しい。そんなふうに、いろいろな風を操りながら「今」を生きている人。
高校に上がるまで上田市で生まれ育った徳武さん。食堂をはじめ、「何でもやっていた」という祖父と洋菓子店と喫茶店を営んでいた父親を持ち、生まれ持った血筋と環境の中で「いつか自分で店をやる」という思いは、自然と育まれていきました。そして2000年、徳武さんが23歳の時に父親が経営していたうちの一店舗を改装し、カフェと雑貨のお店を始めます。

「大学を1年で辞めて、オーストラリアに行き、帰ってきてすぐ起業しました。やりたくないことはやりたくない、という思いのままに行動していました」

そして、2006年に販売を目的とした北欧ヴィンテージ家具の仕入れを始めたのを機に、店名を「haluta」に改め、家具を中心とするお店へ転換していきました。

「halutaというのは、フィンランド語で、“希望”と“願い”の中間にあるような言葉です。ロゴを作ってもらうときに、いいなと思って。この名前にしました」
vol.19 haluta・徳武睦裕さん -日本人が体験したことがない生活を伝えていきたい
現在、halutaのショップは東京を含む3店舗を展開していますが、徳武さんが起業してからこれまでに作った店舗の数は実に20を超え、halutaの移転も今回で6回目。思わず、「すごいですね」と言うと、「いや、すごくはないです。店を作ることはそんなに難しいと思ってないんで。適当なんですよ」とさらり。もちろん、「適当」だけでここまでやってこれるわけがないのですが、あまりにも自然に答えるのでこちらが拍子抜けしてしまいます。

そして、「店を持つことが自分の夢というわけではない」と徳武さんは続けます。

「ものを売る商売をしているので、矛盾して聞こえるかもしれませんが、僕がビジネスをしているのは、『ものを買うなよ』ということを言いたいからなんです。暮らしていく中でたくさんのものは必要ではない。だから、新しいものを買うのではなく、昔からあるいいものを引き継ぐ選択肢を提供したい。halutaの中心にある思いは『引き継ぐ』ということです」

halutaが新しい家具ではなく、徹底してヴィンテージ家具を取り扱うのはこの「引き継ぐ」という思いがあるから。それがhalutaの行動力の源にもなっているのでしょう。

いい素材で作られた家具だからこそ修理できる

通路を挟んで右側が修理済みのもの。左側がこれから修理するもの

通路を挟んで右側が修理済みのもの。左側がこれから修理するもの

敷地内に並ぶ倉庫のひとつには修理を待つ膨大な数の家具が置かれています。中には「家具」の形を伴ってないものも。これらは、同じ倉庫内に作られたメンテナンスルームに運ばれ、専属スタッフの手により再び命が吹き込まれます。

「船で日本に運ぶときにばらしたものも中にはありますが、例えば、脚一本くらいなくても、天板が二つに割れていても直せます。けれど、化学塗装や化学的な材料が使われている家具は直せません。大事なのは素材。いい素材で作られた家具だからこそ修理できるんです」
リペアスタッフのエンリーコさん。傷や汚れがある部分を美しく塗り変える「塗装」をメインで担当しています。ひとつひとつ状態が違うため、やることもその都度で異なってきます。「修理の過程で大事にしているところは強度。修理の後も長く使ってもらいたいと思っています」

リペアスタッフのエンリーコさん。傷や汚れがある部分を美しく塗り変える「塗装」をメインで担当しています。ひとつひとつ状態が違うため、やることもその都度で異なってきます。「修理の過程で大事にしているところは強度。修理の後も長く使ってもらいたいと思っています」

リペアスタッフになって4ヶ月の雨宮さんは、割れがあったり、折れてしまった部分を修理する「接着」を担当。「もとの形をなるべく維持できるように気を付けて修理しています。大きな機械もないので、全てひとつずつ手作業で行っています」

リペアスタッフになって4ヶ月の雨宮さんは、割れがあったり、折れてしまった部分を修理する「接着」を担当。「もとの形をなるべく維持できるように気を付けて修理しています。大きな機械もないので、全てひとつずつ手作業で行っています」

この仕事の前までは、メッセンジャーや飲食の世界で働いていたという小嶋さんは「研磨」を担当。「美しく仕上げるのが大前提ですが、ヴィンテージのよさとして傷や汚れを残すこともあります。その見極めが難しいんですけど、そこは他のスタッフと相談しながらやっています」

この仕事の前までは、メッセンジャーや飲食の世界で働いていたという小嶋さんは「研磨」を担当。「美しく仕上げるのが大前提ですが、ヴィンテージのよさとして傷や汚れを残すこともあります。その見極めが難しいんですけど、そこは他のスタッフと相談しながらやっています」

汚れが染み付いてしまった修理前のテーブル

汚れが染み付いてしまった修理前のテーブル

リペアスタッフの手にかかれば、このように美しく生まれ変わります

リペアスタッフの手にかかれば、このように美しく生まれ変わります

halutaはデンマークのヴィンテージ家具を中心に取り扱っていますが、そのデンマークでさえも本当にいい家具を作れるところが少なくなってきているのだそう。

「今は復刻版が出ていますけど、やっぱり当時作られたものと全然違う。昔の方が長い時間をかけて木を寝かせていたので、材料の質がいいんです。いい木を使って作られていたものと、そうでないものはすぐにわかります。これからどんどんいい木を使った数は減っていくと思います。うちの家具はメンテナンスも無期限なので、絶対に捨てることなく使い続けてほしいです」

「ビジネスとしては厳しいんですけどね」と徳武さん。確かに修理をするということは新しい家具を買ってもらうチャンスを失うことなのかもしれません。けれど、halutaが本当に伝えたい「引き継ぐ」という精神は手にした人たちの元へしっかりと伝わっていくはずです。

「ビジネスでやっているけど、お金儲けのためだけではなくて、デンマークや北欧の文化の中にあるまだ日本人が体験したことがない生活を伝えていきたいです。『引き継ぐ』という文化もそのひとつです」
修理が終わった家具がずらり。次の持ち主を待っています

修理が終わった家具がずらり。次の持ち主を待っています

いい形で文化を残し、次の世代に引き継いでいきたい

halutaの活動は北欧ヴィンテージ家具の販売だけにとどまりません。2015年に立ち上がった「Andel(アンデル)」はデンマーク語で「共有」の意味を持つ、その名の通り、「共有する場」づくりを行うプロジェクトチーム。その活動の第一弾が、今回取材に訪れたhaluta AndelLundからほど近い上田市海野町にオープンしたAndelStay(アンデルステイ)です。ここは1Fがコワーキングスペースで、2Fがシェアオフィスという新しい共有の場。3Fは将来的に宿泊施設になるとのこと。
AndelStayの1F。広々とした空間 写真:松村隆史(まつむらたかふみ)

AndelStayの1F。広々とした空間 写真:松村隆史(まつむらたかふみ)

さらに、同じ上田市内にあるAndelReception(アンデルレセプション)を拠点として発信されるウェブメディア「haluta365」(ハルタサンロクゴ)も立ち上がったばかり。特にhaluta365を始める理由について、徳武さんはこんな風に話してくれました。

「いつか物が売れなくなる時が来るので、その時には物ではなく“事”を伝えていくことが必要になります。このメディアでは、デンマークと日本の暮らしと、上田のローカルな情報を届けていく予定です。ここでも『引き継ぐ』というのがコンセプト。僕たちは、時代の中のわずかな時間しか生きていけない。だからいい形で文化を残し、次の世代に引き継いでいけたらと思っています」
美しい風景が多く残っている上田 写真:松村隆史(まつむらたかふみ)

美しい風景が多く残っている上田 写真:松村隆史(まつむらたかふみ)

2015年から家族と一緒にデンマークへ移住した徳武さん。デンマークと日本を往復する暮らしの中でも、歩みを緩めることなく、新しいことへ挑戦し続けています。けれど、本人は「全然大変じゃないですよ」とやっぱり軽やか。

自由に身軽に。風のような徳武さんが、この先halutaをどんな場所へ運んでいくのでしょうか。まずは、10月のhaluta AndelLundのオープンを楽しみにして待ちたいと思います。
haluta|ハルタhaluta|ハルタ

haluta|ハルタ

長野県上田市を拠点に北欧ヴィンテージ家具の販売を行っている。6月末に上田市御所にあった店舗から、同市にある4,000坪の広大な敷地を持つ場所に移転。10月にはhaluta AndelLund(ハルタ アンデルンド)として、グランドオープンする予定。また、「共有の場」づくりを行うプロジェクトチームAndel(アンデル)も立ち上げ、その活動の幅を広げている。

公式HP
公式Facebook

関連する情報

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play