名物店主のお買い物日記 no.63
夏祭りの“アレ”を思い出す、かわいいグラスの話 ―イロドリ 迫口摩季さのカバー画像

夏祭りの“アレ”を思い出す、かわいいグラスの話 ―イロドリ 迫口摩季さん

キナリノモールに集うストアの個性的な店主たちが、自腹を切って買ったものや愛用品をひたすら語る、徒然お買い物リレー。今回は、ノスタルジーな気分に浸れる(?)ちょっとヘンテコで愛らしいグラスのお話です。

159
2022年09月15日作成
迫口摩季
イロドリ
迫口摩季
器と生活雑貨、そして鹿児島の美味しいみかんや食べ物を販売するオンラインショップ「イロドリ」を夫婦で運営。家のまわりはミカン畑。オレンジ色に囲まれ、夫と娘二人の家族で生活しています。趣味はネットサーフィンにネットショッピング、それから文章を書くこと。とにかく家の中で過ごすのが大好きなインドア派ですが、休日はブログのネタにとカメラを持って出かけることも。
夏祭りの“アレ”を思い出す、かわいいグラスの話 ―イロドリ 迫口摩季さん
夏祭りの“アレ”を思い出す、かわいいグラスの話 ―イロドリ 迫口摩季さん
キャッチーな形にひと目惚れして購入してしまった「プクッとグラス」。

このグラスを見ていると、なんだか夏祭りで電球の形の容器に飲み物を入れて売っていたのを思い出してしまいます(全然形は違うのですが)。海外で作られているこのグラスは業務用のようなライトな作り。コロンと?プクッと?した上部と、手で持つ部分の太さが絶妙なバランス。テーブルに置いたときのちょこんとした姿もお気に入りで、毎日愛でています。

現在は我慢しているビールはノンアルコールを入れて晩酌風にしたり、お茶やジュースを入れてもイマドキ感が出てついつい手に取ってしまいます。そこまで大きくないのに、プクッとしている形状からか意外と入る。個人的には7~8割のところで止めるのがおすすめです。
夏祭りの“アレ”を思い出す、かわいいグラスの話 ―イロドリ 迫口摩季さん
販売ページ用の写真撮影時にちょうどいい飲み物がなく、かき氷のシロップを炭酸水で割ったもので代用して撮影。そのジャンクな色合いがキャッチーな形に抜群に似合っていました(味は飲めたもんじゃありませんでしたが……笑)。

そんなふうに、ビビッドなジュースから無色透明の炭酸水まで何でも合います。ふだん皆さんがお使いの北欧系や和食器、シンプルな洋食器とも相性がいいのではないかなと思います。このお買い物日記を書きながら、ナッツや色とりどりの金平糖を入れてもいいかもしれないな、と想像が広がるグラスです。

今回紹介したアイテム

次回の“名物店主”は9/19更新予定。お楽しみに!

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー