1. トップ
  2. 生活雑貨
  3. ワンランク上の居心地に。“心地よい我が家”を叶える最新家電
提供: エプソン販売株式会社
ワンランク上の居心地に。“心地よい我が家”を叶える最新家電

ワンランク上の居心地に。“心地よい我が家”を叶える最新家電

もっと家の居心地を良くしたい…そう悩んでいるのなら、一度家の中の“当たり前”だと思っている場所を見直してみては?今回は、家の居心地をワンランクアップさせるためのヒントと、取り入れたい最新家電を紹介します。2020年11月04日作成

カテゴリ:
生活雑貨
お気に入り数908

「いつもの我が家」の居心地は…

ワンランク上の居心地に。“心地よい我が家”を叶える最新家電
花を飾る、香りを取り入れる、ファブリックを入れ替える…自分なりに工夫を重ねてできあがった「いつもの我が家」。見慣れた風景は気楽でよいけれど、できることならもっと居心地よく、心地よい空間にしてみたいものですよね。

意外と盲点?“当たり前”を見直そう

ワンランク上の居心地に。“心地よい我が家”を叶える最新家電
「当たり前だと見過ごしている所に、意外と伸びしろが隠れているかもしれません」と話すのは、インスタグラムで心地よい家の様子を日々投稿しているannie(@mo__ccchi__)さん。家族全員が一番居心地の良い空間をつくるために、インテリアの模様替えや家具の配置換えにも積極的に取り組んでいます。

たとえばリビングに面したクローゼットを物置として使うのではなく、子供2人の支度グッズ置き場にしてみたところ、子供の動線が整理されて家が散らかりづらくなったそう。「クローゼットは物置という思い込みを一度取り払ってみたんです。先入観や、当たり前と思っていることを見直して、家の居心地がより良くなるヒントを見つけられることもあると思います」

「テレビのある空間」も、見直しポイントに

ワンランク上の居心地に。“心地よい我が家”を叶える最新家電
今回annieさんに見直してもらった“当たり前”は、リビングルーム。ナチュラルな家具で雰囲気よくまとめられたおうちの中で、真っ黒なテレビだけが少し浮いた印象です。「家族がくつろぐ場所にはテレビを」という先入観を取り払えば、部屋全体をより心地よく変えられるかも…ということで、テレビの代わりに、ある家電を試してもらうことにしました。

すっきり&快適な暮らしに。エプソンの『dreamio』

ワンランク上の居心地に。“心地よい我が家”を叶える最新家電
テレビの代わりに試したのは、エプソンのホームプロジェクター『dreamio(EH-LS300)』。カラーは白と黒の2色で、annieさんはおうちの雰囲気に合いそうな白を選びました。凹凸が少ないシンプルなデザインと色味で、インテリアにすんなりと馴染んでいます。
プロジェクターといっても、天井から吊り下げたり、スクリーンを用意したりする必要はありません。テレビ台に置くだけで、迫力満点な映像を楽しむことができるのです。

映したい場所の近くに置くだけでOK

ワンランク上の居心地に。“心地よい我が家”を叶える最新家電
『dreamio』にはいくつか種類がありますが、この『dreamio(EH-LS300)』は超短焦点タイプ。映したい壁からレンズまで40cmあれば、くっきりと70型(155cm×87cm)のサイズで映像を映せます。壁からの距離を離すほどスクリーンサイズは大きくなり、最大120型(266cm×149cm)の映像を楽しむことが可能です。

「プロジェクターは設置が大変そうと思っていたのですが、これは今まで使っていたテレビ台にそのまま置くだけで大丈夫。事前準備が必要ないところに驚きました」とannieさん。チューナーやブルーレイレコーダーとHDMI®ケーブルでつなげば通常のテレビ番組を視聴できます。「Fire TV Stick」などのメディアストリーミング端末やゲーム機の接続も簡単です。
普段は壁際に寄せた状態でテレビを観て、映画やスポーツなどを観る場合はスクリーンサイズを大きくして迫力を楽しむ…といった使い分けが気軽にできるのも、このプロジェクターならでは。

明るい部屋でも楽しめる、鮮やかな映り

ワンランク上の居心地に。“心地よい我が家”を叶える最新家電
プロジェクターの光はテレビやスマートフォンから出る光と種類が異なるため、長時間でも目が疲れにくいメリットが。また、高輝度のレーザー光源を採用しているため、部屋を暗くしなくても映像を楽しめます。
「観たいときにスイッチを入れるだけ。部屋を真っ暗にしたり、スクリーンを張ったりといった準備が一切いらないのが手軽でよいです。ホームプロジェクターがこんなに使いやすいなんて…」とannieさんもかなりお気に入りの様子。

ちなみに『dreamio(EH-LS300)』はAndroid TV™内蔵タイプ。自宅のWi-Fi®とつなげば、YouTube™などの動画配信サービスをこれ一台で楽しめます。(※)また、Googleアシスタントによる音声検索や、スマートフォンの画面をプロジェクターにキャストすることも可能です。
※「Netflix」を内蔵Android TV™のアプリで視聴することはできません。視聴する場合は別途再生機器が必要です。

「家の中もすっきり。期待以上の変化です」

ワンランク上の居心地に。“心地よい我が家”を叶える最新家電
テレビの代わりにプロジェクターを置いたことで、より統一感が生まれてすっきりとしたリビング。見た目のすっきり感に加えて、掃除の手間も減ったとannieさんは話します。「小さい子供が2人いるのですが、よくテレビの液晶を触ってしまうので拭き掃除が欠かせなくて。プロジェクターに替えてからその手間がなくなったのは、思わぬ収穫でした」

また、時間の過ごし方にも変化が。テレビで観るよりも迫力のある映像と音響に惹かれて、以前より家族で映画を楽しむ日が増えたそうです。『dreamio(EH-LS300)』に搭載されているヤマハ製2.1chの高音質スピーカーは、映像を出していないときBluetooth®スピーカーとしても使えるので、リラックスタイムのBGM用にも活躍します。
「実際に使ってみて、単に映像を映す家電ではなく、暮らしを彩ってくれるアイテムだと実感しました。我が家の居心地をワンランク上げてくれたような気がします」

おうちをもっと、心地よく

ワンランク上の居心地に。“心地よい我が家”を叶える最新家電
映画を観て感動を共有したり、家族旅行の写真を大画面に映しながら会話を弾ませたり…『dreamio(EH-LS300)』を試したことで、家での時間がより豊かになったように感じるとannieさんは話してくれました。ホームプロジェクターには、映像を映す以上の魅力がたくさん詰まっているようです。
「家にはテレビ」という“当たり前”を一度見直して、自分たちの暮らしに取り入れたいものは何か考えてみてはいかがでしょう。見直すことで、今よりもっと快適で居心地の良い暮らしが手に入るかもしれません。
※本記事の他者商標の帰属先は、エプソンのホームページをご確認ください。

photo/Junichi Higashiyama
icons Googl Play