真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選

真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選

家族で、お友達同士で、ホームパーティーで・・・なんといっても盛り上がる「ゲーム」。「トランプ」をはじめとしたカードゲームはおなじみですが、ルールが難しかったり、年齢を超えて遊ぶには手加減が必要だったり・・・。そこで、世代を超えて楽しめる「テーブルゲーム」はいかがですか?本気の勝負をする中で、子どもたちには知育的なメリットがあったり、大人は脳トレになったり・・・そんな魅力のあるテーブルゲームをご紹介します。2019年07月25日作成

カテゴリ:
生活雑貨
キーワード:
おもちゃ
コミュニケーション
趣味
子育て
親子
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
267

手加減不要!? 親子みんなで遊べる「テーブルゲーム」はいいことづくめ

おうち遊びの定番、「テーブルゲーム」。家で過ごす時間の増える「夏休み」の強い味方でもありますね。

遊びとして面白いのはもちろん、ルールや順番を学び守ることで「社会性」を養ったり、家族やお友達との「コミュニケーション」が深まったり、頭や手先を使うことで「知育」にもなったり・・・実はいろんなメリットがあるんですよ*
出典:www.pexels.com

おうち遊びの定番、「テーブルゲーム」。家で過ごす時間の増える「夏休み」の強い味方でもありますね。

遊びとして面白いのはもちろん、ルールや順番を学び守ることで「社会性」を養ったり、家族やお友達との「コミュニケーション」が深まったり、頭や手先を使うことで「知育」にもなったり・・・実はいろんなメリットがあるんですよ*

そのように、いいこと尽くめな「テーブルゲーム」の中から、簡単なルールで、小さなお子さんから大人同士でも本気で盛り上がれるオススメゲームを5つご紹介。

運任せのほのぼのしたものから、大人が思わず「もう1回!!」とリクエストしたくなる面白味のあるものまで。なかには、親子の間でも手加減不要!むしろ大人でも“本気で勝負したのに子どもに負けた!”というシーン連発な、驚きのゲームも。

実は“侮ることなかれ”なテーブルゲーム、おうち時間のお供にいかがですか?
出典:www.pexels.com

そのように、いいこと尽くめな「テーブルゲーム」の中から、簡単なルールで、小さなお子さんから大人同士でも本気で盛り上がれるオススメゲームを5つご紹介。

運任せのほのぼのしたものから、大人が思わず「もう1回!!」とリクエストしたくなる面白味のあるものまで。なかには、親子の間でも手加減不要!むしろ大人でも“本気で勝負したのに子どもに負けた!”というシーン連発な、驚きのゲームも。

実は“侮ることなかれ”なテーブルゲーム、おうち時間のお供にいかがですか?

※ご紹介するゲームによっては、小さなコマやパーツが含まれます。誤飲などには十分ご注意ください。

1. 子供ならではの斬新な発想で難易度UP!かわいいバランスゲーム

ワニに乗る?/HABA(ハバ)

真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選
動物型の積み木がかわいいバランスゲーム「ワニに乗る?」。支援センターなどにも多く導入されている良質な木製のおもちゃです。

コマになっている動物は形状だけではなく、重さや厚みも違うので、大人も子供も、頭は常にフル回転…! 積む順番や場所・角度などを工夫して細やかに手先を使うので、知育要素も満点ですよ。
真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選
[ルール・遊び方]
順番にサイコロを振りながら、土台となる「ワニ」の背中に、手持ちの動物型の積み木を崩さないように積み上げていく。崩してしまった場合、崩れた動物は自分が引き取りながら、最初に持ち駒をすべて積み上げた人の勝ち。
サイコロの目によって、「土台を広げる」「他人にコマを押し付ける」などの駆け引きも・・・。
真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選
本来のルール以外に、「順番に力を合わせて、すべてのコマを積み上げたら成功!」と目標を決めて、親子で協力するのもオススメ。3歳くらいから十分に楽しめます。

子どもならではの思いもよらない置き方に、難易度が大きく左右されるという点も面白さの一つです。真剣にやっても年齢問わずいい勝負になりますが、大人は「利き手以外で置く」などとハンデをつけてもいいですね。

2. 同じ形を見極めるだけなのに、大混乱!?

窓拭き職人/アミーゴ社

真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選
大人が本気を出しても、筆者宅では長女(当時4歳)が最強だったのが、この「窓拭き職人」。

対象年齢は5歳位~とされていますが、ルールはこの上なくシンプルなので、もっと小さなお子さんから世代を超えて盛り上がりやすいゲームの一つ。

コンパクトなカードゲームなので、旅行やお友達のおうちなどにも持っていきやすいのも嬉しいですね。
真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選
[ルール・遊び方]
トランプ上のカードに1つずつモノクロで描かれた、微妙に形状やサイズが異なる35種類の長方形。その長方形が、どの窓枠と同じ形か予想して、プレイヤーは「これだ」とおもう窓枠にコマを置きます。
カードを裏返すと正解が…。一番多く正解した人が勝者です。
真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選
ルールを聞くととても簡単に思えますが、すべての長方形の形が微妙に異なるので、頭の中は大混乱!観察力や集中力が問われます。

カードの枚数を減らしてコンパクトに遊び終えることもできるので、隙間時間を使って子どもたちの心を満たしてあげたり、何かを決めるときにくじ引き感覚で取り入れたり・・・活用の幅も広いゲームです*

3. 完全なる「運任せ」♪ 雲の上でかわいいビンゴ大会を*

ビンゴゲーム・雲の上のユニコーン/HABA(ハバ)

真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選
おなじみのビンゴゲームが、ファンタジックでかわいい世界観に・・・。子どもだけでも簡単に、小さなお子さん一人でも遊べるので、ママが手を離せないときの強い味方にもなりますよ。

完全なる運任せなのも◎。気を遣わずフェアに遊べるのが気楽で嬉しいゲームです。
真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選
[ルール・遊び方]
それぞれ手元に「ビンゴカード」を準備したらゲームスタート!円いカードを順番にめくっていって、描かれたのと同じイラストが手持ちのビンゴカードにあったらクリスタルを置いていきます。
クリスタルが最初に一列並んだ人の勝ち!
よくあるビンゴゲームと違い、使い捨てタイプのカードではないので、アイテムを買い足して補充したりする必要もなし。かわいい絵柄と、ピンクのキラキラクリスタルは、特に女の子の心をわしづかみに・・・!

モチーフによっては、似たような絵柄があるので、「色」や「ポーズ」を見分ける練習にも◎。

4. 相手のカードを見極めて戦略勝負!

ペンギンパーティー/ニュー・ゲームズ・オーダー

真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選
カードに描かれたペンギンたちがかわいいカードゲーム。2~6人で遊べます。

対象年齢は6歳~とされていますが、色が見分けられる2歳後半くらいから一緒に楽しめますよ。

筆者宅では、3歳手前頃から次女が直感で…。長女は5歳ごろからきちんと自分なりの戦略をもって遊べるようになりました。
[ルール・遊び方]
プレイヤーにシャッフルして配られた、合計36枚・5色(黄、青、紫、赤、緑)のカードを、順番にピラミッド状に並べていきます。

一番下の段(8枚)には好きな色を出せますが、上段に積み上げていくときには、土台となる下の段のカードとリンクした色しか置くことができません。

相手を邪魔したり、自分の置ける場所を戦略的に確保しながら、カードが置けなくなったプレイヤーから脱落・・・。そして全員の置けるカードがなくなったら、そのラウンドが終了します。
真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選
本来のルールでは、最後に点数計算などもありますが(詳細はYouTubeご参照)、それを行わず、各ラウンドごとに勝負しても十分楽しめます。

大人がどれだけ戦略を立てても、直感的にカードを置く子どもたちによって、思わぬ展開に振り回されたり…。
みんなで協力して全員がカードを置き切ってピラミッドを完成させよう!というルールにアレンジしても一体感が深まりますよ。

5. 4歳から遊べる! 難しそうな「将棋」が、可愛い動物の追いかけっこに

どうぶつしょうぎ/小学館

真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選
空前のブームで注目を集める「将棋」。先を読むことで思考力UPにも効果抜群!ですが、とにかく難しそうなイメージが先に立って、手を出しにくいのも事実。

そこで、「4歳でも遊べるように」と女流棋士によって開発されたのが「どうぶつしょうぎ」です。
[ルール・遊び方]
3×4マスの盤と、8枚の駒で遊ぶミニ将棋。動物が描かれた駒には、動ける方向に印がついており、コンパクトな世界の中で、楽しく遊びながら将棋の基礎を学ぶことができます。
かわいらしいイラストの動物たちが動き回り、さいごに森の王様「ライオン」をキャッチできたら勝ち!
真剣勝負で大人が負けちゃう!? 子供の考える力を磨く「テーブルゲーム」おすすめ5選
動物のキャラクターとコマの動き方をリンクさせたり・・・と細やかに工夫されているので、頭の中にストーリーを描きながらたちまち理解を深められます。

「どうぶつしょうぎ」をマスターしたら、発展版「おおきな森のどうぶつしょうぎ」にステップアップするのもオススメ。9×9の、まさに本将棋と同サイズで勝負することができます。将棋盤はコンパクトに折りたためるので、本棚やおもちゃコーナーにすっきり収納できますよ。

少しずつ腕を磨いて、おじいちゃんと勝負!というのも素敵なコミュニケーションですね*

「子どもに付き合う」のではなく「一緒に楽しむ」ゲームタイムを!

大人が仕方なく付き合う子供だましのものではなく、簡単なルールですぐにみんなでスタートできる、大人もハマる5つのゲームたち。

大人も子供も頭の体操になるのが、これらアナログゲームの魅力でもありますね。心から集中してどっぷり本気で楽しむほどに、コミュニケーションも深まり、いいことづくめですよ。

大人が仕方なく付き合う子供だましのものではなく、簡単なルールですぐにみんなでスタートできる、大人もハマる5つのゲームたち。

大人も子供も頭の体操になるのが、これらアナログゲームの魅力でもありますね。心から集中してどっぷり本気で楽しむほどに、コミュニケーションも深まり、いいことづくめですよ。

勝敗で盛り上がるのはもちろんのこと、みんなでテーブルを囲んで大笑い!
・・・そんな、心をほぐし満たしてくれる時間を存分に味わってくださいね。
出典:www.pexels.com

勝敗で盛り上がるのはもちろんのこと、みんなでテーブルを囲んで大笑い!
・・・そんな、心をほぐし満たしてくれる時間を存分に味わってくださいね。

※出典元の無い画像/すべて筆者撮影となります

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play