うつわ初心者さんにも◎。お気に入りの「おうち和定食セット」をそろえよう

うつわ初心者さんにも◎。お気に入りの「おうち和定食セット」をそろえよう

4月から進学や就職、転勤などで新生活を始めた方も、そろそろ新しい生活に慣れてきた頃ではないでしょうか?一人暮らしの方も、ご家族と一緒に暮らしている方も。毎日の生活をより充実させるためには、日々の“食事”が何よりも大切ですよね。様々な料理の中でも日本の伝統的な食文化である「和食」は、2013年にユネスコ無形文化財に登録され、国内のみならず海外からも注目を集めています。今回は、そんな和食の基本と言われる「一汁三菜」の献立にぴったりの、素敵な和食器やカトラリーをご紹介します。 2018年06月10日作成

カテゴリ:
生活雑貨
キーワード:
食器
和食器
豆皿
定食
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1282

お気に入りの『和定食セット』を揃えよう

日々の暮らしをより充実させるためにも、毎日の“食事”は何よりも大切ですよね。
様々な料理の中でも日本の伝統的な食文化である「和食」は、2013年にユネスコ無形文化財に登録され、海外からも注目を集めています。
今回はそんな和食の味や香り、盛り付けを引き立てる、素敵な和食器やカトラリーをご紹介します。

出典:

日々の暮らしをより充実させるためにも、毎日の“食事”は何よりも大切ですよね。
様々な料理の中でも日本の伝統的な食文化である「和食」は、2013年にユネスコ無形文化財に登録され、海外からも注目を集めています。
今回はそんな和食の味や香り、盛り付けを引き立てる、素敵な和食器やカトラリーをご紹介します。

和食の基本は『一汁三菜』

一汁三菜とはご飯に汁物、おかず3種(主菜1品+副菜2品)で構成された和食の献立です。和食で使用する食器には様々な種類がありますが、この“一汁三菜”の献立に必要な食器を揃えることが「和定食セット」の基本になります。まずは日本の食卓に欠かせない『お茶碗』と『お椀』から見ていきましょう。

出典:

一汁三菜とはご飯に汁物、おかず3種(主菜1品+副菜2品)で構成された和食の献立です。和食で使用する食器には様々な種類がありますが、この“一汁三菜”の献立に必要な食器を揃えることが「和定食セット」の基本になります。まずは日本の食卓に欠かせない『お茶碗』と『お椀』から見ていきましょう。

見た目・大きさ・持ちやすさを考えて選びたい『お茶碗・お椀』

【やちむん 唐草線彫り 飯マカイ】

沖縄県那覇市にある『育陶園』は、約300年もの歴史を持つ壺屋焼の窯元です。沖縄の土と手作りの釉薬を使い、伝統的な焼き物「やちむん」を作り続けています。繊細な唐草模様が美しい飯マカイ(飯椀)は、線彫という伝統技法を用いて作られた器です。

出典:

沖縄県那覇市にある『育陶園』は、約300年もの歴史を持つ壺屋焼の窯元です。沖縄の土と手作りの釉薬を使い、伝統的な焼き物「やちむん」を作り続けています。繊細な唐草模様が美しい飯マカイ(飯椀)は、線彫という伝統技法を用いて作られた器です。

素朴であたたかみのある風合いと艶のある質感、ぽってりとした程よい厚みが特徴的。沖縄伝統の唐草紋様と深く艶やかな黒色が、ごはんの美味しさを引き立ててくれます。「やちむん」特有の佇まいの美しさ、優しい手触り、使い心地の良さも魅力の逸品です。

出典:

素朴であたたかみのある風合いと艶のある質感、ぽってりとした程よい厚みが特徴的。沖縄伝統の唐草紋様と深く艶やかな黒色が、ごはんの美味しさを引き立ててくれます。「やちむん」特有の佇まいの美しさ、優しい手触り、使い心地の良さも魅力の逸品です。

【薗部産業 めいぼく椀】

1996年にグッドデザイン賞を受賞し、『薗部産業』のロングセラー商品として20年以上も愛されている「めいぼく椀」シリーズ。丸みのある可愛らしいフォルムと、天然木ならではの優しい風合いが特徴です。お椀一点が完成するまでに数ヶ月という時間を要し、木の選別から塗装仕上げまで、全ての作業を薗部産業の職人さんが行っています。

出典:

1996年にグッドデザイン賞を受賞し、『薗部産業』のロングセラー商品として20年以上も愛されている「めいぼく椀」シリーズ。丸みのある可愛らしいフォルムと、天然木ならではの優しい風合いが特徴です。お椀一点が完成するまでに数ヶ月という時間を要し、木の選別から塗装仕上げまで、全ての作業を薗部産業の職人さんが行っています。

「めいぼく椀」に使用している木材は、さくら・けやき・ぶな・くり・くるみ・ならの合計6種類。大きさは小・中・大の3種類の中から、お好みのサイズを選ぶことができます。お味噌汁やお吸い物はもちろん、スープやサラダ、デザートなど。銘木ならではの美しい木目とシンプルなデザインは、和洋問わず様々な料理を引き立ててくれます。

出典:

「めいぼく椀」に使用している木材は、さくら・けやき・ぶな・くり・くるみ・ならの合計6種類。大きさは小・中・大の3種類の中から、お好みのサイズを選ぶことができます。お味噌汁やお吸い物はもちろん、スープやサラダ、デザートなど。銘木ならではの美しい木目とシンプルなデザインは、和洋問わず様々な料理を引き立ててくれます。

肉料理・魚料理など、主菜を盛り付ける『中皿』

【青瓷長角皿 16.5㎝ 石黒 剛一郎】

メインのおかずを盛り付ける「中皿」の大きさは、使い勝手の良い6~7寸(18~21㎝)くらいがおすすめです。淡いブルーに繊細な貫入が施された5.5寸(16.5㎝)の「青瓷長角皿」は、愛知県瀬戸市で活躍する陶芸家・石黒 剛一郎さんの作品です。

出典:

メインのおかずを盛り付ける「中皿」の大きさは、使い勝手の良い6~7寸(18~21㎝)くらいがおすすめです。淡いブルーに繊細な貫入が施された5.5寸(16.5㎝)の「青瓷長角皿」は、愛知県瀬戸市で活躍する陶芸家・石黒 剛一郎さんの作品です。

小さめの焼き魚やお刺身、揚げ物など、一人分のおかずを盛り付けるのにちょうどいい大きさです。シンプルで上品な角皿はどんなお料理とも相性が良く、食卓のさりげないアクセントにもなってくれます。

出典:

小さめの焼き魚やお刺身、揚げ物など、一人分のおかずを盛り付けるのにちょうどいい大きさです。シンプルで上品な角皿はどんなお料理とも相性が良く、食卓のさりげないアクセントにもなってくれます。

【オーバルプレート 22㎝ Common】

こちらはお肉やお魚など、メイン料理の主菜皿に使える22㎝のオーバルプレートです。副菜2品と合わせてもスペースを取らず、食卓にすっきり収まるサイズ。モダンな印象のグレーの中皿はどんな料理とも相性が良く、日常使いに重宝する一枚です。

出典:

こちらはお肉やお魚など、メイン料理の主菜皿に使える22㎝のオーバルプレートです。副菜2品と合わせてもスペースを取らず、食卓にすっきり収まるサイズ。モダンな印象のグレーの中皿はどんな料理とも相性が良く、日常使いに重宝する一枚です。

料理を盛る・運ぶ・洗う・収納する。『Common』の食器は日常の様々なシーンでの使いやすさと、心地よさを考えてデザインされています。シンプルなデザインでありながらも、手にした時の軽さや厚み、重ねた時のおさまりの良さも魅力です。

出典:

料理を盛る・運ぶ・洗う・収納する。『Common』の食器は日常の様々なシーンでの使いやすさと、心地よさを考えてデザインされています。シンプルなデザインでありながらも、手にした時の軽さや厚み、重ねた時のおさまりの良さも魅力です。

煮物や和え物など、副菜を盛り付ける『小皿・小鉢・豆皿』

【九谷青窯 綿花散らし 四方小鉢】

副菜を盛り付ける小皿や小鉢は、4~5寸(12~15㎝)くらいの大きさがおすすめです。こちらの「四方小鉢」は和え物や酢の物などの副菜はもちろん、デザートやフルーツにも使いやすいサイズ。2つ対に綿花が描かれた上品な絵付けが、食卓をおしゃれに演出してくれます。

出典:

副菜を盛り付ける小皿や小鉢は、4~5寸(12~15㎝)くらいの大きさがおすすめです。こちらの「四方小鉢」は和え物や酢の物などの副菜はもちろん、デザートやフルーツにも使いやすいサイズ。2つ対に綿花が描かれた上品な絵付けが、食卓をおしゃれに演出してくれます。

大きさや形の違う器を合わせると、食卓全体にリズムが出て華やかな雰囲気になります。四方小鉢と揃いの6.5寸皿を合わせると、統一感が出て使い道もぐっと広がりそうです。薄手で重なりがよく取り皿としても使えるので、来客用にもぜひ揃えておきたい逸品です。

出典:

大きさや形の違う器を合わせると、食卓全体にリズムが出て華やかな雰囲気になります。四方小鉢と揃いの6.5寸皿を合わせると、統一感が出て使い道もぐっと広がりそうです。薄手で重なりがよく取り皿としても使えるので、来客用にもぜひ揃えておきたい逸品です。

【小石原焼 豆皿・豆小鉢】

小皿の中でも10㎝以下の小さい器を「豆皿」と呼びます。こちらは飛び鉋(とびかんな)や刷毛目が美しい、『小石原焼(こいしわらやき)』の豆皿と豆小鉢。福岡県朝倉郡東峰村でつくられる小石原焼は、伝統技法で表現される独特の紋様と、素朴で温かみのある風合いが特徴です。

出典:

小皿の中でも10㎝以下の小さい器を「豆皿」と呼びます。こちらは飛び鉋(とびかんな)や刷毛目が美しい、『小石原焼(こいしわらやき)』の豆皿と豆小鉢。福岡県朝倉郡東峰村でつくられる小石原焼は、伝統技法で表現される独特の紋様と、素朴で温かみのある風合いが特徴です。

シンプルで上品な豆皿と豆小鉢は、和食器でありながらも、現代の食卓にマッチするモダンな雰囲気も魅力です。どちらも10㎝前後の大きさで、香の物や薬味をのせるのにちょうどいいサイズ。見た目も美しく、そして日常使いしやすい『小石原焼』の器を食卓に加えてみませんか?

出典:

シンプルで上品な豆皿と豆小鉢は、和食器でありながらも、現代の食卓にマッチするモダンな雰囲気も魅力です。どちらも10㎝前後の大きさで、香の物や薬味をのせるのにちょうどいいサイズ。見た目も美しく、そして日常使いしやすい『小石原焼』の器を食卓に加えてみませんか?

食器と同じようにこだわりたい『箸・箸置き』

【安比塗漆器工房 手塗箸】

日本人の食生活に欠かすことのできない「お箸」。食事と一緒に口に入るものなので、見た目の美しさだけではなく、素材にもこだわって選びたいものです。漆を何度も塗り重ねて仕上げる「塗り箸」は、耐久性に優れており、表面に汚れが付きにくいため常に清潔感を保ちやすいのも特徴です。

出典:

日本人の食生活に欠かすことのできない「お箸」。食事と一緒に口に入るものなので、見た目の美しさだけではなく、素材にもこだわって選びたいものです。漆を何度も塗り重ねて仕上げる「塗り箸」は、耐久性に優れており、表面に汚れが付きにくいため常に清潔感を保ちやすいのも特徴です。

こちらは『安比塗(あっぴぬり)漆器工房』の手塗箸です。漆特有の艶が食卓にさりげなく華を添えます。安比塗漆器工房は昔ながらの漆器文化の復興を目指し、国内流通の2%しかない貴重な国産漆(岩手県浄法寺産漆)を使用した高品質な漆器づくりを行っています。シンプルな手塗り箸はどんな食器にも合わせやすいですが、漆の汁椀と揃えると統一感のある食卓になります。

出典:

こちらは『安比塗(あっぴぬり)漆器工房』の手塗箸です。漆特有の艶が食卓にさりげなく華を添えます。安比塗漆器工房は昔ながらの漆器文化の復興を目指し、国内流通の2%しかない貴重な国産漆(岩手県浄法寺産漆)を使用した高品質な漆器づくりを行っています。シンプルな手塗り箸はどんな食器にも合わせやすいですが、漆の汁椀と揃えると統一感のある食卓になります。

【FUTAGAMI 真鍮の箸置き】

“光”をテーマに鋳肌を活かして形作られた『FUTAGAMI』の箸置きは、真鍮ならではの重厚感とモダンなデザインが特徴的。鋳肌のまま無塗装・無垢の真鍮で作られているため、経年変化を楽しみながら長く使い続けることができます。

出典:

“光”をテーマに鋳肌を活かして形作られた『FUTAGAMI』の箸置きは、真鍮ならではの重厚感とモダンなデザインが特徴的。鋳肌のまま無塗装・無垢の真鍮で作られているため、経年変化を楽しみながら長く使い続けることができます。

『FUTAGAMI』は富山県高岡市の老舗鋳造メーカー、「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。真鍮でできた美しい箸置きは、「月」・「瞬き」・「結晶」・「閃光」をモチーフにしています。ぜひお気に入りのデザインを食卓に加えてみませんか?

出典:

『FUTAGAMI』は富山県高岡市の老舗鋳造メーカー、「二上」が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドです。真鍮でできた美しい箸置きは、「月」・「瞬き」・「結晶」・「閃光」をモチーフにしています。ぜひお気に入りのデザインを食卓に加えてみませんか?

お茶を味わうために欠かせない『湯呑・急須』

【suetukuri 岩崎 晴彦 粉引線紋カップ】

お茶の味を引き立てる湯呑は、和定食に欠かせない名脇役です。こちらの「粉引線紋カップ」は、やわらかな粉引の白と、1本1本丁寧に描かれた茶色の線紋が印象的。どっしりと安定感のある佇まいと、土のぬくもりを感じる素朴な風合いも特徴です。

出典:

お茶の味を引き立てる湯呑は、和定食に欠かせない名脇役です。こちらの「粉引線紋カップ」は、やわらかな粉引の白と、1本1本丁寧に描かれた茶色の線紋が印象的。どっしりと安定感のある佇まいと、土のぬくもりを感じる素朴な風合いも特徴です。

約200㎖(九分目まで)入る程よい大きさの湯吞は、コーヒーや紅茶など、マルチに活用できるフリーカップとしてもおすすめです。手にしっくりと収まる形状で扱いやすく、シンプルなデザインは和・洋様々なテイストの食器と似合います。

出典:

約200㎖(九分目まで)入る程よい大きさの湯吞は、コーヒーや紅茶など、マルチに活用できるフリーカップとしてもおすすめです。手にしっくりと収まる形状で扱いやすく、シンプルなデザインは和・洋様々なテイストの食器と似合います。

【東屋 丸急須 横手】

急須の産地として名高い愛知県常滑市で生産された『東屋』の丸急須は、ころんと丸みのある愛らしいフォルムが印象的です。無釉仕上げでお茶となじみやすく、茶渋が目立ちにくのも特徴です。

出典:

急須の産地として名高い愛知県常滑市で生産された『東屋』の丸急須は、ころんと丸みのある愛らしいフォルムが印象的です。無釉仕上げでお茶となじみやすく、茶渋が目立ちにくのも特徴です。

手にすっぽり収まる持ちやすいサイズと、シンプルで上品なデザインも魅力。薄く平たい陶板に細かな穴を開けた茶こし部分は、目詰まりしにくい特殊な製法で作られています。美しさと実用性を兼ね備えた東屋の急須で、美味しいお茶をじっくりと味わってみませんか?

出典:

手にすっぽり収まる持ちやすいサイズと、シンプルで上品なデザインも魅力。薄く平たい陶板に細かな穴を開けた茶こし部分は、目詰まりしにくい特殊な製法で作られています。美しさと実用性を兼ね備えた東屋の急須で、美味しいお茶をじっくりと味わってみませんか?

おしゃれな『木製トレイ』でワンランク上の和定食膳に

【四十沢木材工芸 輪花盆】

和食と合わせやすいおしゃれな「木製トレイ」は、料理を引き立て、食卓をおしゃれに演出してくれます。こちらは漆器の生産地として名高い輪島の木地屋、『四十沢木材工芸』の輪花盆。一尺サイズの輪花盆は飯椀・汁椀・銘々皿・小鉢など、一人分の食事がちょうど収まる大きさです。

出典:

和食と合わせやすいおしゃれな「木製トレイ」は、料理を引き立て、食卓をおしゃれに演出してくれます。こちらは漆器の生産地として名高い輪島の木地屋、『四十沢木材工芸』の輪花盆。一尺サイズの輪花盆は飯椀・汁椀・銘々皿・小鉢など、一人分の食事がちょうど収まる大きさです。

硬く丈夫な欅材でできており、木目は材料を切り取る部分によって表情が違い、個性的であるのが特徴です。花の形を模した愛らしい形状と、天然素材がもつ優しい手触りも魅力です。和食のほかにもティータイムや晩酌など、様々なシーンで活躍してくれそうです。

出典:

硬く丈夫な欅材でできており、木目は材料を切り取る部分によって表情が違い、個性的であるのが特徴です。花の形を模した愛らしい形状と、天然素材がもつ優しい手触りも魅力です。和食のほかにもティータイムや晩酌など、様々なシーンで活躍してくれそうです。

いかがでしたか?

料理の味や香り、盛り付けを引き立てる食器は、和食を楽しむための大切な要素のひとつ。
お茶碗や小鉢、豆皿やお箸など。
お気に入りの和食器やカトラリーは、毎日の食事の時間をさらに楽しいものに変えてくれます。
素敵な『和定食セット』を揃えて、いつもの食卓をおしゃれに演出してみませんか?

出典:

料理の味や香り、盛り付けを引き立てる食器は、和食を楽しむための大切な要素のひとつ。
お茶碗や小鉢、豆皿やお箸など。
お気に入りの和食器やカトラリーは、毎日の食事の時間をさらに楽しいものに変えてくれます。
素敵な『和定食セット』を揃えて、いつもの食卓をおしゃれに演出してみませんか?

※画像のご協力ありがとうございました!

関連する情報

キナリノアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play