どんな料理も映える“まっさら×シンプル”な美。『白いプレート』で心洗われる食卓を

どんな料理も映える“まっさら×シンプル”な美。『白いプレート』で心洗われる食卓を

色鮮やかで、装飾のあるお皿も素敵ですが、今回は〔白〕が魅せるお皿にクローズアップ。最も清潔感を与える色で、洗練された印象を演出する優秀カラーです。今回は、長く愛用したくなる「白いプレート」をご紹介します。記事の最後には、「料理を魅せる盛り付けテクニック」付き。シンプルならではの魅力が詰まった「白いプレート」で、色彩や盛り付けが美しい、センス高まる食事を楽しんでくださいね。2018年04月27日作成

カテゴリ:
生活雑貨
キーワード:
食器
プレート
陶磁器
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
175

まるでレストラン。『白いプレート』で、洗練された食卓を

真っ白い服、ベッドにピシッと敷かれた白シーツなど…“まっさらな白”が美しいものは、清潔感があって、気持ちいいですよね。
「白いお皿」も、また同様♪白の清らかさが感じられるうえ、うつわにのせる料理の色みがぐっと引き立ちますよ。
出典:www.instagram.com(@fullangle.labo)

真っ白い服、ベッドにピシッと敷かれた白シーツなど…“まっさらな白”が美しいものは、清潔感があって、気持ちいいですよね。
「白いお皿」も、また同様♪白の清らかさが感じられるうえ、うつわにのせる料理の色みがぐっと引き立ちますよ。

今回は、そのように、いつもの料理をレストラン仕様に見せてくれる白いプレートをご紹介します。サラダはもちろん、グリルや煮込み、炒め料理も万能で、洗練された印象を演出してくれますよ◎

記事の最後には、「盛り付けテクニック」付き。あわせて参考にしてみてくださいね。
出典:

今回は、そのように、いつもの料理をレストラン仕様に見せてくれる白いプレートをご紹介します。サラダはもちろん、グリルや煮込み、炒め料理も万能で、洗練された印象を演出してくれますよ◎

記事の最後には、「盛り付けテクニック」付き。あわせて参考にしてみてくださいね。

【色あせない不朽の名作】イッタラ「ティーマ」シリーズ

イッタラ(iittala)は、1881年にガラス吹き職⼈、ピーター・マグナスによって創業された、フィンランドを代表するテーブルウェアブランドです。芸術的なガラス⾷器のほか、現在では⽇常使いしやすい陶磁器等の製品も⼿がけています。
出典:

イッタラ(iittala)は、1881年にガラス吹き職⼈、ピーター・マグナスによって創業された、フィンランドを代表するテーブルウェアブランドです。芸術的なガラス⾷器のほか、現在では⽇常使いしやすい陶磁器等の製品も⼿がけています。

ご紹介するのは、イッタラから1952年に登場した、陶磁器のプレートシリーズ「ティーマ(TEEMA)」。フィンランドのデザイナー、カイ・フランクにより、「⽇常で使い⼼地の良い、シンプルでベーシックな器」としてデザインされました。
出典:

ご紹介するのは、イッタラから1952年に登場した、陶磁器のプレートシリーズ「ティーマ(TEEMA)」。フィンランドのデザイナー、カイ・フランクにより、「⽇常で使い⼼地の良い、シンプルでベーシックな器」としてデザインされました。

シンプルな機能美を感じさせるフォルム。半世紀以上の時を経た今も、色あせない魅力を放っています。
出典:

シンプルな機能美を感じさせるフォルム。半世紀以上の時を経た今も、色あせない魅力を放っています。

【次代を担う有田焼】1616/arita japan「TY Standard」シリーズ

従来の有田焼のイメージを刷新。磁器本来の白さと、シンプル&モダンなデザインを追求して生まれたのが、有田焼ブランド「1616/arita japan(イチロクイチロク アリタジャパン)」。
今回は空間デザイナー、柳原照弘氏がプロデュースした「TY Standard」シリーズをご紹介します。お皿のようで、トレイのようで…。真上から見ても、とてもスタイリッシュです。
出典:

従来の有田焼のイメージを刷新。磁器本来の白さと、シンプル&モダンなデザインを追求して生まれたのが、有田焼ブランド「1616/arita japan(イチロクイチロク アリタジャパン)」。
今回は空間デザイナー、柳原照弘氏がプロデュースした「TY Standard」シリーズをご紹介します。お皿のようで、トレイのようで…。真上から見ても、とてもスタイリッシュです。

ラウンドプレートは、一番大きなサイズで28cm!とっても幅が広くて、真っ白なキャンバスのようです。盛り付けをアレンジしたワンプレートご飯を楽しめますね。
大きなパンケーキも、切り分けたときに皿からこぼれる心配なし。
出典:

ラウンドプレートは、一番大きなサイズで28cm!とっても幅が広くて、真っ白なキャンバスのようです。盛り付けをアレンジしたワンプレートご飯を楽しめますね。
大きなパンケーキも、切り分けたときに皿からこぼれる心配なし。

スクエアプレートも展開。あえて大きめのお皿に、少なめに料理を盛り付けることで、余白の美しさが引き立ちますね。
ラウンド型より、スクエア型のほうが、やや省スペースでお皿を並べられそうです。きちんと整列させることができ、見た目も気持ちがいいですね。
出典:

スクエアプレートも展開。あえて大きめのお皿に、少なめに料理を盛り付けることで、余白の美しさが引き立ちますね。
ラウンド型より、スクエア型のほうが、やや省スペースでお皿を並べられそうです。きちんと整列させることができ、見た目も気持ちがいいですね。

【伊発の業務用ライン】サタルニア「チボリ」シリーズ

1960年代創業、イタリアではお馴染みの磁器メーカー「サタルニア」。日本のイタリア料理店でもよく使用されていますよ。ちょっとぽってりとした厚みがあって、丈夫で長持ち。持ちやすくて、手になじみやすいのも愛されるポイントです。
出典:

1960年代創業、イタリアではお馴染みの磁器メーカー「サタルニア」。日本のイタリア料理店でもよく使用されていますよ。ちょっとぽってりとした厚みがあって、丈夫で長持ち。持ちやすくて、手になじみやすいのも愛されるポイントです。

日本的ではないけれど、どこか懐かしい。外国の食堂で出された料理のような、親しみを感じますね。このように、黒のクロスの上にお皿を置くと、またコントラストが際立って素敵です。
出典:

日本的ではないけれど、どこか懐かしい。外国の食堂で出された料理のような、親しみを感じますね。このように、黒のクロスの上にお皿を置くと、またコントラストが際立って素敵です。

「チボリ」シリーズは、メインからデザートまでの用途にあわせて、サイズも幅広くラインナップしています。どれも愛らしい、ぽってりとした厚みがいきたフォルム。お気に入りの1枚を見つけてみてくださいね。
出典:

「チボリ」シリーズは、メインからデザートまでの用途にあわせて、サイズも幅広くラインナップしています。どれも愛らしい、ぽってりとした厚みがいきたフォルム。お気に入りの1枚を見つけてみてくださいね。

【さりげない金の縁取りが上品】ルザーン「グロッシー」シリーズ

ルザーン(Luzerne)は、五ツ星ホテルのシェフ達も認めるシンガポールの食器ブランド。
今回はプレートのふちにゴールド・プラチナのいずれかをあしらった「グロッシー」シリーズをご紹介します。プレートは真っ白というよりも、やや乳白色で、女性らしい印象です。
こちらはゴールドをあしらったタイプ。細いラインでひかれているので、主張しすぎずませんね。
出典:

ルザーン(Luzerne)は、五ツ星ホテルのシェフ達も認めるシンガポールの食器ブランド。
今回はプレートのふちにゴールド・プラチナのいずれかをあしらった「グロッシー」シリーズをご紹介します。プレートは真っ白というよりも、やや乳白色で、女性らしい印象です。
こちらはゴールドをあしらったタイプ。細いラインでひかれているので、主張しすぎずませんね。

このように、フレンチとも相性ぴったり。リムの幅が広めなので、少しの料理でも、美しく仕上げやすいですよ。
出典:www.instagram.com(@fullangle.labo)

このように、フレンチとも相性ぴったり。リムの幅が広めなので、少しの料理でも、美しく仕上げやすいですよ。

こちらは、プラチナがあしらわれたタイプ。ゴールドとはまた違った、凛とした魅力を放ちますね。
出典:

こちらは、プラチナがあしらわれたタイプ。ゴールドとはまた違った、凛とした魅力を放ちますね。

【 Fクラスご用達】マーク・ニューソン「サービング」シリーズ

オーストラリア出⾝の世界的デザイナー、マーク・ニューソンの「サービング」シリーズです。
実はこちら、カンタス航空のビジネスクラス、ファーストクラス専用の食器シリーズとしてデザインされたもの。
出典:

オーストラリア出⾝の世界的デザイナー、マーク・ニューソンの「サービング」シリーズです。
実はこちら、カンタス航空のビジネスクラス、ファーストクラス専用の食器シリーズとしてデザインされたもの。

マーク・ニューソンは、カンタス航空のファーストクラスの内装デザインを担当しており、それに伴い、本シリーズは誕生しました。2017年12⽉からさらなる軽量化を測るため、愛知県の陶磁器メーカー・ノリタケが製造元に。上質なボーンチャイナを使って作られています。
出典:

マーク・ニューソンは、カンタス航空のファーストクラスの内装デザインを担当しており、それに伴い、本シリーズは誕生しました。2017年12⽉からさらなる軽量化を測るため、愛知県の陶磁器メーカー・ノリタケが製造元に。上質なボーンチャイナを使って作られています。

品格ある佇まいは、ファーストクラスで愛用されているのも納得。ゆるやかでバランスが整った、美しいフォルムに魅了されます。
出典:

品格ある佇まいは、ファーストクラスで愛用されているのも納得。ゆるやかでバランスが整った、美しいフォルムに魅了されます。

【お役立ちコラム】料理を美しく見せる盛り付けテクニック

使ってみたい、白いプレートは見つかりましたか?
ここからは、ぜひ料理が美味しそうに見える、お皿の盛り付け方をご紹介します。“白”に限定したテクニックではありませんので、気軽に取り入れてみてくださいね。
もちろん白い器を用いれば、もっと料理が映えること請け合いです♪

色々な料理をバランスよく配置する「散らし盛り」

料理を一箇所に固めるのではなく、器全体の余白を生かして離して盛る方法です。

こちらではあえて非対称に盛ることで、日本庭園のような一皿に。“主役の一品”を決めて配置すると、全体の印象がぐっと引き締まりますよ♪
出典:

料理を一箇所に固めるのではなく、器全体の余白を生かして離して盛る方法です。

こちらではあえて非対称に盛ることで、日本庭園のような一皿に。“主役の一品”を決めて配置すると、全体の印象がぐっと引き締まりますよ♪

あえて余白をつくり、その部分を、ソースやつまものなどで彩るのもおすすめです。芸術的な一皿に仕上がります。
出典:

あえて余白をつくり、その部分を、ソースやつまものなどで彩るのもおすすめです。芸術的な一皿に仕上がります。

深めのお皿にはこんもりと「山盛り」に!

深皿やボウル等に盛るときは、器平面に広げて盛るのではなく、お皿の真ん中に“山”のように盛ると、きれいに見えます。食卓に並べる際は、色の良い野菜を手前にすると、きれいですよ。
出典:

深皿やボウル等に盛るときは、器平面に広げて盛るのではなく、お皿の真ん中に“山”のように盛ると、きれいに見えます。食卓に並べる際は、色の良い野菜を手前にすると、きれいですよ。

また、この「山盛り」テクニックは、パスタにもオススメ♪お皿の中心に高く盛りつけることで、とても豪華に見せてくれます。深めのお皿で「山盛り」すれば、ソースが絡みやすくなります。
出典:

また、この「山盛り」テクニックは、パスタにもオススメ♪お皿の中心に高く盛りつけることで、とても豪華に見せてくれます。深めのお皿で「山盛り」すれば、ソースが絡みやすくなります。

カットステーキは「立てて並べて」みて♪

ジューシーでピンクの断面が美味しそうなカットステーキは、あえて断面を見せるように「立てて並べる」とバランスよく、きれいに見える盛り付けに。お刺身や卵焼きなどでも応用できますよ。
出典:

ジューシーでピンクの断面が美味しそうなカットステーキは、あえて断面を見せるように「立てて並べる」とバランスよく、きれいに見える盛り付けに。お刺身や卵焼きなどでも応用できますよ。

お気に入りの白い器を探してみましょう♪

まっさらでシンプルな形の、優秀な「白いお皿」。お気に入りの一皿はは見つかりましたか?
「白いお皿」にはシンプルな魅力が詰まっているからこそ、料理の素材も、素材本来の魅力を、ぐっと美しく見せてくれるのではないでしょうか。器を選ぶ時間から盛り付けまで、「白いお皿」のある食卓を満喫してくださいね♪
出典:

まっさらでシンプルな形の、優秀な「白いお皿」。お気に入りの一皿はは見つかりましたか?
「白いお皿」にはシンプルな魅力が詰まっているからこそ、料理の素材も、素材本来の魅力を、ぐっと美しく見せてくれるのではないでしょうか。器を選ぶ時間から盛り付けまで、「白いお皿」のある食卓を満喫してくださいね♪

関連する情報

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play