日本の道具はよいことたくさん。「竹かご・竹ざる」を私たちのキッチンに

日本の道具はよいことたくさん。「竹かご・竹ざる」を私たちのキッチンに

昔から私たちの暮らしを支えてきた「竹かご・竹ざる」。収納、水切り、持ち運びといった機能性に加え、手仕事ならではの美しさも備わっています。また大切に扱うほどに味わいが増し、一生使えるのも大きな魅力です。こんな風に日本の道具には、便利さ以上の価値がいっぱい。現代のキッチンでも、様々なシーンで心地よく活躍してくれます。 2017年05月28日作成

カテゴリ:
生活雑貨
キーワード:
キッチンツール
調理器具
竹ざる
伝統工芸
竹かご
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
290
「竹かご・竹ざる」は、実用性だけでなく、美しさも兼ね備える日本の道具。大切に使えば一生モノと言われ、古くから暮らしに欠かせない存在です。今回はあらためて、その魅力についてご紹介します。
出典:

「竹かご・竹ざる」は、実用性だけでなく、美しさも兼ね備える日本の道具。大切に使えば一生モノと言われ、古くから暮らしに欠かせない存在です。今回はあらためて、その魅力についてご紹介します。

竹かご・竹ざるのススメ

暮らしに寄り添う便利な道具

竹かごや竹ざるの用途は実に多彩です。浅いタイプのものなら、野菜洗い、水切り、米研ぎといったキッチンツールとして使えるほか、料理を盛り付けたり運んだりといったプレートの役割も果たします。
出典:

竹かごや竹ざるの用途は実に多彩です。浅いタイプのものなら、野菜洗い、水切り、米研ぎといったキッチンツールとして使えるほか、料理を盛り付けたり運んだりといったプレートの役割も果たします。

深さのあるものは、椀かご、野菜・果物かごにしたり、カトラリーやリネン類の収納場所にしたり。また取っ手が付いていれば、持ち運びだってラクラク。いくつあっても邪魔になることはありません。
出典:

深さのあるものは、椀かご、野菜・果物かごにしたり、カトラリーやリネン類の収納場所にしたり。また取っ手が付いていれば、持ち運びだってラクラク。いくつあっても邪魔になることはありません。

民芸品としての美しさ

日本の竹製品は、昔ながらの手仕事で作られることがほとんど。繊細かつ丁寧な技術を要し、身近な日用品でありながら、民芸品としての美しさも備わっています。
出典:

日本の竹製品は、昔ながらの手仕事で作られることがほとんど。繊細かつ丁寧な技術を要し、身近な日用品でありながら、民芸品としての美しさも備わっています。

そのためキッチンインテリアとしてとっても優秀です。野菜や果物を無造作に放り込んでも絵になり、使わない時だって空間をモダンに演出できます。
出典:

そのためキッチンインテリアとしてとっても優秀です。野菜や果物を無造作に放り込んでも絵になり、使わない時だって空間をモダンに演出できます。

大切に使えば一生もの

はじめは青みや白みを帯びていますが、時間の経過とともにどんどん変化して飴色に。湿気さえ気をつけて扱えば、10年20年と長持ちします。
出典:

はじめは青みや白みを帯びていますが、時間の経過とともにどんどん変化して飴色に。湿気さえ気をつけて扱えば、10年20年と長持ちします。

丁寧に使い込まれた竹かごや竹ざるは、新品にはない深い味わいが生まれます。モノを大切に使うこと、道具をじっくり育てること、そんな心の豊かさにも通じる道具です。
出典:

丁寧に使い込まれた竹かごや竹ざるは、新品にはない深い味わいが生まれます。モノを大切に使うこと、道具をじっくり育てること、そんな心の豊かさにも通じる道具です。

知っておきたいお手入れ方法

竹かごや竹ざるにとっていちばんの敵は湿気です。使った後は、風通しの良い場所ですぐに乾かしましょう。その際、日なただと乾きすぎて割れてしまうことがあるので、陰干しがおすすめです。
出典:

竹かごや竹ざるにとっていちばんの敵は湿気です。使った後は、風通しの良い場所ですぐに乾かしましょう。その際、日なただと乾きすぎて割れてしまうことがあるので、陰干しがおすすめです。

ちょっとした水気なら、乾いた布などですぐに拭き取ればOK。キッチンのインテリアを兼ねて見せる収納をすれば、乾燥もさせられて一石二鳥ですね。
出典:

ちょっとした水気なら、乾いた布などですぐに拭き取ればOK。キッチンのインテリアを兼ねて見せる収納をすれば、乾燥もさせられて一石二鳥ですね。

実はいろんな素材があるんです

竹は日本中で採れる素材ですが、実は種類がいろいろあり、性質が異なります。それぞれの特徴を知っていれば、アイテム選びがもっと楽しくなりますよ。
出典:

竹は日本中で採れる素材ですが、実は種類がいろいろあり、性質が異なります。それぞれの特徴を知っていれば、アイテム選びがもっと楽しくなりますよ。

真竹 またけ(青竹・白竹)

竹製品でもっともよく利用されている竹です。成長が早く、丈夫で加工しやすいことから、プラスチックやステンレス製品が出てくるまでは、この竹が主流でした。
出典:

竹製品でもっともよく利用されている竹です。成長が早く、丈夫で加工しやすいことから、プラスチックやステンレス製品が出てくるまでは、この竹が主流でした。

根曲竹 ねまがりたけ

青森や長野が産地で、雪の重みに耐えて根が曲がっていることから「根曲」と呼ばれます。竹の中でも非常にたくましく、青森ではりんごの収穫にも使われていたほど、ヘビーデューティーに耐える素材です。
出典:

青森や長野が産地で、雪の重みに耐えて根が曲がっていることから「根曲」と呼ばれます。竹の中でも非常にたくましく、青森ではりんごの収穫にも使われていたほど、ヘビーデューティーに耐える素材です。

鈴竹 すずたけ、篠竹 しのたけ

細くて柔らかな、山野に自生する竹です。しなやかな弾力性があるので繊細な加工ができ、暮らしの道具だけでなく、お出掛け用のかごバッグでもよく使われます。
出典:

細くて柔らかな、山野に自生する竹です。しなやかな弾力性があるので繊細な加工ができ、暮らしの道具だけでなく、お出掛け用のかごバッグでもよく使われます。

竹かご・竹ざるのある素敵なキッチン

器の定位置に

洗ったグラス類はまとめて竹かごへ。実用的でありながら、涼やかで清潔感にあふれたインテリアにもなっています。
出典:

洗ったグラス類はまとめて竹かごへ。実用的でありながら、涼やかで清潔感にあふれたインテリアにもなっています。

こまごまとした豆皿の収納に。かごごとまとめて出して、今日はどれを使おうかな?なんて選ぶのも楽しい。
出典:

こまごまとした豆皿の収納に。かごごとまとめて出して、今日はどれを使おうかな?なんて選ぶのも楽しい。

洗う、水を切る

米研ぎでも竹が活躍。優しく洗うことができるので、いつもよりごはんが美味しく炊けそうです。
出典:

米研ぎでも竹が活躍。優しく洗うことができるので、いつもよりごはんが美味しく炊けそうです。

野菜を洗う光景も、竹ざるを使えば風情たっぷり。自家菜園をされている方なら、収穫から洗いまでが竹かごひとつで完了です。
出典:

野菜を洗う光景も、竹ざるを使えば風情たっぷり。自家菜園をされている方なら、収穫から洗いまでが竹かごひとつで完了です。

器として

竹ざるにおにぎりを盛れば、ちょっと特別な雰囲気に。食卓のマンネリ防止に役立ちます。
出典:

竹ざるにおにぎりを盛れば、ちょっと特別な雰囲気に。食卓のマンネリ防止に役立ちます。

来客があった時は、竹ざるをお盆の代わりに使っておもてなし。大きなものならワンプレートごはんでも重宝します。
出典: www.instagram.com(@n_kondo)

来客があった時は、竹ざるをお盆の代わりに使っておもてなし。大きなものならワンプレートごはんでも重宝します。

おしゃれなインテリア

何でもないリンゴも、竹かごに入れればおしゃれ感アップ。収納を兼ねたインテリアとして楽しめます。
出典:

何でもないリンゴも、竹かごに入れればおしゃれ感アップ。収納を兼ねたインテリアとして楽しめます。

市場かごに季節のお花を生けて。空間がパッと明るくなり、キッチンに立つのが嬉しくなりそう。
出典:

市場かごに季節のお花を生けて。空間がパッと明るくなり、キッチンに立つのが嬉しくなりそう。

最後に。

いかがでしたか?
古き良き日本の道具である「竹かご・竹ざる」。身近な道具ですが、あらためて見ると本当に便利なアイテムだと気付かされます。すでに使っている方でも、サイズや形違いで少しずつ買い足す方が多いんですよ。ぜひ記事を参考に、皆さんのキッチンにも取り入れてみてください♪
出典:

いかがでしたか?
古き良き日本の道具である「竹かご・竹ざる」。身近な道具ですが、あらためて見ると本当に便利なアイテムだと気付かされます。すでに使っている方でも、サイズや形違いで少しずつ買い足す方が多いんですよ。ぜひ記事を参考に、皆さんのキッチンにも取り入れてみてください♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play