地味見え回避!「定番黒アイテム」真冬のコーデ術

地味見え回避!「定番黒アイテム」真冬のコーデ術

「シックで大人っぽい」「メリハリが効く」「シャープに引き締められる」など、何かと頼りになる黒。しかし「地味に見える」「重たくなりやすい」など、とりわけ真冬のコーディネートではテクニックが必要で、苦手意識を持っている人も多いようです。そこで今回は、黒をおしゃれに取り入れるコツやテクニックを、ファッショニスタのおしゃれスナップと一緒にお届け。さらに黒コーデに似合うヘアスタイルやアレンジ、メイクもご紹介するので、最後までぜひチェックしてみてください!2021年12月14日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
コーディネートカラーブラックコーデ冬コーデ定番アイテム
お気に入り数231

定番「黒アイテム」別・着こなし術

真冬のコーディネートに欠かせない、5つのアイテムをピックアップ。お手本コーデとともに、地味見え回避術をお届けします!

1.タートルネックのニット|冬のスタメン!

オンオフ問わず頼れる、黒のタートルネックニット。プチプラでも手に入り、小顔効果も期待できるお役立ちアイテムです。さらにリブなら縦ラインを強調でき、スタイルアップもアシスト!

差し色に鮮やかなグリーン

黒の上下は重たい印象。しかし鮮やかなグリーンを差し色にすることで、エレガントかつクリーンな着こなしへアップデートが可能です。バッグのほか、シューズやソックスでも代替OK!
出典:

黒の上下は重たい印象。しかし鮮やかなグリーンを差し色にすることで、エレガントかつクリーンな着こなしへアップデートが可能です。バッグのほか、シューズやソックスでも代替OK!

アニマル柄でコーデに程よいスパイスを

黒のタートルネック×キュロットで作った、エフォートレスな佇まい。そこへゼブラ柄のポシェットを投入すると、程よいスパイスが加わって、遊び心のある大人のカジュアルコーデが完成します。
出典:

黒のタートルネック×キュロットで作った、エフォートレスな佇まい。そこへゼブラ柄のポシェットを投入すると、程よいスパイスが加わって、遊び心のある大人のカジュアルコーデが完成します。

インナー使いも得意

黒のタートルネックは1枚でさらっと着こなすのはもちろん、インナー使いも得意です。辛子色のクラシックなワンピースとも相性抜群♪広がりを抑えたIラインシルエットが、上品な着こなしをアシストします。
出典:

黒のタートルネックは1枚でさらっと着こなすのはもちろん、インナー使いも得意です。辛子色のクラシックなワンピースとも相性抜群♪広がりを抑えたIラインシルエットが、上品な着こなしをアシストします。

ゆるいシルエットを引き締める

コートもパンツもオーバーサイズで着崩した、トレンドの着こなし。ゆるっとしたシルエットもメリハリが効く黒のタートルネックを採用すれば、だらしない印象になりません。パールのネックレスで華やぎをプラスするのも◎。
出典:

コートもパンツもオーバーサイズで着崩した、トレンドの着こなし。ゆるっとしたシルエットもメリハリが効く黒のタートルネックを採用すれば、だらしない印象になりません。パールのネックレスで華やぎをプラスするのも◎。

2.スカート|カジュアルもキュートも思いのまま

黒のスカートはシルエットや柄、デザイン次第でカジュアルもキュートも思いのまま。逆にシンプルで正統派な1枚の方がごまかしが効かずハードルは高めなので、初心者さんは柄からトライするのがおすすめです。

ドットでプレイフルな遊び心をプラス

通称ポップコーンニットと呼ばれるポンポン装飾がかわいい1着の相棒に、ドットのスカートを選択。甘い上下もモノトーン配色なら、大人ガーリーな着こなしを楽しめます。
出典:

通称ポップコーンニットと呼ばれるポンポン装飾がかわいい1着の相棒に、ドットのスカートを選択。甘い上下もモノトーン配色なら、大人ガーリーな着こなしを楽しめます。

プリーツスカートでリズムよく

端正なシャツはプレーンな黒のスカートを選んでしまうと、のっぺりした印象に。そこで活躍するのが、リズムを加えられるプリーツスカートです。縦ラインを強調できるので、スタイルアップも望めます。
出典:

端正なシャツはプレーンな黒のスカートを選んでしまうと、のっぺりした印象に。そこで活躍するのが、リズムを加えられるプリーツスカートです。縦ラインを強調できるので、スタイルアップも望めます。

プレーンな黒のスカートはとことん外す

プレーンな黒のスカートはミリタリージャケットでメンズライクに誘導したり、甘いピンクを差し色にしたりなど、とことん外した方がおしゃれに着用できます。外すことで抜け感も与えられ、黒の重厚感が減る嬉しい効果も。
出典:

プレーンな黒のスカートはミリタリージャケットでメンズライクに誘導したり、甘いピンクを差し色にしたりなど、とことん外した方がおしゃれに着用できます。外すことで抜け感も与えられ、黒の重厚感が減る嬉しい効果も。

カジュアルなのに女っぽいを実現

スウェット×黒のタイトスカートで作った、大人のリラックスカジュアル。正統派のタイトスカートはスウェットやパーカー、ロゴTでカジュアルダウンすることで、日常使いがしやすくなります。鮮やかなグリーンのバッグが、黒の重たさ軽減に貢献。
出典:

スウェット×黒のタイトスカートで作った、大人のリラックスカジュアル。正統派のタイトスカートはスウェットやパーカー、ロゴTでカジュアルダウンすることで、日常使いがしやすくなります。鮮やかなグリーンのバッグが、黒の重たさ軽減に貢献。

3.パンツ|少量でもメリハリが効く

黒のパンツは汎用性の高さも魅力。ニット×パンツで気楽なワンツーを楽しむのはもちろん、ワンピースからチラッと覗かせるだけでメリハリが効きます。甘いトップスをシャープに引き締め、バランスを整えたいときも◎。

8:2の配分がちょうどいい

黒のパンツをワンピースからチラッと覗かせるときは、8:2の配分を意識。クリーンな白ややさしいグレーの面積を多くすることで、爽やかかつ清潔感のあるルックスに仕上げられます。
出典:www.instagram.com(@___nk1029)

黒のパンツをワンピースからチラッと覗かせるときは、8:2の配分を意識。クリーンな白ややさしいグレーの面積を多くすることで、爽やかかつ清潔感のあるルックスに仕上げられます。

起毛感のある1枚でシーズンムードを高める

ボトムに選んだのは、リネンウールツイル起毛パンツ。秋冬らしいほっこり素材が、シーズンムードを高めます。カジュアルになりすぎないよう、端正な白シャツで緊張感をプラス。
出典:

ボトムに選んだのは、リネンウールツイル起毛パンツ。秋冬らしいほっこり素材が、シーズンムードを高めます。カジュアルになりすぎないよう、端正な白シャツで緊張感をプラス。

フリルがさりげないアクセントに好転

単品で見るとかわいいに寄りすぎてしまうフリルブラウスも、黒のパンツと一緒ならさりげないアクセントと遊び心に好転します。足元は白ソックスとローファーで、レトロに誘導するのがおすすめです。
出典:

単品で見るとかわいいに寄りすぎてしまうフリルブラウスも、黒のパンツと一緒ならさりげないアクセントと遊び心に好転します。足元は白ソックスとローファーで、レトロに誘導するのがおすすめです。

優しい冷感で爽やかに誘導

黒の面積が多いとどうしてもバランスを取りにくいのが難点。そんなときは爽やかなブルーを味方につけましょう。やさしい冷感を加えることで黒もクールダウンでき、ニットのほっこり感も程よく抑えられます。
出典:

黒の面積が多いとどうしてもバランスを取りにくいのが難点。そんなときは爽やかなブルーを味方につけましょう。やさしい冷感を加えることで黒もクールダウンでき、ニットのほっこり感も程よく抑えられます。

4.シャツ&ブラウス|さりげない緊張感をON

ゆるっとしたシルエットでも、さりげない緊張感を与えられる黒のシャツ&ブラウス。フリルやリボン、プリーツなど甘いディテールや装飾も、大人っぽく着用できます。

透け感があれば重くならない

透け感のあるブラウスなら、爽やかかつクリーンな印象に。マイルドなベージュのパンツを合わせて黒の迫力を抑制すると、バランスよく着用できます。
出典:

透け感のあるブラウスなら、爽やかかつクリーンな印象に。マイルドなベージュのパンツを合わせて黒の迫力を抑制すると、バランスよく着用できます。

端正なシャツをもこもこのベストで外す

正統派の黒シャツを、ジョガー風のパンツともこもこのベストでカジュアルダウン。着崩すことで抜け感が生まれ、緊張感も緩みます。巾着型のバッグを合わせて、今っぽい着こなしへとアップデート!
出典:

正統派の黒シャツを、ジョガー風のパンツともこもこのベストでカジュアルダウン。着崩すことで抜け感が生まれ、緊張感も緩みます。巾着型のバッグを合わせて、今っぽい着こなしへとアップデート!

シンプルなのにおしゃれ

シンプルだけど様になる、シャツ×テーパードパンツのコンビ。それぞれ素材とシルエットにこだわった1枚だから、あれこれ考えずともミニマルなおしゃれが手に入ります。
出典:

シンプルだけど様になる、シャツ×テーパードパンツのコンビ。それぞれ素材とシルエットにこだわった1枚だから、あれこれ考えずともミニマルなおしゃれが手に入ります。

ビッグカラーが今っぽい!

フリルブラウスに、ジャンスカをレイヤード。流行りのビッグカラーが、今っぽい着こなしへと導きます。モノトーンに落とし込むことで、甘さがぼやけ大人っぽい着こなしに着地。
出典:

フリルブラウスに、ジャンスカをレイヤード。流行りのビッグカラーが、今っぽい着こなしへと導きます。モノトーンに落とし込むことで、甘さがぼやけ大人っぽい着こなしに着地。

5.ニットベスト|ニュアンスチェンジに

手持ちのアイテムに変化球を加えられる、黒のニットベストもチェックして!シャツやブラウスとのレイヤードはもちろん、ワンピースとも相性抜群!ユニークな1枚で、さりげない個性をアピールするもよし!

コントラストをつけすぎない

ヴィンテージライクなワンピースに、黒のニットベストをレイヤード。テイストの異なるアイテムを組み合わせるときは、コントラストをつけすぎないように意識するとうまくなじみます。
出典:

ヴィンテージライクなワンピースに、黒のニットベストをレイヤード。テイストの異なるアイテムを組み合わせるときは、コントラストをつけすぎないように意識するとうまくなじみます。

ふわっとしたシルエットを抑制

ストライプシャツ×デニムの気楽な上下をシャープに引き締めるべく、黒のニットベストをレイヤード。バケハを被れば、定番3点セットも今っぽい着こなしへ昇華できます。
出典:

ストライプシャツ×デニムの気楽な上下をシャープに引き締めるべく、黒のニットベストをレイヤード。バケハを被れば、定番3点セットも今っぽい着こなしへ昇華できます。

脚長効果の期待大

白シャツに黒のニットベストをレイヤード。ショート丈は腰の位置が高く見えるので、脚長効果を望めます。カーキのパンツで知的なルックスへ誘導するのもgood!
出典:

白シャツに黒のニットベストをレイヤード。ショート丈は腰の位置が高く見えるので、脚長効果を望めます。カーキのパンツで知的なルックスへ誘導するのもgood!

定番の上下に変化球

メロウフリルのニットに、フレアスカートを合わせたフェミニンな着こなし。そこへキャッチーなベストを投入すると、カジュアルコーデの鮮度が上昇します。足元はスニーカーでメンズライクに寄せるのもあり。
出典:

メロウフリルのニットに、フレアスカートを合わせたフェミニンな着こなし。そこへキャッチーなベストを投入すると、カジュアルコーデの鮮度が上昇します。足元はスニーカーでメンズライクに寄せるのもあり。

黒コーデに映えるヘアスタイル&メイク集

ナチュラル派におすすめの、黒コーデに映えるヘアスタイルとメイクをpick!先ずはヘアスタイルから。

ヘアスタイル編

定番から個性派まで、黒コーデに似合うヘアスタイルを5つご紹介。同じアイテムでもヘアスタイルが変わるだけで、印象は大きく変化します。

①ニュアンスパーマで親しみやすい雰囲気に

黒の迫力を弱めて、親しみやすい雰囲気を作りたい人はニュアンスパーマがおすすめ。ロブ〜ミディアムレングスだと、愛らしい表情も作れます。
出典:www.instagram.com(@_hitomi_okubo_)

黒の迫力を弱めて、親しみやすい雰囲気を作りたい人はニュアンスパーマがおすすめ。ロブ〜ミディアムレングスだと、愛らしい表情も作れます。

②ハンサムショートで仕事ができる女に!

逆に仕事ができるいい女風を装いたいなら、ハンサムショートがおすすめ。頬で揺れるサイドバングが、ちょっぴりアンニュイな雰囲気を作ります。
出典:www.instagram.com(@norimasasawa)

逆に仕事ができるいい女風を装いたいなら、ハンサムショートがおすすめ。頬で揺れるサイドバングが、ちょっぴりアンニュイな雰囲気を作ります。

③インナーカラーでさりげない個性を主張

インナーカラーは周りと差をつけたい、自分らしい個性を主張したい人に◎。色を場所によっては結べば隠せるので、仕事のドレスコードが厳しい職場でも楽しめますよ。
出典:www.instagram.com(@sleeping0mihoc)

インナーカラーは周りと差をつけたい、自分らしい個性を主張したい人に◎。色を場所によっては結べば隠せるので、仕事のドレスコードが厳しい職場でも楽しめますよ。

④不動の人気!切りっぱなしボブ

黒コーデと切りっぱなしボブの相性は抜群です。シックな黒とかわいい切りっぱなしボブは相殺できるので、結果バランスのよいルックスに!
出典:www.instagram.com(@er__c29)

黒コーデと切りっぱなしボブの相性は抜群です。シックな黒とかわいい切りっぱなしボブは相殺できるので、結果バランスのよいルックスに!

⑤ロングでも重たくならない

黒コーデとロングは重たくなるから、避けている人も多いはず。しかしヘアアレンジで顔まわりをすっきりさせたり、パーマをかけて動きを出したりすれば、圧迫感や重たさは感じません♪
出典:www.instagram.com(@_hitomi_okubo_)

黒コーデとロングは重たくなるから、避けている人も多いはず。しかしヘアアレンジで顔まわりをすっきりさせたり、パーマをかけて動きを出したりすれば、圧迫感や重たさは感じません♪

メイク編

続いてメイク編。シックで大人っぽい黒を味方につければ、多少派手でも日常になじみます。むしろ華やかなルックスに好転。

①ゴールドのラメを目元に走らせる

アイホール全体ではなく、目尻や下まぶたにゴールドのラメをちょんとのせて華やぎをプラス。かっこいい黒とラグジュアリーなゴールドは、相性よくマッチします。
出典:www.instagram.com(@kn__yn)

アイホール全体ではなく、目尻や下まぶたにゴールドのラメをちょんとのせて華やぎをプラス。かっこいい黒とラグジュアリーなゴールドは、相性よくマッチします。

②赤リップも似合う

赤リップをさっと塗るだけで、カジュアルな上下もモードなルックスへ変身。ベタ塗りではなく、指でポンポン塗りしてぼかすのが、抜け感を作るコツです。
出典:www.instagram.com(@fumiya.w)

赤リップをさっと塗るだけで、カジュアルな上下もモードなルックスへ変身。ベタ塗りではなく、指でポンポン塗りしてぼかすのが、抜け感を作るコツです。

③ブラウンリップで今っぽく

定番の上下もブラウンリップをつければ、一気に旬のおしゃれ顔に。こっくりブラウンはハードル高めなので、初心者さんは赤みを含んだブラウンからトライしてみて!
出典:www.instagram.com(@aoyagiiii)

定番の上下もブラウンリップをつければ、一気に旬のおしゃれ顔に。こっくりブラウンはハードル高めなので、初心者さんは赤みを含んだブラウンからトライしてみて!

④ピンクが甘く転ばない

コーディネートによっては甘くなって、子供っぽい印象になりやすいピンクも黒コーデならその心配はなし!むしろ地味見えを回避して、女性らしい印象へと導いてくれます。
出典:www.instagram.com(@kn__yn)

コーディネートによっては甘くなって、子供っぽい印象になりやすいピンクも黒コーデならその心配はなし!むしろ地味見えを回避して、女性らしい印象へと導いてくれます。

⑤テラコッタメイクで秋冬の顔にシフト

年中無休で活躍する黒は、メイクでシーズンムードを高めるのもおすすめ。なかでも黒コーデと好相性のテラコッタメイクは一押しです。マスクが手放せない今、囲み目メイクでがっつり色を入れて目力を上げるのもgood。
出典:www.instagram.com(@_hitomi_okubo_)

年中無休で活躍する黒は、メイクでシーズンムードを高めるのもおすすめ。なかでも黒コーデと好相性のテラコッタメイクは一押しです。マスクが手放せない今、囲み目メイクでがっつり色を入れて目力を上げるのもgood。

さりげない緊張感をプラスできる黒を味方に

地味見え回避!「定番黒アイテム」真冬のコーデ術
出典:www.instagram.com(@er__c29)
地味に見えたり、野暮ったくなってしまったりする黒のお悩みは、コーディネートのバランスやヘアスタイル、メイク次第で調節可能です。オールシーズン活躍する黒は、私たちの強い味方。今はプチプラでも素敵なアイテムが手に入るので、本記事を参考に黒コーデの幅を広げてみてください。

Special thanks...

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play