重ねて楽しむ。夏こそステキが際立つ「レイヤードスタイル」

重ねて楽しむ。夏こそステキが際立つ「レイヤードスタイル」

秋冬のイメージがある「レイヤード」ですが、夏だからこそ映えるスタイルがあることをご存知ですか?重ねるアイテムの素材感やカラー、合わせる小物によっても、爽やかな夏らしいエッセンスを加えることができ、より洗練されたコーデを楽しめるようになるんですよ。今回は、シャツやワンピース、サロペットなど、アイテム別に、夏ならではのレイヤードのアイディアをご紹介します。2021年07月19日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
コーディネートレイヤードコーディネート夏コーデワンピースシャツ
お気に入り数496

夏こそ楽しい、ステキが際立つ「レイヤードスタイル」はいかが?

重ねて楽しむ。夏こそステキが際立つ「レイヤードスタイル」
出典:
Tシャツとデニム、ブラウスとスカート。夏のコーデは、シンプルも爽やかで素敵だけれど、レイヤードスタイルが際立つ季節でもあります。また、冷房による冷えや日焼け対策など、夏だからこそ必要な重ね着もありますよね。

そこで今回は、夏らしいレイヤードスタイルのアイディアとポイントをご紹介します。

シャツをジャケット風に羽織って

ジャケット風にゆるく着こなす

通気性のよい麻シャツをジャケット風に羽織ったカジュアルなコーデです。ノーカラーのシャツは、襟付きのものよりもフェミニンでやわらかい印象を与えてくれるため、大人の女性にぴったり。ベージュ×アイボリーの組み合わせはぼんやりしがちなので、インナーのブラウンで優しく引き締めます。
出典:

通気性のよい麻シャツをジャケット風に羽織ったカジュアルなコーデです。ノーカラーのシャツは、襟付きのものよりもフェミニンでやわらかい印象を与えてくれるため、大人の女性にぴったり。ベージュ×アイボリーの組み合わせはぼんやりしがちなので、インナーのブラウンで優しく引き締めます。

スタンドカラーシャツでハンサムに

ハリ感のあるマニッシュなスタンドカラーシャツを羽織った、ハンサムなスタイル。白・黒・グレーのモノトーン配色で、きれいめにまとめつつ、ややルーズなシルエットのパンツと足元のスニーカーでくずして、バランス良く着こなしています。
出典:

ハリ感のあるマニッシュなスタンドカラーシャツを羽織った、ハンサムなスタイル。白・黒・グレーのモノトーン配色で、きれいめにまとめつつ、ややルーズなシルエットのパンツと足元のスニーカーでくずして、バランス良く着こなしています。

シワ加工シャツでほどよくルーズに

大胆なシワ加工が独特な表情を与えてくれる半袖のシャツは、コーデのアクセント使いにおすすめです。ルーズに見えすぎないよう、そのほかのアイテムは白無地のTシャツやきれいめのマニッシュシューズを合わせて、清潔感のある装いに。
出典:

大胆なシワ加工が独特な表情を与えてくれる半袖のシャツは、コーデのアクセント使いにおすすめです。ルーズに見えすぎないよう、そのほかのアイテムは白無地のTシャツやきれいめのマニッシュシューズを合わせて、清潔感のある装いに。

ストライプシャツで爽やかに

はっきりとしたコントラストのストライプシャツは、それ一枚で夏っぽさをオンできる便利なアイテムです。コンパクトなシルエットのトップスは、ボリュームのあるガウチョとの相性◎ デニムもブルー系でまとめて、爽やかに着こなしましょう。
出典:

はっきりとしたコントラストのストライプシャツは、それ一枚で夏っぽさをオンできる便利なアイテムです。コンパクトなシルエットのトップスは、ボリュームのあるガウチョとの相性◎ デニムもブルー系でまとめて、爽やかに着こなしましょう。

チェックシャツでメンズライクに

可愛い印象のチェックシャツも、落ち着いたカラー配色なら大人っぽい雰囲気になります。合わせるパンツは定番のデニムにしてもよいですが、選び方によっては幼くなりがち。ややワイドめのチノパンと合わせれば、かっこいい大人カジュアルな着こなしが生まれます。
出典:

可愛い印象のチェックシャツも、落ち着いたカラー配色なら大人っぽい雰囲気になります。合わせるパンツは定番のデニムにしてもよいですが、選び方によっては幼くなりがち。ややワイドめのチノパンと合わせれば、かっこいい大人カジュアルな着こなしが生まれます。

ワンピースをカーデのように羽織る

鮮やかなワンピースでIラインを強調

発色のよいピンクのロングシャツワンピースは、まさに主役級のアイテム。こちらのコーデでは、ワンピースをあえて前開きにして羽織り、インに落ち着いた色味のカーキTシャツとデニムを合わせています。インとワンピースのコントラストでIラインを意識させることで、全身がスッキリとして見えますね。
出典:

発色のよいピンクのロングシャツワンピースは、まさに主役級のアイテム。こちらのコーデでは、ワンピースをあえて前開きにして羽織り、インに落ち着いた色味のカーキTシャツとデニムを合わせています。インとワンピースのコントラストでIラインを意識させることで、全身がスッキリとして見えますね。

さらりとした素材感を活かして、フェミニンに

個性が光る、美しい総柄のマキシ丈ワンピース。さらりとした素材感やストンと落ちるシルエットを活かして、やわらかな印象のコーデを楽しみましょう。インに着るシャツとパンツは淡い色のワントーンコーデでまとめて、ナチュラルに。縦のラインを強調してスタイルよく着こなすのがポイントです。
出典:

個性が光る、美しい総柄のマキシ丈ワンピース。さらりとした素材感やストンと落ちるシルエットを活かして、やわらかな印象のコーデを楽しみましょう。インに着るシャツとパンツは淡い色のワントーンコーデでまとめて、ナチュラルに。縦のラインを強調してスタイルよく着こなすのがポイントです。

甘めギンガムチェックは、ボーイッシュに

幼いイメージのあるギンガムチェックも、目の細かいものを選べば落ち着いた印象になります。また、胸元のピンタックやギャザーが寄ったウエストの切り替えなどがあるデザインは、そのまま着ると甘さが強め。そこで、黒Tシャツ✕デニムコーデに羽織ることで、モードなエッセンスを加えることができます。
出典:

幼いイメージのあるギンガムチェックも、目の細かいものを選べば落ち着いた印象になります。また、胸元のピンタックやギャザーが寄ったウエストの切り替えなどがあるデザインは、そのまま着ると甘さが強め。そこで、黒Tシャツ✕デニムコーデに羽織ることで、モードなエッセンスを加えることができます。

定番柄ワンピースは、インナーで表情チェンジ

定番のストライプ柄ワンピースはマンネリしそうなイメージがありませんか?でも、中に着るものを変えるだけで、さまざまなコーデを楽しめるアイテムでもあるんですよ。ラフな雰囲気にしたいなら、シンプルな白無地Tシャツにデニムパンツを合わせてみて。ピッチの狭いロールアップ✕ぺたんこのサンダルは、足元を軽やかに見せてくれます。
出典:

定番のストライプ柄ワンピースはマンネリしそうなイメージがありませんか?でも、中に着るものを変えるだけで、さまざまなコーデを楽しめるアイテムでもあるんですよ。ラフな雰囲気にしたいなら、シンプルな白無地Tシャツにデニムパンツを合わせてみて。ピッチの狭いロールアップ✕ぺたんこのサンダルは、足元を軽やかに見せてくれます。

インディゴデニムで、コーデをほどよく引き締める

一枚で着るとのっぺりと見えがちなデニムのロング丈ワンピースも、羽織として取り入れるとこなれた雰囲気になります。インディゴカラーは、淡色コーデの引き締めアイテムとしても優秀です。淡いグレー×白は、甘くフェミニンな印象を与えやすい組み合わせですが、ロゴTシャツやストライプパンツなど、選ぶアイテムによっては辛口に見せてくれますよ。
出典:

一枚で着るとのっぺりと見えがちなデニムのロング丈ワンピースも、羽織として取り入れるとこなれた雰囲気になります。インディゴカラーは、淡色コーデの引き締めアイテムとしても優秀です。淡いグレー×白は、甘くフェミニンな印象を与えやすい組み合わせですが、ロゴTシャツやストライプパンツなど、選ぶアイテムによっては辛口に見せてくれますよ。

ワンピース×パンツで、さりげなくカジュアルに

黒ワンピースには、白を足して軽やかに

ワンピース×パンツのコーデはおしゃれに見えますが、バランスがうまく取れない…なんてこともありますよね。そこでおすすめしたいのが、スリット入りのワンピース。どのようなパンツとも相性が良いので、レイヤード初心者さんにおすすめできる一枚です。深めのスリットから白いパンツをのぞかせれば、黒のロングワンピースも、軽やかに着こなせますよ!
出典:

ワンピース×パンツのコーデはおしゃれに見えますが、バランスがうまく取れない…なんてこともありますよね。そこでおすすめしたいのが、スリット入りのワンピース。どのようなパンツとも相性が良いので、レイヤード初心者さんにおすすめできる一枚です。深めのスリットから白いパンツをのぞかせれば、黒のロングワンピースも、軽やかに着こなせますよ!

甘めワンピースは、デニムではずす

ふんわりとした袖や、胸元に並んだ小さなボタンのディティールが可愛らしいワンピースには、デニムを合わせてカジュアルダウン。可愛すぎない、きれいめスタイルが完成します。ロングワンピース×フルレングスのパンツは重たくなりがちなので、白のサンダルを合わせて軽快に!
出典:

ふんわりとした袖や、胸元に並んだ小さなボタンのディティールが可愛らしいワンピースには、デニムを合わせてカジュアルダウン。可愛すぎない、きれいめスタイルが完成します。ロングワンピース×フルレングスのパンツは重たくなりがちなので、白のサンダルを合わせて軽快に!

シンプルなシャツワンピースは、柄パンツで遊ぶ

ハリ感のあるネイビーのシャツワンピースは、一枚でさらりと着ても素敵ですが、どこか単調に見えてしまうこともありますよね。そこでおすすめしたいのが、柄パンツ。細かい千鳥模様のパンツを合わせると、トラッドな雰囲気をプラスすることができます。足元にはブラウンのサンダルを選べば、やわらかな印象にまとまりますよ。
出典:

ハリ感のあるネイビーのシャツワンピースは、一枚でさらりと着ても素敵ですが、どこか単調に見えてしまうこともありますよね。そこでおすすめしたいのが、柄パンツ。細かい千鳥模様のパンツを合わせると、トラッドな雰囲気をプラスすることができます。足元にはブラウンのサンダルを選べば、やわらかな印象にまとまりますよ。

ナチュラルワンピースは、柄パンツでリラクシングに

リゾート感のあるコットンボイルのワンピースは、リラクシングに着こなしたいところ。パンツはシンプルなレギンスでもOKですが、ラフ感のある総柄パンツを合わせれば、ひと味違ったおしゃれなレイヤードが完成します。足元や小物にもナチュラルなもの、シンプルなものを合わせてみて。
出典:

リゾート感のあるコットンボイルのワンピースは、リラクシングに着こなしたいところ。パンツはシンプルなレギンスでもOKですが、ラフ感のある総柄パンツを合わせれば、ひと味違ったおしゃれなレイヤードが完成します。足元や小物にもナチュラルなもの、シンプルなものを合わせてみて。

ゆったりレイヤードは、手首&足首を出してスッキリと

体のラインを拾わないワイドシルエットのワンピースに、ワイドパンツを組み合わせたレイヤードスタイル。上下共にゆったりしたサイズのものを選ぶと広がったラインに。けれど、五分袖で肘から下の細い部分を見せることで、華奢な印象に。また、パンツもアンクル丈を選ぶことで抜け感を与え、軽やかに見せてくれます。
出典:

体のラインを拾わないワイドシルエットのワンピースに、ワイドパンツを組み合わせたレイヤードスタイル。上下共にゆったりしたサイズのものを選ぶと広がったラインに。けれど、五分袖で肘から下の細い部分を見せることで、華奢な印象に。また、パンツもアンクル丈を選ぶことで抜け感を与え、軽やかに見せてくれます。

サロペットは、スタイリッシュに着こなす

サロペットは、スリーブで抜け感をプラス

リネン素材のサロペットは、履くだけで夏らしいナチュラルコーデを作ってくれる優秀アイテム!洗いざらしの風合いのものやシンプルなデザインのサロペットなら、大人が着ても幼くなりすぎません。インに着るTシャツは、ドルマンスリーブやドロップショルダーを選んで、ゆったりとした抜け感を作って。
出典:

リネン素材のサロペットは、履くだけで夏らしいナチュラルコーデを作ってくれる優秀アイテム!洗いざらしの風合いのものやシンプルなデザインのサロペットなら、大人が着ても幼くなりすぎません。インに着るTシャツは、ドルマンスリーブやドロップショルダーを選んで、ゆったりとした抜け感を作って。

細ストラップ×デザインスリーブで、大人っぽさアップ

サロペットの肩ストラップの幅は、コーデ全体の印象を大きく左右します。細めのものを選んだほうが、大人っぽくこなれた雰囲気をまとうことができますよ。中に着るシャツは、やっぱり袖にアクセントのあるものがおすすめ。デザインスリーブが映えて、シンプル過ぎないおしゃれなコーデが楽しめます♪
出典:

サロペットの肩ストラップの幅は、コーデ全体の印象を大きく左右します。細めのものを選んだほうが、大人っぽくこなれた雰囲気をまとうことができますよ。中に着るシャツは、やっぱり袖にアクセントのあるものがおすすめ。デザインスリーブが映えて、シンプル過ぎないおしゃれなコーデが楽しめます♪

モノトーンコーデで、スタイリッシュに

黒のサロペットは、スタイリッシュな印象を与えてくれる一枚。マリンコーデの定番ともいえるボーダー柄をインに着れば、夏らしさと大人っぽさを手軽にプラスできます。寂しくなりがちなモノトーンコーデですが、色物のカーディガンを肩にさっとひと巻きすれば、素敵なアクセントに!好きな色を選んで、自分らしさを表現してみて。
出典:

黒のサロペットは、スタイリッシュな印象を与えてくれる一枚。マリンコーデの定番ともいえるボーダー柄をインに着れば、夏らしさと大人っぽさを手軽にプラスできます。寂しくなりがちなモノトーンコーデですが、色物のカーディガンを肩にさっとひと巻きすれば、素敵なアクセントに!好きな色を選んで、自分らしさを表現してみて。

ギャザーサロペットは、タンクトップを合わせてスッキリ

ワントーンコーデでシンプルに

リラックスムードの高いギャザー入りのサロペットも、大人向けのカジュアルアイテム。ゆったりとしたシルエットが大人のこなれ感を演出します。細い肩ストラップのサロペットは、インナーの見える分量が多くなるので、中に着るもので印象を大きく変えられますよ。タイトなタンクトップで作るワントーンコーデなら、シンプルな組み合わせでも手抜きに見えなくて◎
出典:

リラックスムードの高いギャザー入りのサロペットも、大人向けのカジュアルアイテム。ゆったりとしたシルエットが大人のこなれ感を演出します。細い肩ストラップのサロペットは、インナーの見える分量が多くなるので、中に着るもので印象を大きく変えられますよ。タイトなタンクトップで作るワントーンコーデなら、シンプルな組み合わせでも手抜きに見えなくて◎

メンズライクなオーバーオールは、フェミニンに

しっかりとしたショルダー部分とくったりとした生地感が、ややメンズっぽい印象のオーバーオール。インには、大胆なボタニカル柄を合わせて、フェミニンなエッセンスを加えています。さらに、ゴツめのバンクルやメタリックなサンダルも、女性らしさを際立たせてくれるおすすめのアイテム。かっこいいを印象づけてくれる大人のカジュアルコーデです。
出典:

しっかりとしたショルダー部分とくったりとした生地感が、ややメンズっぽい印象のオーバーオール。インには、大胆なボタニカル柄を合わせて、フェミニンなエッセンスを加えています。さらに、ゴツめのバンクルやメタリックなサンダルも、女性らしさを際立たせてくれるおすすめのアイテム。かっこいいを印象づけてくれる大人のカジュアルコーデです。

夏のレイヤードコーデで、爽やかに♪

重ねて楽しむ。夏こそステキが際立つ「レイヤードスタイル」
出典:
夏のレイヤードは秋冬に比べてシンプルなものが多く、手持ちのアイテムでも挑戦しやすいコーデがたくさんあります。これまで何気なく袖を通していたアイテムも、組み合わせ次第で新鮮で爽やかな表情を見せてくれるかも!今回のアイディアを参考に、自分らしい夏ファッションを楽しんでみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play