春先にも大活躍!スクエアトゥ&ローファーのおすすめコーデ24選

春先にも大活躍!スクエアトゥ&ローファーのおすすめコーデ24選

「おしゃれは足元から」という言葉があるように、シューズを変えるだけで装いや印象に変化をつけられます。きれいを支えてくれるシューズは、履き心地もシルエットにもこだわりたいですよね。本記事ではそんなわがままを叶えてくれる、スクエアトゥシューズとローファーの2足にフォーカス。それぞれスカート・ワンピース・パンツのアイテム別に、この春お手本にしたいおすすめのスタイリングをピックアップしました!着こなしのポイントや、おしゃれに取り入れるコツも合わせてお届けします♪2021年04月26日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
ローファー春コーデトレンド足元コーデ
お気に入り数512

今っぽさを重視vsそれともトラッドな1足?

春先にも大活躍!スクエアトゥ&ローファーのおすすめコーデ24選
出典:www.instagram.com(@avecmoi_kana)
昨年から注目を集めはじめたスクエアトゥシューズは(つま先が角ばったシューズ)、今っぽい着こなしへと即シフトできるお役立ちアイテム。一方トラッドな足元に仕上がるローファーは、長年愛され続けている1足です。どちらもコーディネートを引き締めたり小さな個性を発揮したりするのが得意で、シンプルなコーディネートの味つけにも重宝します。これからの季節、足元のおしゃれにバリエーションが欲しいならワードローブに迎えて損はしない2足です♪


それでは早速、スクエアトゥのフラットシューズ&ローファーを取り入れた、この春おすすめのスタイリングをチェックしていきましょう!

PART1:スクエアトゥ|今っぽい足元に

デザインや色、種類豊富なスクエアトゥ

春先にも大活躍!スクエアトゥ&ローファーのおすすめコーデ24選
出典:
スクエアトゥはパンプスやサンダルなど、さまざまな種類のシューズに取り入れられています。スクエアトゥのシューズをより気楽に取り入れたいなら、ヒールのないフラットタイプもしくはミュールを採用するのがおすすめです。スクエアトゥがもつ辛さと個性はそのままに、着崩さずとも抜け感のある足元を演出できます。

逆にヒールはスタイルアップも望めて、女性らしいしなやかな足の曲線美を引き立てられるのが魅力です。"きれいめ""フェミニン""品のよさ"を重視したい人にも◎。冠婚葬祭や入学式、卒園式などフォーマルなシーンでも取り入れられ、足元からおしゃれを楽しめます。

コーデのポイントは?

春先にも大活躍!スクエアトゥ&ローファーのおすすめコーデ24選
出典:
基本的にスタイリングを選ばないスクエアトゥですが、色を多用せず近しい配色でまとめたりシンプルなワンツーで構成したりすると、魅力を最大限引き出せます。着まわしやすい半面、コーディネートがマンネリしやすいスタンダードなアイテムも、スクエアトゥを取り入れれば、いつも違う新鮮な印象に♪

①スカート:こなれ感も女性らしさも両立

ゆったり&ロング丈の野暮ったさを回避

ともすれば部屋着っぽくなりやすいスウェットも彩度の高い色を採用することで、タウンユース向けのスタイルに。タイトスカートでIラインシルエットを作れば、きちんと感とリラックス感の好バランスコーディネートに着地できます。足元はスクエアトゥのミュールで素足を覗かせて、ゆったり&ロング丈の重たさを感じさせないように調節。
出典:

ともすれば部屋着っぽくなりやすいスウェットも彩度の高い色を採用することで、タウンユース向けのスタイルに。タイトスカートでIラインシルエットを作れば、きちんと感とリラックス感の好バランスコーディネートに着地できます。足元はスクエアトゥのミュールで素足を覗かせて、ゆったり&ロング丈の重たさを感じさせないように調節。

アクセサリー代わりにシルバーの輝きを

普段使いだと真面目になりすぎてしまうノーカラーのジャケットも、ラフなカットソーとリズムのあるスカートなら抜け感のあるスタイリングに。エナメル調のパンプスをアクセサリー代わりに投入して、足元に華やぎを与えるのもおすすめです。スクエアトゥなら野暮ったくならず、スマートな足元を演出できます。
出典:

普段使いだと真面目になりすぎてしまうノーカラーのジャケットも、ラフなカットソーとリズムのあるスカートなら抜け感のあるスタイリングに。エナメル調のパンプスをアクセサリー代わりに投入して、足元に華やぎを与えるのもおすすめです。スクエアトゥなら野暮ったくならず、スマートな足元を演出できます。

リラックススタイルを支える

くすんだブルーのシャツと黒のプリーツスカートで構成したフレンチシックなルックス。リラックス感はそのままに、スタイリングを引き締めつつ今っぽさのある着こなしへとアップデートするなら、スクエアトゥのフラットシューズを採用して。
出典:

くすんだブルーのシャツと黒のプリーツスカートで構成したフレンチシックなルックス。リラックス感はそのままに、スタイリングを引き締めつつ今っぽさのある着こなしへとアップデートするなら、スクエアトゥのフラットシューズを採用して。

トレンド最前線のピスタチオカラー×スクエアトゥ

昨年から人気のピスタチオカラーは、今年も引き続きトレンド。取り入れるだけで、都会的なムードが漂う着こなしを実現できます。シルキーなツヤを落ち着かせてバランスを整えるためにも、黒のプリーツスカートでシャープに引き締めるのがgood。足元は、ローヒールのスクエアトゥパンプスでレディライクな着こなしを支えましょう。
出典:

昨年から人気のピスタチオカラーは、今年も引き続きトレンド。取り入れるだけで、都会的なムードが漂う着こなしを実現できます。シルキーなツヤを落ち着かせてバランスを整えるためにも、黒のプリーツスカートでシャープに引き締めるのがgood。足元は、ローヒールのスクエアトゥパンプスでレディライクな着こなしを支えましょう。

②ワンピース:ふわっと広がるシルエットを上手に抑制

差し色とリンクさせて

スタンドカラーの白シャツを、渋さのあるパンツでクラシックな着こなしへと誘導。ルーズに肩掛けしたベージュニットが味わいになって、コーディネートに奥行きを与えているのもポイントです。スクエアトゥのフラットシューズも色を合わせることでソフトな引き締め効果を発揮し、統一感も生まれます。
出典:

スタンドカラーの白シャツを、渋さのあるパンツでクラシックな着こなしへと誘導。ルーズに肩掛けしたベージュニットが味わいになって、コーディネートに奥行きを与えているのもポイントです。スクエアトゥのフラットシューズも色を合わせることでソフトな引き締め効果を発揮し、統一感も生まれます。

甘さと辛さの好バランス

花びらのようなレオパード柄のような、どこか懐かしさを感じるワンピースが主役。ニットカーディガンを羽織ってガーリーへ寄せつつも、足元はスクエアトゥのパンプスで辛さを加えれば、全体的には大人っぽいルックスに。
出典:

花びらのようなレオパード柄のような、どこか懐かしさを感じるワンピースが主役。ニットカーディガンを羽織ってガーリーへ寄せつつも、足元はスクエアトゥのパンプスで辛さを加えれば、全体的には大人っぽいルックスに。

茶色の差し色でリラックス感を維持

リネンに似たさらっと感のあるストライプ柄のワンピースで、春夏ムードを高めて。黒だと力みすぎてせっかくのリラックス感が失われてしまうため、ブラウンのスクエアトゥパンプスでソフトに引き締めましょう。
出典:

リネンに似たさらっと感のあるストライプ柄のワンピースで、春夏ムードを高めて。黒だと力みすぎてせっかくのリラックス感が失われてしまうため、ブラウンのスクエアトゥパンプスでソフトに引き締めましょう。

爽やかさが増すクリーンなスクエアトゥ

リズムのあるティアード調のワンピースは、1枚でさらっと着こなしても奥行きが生まれます。くすんだグリーンのパンツを投入して、甘さを抑えるのもおすすめです。足元はスクエアトゥのミュールでクリーンな印象に仕上げ、春夏らしい涼しげな着こなしに仕上げて。
出典:

リズムのあるティアード調のワンピースは、1枚でさらっと着こなしても奥行きが生まれます。くすんだグリーンのパンツを投入して、甘さを抑えるのもおすすめです。足元はスクエアトゥのミュールでクリーンな印象に仕上げ、春夏らしい涼しげな着こなしに仕上げて。

③パンツ:甘さをおさえてハンサムレディに転換

ロールアップで素足を覗かせ軽やかに

端正な白シャツにカーキのニットをくるっと巻いて、ニットと同じアースカラーのチノパンをセレクト。アースカラーで構成すれば着崩してもラフになりすぎず、カジュアルなのに女っぽいを実現できます。ロールアップで素肌の面積を大きくして、アースカラーがもつわずかな渋みを払拭するのが◎。

スクエアトゥのフラットパンプスなら、抜け感も今っぽさも同時にゲット。
出典:

端正な白シャツにカーキのニットをくるっと巻いて、ニットと同じアースカラーのチノパンをセレクト。アースカラーで構成すれば着崩してもラフになりすぎず、カジュアルなのに女っぽいを実現できます。ロールアップで素肌の面積を大きくして、アースカラーがもつわずかな渋みを払拭するのが◎。

スクエアトゥのフラットパンプスなら、抜け感も今っぽさも同時にゲット。

ブラウスの甘さを残す

フリルブラウスにワイドなデニムを合わせた、甘辛ミックスコーデ。黒のスクエアトゥでブラウスの甘さをセーブするのもOKですが、あたたかみのあるブラウンで甘さを残すのもgoodです。
出典:

フリルブラウスにワイドなデニムを合わせた、甘辛ミックスコーデ。黒のスクエアトゥでブラウスの甘さをセーブするのもOKですが、あたたかみのあるブラウンで甘さを残すのもgoodです。

ワントーンにメリハリを

ベージュと白でワントーンに落とし込んだ、トレンドスタイル。黒のバッグとスクエアトゥでメリハリを加えても、やさしくて親しみやすい印象は維持できます。ぼやっとしやすいやさしい配色のワントーンも、異素材を組み合わせることで野暮ったくならず、奥行きのあるスタイリングに。
出典:

ベージュと白でワントーンに落とし込んだ、トレンドスタイル。黒のバッグとスクエアトゥでメリハリを加えても、やさしくて親しみやすい印象は維持できます。ぼやっとしやすいやさしい配色のワントーンも、異素材を組み合わせることで野暮ったくならず、奥行きのあるスタイリングに。

セットアップを今っぽくアレンジ

リネンが混じったセットアップはお堅くなりすぎないから、日常にもなじみやすいハンサムレティなスタイリングを楽しめます。スクエアトゥのパンプスで今っぽくアレンジするのも素敵。
出典:

リネンが混じったセットアップはお堅くなりすぎないから、日常にもなじみやすいハンサムレティなスタイリングを楽しめます。スクエアトゥのパンプスで今っぽくアレンジするのも素敵。

PART2:ローファー|トラッドな足元に

いつの時代も頼りになる1足

春先にも大活躍!スクエアトゥ&ローファーのおすすめコーデ24選
出典:
トラッドな着こなしや、メンズライクなコーディネートと相性よくマッチするローファー。フェミニンなワンピース1枚に味わいを加えたり、クラシックなルックスへ誘導したりとスタイリングのまとめ役も得意な1足です。エッジのあるデザインでもトレンドに左右されず、長く愛用できるのもローファーのならでは。

タッセル付きや金具がついたビットローファーは、足元に視点を集めてコーディネートの完成度を高めたいときにも重宝します。また、ブラックやブラウンなど定番色をすでに持っている人は、流行りのニュアンスカラーをワードローブに加えて、周りと差をつけるのもいいですね!

コーデのポイントは?

春先にも大活躍!スクエアトゥ&ローファーのおすすめコーデ24選
出典:
もちろんフェミニン、キュートなアイテムにもなじむローファーですが、広がりを抑えたIラインシルエットを意識すると品格のある大人っぽい着こなしに。力みのないエフォートレスな雰囲気はありつつも、きちんと感はしっかりキープできます。スニーカーのような心地よさと、パンプスがもつ引き締め役のいいとこ取りができるのもローファーの魅力です。

①スカート:気分はロンドンガール♪

真逆のイメージをもつ上下の仕上げに

ガーリーな花柄スカートを、カーキのブルゾンでメンズライクに誘導して甘さと辛さのバランスを整えて。イメージの違う上下の仕上げに、タッセル付きローファーが貢献してくれます。シンプルなローファーだと作れない「それぞれのアイテムがキャッチーなのに品よくまとまった上級者向けスタイル」を実現。
出典:

ガーリーな花柄スカートを、カーキのブルゾンでメンズライクに誘導して甘さと辛さのバランスを整えて。イメージの違う上下の仕上げに、タッセル付きローファーが貢献してくれます。シンプルなローファーだと作れない「それぞれのアイテムがキャッチーなのに品よくまとまった上級者向けスタイル」を実現。

カジュアルをクラシックに誘導

着心地を重視してラフに寄りやすいパーカーも、広がりを抑えたタイトなスカートを合わせれば一気にレディ感のある着こなしに。足元はローファーで、カジュアルをクラシックな着こなしへと誘導しましょう。
出典:

着心地を重視してラフに寄りやすいパーカーも、広がりを抑えたタイトなスカートを合わせれば一気にレディ感のある着こなしに。足元はローファーで、カジュアルをクラシックな着こなしへと誘導しましょう。

きれいめで終わらせない

キリッとしたブラウスに、ベージュのスカートを合わせた大人カジュアルコーディネート。パンプスからローファーにスイッチすることで抜け感が生まれ"きれいな人"で終わらない、大人のセンスを感じるスタイリングへと昇華できます。キャッチーなメッシュバッグもモダンな着こなしを印象つけるアクセントに。
出典:

キリッとしたブラウスに、ベージュのスカートを合わせた大人カジュアルコーディネート。パンプスからローファーにスイッチすることで抜け感が生まれ"きれいな人"で終わらない、大人のセンスを感じるスタイリングへと昇華できます。キャッチーなメッシュバッグもモダンな着こなしを印象つけるアクセントに。

レトロなマリンスタイル

涼しげなボーダーのカットソーを、赤みのあるブラウンのスカートでレトロにアレンジ。クラシックなローファーも、すんなりなじみます。ストンとしたIラインシルエットに、ショルダーバッグでアクセントをつけて立体感を出すのもgood。
出典:

涼しげなボーダーのカットソーを、赤みのあるブラウンのスカートでレトロにアレンジ。クラシックなローファーも、すんなりなじみます。ストンとしたIラインシルエットに、ショルダーバッグでアクセントをつけて立体感を出すのもgood。

②ワンピース:外し役として投入

タウンユーススタイルへ転換

ともすれば部屋着っぽくなりやすいワンピースも、ローファーを投入すれば一気にタウンユース向けスタイルに♪クシュっとした白ソックスのアレンジが、足元を一層おしゃれに見せてくれます。
出典:

ともすれば部屋着っぽくなりやすいワンピースも、ローファーを投入すれば一気にタウンユース向けスタイルに♪クシュっとした白ソックスのアレンジが、足元を一層おしゃれに見せてくれます。

チェック柄を大人っぽく

洗いざらしのような味の出る、ワッシャー加工を施したチェック柄のノースリーブワンピースでナチュラルに。そこへブラウンのローファーを投入してメンズライクに落とし込むと、大人っぽさがぐっと増します。あたたかみがあるから、チェック柄の甘さとも相性よくマッチ。
出典:

洗いざらしのような味の出る、ワッシャー加工を施したチェック柄のノースリーブワンピースでナチュラルに。そこへブラウンのローファーを投入してメンズライクに落とし込むと、大人っぽさがぐっと増します。あたたかみがあるから、チェック柄の甘さとも相性よくマッチ。

ワンピースでメンズライクを実現

ワンピース=女性らしいに変化球を与えられる、ラガーワンピースを選択。デニムをロールアップしてローファーを合わせ、80年代風のスタイルを現代でも楽しんでみては?
出典:

ワンピース=女性らしいに変化球を与えられる、ラガーワンピースを選択。デニムをロールアップしてローファーを合わせ、80年代風のスタイルを現代でも楽しんでみては?

トーンアップに少量のピンク

彩度の高いピンクを首と袖に差し色として仕込めば、重厚感のある黒のワンピースも華やかに。遊び心が加わって、単調になりやすい黒1枚にもリズムが生まれます。気楽に引き締められるローファーで、モード&ナチュラルな着こなしを足元から支えて。
出典:

彩度の高いピンクを首と袖に差し色として仕込めば、重厚感のある黒のワンピースも華やかに。遊び心が加わって、単調になりやすい黒1枚にもリズムが生まれます。気楽に引き締められるローファーで、モード&ナチュラルな着こなしを足元から支えて。

③パンツ:マニッシュな着こなしをとことん楽しむ

メンズライクを引き上げる

ソフトな白で構成した上下に、クリケットセーターをレイヤード。メンズライクな着こなしにローファーがハマります。たまにはこういった男の子っぽい着こなしに徹するのもいいですね。
出典:

ソフトな白で構成した上下に、クリケットセーターをレイヤード。メンズライクな着こなしにローファーがハマります。たまにはこういった男の子っぽい着こなしに徹するのもいいですね。

やさしいモノトーン

シンプルで端正なシャツを引き立てるには、スリムなパンツが好相性。爽やかさとやさしさのあるライトグレーが占める面積が大きいから、モノトーンでも重たい印象になりません♪足元はローファーでトラッドに仕上げるのが◎。
出典:

シンプルで端正なシャツを引き立てるには、スリムなパンツが好相性。爽やかさとやさしさのあるライトグレーが占める面積が大きいから、モノトーンでも重たい印象になりません♪足元はローファーでトラッドに仕上げるのが◎。

秋冬ムードを高める

インナーもアウターもパンツも、シーズンを問わず着回せるアイテムで構成するときは、足元だけでもシーズンムードを高めて。ブラウンのローファーなら秋冬らしい渋さとぬくもりをプラスでき、季節感を意識したトレンドの着こなしへとシフトできます。
出典:

インナーもアウターもパンツも、シーズンを問わず着回せるアイテムで構成するときは、足元だけでもシーズンムードを高めて。ブラウンのローファーなら秋冬らしい渋さとぬくもりをプラスでき、季節感を意識したトレンドの着こなしへとシフトできます。

ラフな着こなしにきちんと感をプラス

メンズライクなスウェットとパンツで構成した気楽な上下。あるとないとでは大きく違う、白のカットソーをスウェットからちらっと覗かせてこなれ感を出すのも忘れずに。足元はラフで終わらせないためにローファーを投入して、きちんと感を演出するのがおすすめです。
出典:

メンズライクなスウェットとパンツで構成した気楽な上下。あるとないとでは大きく違う、白のカットソーをスウェットからちらっと覗かせてこなれ感を出すのも忘れずに。足元はラフで終わらせないためにローファーを投入して、きちんと感を演出するのがおすすめです。

足元に変化をつけておしゃれをもっと楽しもう♪

春先にも大活躍!スクエアトゥ&ローファーのおすすめコーデ24選
出典:www.instagram.com(@crouka1953)
今っぽさを引き上げられるスクエアトゥシューズ、トラッドな足元に仕上がるローファー。どちらも捨てがたい2足ですが、足元のおしゃれを支えてこなれ感をアップしてくれる点は2足とも共通しています。着こなしのバリエーションを増やしてスタイリングをアップデートしたい人は、ぜひワードローブに迎えてみてはいかがでしょうか。

Special thanks...

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play