よく着るカラーを基準に!おしゃれな差し色の選び方

よく着るカラーを基準に!おしゃれな差し色の選び方

コーデにワンカラー足すだけで、印象をパッと変えられる"差し色"。全身のアクセントとなって、手軽にメリハリをつけられるのがいいところです。そうはいっても「差し色の選び方がわからない」「奇抜になる差し色は避けたい」と、差し色の投入をためらうこともあるもの。そこで今回の記事では、差し色が楽しくなる"ナチュラルさんのための差し色の選び方"をご紹介します。ベーシックカラーを基準にしたおしゃれな差し色を揃えているので、ぜひ気軽に取り入れてみてくださいね。2020年12月10日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
コーディネートカラー差し色コツ定番
お気に入り数954

"差し色ひとつ"で普段のおしゃれを変えてみよう

よく着るカラーを基準に!おしゃれな差し色の選び方
出典:unsplash.com
差し色には、コーデの印象を変える力があります。さりげない差し色も、大胆な差し色も、あるのとないのとでは違うもの。ときに"差し色ひとつ"で、同じ服でも新しい服のように見えたり、装いに大人っぽさや季節感が生まれたりします。そんな差し色を、気軽にデイリーファッションに取り入れるための、ナチュラルさんに似合う差し色の選び方をご紹介。ぜひ、差し色で生まれ変わるおしゃれを楽しんでみてくださいね♪

よく着るカラーを基準に!【おしゃれな差し色手帖】

1:ピュアホワイト|曖昧な差し色でやわらかく

よく着るカラーを基準に!おしゃれな差し色の選び方
出典:
清潔感があり爽やかなピュアホワイトは、ナチュラルさんに人気の定番カラー。その純真無垢な印象を生かしながらおしゃれに見せられる、曖昧な差し色がおすすめです。

ライトピンクで甘みのあるナチュラルコーデに

ピュアホワイトの差し色には、同じく優しげなライトピンクがよく似合います。淡色がほんのりとした甘さを加え、ピュアホワイトをやわらかく見せるナチュラルコーデに。
出典:

ピュアホワイトの差し色には、同じく優しげなライトピンクがよく似合います。淡色がほんのりとした甘さを加え、ピュアホワイトをやわらかく見せるナチュラルコーデに。

アイスブルーでふわふわとした空色をメイク

ピュアホワイト×淡いアイスブルーで、空を連想させるような美しい差し色に。爽やかでありながらも穏やかな、ふわふわした表情が生まれます。
出典:

ピュアホワイト×淡いアイスブルーで、空を連想させるような美しい差し色に。爽やかでありながらも穏やかな、ふわふわした表情が生まれます。

くすみパープルでこなれ感のあるおしゃれに

絶妙なくすみパープルを差し色に選べば、こなれ感たっぷりの仕上がりに。ピュアホワイトに都会的な表情が生まれます。他にも、くすんだ色は全般的におすすめです。
出典:

絶妙なくすみパープルを差し色に選べば、こなれ感たっぷりの仕上がりに。ピュアホワイトに都会的な表情が生まれます。他にも、くすんだ色は全般的におすすめです。

2:ベージュ|暖色を差し色にすると華やかに

よく着るカラーを基準に!おしゃれな差し色の選び方
出典:
上品なナチュラルカラーのベージュは、イエローやブラウンに近しい穏やかな色。そのため、暖色を差し色に使うと、しっくりなじみつつ華やかな着こなしになります。

まろやかなピンクで大人の遊び心をプラス

まろやかなピンクの差し色は、優しいトーンがベージュになじみつつ、知的な雰囲気の中に遊び心が漂いおしゃれです。あくまでも落ち着いたピンクを選ぶと◎。
出典:

まろやかなピンクの差し色は、優しいトーンがベージュになじみつつ、知的な雰囲気の中に遊び心が漂いおしゃれです。あくまでも落ち着いたピンクを選ぶと◎。

パッと目を惹くオレンジが自然に溶け込む

明るい暖色のオレンジは、ベージュの差し色に使うとナチュラルテイストに着られます。ベージュが派手さを抑えて大人っぽく見せるから、上品なポジティブコーデに。
出典:

明るい暖色のオレンジは、ベージュの差し色に使うとナチュラルテイストに着られます。ベージュが派手さを抑えて大人っぽく見せるから、上品なポジティブコーデに。

定番にしたいベージュ×レッドの差し色

ベージュ×レッドの差し色は、安定感のある組み合わせ。スカートのほか、帽子や靴下など小物で取り入れるのもおすすめです。ベージュをあたたかい印象に見せてくれます。
出典:

ベージュ×レッドの差し色は、安定感のある組み合わせ。スカートのほか、帽子や靴下など小物で取り入れるのもおすすめです。ベージュをあたたかい印象に見せてくれます。

3:ブラウン|自然を意識した差し色がおしゃれ

よく着るカラーを基準に!おしゃれな差し色の選び方
出典:
土のように深みのあるブラウンは、幅広い差し色がマッチする安定感があります。「海の色」「木の色」など、自然をイメージして差し色を選ぶと楽しく、おしゃれな仕上がりに。

月のようなゴールドをワンポイントで添えて

落ち着きのあるブラウンには、ワンポイントで添えたゴールドが美しく映えます。どちらも温かさのある色なので、意外と派手にならず大人っぽく。
出典:

落ち着きのあるブラウンには、ワンポイントで添えたゴールドが美しく映えます。どちらも温かさのある色なので、意外と派手にならず大人っぽく。

花びらのようなピンクで心癒されるコーデに

土のようなブラウンに、花びらのようなピンクを差し色に。心癒されるやわらかな色使いで、一日を穏やかに過ごせそうですね。
出典:

土のようなブラウンに、花びらのようなピンクを差し色に。心癒されるやわらかな色使いで、一日を穏やかに過ごせそうですね。

ブルーを差し色にして暖色×寒色をおしゃれに着る

ブラウン×ブルーは、暖色×寒色の相反する組み合わせですが、どちらも深みがあるので素敵に決まります。濃いブルーほど大人っぽい仕上がりに。
出典:

ブラウン×ブルーは、暖色×寒色の相反する組み合わせですが、どちらも深みがあるので素敵に決まります。濃いブルーほど大人っぽい仕上がりに。

4:カーキ|甘さ控えめの差し色でこなれる

よく着るカラーを基準に!おしゃれな差し色の選び方
出典:
ミリタリーテイストのカーキは、メンズライクでかっこいい印象があります。差し色には、こなれて見せられる甘さ控えめの色がおすすめ。甘さはデザインから取り入れるとおしゃれです。

オレンジを差し色にしてミリタリーコーデに

有名なミリタリージャケットの「MA-1」は、カーキの裏地がオレンジになっていることでも知られていますね。その配色を再現したオレンジの差し色がおしゃれです。
出典:

有名なミリタリージャケットの「MA-1」は、カーキの裏地がオレンジになっていることでも知られていますね。その配色を再現したオレンジの差し色がおしゃれです。

レッドで辛口スパイスを加えて華やかに

カーキコーデにレッドを差し色にすれば、辛口な華やかさが出てベストマッチです。スナップのふわふわ帽子のように、優しげな引き算アイテムを加えると◎。
出典:

カーキコーデにレッドを差し色にすれば、辛口な華やかさが出てベストマッチです。スナップのふわふわ帽子のように、優しげな引き算アイテムを加えると◎。

ブルーはガーリーアイテムで差すのがおすすめ

カーキ×ブルーのクールな差し色は、かっこよさが増す組み合わせ。ふんわり素材やフリルなど、ガーリーなアイテムを選ぶと女性らしい着こなしに仕上げられますよ。
出典:

カーキ×ブルーのクールな差し色は、かっこよさが増す組み合わせ。ふんわり素材やフリルなど、ガーリーなアイテムを選ぶと女性らしい着こなしに仕上げられますよ。

5:グレー|モダンな差し色で都会的に

よく着るカラーを基準に!おしゃれな差し色の選び方
出典:
その控えめさがおしゃれで、大人っぽく着られる上品カラーのグレー。差し色にはモダンな色を選ぶと、グレーの魅力が生きて洗練された印象になります。

明るいスカイブルーでおしゃれ度上昇!

グレーのおしゃれな差し色になるのが、明るいスカイブルー。グレーの知的な印象をキープしたまま、センスいい着こなしに。寒色同士なので違和感なくなじみます。
出典:

グレーのおしゃれな差し色になるのが、明るいスカイブルー。グレーの知的な印象をキープしたまま、センスいい着こなしに。寒色同士なので違和感なくなじみます。

ピスタチオグリーンで爽やかに仕上げて

近年注目されている、おしゃれ色のピスタチオグリーン。グレーの差し色に使うと、都会的かつ爽やかな印象をメイクできます。アクティブに見えるので、お出かけにもぴったり。
出典:

近年注目されている、おしゃれ色のピスタチオグリーン。グレーの差し色に使うと、都会的かつ爽やかな印象をメイクできます。アクティブに見えるので、お出かけにもぴったり。

パープルを差し色にしたニュアンスコーデ

グレー×パープルの差し色は、ニュアンスカラー同士でこなれた雰囲気になります。違う色でも似通ったトーンを選ぶことが、おしゃれに決まるポイントです。
出典:

グレー×パープルの差し色は、ニュアンスカラー同士でこなれた雰囲気になります。違う色でも似通ったトーンを選ぶことが、おしゃれに決まるポイントです。

6:ネイビー|深い差し色でミステリアスに

よく着るカラーを基準に!おしゃれな差し色の選び方
出典:
落ち着きのある濃いネイビーは、ブラックとはまた違った表情を持つダークカラー。ネイビーとは異なる色相かつ、深みのある色を差し色に選ぶと、その絶妙な色味が映えてミステリアスな雰囲気に。

レッドでネイビーの色味を引き立たせて

色相の異なるレッドを差し色にすると、ネイビーがパッと引き立ち美しく。お互いの色が存在感を放ち、味わい深い大人コーデが完成します。
出典:

色相の異なるレッドを差し色にすると、ネイビーがパッと引き立ち美しく。お互いの色が存在感を放ち、味わい深い大人コーデが完成します。

マスタードで粋なエレガントコーデに

大人っぽいネイビーには、絶妙カラーのマスタードが粋な差し色に。奥深さを感じさせる、和風のエレガントコーデが完成します。
出典:

大人っぽいネイビーには、絶妙カラーのマスタードが粋な差し色に。奥深さを感じさせる、和風のエレガントコーデが完成します。

グレーでネイビーの上品さを加速させる

上品な色同士であるネイビー×グレー。グレーを1点投入することで、メリハリをつけながら品のよさをアップできます。カジュアルアイテムでもグッと大人っぽい組み合わせです。
出典:

上品な色同士であるネイビー×グレー。グレーを1点投入することで、メリハリをつけながら品のよさをアップできます。カジュアルアイテムでもグッと大人っぽい組み合わせです。

7:ブラック|はっきりした差し色で存在感アップ

よく着るカラーを基準に!おしゃれな差し色の選び方
出典:
モノトーンコーデや淡色とのベーシックコーデなど、何でも合わせやすいブラック。だからこそ、差し色コーデはあえてはっきりした色を楽しんでみては? 存在感が増して、おしゃれ気分も上がります。

最初にトライしてみたいレッドの差し色

ナチュラルさんに一押しの、おしゃれ度高まるブラック×レッドの差し色。レッドは靴下やストールなど、小物が取り入れやすくおすすめです。
出典:

ナチュラルさんに一押しの、おしゃれ度高まるブラック×レッドの差し色。レッドは靴下やストールなど、小物が取り入れやすくおすすめです。

ディープパープルでエレガントな着こなしに

シックなブラックに映えるディープパープルの差し色。大人だからこそ実現できる、エレガントな雰囲気が漂います。ナチュラルに仕上げるために、シルエットのふんわり感を意識するとGOOD。
出典:

シックなブラックに映えるディープパープルの差し色。大人だからこそ実現できる、エレガントな雰囲気が漂います。ナチュラルに仕上げるために、シルエットのふんわり感を意識するとGOOD。

フレッシュなオレンジで明るいブラックコーデに

落ち着いたイメージのブラックですが、フレッシュなオレンジを差し色にすれば明るい印象に。小物でも雰囲気がガラリと変わるので、「明るい色の服は苦手だけど、気分を上げたい」という方にもおすすめですよ。
出典:

落ち着いたイメージのブラックですが、フレッシュなオレンジを差し色にすれば明るい印象に。小物でも雰囲気がガラリと変わるので、「明るい色の服は苦手だけど、気分を上げたい」という方にもおすすめですよ。

好きな差し色を見つけて、おしゃれ深まる

よく着るカラーを基準に!おしゃれな差し色の選び方
出典:
ベーシックカラーを基準にした差し色の中から、あなたのお気に入りは見つかりましたか? 差し色があると、いつものコーデや定番アイテムの印象チェンジを楽しめるのが嬉しいですよね♪ ポイントさえ押さえれば、ご紹介した組み合わせ以外にも差し色の幅を広げられるので、ぜひ参考に活用してみてください。

写真提供

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play