1. トップ
  2. ファッション
  3. アウター
  4. コート
  5. 今年はどう合わせる?「コート」で考える大人の冬コーディネート
今年はどう合わせる?「コート」で考える大人の冬コーディネート

今年はどう合わせる?「コート」で考える大人の冬コーディネート

冬を暖かく過ごすには欠かせない「コート」。とっておきの暖かな1着は、トレンドや定番のアイテムを賢く取り入れてぜひおしゃれに着こなしたいものです。そこで今回は、私だけのコートで考える《大人の冬コーディネート》作りを特集。さまざまなコートに最適なアイテムの合わせ方をご紹介します。暖かなコートを自分らしく着こなして、今年の冬をおしゃれに心地よく過ごしませんか。2020年12月02日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
アウターコート冬コーデ大人コーディネート大人ナチュラル
お気に入り数822

「コート」で考える、大人の冬コーディネート

今年はどう合わせる?「コート」で考える大人の冬コーディネート
出典:
暖かなコートに身を包むと、体も心もほっと安心しますよね。合わせる洋服によって印象が大きく変わる「コート」は、その日の気分によって幅広い着こなしを叶えたい冬のアイテム。本記事で、コートを自分らしく大人に着こなすコツを探っていきましょう*

今年の本命コートはなに色?

【シンプル系ベーシックカラー】ブラック、ネイビー、グレー

30〜40代の大人の落ち着きを醸し出すなら、柄や色味のあるコートは控え、無地の黒やネイビーなどの深みのあるカラーがおすすめ。シルエットや合わせる洋服を工夫すれば、マルチなシーンで活躍してくれますよ。

特にオーバーサイズのコートなら、体型をカバーしつつ旬のリラクシーな着こなしも実現できて◎
出典:

30〜40代の大人の落ち着きを醸し出すなら、柄や色味のあるコートは控え、無地の黒やネイビーなどの深みのあるカラーがおすすめ。シルエットや合わせる洋服を工夫すれば、マルチなシーンで活躍してくれますよ。

特にオーバーサイズのコートなら、体型をカバーしつつ旬のリラクシーな着こなしも実現できて◎

【カジュアル系ベーシックカラー】ベージュ、ブラウン、カーキ

カジュアルファッションが好みの方には、茶色、ベージュ、カーキなどの柔らかな色味ががおすすめです。

いずれも程よいこなれ感を演出できるカラーのため、「忙しいけれどおしゃれもしたい!」というママ世代にはぴったり。さっと1着羽織るだけで、肩の力が抜けたモダンな印象を纏うことができます。
出典:

カジュアルファッションが好みの方には、茶色、ベージュ、カーキなどの柔らかな色味ががおすすめです。

いずれも程よいこなれ感を演出できるカラーのため、「忙しいけれどおしゃれもしたい!」というママ世代にはぴったり。さっと1着羽織るだけで、肩の力が抜けたモダンな印象を纏うことができます。

【くすみカラー】からし色、オレンジ etc

ビビッドカラーよりも肌馴染みの良いくすみ系カラー。今年はからし色、オレンジ、ピンクなど華やかで女性らしい色がトレンドです。

全体がぼやけて見えないよう赤やモノトーンのアイテムを取り入れてコーデを引き締めれば、年齢を問わずフィットする優しげなスタイルに。
出典:

ビビッドカラーよりも肌馴染みの良いくすみ系カラー。今年はからし色、オレンジ、ピンクなど華やかで女性らしい色がトレンドです。

全体がぼやけて見えないよう赤やモノトーンのアイテムを取り入れてコーデを引き締めれば、年齢を問わずフィットする優しげなスタイルに。

【きれい色】水色、ミントグリーン、ラベンダー etc

「20代の頃はベーシックカラーばかり着ていた」「40代からは少し遊び心が欲しい!」と感じる人には、ブルーやラベンダーのコートはいかがですか?

落ち着きとパステルの可愛らしさを兼ね備えたきれい色は、パッと目線を奪う鮮やかさが特徴。他のアイテムをシンプルにまとめれば、コートを主役にしつつまとまりのある装いが叶います。
出典:

「20代の頃はベーシックカラーばかり着ていた」「40代からは少し遊び心が欲しい!」と感じる人には、ブルーやラベンダーのコートはいかがですか?

落ち着きとパステルの可愛らしさを兼ね備えたきれい色は、パッと目線を奪う鮮やかさが特徴。他のアイテムをシンプルにまとめれば、コートを主役にしつつまとまりのある装いが叶います。

チェックしておきたいブランドコート

MACKINTOSH (マッキントッシュ)

英国を代表するアウターブランドのマッキントッシュ。1着を長く着続けたいクラシカルで上質なアイテムの数々は、普段の装いに特別感あるオーラを漂わせてくれます。
出典:

英国を代表するアウターブランドのマッキントッシュ。1着を長く着続けたいクラシカルで上質なアイテムの数々は、普段の装いに特別感あるオーラを漂わせてくれます。

Danton(ダントン)

幅広い年代に愛されるダントンのアウターは、中でもウールモッサが定番。密度が高く保温性にも優れた羽毛は、今年の寒い冬にも最適です。すっきりとしたシルエットで、スカートにもパンツスタイルにも◎
出典:

幅広い年代に愛されるダントンのアウターは、中でもウールモッサが定番。密度が高く保温性にも優れた羽毛は、今年の寒い冬にも最適です。すっきりとしたシルエットで、スカートにもパンツスタイルにも◎

UNIQLO(ユニクロ)

コスパよくおしゃれを叶えたい私たちの味方!ユニクロからは、毎年暖かなウールをブレンドしたチェスターが販売されています。オーバーシルエットやロング・ショート丈など、幅広いサイズ感のコートを取り揃えているのが嬉しいポイント。
出典:

コスパよくおしゃれを叶えたい私たちの味方!ユニクロからは、毎年暖かなウールをブレンドしたチェスターが販売されています。オーバーシルエットやロング・ショート丈など、幅広いサイズ感のコートを取り揃えているのが嬉しいポイント。

コートを取り入れた大人コーディネート特集

今年はどう合わせる?「コート」で考える大人の冬コーディネート
出典:
合わせる洋服、小物、ヘアスタイルによってさまざまな雰囲気を楽しめるのもコートの魅力ですよね。ここからは、ナチュラル、大人カジュアル、きれいめの3つの印象に分けて大人のコートの着こなしをご紹介していきます。

【ナチュラル】わたしらしく着こなす

デニムのタイトスカートとベレー帽で親しみやすく

タイトスカートを覗かせてベレー帽などの遊び心ある小物をプラスすれば、かっちりしすぎない親しみやすいコーデに。丸みのあるコクーンシルエットとコットン素材はベージュの優しい雰囲気と相性抜群です。
出典:

タイトスカートを覗かせてベレー帽などの遊び心ある小物をプラスすれば、かっちりしすぎない親しみやすいコーデに。丸みのあるコクーンシルエットとコットン素材はベージュの優しい雰囲気と相性抜群です。

オーバーサイズをゆるっと着こなして

絶妙なオーバーサイズのコートをラフに羽織ることで、大人の余裕を感じるナチュラルコーデに。足元はアイボリーのワイドパンツに映える黒をチョイスして、全体を引き締めて。
出典:

絶妙なオーバーサイズのコートをラフに羽織ることで、大人の余裕を感じるナチュラルコーデに。足元はアイボリーのワイドパンツに映える黒をチョイスして、全体を引き締めて。

ヘリンボーン模様でトラッドに

魚の骨に似ている形状から、“ニシンの骨”という意味を持つヘリンボーン。どこかトラッドで上品な印象を感じる模様なので、フレアスカートや柔らかな色のアイテムで中和してあげると◎
出典:

魚の骨に似ている形状から、“ニシンの骨”という意味を持つヘリンボーン。どこかトラッドで上品な印象を感じる模様なので、フレアスカートや柔らかな色のアイテムで中和してあげると◎

サックスブルーで上品さと愛らしさをプラス

大人の女性らしさを加速させてくれる淡さが魅力のサックスブルー。シャツやタイトスカートと合わせると堅い印象になってしまうため、リラクシーなワイドパンツやニットと合わせるのがおすすめです。
出典:

大人の女性らしさを加速させてくれる淡さが魅力のサックスブルー。シャツやタイトスカートと合わせると堅い印象になってしまうため、リラクシーなワイドパンツやニットと合わせるのがおすすめです。

ネイビーコートには柔らかなカラーを合わせて

中性的で自然体な印象を纏えるネイビーのコート。コントラストが映えるアイボリーのパンツと合わせて、重くなりすぎない冬のナチュラルコーデに。
出典:

中性的で自然体な印象を纏えるネイビーのコート。コントラストが映えるアイボリーのパンツと合わせて、重くなりすぎない冬のナチュラルコーデに。

【きれいめナチュラル】上質で柔らかな色使いがポイント

ホワイトのキルティングコートで柔和な魅力

カジュアルになりがちなキルティングコートも、ワントーンでまとめれば透明感溢れるおしゃれコーデの完成です。ラフなヘアスタイルに加え、足元はヒールで緊張感を持たせれば大人っぽくレディライクな雰囲気に。
出典:

カジュアルになりがちなキルティングコートも、ワントーンでまとめれば透明感溢れるおしゃれコーデの完成です。ラフなヘアスタイルに加え、足元はヒールで緊張感を持たせれば大人っぽくレディライクな雰囲気に。

ライトグレーコートで軽やかに

モノトーン系のコートでも、ライトグレーなら重すぎず軽やかな印象に。明るめのからし色ニットと合わせれば、顔色もパッと柔らぐ華やかさを纏うことができます。
出典:

モノトーン系のコートでも、ライトグレーなら重すぎず軽やかな印象に。明るめのからし色ニットと合わせれば、顔色もパッと柔らぐ華やかさを纏うことができます。

くすみピンクを主役にした甘めな大人スタイル

白ニットにくすみピンクのコートを組み合わせた甘めのスタイリングには、パイソン柄などでエッジを効かせると◎ 足首が覗くヒールなら、程よい大人の甘辛コーデを実現させてくれます。
出典:

白ニットにくすみピンクのコートを組み合わせた甘めのスタイリングには、パイソン柄などでエッジを効かせると◎ 足首が覗くヒールなら、程よい大人の甘辛コーデを実現させてくれます。

ベージュ×モカブラウンのワントーンコーデ

コートにデザインされたパイピングが程よいアクセントになった《ブラウン×ベージュ》のワントーンコーデです。くすみがかった茶色コートにボリュームのあるマフラーを合わせれば、より柔らかな印象が引き立ちます。
出典:

コートにデザインされたパイピングが程よいアクセントになった《ブラウン×ベージュ》のワントーンコーデです。くすみがかった茶色コートにボリュームのあるマフラーを合わせれば、より柔らかな印象が引き立ちます。

主役にしたいAラインのからし色コート

鮮やかなからし色は、身に付けているだけで心も踊るとっておきのカラー。こっくり深めのえんじと組み合わせて、より秋冬らしく。
出典:

鮮やかなからし色は、身に付けているだけで心も踊るとっておきのカラー。こっくり深めのえんじと組み合わせて、より秋冬らしく。

【マニッシュ×レディ】メンズライクなアイテムをレディに和らげて

ラベンダーコートをジャケット風に

メンズライクなワイドタックパンツには、鮮やかなラベンダーコートをジャケット風に羽織って。柄はマフラーなどの小物程度にとどめ、シンプル仕上げがベターです。
出典:

メンズライクなワイドタックパンツには、鮮やかなラベンダーコートをジャケット風に羽織って。柄はマフラーなどの小物程度にとどめ、シンプル仕上げがベターです。

チェックコートで英国スタイル

これからの季節にはぜひ身に付けたくなるチェック柄。今年の秋冬には、大胆にコートで取り入れるのもおすすめです。落ち着いた色味のチェックコートなら、トラッドでクラシカルな英国風スタイルに。
出典:

これからの季節にはぜひ身に付けたくなるチェック柄。今年の秋冬には、大胆にコートで取り入れるのもおすすめです。落ち着いた色味のチェックコートなら、トラッドでクラシカルな英国風スタイルに。

遊び心ある白ソックス×くすみ系コートは相性抜群

遊び心のある白ソックスと茶色ローファーには、上品な魅力が詰まったくすみ系コートが相性抜群。ミントグリーン×グレーのシャープな組み合わせなら、洗練された大人の雰囲気に仕上がります。
出典:

遊び心のある白ソックスと茶色ローファーには、上品な魅力が詰まったくすみ系コートが相性抜群。ミントグリーン×グレーのシャープな組み合わせなら、洗練された大人の雰囲気に仕上がります。

カジュアルなチノパンをグリーンコートで中和

30代からのカジュアルコーデには、少し大人な要素をプラスするのがポイント。チノパンのマニッシュさをグリーン系コートで中和すれば、カジュアルとシックをバランスよく両立した装いに。
出典:

30代からのカジュアルコーデには、少し大人な要素をプラスするのがポイント。チノパンのマニッシュさをグリーン系コートで中和すれば、カジュアルとシックをバランスよく両立した装いに。

トレンドにとらわれないブラックコート

トレンドにとらわれない安定感があるブラックのコートは、どの世代でもぜひワードローブに加えたい1枚。シンプルだからこそシルエットにこだわることで、より自分らしい着こなしが叶います。
出典:

トレンドにとらわれない安定感があるブラックのコートは、どの世代でもぜひワードローブに加えたい1枚。シンプルだからこそシルエットにこだわることで、より自分らしい着こなしが叶います。

【大人カジュアル】遊び心溢れるとっておきのカラー

くすみカーキで抜け感のある大人カジュアル

くすんだカーキを大胆にコートで取り入れれば、簡単にこなれ感あるスタイリングを楽しめます。足元はスニーカーやフラットシューズで着飾らない大人の余裕を。
出典:

くすんだカーキを大胆にコートで取り入れれば、簡単にこなれ感あるスタイリングを楽しめます。足元はスニーカーやフラットシューズで着飾らない大人の余裕を。

アクティブな日はモスグリーンでカジュアルダウン

パーカーやスニーカーでカジュアルダウンさせたコートコーデには、タイトスカートを覗かせるのがベスト。たっぷりのボア素材が暖かなMA-1コートは、冬でも信頼できる特別な1枚です。
出典:

パーカーやスニーカーでカジュアルダウンさせたコートコーデには、タイトスカートを覗かせるのがベスト。たっぷりのボア素材が暖かなMA-1コートは、冬でも信頼できる特別な1枚です。

オレンジコートはブラックでタイトにまとめて

冬の寒空にも映えるオレンジは、さっと身に纏うだけで親近感を与えてくれる社交的なカラー。カジュアルになりすぎないようブラックでまとめてあげれば、こなれた雰囲気で大人な印象に。
出典:

冬の寒空にも映えるオレンジは、さっと身に纏うだけで親近感を与えてくれる社交的なカラー。カジュアルになりすぎないようブラックでまとめてあげれば、こなれた雰囲気で大人な印象に。

遊び心満点のボルドーダッフルコート

ハイネックのニットやワイドパンツと合わせて、大人なフレッピースタイルを楽しめるボルドーのコート。暖かく実用性も高いロングダッフルは、今年の冬のワードローブにぜひ取り入れたい1着です。
出典:

ハイネックのニットやワイドパンツと合わせて、大人なフレッピースタイルを楽しめるボルドーのコート。暖かく実用性も高いロングダッフルは、今年の冬のワードローブにぜひ取り入れたい1着です。

コートで今年の冬を着飾ろう

今年はどう合わせる?「コート」で考える大人の冬コーディネート
出典:
色、柄、質感、大きさなどによって幅広い印象を楽しめるコート。個性溢れるさまざまなアイテムの中から、ぜひ自分らしい1着を選んでくださいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play