平日と休日で考えるMYデニム。選び方と着まわしの基本

平日と休日で考えるMYデニム。選び方と着まわしの基本

デニムといえば、どんなファッションテイストの方にも愛される、定番中の定番アイテムですよね。そんなデニムですが、平日用のきれいめデザイン・休日用のカジュアルデザインと、種類を分けて持っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では、1本あれば平日・休日と両方着回せる、優秀かつおしゃれなデニムをご紹介します。コーデと併せて解説しているので、選ぶ際の参考にしてみてくださいね。はきたいと思ったらいつでもはける、とっておきMYデニムを見つけましょう♪2020年10月28日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
パンツデニム大人コーディネート着まわしオフィスカジュアル
お気に入り数993

どんな朝もわたしの味方。「MYデニム」に出会おう

平日と休日で考えるMYデニム。選び方と着まわしの基本
出典:
ゆっくりコーディネートを組む朝も、ちょっぴり慌ただしい朝も。どんな朝でも味方になってくれる、MYデニムを見つけませんか。この記事では、平日と休日の両方はくことを前提にした、頼れるデニムたちをご紹介しています。平日・休日別に、スタイリング方法もピックアップしました。あなたのライフスタイルにぴったりハマる、お気に入りの1本と出会えますように♪

平日も休日も着回したくなる【MYデニムカタログ】

頼れる定番「ストレートデニム」

平日と休日で考えるMYデニム。選び方と着まわしの基本
出典:
「ストレートデニム」は、ストレート(真っ直ぐ)にすとんと落ちるシルエットが特徴です。太さはそれぞれ異なりますが、タイトすぎずワイドすぎないのが基本。スタンダードで合わせるアイテムを選ばないから、頼れるMYベーシックとして活躍してくれますよ。

【平日】カーディガンと合わせて王道シンプルに

ブラックカーディガン×ストレートデニムの組み合わせには、揺るがない安心感が宿ります。王道シンプルだからこその、好印象も嬉しいところ。ウエストインとベルトできゅっと引き締めれば、きれいめデニムコーデが完成です。
出典:

ブラックカーディガン×ストレートデニムの組み合わせには、揺るがない安心感が宿ります。王道シンプルだからこその、好印象も嬉しいところ。ウエストインとベルトできゅっと引き締めれば、きれいめデニムコーデが完成です。

【平日】ブラウスコーデに程よい親しみやすさをプラス

キリッとした印象を与えるブラウス×パンツコーデ。でも、程よい親しみやすさのあるストレートデニムなら、とたんに話しかけやすい雰囲気になります。中間シルエットなので、引き締めてもクールになりすぎないのが魅力です。
出典:

キリッとした印象を与えるブラウス×パンツコーデ。でも、程よい親しみやすさのあるストレートデニムなら、とたんに話しかけやすい雰囲気になります。中間シルエットなので、引き締めてもクールになりすぎないのが魅力です。

【休日】お気に入りのニットをとことん堪能して

ストレートデニムは、ゆったりシルエットのニットと相性抜群。なじみつつもルーズにならないので、大人らしいリラックスカジュアルコーデがつくれます。デニムは濃い色を選ぶと、より大人っぽさがアップ。
出典:

ストレートデニムは、ゆったりシルエットのニットと相性抜群。なじみつつもルーズにならないので、大人らしいリラックスカジュアルコーデがつくれます。デニムは濃い色を選ぶと、より大人っぽさがアップ。

【休日】ストレートデニムを主役にお出かけ

安定感のあるベーシックアイテムなだけに、脇役にまわることも多いストレートデニム。休日は、デニムを主役に決めたコーデを組むのも面白そうですよ。デニム以外はモノトーンでまとめて、差し色としてIN! 地味にならないよう、ヘアスタイルやアクセサリーなどで変化をつけると◎。
出典:

安定感のあるベーシックアイテムなだけに、脇役にまわることも多いストレートデニム。休日は、デニムを主役に決めたコーデを組むのも面白そうですよ。デニム以外はモノトーンでまとめて、差し色としてIN! 地味にならないよう、ヘアスタイルやアクセサリーなどで変化をつけると◎。

自然な美ラインが叶う「テーパードデニム」

平日と休日で考えるMYデニム。選び方と着まわしの基本
出典:
「テーパードデニム」は、太もも部分にはゆとりがあり、裾にかけて徐々に細くなっていくシルエットが特徴です。そのため、フィット感がなくても足を細くすっきりと見せることができます。楽をしながら体型カバーができるので、オンオフ問わず手に取りたくなるデザインですよ♪

【平日】シャツのトップスアウトで自然な逆三角形に

きちんと見せたい日のデニムコーデには、きれいめなシャツがぴったり。あえてトップスアウトで引き締めないことで、デニムのテーパードシルエットと自然につながります。肩に力が入っていないのにキレイ。そんな素敵な人になれますよ。
出典:

きちんと見せたい日のデニムコーデには、きれいめなシャツがぴったり。あえてトップスアウトで引き締めないことで、デニムのテーパードシルエットと自然につながります。肩に力が入っていないのにキレイ。そんな素敵な人になれますよ。

【平日】女性らしいブラウスをマニッシュに着る

テーパードデニムがあれば、女性らしいブラウスを女性らしくなりすぎずに着こなせます。自然な美ラインとデニム素材のカジュアルさが、ちょうどいい理由。「甘くなるのは避けたいけど、決めすぎるのも違う……」絶妙な理想を叶えられる一本です。
出典:

テーパードデニムがあれば、女性らしいブラウスを女性らしくなりすぎずに着こなせます。自然な美ラインとデニム素材のカジュアルさが、ちょうどいい理由。「甘くなるのは避けたいけど、決めすぎるのも違う……」絶妙な理想を叶えられる一本です。

【休日】ロールアップで靴下のおしゃれを楽しんで

裾にかけて細くなるテーパードデニムは、ロールアップして足首をのぞかせると細見え効果がよりアップします。休日には、大胆に靴下を見せるおしゃれがおすすめ。デニム×靴下コーデは、カジュアル度を加速させる黄金コンビです♪
出典:

裾にかけて細くなるテーパードデニムは、ロールアップして足首をのぞかせると細見え効果がよりアップします。休日には、大胆に靴下を見せるおしゃれがおすすめ。デニム×靴下コーデは、カジュアル度を加速させる黄金コンビです♪

【休日】テーパードデニムで野暮ったく見えないラフコーデに

休日にさらっと着たいラフなコーデも、テーパードデニムなら全然野暮ったく見えないんです。ニットのほか、洗いざらしのカットソーだって洗練された印象に。頑張らないのにすっきりなシルエットは、こなれ感が出ていいこと尽くし。
出典:

休日にさらっと着たいラフなコーデも、テーパードデニムなら全然野暮ったく見えないんです。ニットのほか、洗いざらしのカットソーだって洗練された印象に。頑張らないのにすっきりなシルエットは、こなれ感が出ていいこと尽くし。

太シルエットで楽ちん♪「ワイドデニム」

平日と休日で考えるMYデニム。選び方と着まわしの基本
出典:
太いシルエットで気負わずはける「ワイドデニム」。ゆったり感に包まれて、楽ちん&自分らしくいられるのが嬉しいですよね。カジュアルだけでなくきれいめにも使うなら、ハイウエストがおすすめ。ウエストにアクセントを置くことで、ワイドでも女性らしい印象になりますよ♪

【平日】ウエストインできれいめコーデが即完成!

ハイウエストのワイドデニムは、ウエストインで美シルエットが際立ちます。腰からすとんと落ちるラインが、余裕のある大人らしい表情に。シンプルなトップスとフラットシューズを合わせれば、即きれいめコーデの完成です。
出典:

ハイウエストのワイドデニムは、ウエストインで美シルエットが際立ちます。腰からすとんと落ちるラインが、余裕のある大人らしい表情に。シンプルなトップスとフラットシューズを合わせれば、即きれいめコーデの完成です。

【平日】クラシックコートを羽織れば様になる

ワイドシルエットのデニムには、どこかレトロな雰囲気も漂います。ステンコートやトレンチコートなど、クラシックな羽織りものはベストマッチ。きちんと感を出しながらも、デニム素材が程よい抜けをつくり、こなれたコーデに。
出典:

ワイドシルエットのデニムには、どこかレトロな雰囲気も漂います。ステンコートやトレンチコートなど、クラシックな羽織りものはベストマッチ。きちんと感を出しながらも、デニム素材が程よい抜けをつくり、こなれたコーデに。

【休日】全身楽ちんなデニムコーデを満喫

ゆるくカジュアルに過ごしたい休日には、トップスをウエストインしないルーズな着こなしがおすすめ。ゆる×ゆるアイテムで、等身大のスタイルに仕上げて。重たく見えないよう、髪型をアップにするとバランスがとれます。
出典:

ゆるくカジュアルに過ごしたい休日には、トップスをウエストインしないルーズな着こなしがおすすめ。ゆる×ゆるアイテムで、等身大のスタイルに仕上げて。重たく見えないよう、髪型をアップにするとバランスがとれます。

【休日】デニムONデニムが休日気分を盛り上げる

メンズライクに仕上がるデニムONデニムは、楽しく過ごしたい休日のコーデにぴったり。ワイドシルエットなら、より遊び心のある印象になります。色は、ダークなインディゴが今っぽく見えてイチオシです。
出典:

メンズライクに仕上がるデニムONデニムは、楽しく過ごしたい休日のコーデにぴったり。ワイドシルエットなら、より遊び心のある印象になります。色は、ダークなインディゴが今っぽく見えてイチオシです。

すっきり綺麗な「スリムデニム」

すっきりシルエットの「スリムデニム」は、脚にフィットする美ラインが特徴。スキニーが苦手な方や、はいてみたいけど抵抗がある……なんて方には、ぴったりしすぎないストレッチデニムがおすすめです。さらに華奢な足首が出るアンクル丈なら、自然と細く見えますよ♪
出典:

すっきりシルエットの「スリムデニム」は、脚にフィットする美ラインが特徴。スキニーが苦手な方や、はいてみたいけど抵抗がある……なんて方には、ぴったりしすぎないストレッチデニムがおすすめです。さらに華奢な足首が出るアンクル丈なら、自然と細く見えますよ♪

【平日】さらっとシャツを合わせたきれいめナチュラル

ナチュラルさんがスリムデニムをきれいめにはくなら、かっちりしすぎない抜け感を意識したいところ。さらっと合わせたシャツとスニーカーで、細身かつ清潔感のあるコーデに仕上がります。
出典:

ナチュラルさんがスリムデニムをきれいめにはくなら、かっちりしすぎない抜け感を意識したいところ。さらっと合わせたシャツとスニーカーで、細身かつ清潔感のあるコーデに仕上がります。

【平日】デニムレイヤードで落ち着きのある着こなしに

優しい雰囲気のロングワンピース×ロングカーディガンコーデ。スリムデニムを合わせることで、ゆったりシルエットに締まりが出ます。デニムなのでキツさがなく、落ち着いて見えるのが嬉しいですね。
出典:

優しい雰囲気のロングワンピース×ロングカーディガンコーデ。スリムデニムを合わせることで、ゆったりシルエットに締まりが出ます。デニムなのでキツさがなく、落ち着いて見えるのが嬉しいですね。

【休日】オーバーサイズトップスの引き締め役に抜てき

ほっそりとしたスリムデニムは、休日コーデの引き締め役にも最適。ゆるさが可愛いオーバーサイズトップスも、着ぶくれせずに楽しく♪アンクル丈から靴下を見せれば、ナチュラルさんらしい親しみやすさが出ます。
出典:

ほっそりとしたスリムデニムは、休日コーデの引き締め役にも最適。ゆるさが可愛いオーバーサイズトップスも、着ぶくれせずに楽しく♪アンクル丈から靴下を見せれば、ナチュラルさんらしい親しみやすさが出ます。

【休日】平日とはひと味違うおしゃれレイヤード

平日だけでなく休日もワンピースとのレイヤードを楽しんで。ラフなニットワンピースやTシャツワンピースなど、肩の力を抜けるものがおすすめ。デニムが雰囲気になじみながらも、細身シルエットで手抜きに見えないのがメリットです。
出典:

平日だけでなく休日もワンピースとのレイヤードを楽しんで。ラフなニットワンピースやTシャツワンピースなど、肩の力を抜けるものがおすすめ。デニムが雰囲気になじみながらも、細身シルエットで手抜きに見えないのがメリットです。

デニムなのに上品!「センタープレスデニム」

平日と休日で考えるMYデニム。選び方と着まわしの基本
出典:
中央に折れ目が入った「センタープレスデニム」は、その縦ラインが美しくスマートな印象を与えてくれます。デニムとはいえ、これ単体で"上品アイテム"として成立するのがすごいところ。身近にはけるのに、どんなコーデもワンランクアップできますよ♪

【平日】王道のシャツ×デニムコーデを格上げ

シャツ×デニムの王道コーデは、センタープレス入りを選ぶだけで見違えるような仕上がりに。きれいなシルエットをつくりながらも、デニム素材なのでコンサバになりません。
出典:

シャツ×デニムの王道コーデは、センタープレス入りを選ぶだけで見違えるような仕上がりに。きれいなシルエットをつくりながらも、デニム素材なのでコンサバになりません。

【平日】ヒール靴を合わせても程よい親近感

センタープレスデニムは、ヒール靴で縦ラインを引き伸ばすと、より真っ直ぐにセンタープレスが映えます。デニム素材のおかげで親近感が残るので、あまりヒール靴を履かない方でもトライしやすいですよ。
出典:

センタープレスデニムは、ヒール靴で縦ラインを引き伸ばすと、より真っ直ぐにセンタープレスが映えます。デニム素材のおかげで親近感が残るので、あまりヒール靴を履かない方でもトライしやすいですよ。

【休日】センタープレスでフレンチカジュアルが大人仕様に

小粋なパリジェンヌのように着こなしたいフレンチカジュアル。センタープレスデニムなら、子どもっぽさを一切感じさせない理想のスタイルに決まります。ショッピングやカフェへ向かう気分も上がりそうですね。
出典:

小粋なパリジェンヌのように着こなしたいフレンチカジュアル。センタープレスデニムなら、子どもっぽさを一切感じさせない理想のスタイルに決まります。ショッピングやカフェへ向かう気分も上がりそうですね。

【休日】アートな休日にはセンタープレスデニムを

美術館や図書館など、ゆっくりアートに触れたい休日にはセンタープレスデニムが活躍。上品でありながらも気取らない、絶妙なさじ加減が手に入ります。トラッド小物とも相性がいいので、メガネやローファーなどでスパイスを加えてみて。
出典:

美術館や図書館など、ゆっくりアートに触れたい休日にはセンタープレスデニムが活躍。上品でありながらも気取らない、絶妙なさじ加減が手に入ります。トラッド小物とも相性がいいので、メガネやローファーなどでスパイスを加えてみて。

はきたい日にはける、自由なデニムがいい。

平日も休日もはけそうな、ライフスタイルにぴったりのMYデニムは見つかりましたか? ご紹介したデニムの種類は、どれも万能に着回しやすいものばかりです。その中でも特に取り入れやすそうな一本を見つけて、毎日のおしゃれに生かしてみてくださいね。きっと朝のスタイリングが、より快適になるはずです♪

写真提供

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play