1. トップ
  2. ファッション
  3. 「おしゃれな人」って思われる。素材と色で着回すお手本スタイリング
提供: 南出メリヤス株式会社
「おしゃれな人」って思われる。素材と色で着回すお手本スタイリング

「おしゃれな人」って思われる。素材と色で着回すお手本スタイリング

上質な素材にこだわったお手頃価格のアイテムが豊富に揃うジャパンメイドブランド「NARU(ナル)」。人気スタイリスト 村上きわこさんによる、今季新作のアイテムを使った秋冬をもっとおしゃれに見せるお手本スタイリングをご紹介します。2020年09月25日作成

カテゴリ:
ファッション
お気に入り数1948

「素材」と「色」で楽しむ秋冬のおしゃれ

「おしゃれな人」って思われる。素材と色で着回すお手本スタイリング
長袖のトップスに、パンツ、アウター、ソックスやあったか小物……春夏と比べてコーディネートするアイテムは増え、服が占める面積が大きくなる秋冬のファッション。それだけに、着ている服の印象は強くなってきます。
組み合わせに悩んでしまう人、もっとおしゃれに見られたい人も、季節に合わせた「素材」を上手に選んで、「色」を意識したスタイリングが、秋冬のおしゃれを格上げしてくれます。

上質なのにお手頃。「NARU(ナル)」お手本スタイリング

「おしゃれな人」って思われる。素材と色で着回すお手本スタイリング
素材にこだわったジャパンメイドブランド「NARU(ナル)」は、上質なのにお手頃な価格のアイテムを豊富に展開しており、キナリノでもこの春ご紹介して、大きな反響があったブランドです。
そんな「NARU」の新作アイテムを使って、今回も雑誌や広告などで活躍するスタイリスト 村上きわこさんによる、秋冬をもっとおしゃれに見せるお手本スタイリングをご紹介。

O1.秋冬の主役「コットンニット」アイテム

「おしゃれな人」って思われる。素材と色で着回すお手本スタイリング
「NARU」の人気シリーズである「コットンニット」は、自社のニット工場で編み上げたコットン100%のふっくらとした風合い。さらりとした着心地は、季節の変わり目や秋口にぴったりなアイテムです。毎シーズン季節に合わせた豊富なカラバリも、人気の理由。

ミルクティーのような優しい色合いでまとめる

季節の変わり目にさらりと羽織れるのも「コットンニット」ならでは。着回しの利くカーディガンは、優しい色味を選んで全体のトーンを柔らかくまとめましょう。合わせやすいミルクティーカラーなら、チノ素材との相性も◎。

季節の変わり目にさらりと羽織れるのも「コットンニット」ならでは。着回しの利くカーディガンは、優しい色味を選んで全体のトーンを柔らかくまとめましょう。合わせやすいミルクティーカラーなら、チノ素材との相性も◎。

秋を感じるレンガ色を主役に

発色の良さが光る「コットンニット」のリブタートルは、秋コーデの主役となるものを。一枚でおしゃれが決まるレンガ色は、クラシカルなパンツと合わせてマニッシュスタイルを楽しんで。バッグやシューズなどの革小物とリンクさせてこなれ感を演出。

発色の良さが光る「コットンニット」のリブタートルは、秋コーデの主役となるものを。一枚でおしゃれが決まるレンガ色は、クラシカルなパンツと合わせてマニッシュスタイルを楽しんで。バッグやシューズなどの革小物とリンクさせてこなれ感を演出。

O2.着回し抜群「デラヴェジャージー」素材のカットソー

「おしゃれな人」って思われる。素材と色で着回すお手本スタイリング
目が細かく編まれハリ感のある厚手の生地でつくられた「デラヴェジャージー」素材のカットソー。爽やかな触れ心地は、季節問わず長く着られます。人気のボトルネックのボーダーのほかに、カーディガンタイプなど豊富なデザインが嬉しい。

モノトーンボーダーは差し色で遊ぶ

フレンチシックなコーデに欠かせないボーダートップス。ゆったりとしたシルエットも、ハリ感のある「デラヴェジャージー」素材だからルーズになり過ぎず、大人っぽく着こなせます。この秋はモノトーンボーダーに、パンツなどで差し色を入れた遊び心のあるスタイリングがおすすめ。

フレンチシックなコーデに欠かせないボーダートップス。ゆったりとしたシルエットも、ハリ感のある「デラヴェジャージー」素材だからルーズになり過ぎず、大人っぽく着こなせます。この秋はモノトーンボーダーに、パンツなどで差し色を入れた遊び心のあるスタイリングがおすすめ。

羽織とボトムスのトーンを合わせたワントーン

「デラヴェジャージー」素材のカーディガンは生地がしっかりしているので秋はジャケットとして、冬にはアウターのインナーとしても着られます。ダークカラーを選びがちな羽織は、サンドベージュなど明るい色味をチョイスして爽やかな秋のワントーンに。

「デラヴェジャージー」素材のカーディガンは生地がしっかりしているので秋はジャケットとして、冬にはアウターのインナーとしても着られます。ダークカラーを選びがちな羽織は、サンドベージュなど明るい色味をチョイスして爽やかな秋のワントーンに。

O3.肌寒いと感じたら「裏毛」アイテムで暖かく

「おしゃれな人」って思われる。素材と色で着回すお手本スタイリング
和歌山の職人が編み上げたふっくらとした風合いの「裏毛」仕様のトップスは、ゆったりとしたワイドシルエットが気負わず着られるデザイン。裏毛は吸水速乾性が良く、汗をかいても蒸れにくいという特長があるので、おうちの中でも暖かく快適に過ごせます。

ゆったりトップスにはカーキを合わせてメンズライクに

ゆったりとした自然な落ち感とお尻が隠れるくらい長めの着丈。ボリュームのあるトップスは優しいカラーを選んで、重たくなり過ぎないスタイリングを心がけましょう。ボトムスにカーキを合わせてメンズライクな着こなしも。

ゆったりとした自然な落ち感とお尻が隠れるくらい長めの着丈。ボリュームのあるトップスは優しいカラーを選んで、重たくなり過ぎないスタイリングを心がけましょう。ボトムスにカーキを合わせてメンズライクな着こなしも。

ベストでつくるプレイフルな着こなし

秋冬のレイヤードスタイルに欠かせない「裏毛」仕様のベスト。気分が上がるプレイフルな色合わせはハードルが高いと感じる人は、ベストから取り入れるのもおすすめです。ボトムスと反対色のベストを合わせるのがポイント。

秋冬のレイヤードスタイルに欠かせない「裏毛」仕様のベスト。気分が上がるプレイフルな色合わせはハードルが高いと感じる人は、ベストから取り入れるのもおすすめです。ボトムスと反対色のベストを合わせるのがポイント。

O4.暖かくて機能的「トラベルウール」アイテム

「おしゃれな人」って思われる。素材と色で着回すお手本スタイリング
生地表面に毛羽だちのある、ふわふわとしたテクスチャーが特長の「トラベルウール」アイテム。程よい厚みがあり、空気をたくさん含んだ素材は寒い冬でも暖かく着られるアイテムです。プルオーバーやベスト、カーディガンジャケットなど冬のおしゃれに欠かせないラインナップ。

デニムコーデをレディに仕上げる大人の赤

デニムにニットを合わせると少しカジュアルに見えがちですが、「トラベルウール」のプルオーバーを合わせればレディライクに仕上がります。印象的な赤とモックネックのデザインは、大人コーデに欠かせない一枚になりそう。

デニムにニットを合わせると少しカジュアルに見えがちですが、「トラベルウール」のプルオーバーを合わせればレディライクに仕上がります。印象的な赤とモックネックのデザインは、大人コーデに欠かせない一枚になりそう。

ライトグレーのアウターはクリーンな印象に

アウターとしても使える「トラベルウール」のカーディガンジャケットは、ふんわりと軽い着心地を実現。ノーカラーなので、秋冬のブラウスとも相性よく、すっきりと決まります。顔回りを明るく見せるライトグレーを選べば、クリーンな印象に。

アウターとしても使える「トラベルウール」のカーディガンジャケットは、ふんわりと軽い着心地を実現。ノーカラーなので、秋冬のブラウスとも相性よく、すっきりと決まります。顔回りを明るく見せるライトグレーを選べば、クリーンな印象に。

O5.寒い日の味方「リバーシブルダウン」アイテム

「おしゃれな人」って思われる。素材と色で着回すお手本スタイリング
毛布の町で生まれた、泉大津ダウンとタッグを組んで誕生したこだわりの国産ダウン。ダウン90%・フェザー10%の割合は、暖かさと軽さ、通気性を兼ね備えた特別なダウンになりました。表面はキルティングデザインで、裏面はマットな質感のリバーシブル仕様。

赤×ホワイトで顔回りを華やかに

アウトドア色の強いダウンベストが苦手な人でも着られるツヤ感を抑えたキルティングデザインは、ニットの上にさらっと羽織って上品に。真っ白ではなくアイボリーなので、赤のトップスとも相性よく決まります。華やかな大人コーデの完成。

アウトドア色の強いダウンベストが苦手な人でも着られるツヤ感を抑えたキルティングデザインは、ニットの上にさらっと羽織って上品に。真っ白ではなくアイボリーなので、赤のトップスとも相性よく決まります。華やかな大人コーデの完成。

ホワイト×ホワイトも異素材なら合わせやすい

シャツワンピースにオンしても、ダウンベストのマットな質感がほっこりし過ぎずに、すっきりとまとまります。裏面のシンプルなデザインは、ナチュラルなテイストにもぴったり。ありそうでなかった「リバーシブルダウン」ベストは、この冬のヘビロテアイテムになりそう。

シャツワンピースにオンしても、ダウンベストのマットな質感がほっこりし過ぎずに、すっきりとまとまります。裏面のシンプルなデザインは、ナチュラルなテイストにもぴったり。ありそうでなかった「リバーシブルダウン」ベストは、この冬のヘビロテアイテムになりそう。

「NARU」で毎日をおしゃれに

「おしゃれな人」って思われる。素材と色で着回すお手本スタイリング
素材と着心地にこだわった「NARU」こだわりのアイテムは、カラバリが豊富なので自分に合ったコーディネートが叶います。
素材と色を上手に組み合わせたおすすめコーデを参考に、毎日のおしゃれを楽しんでみませんか。
icons Googl Play