1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. カラー
  5. ブラックコーデ
  6. 持っててよかった「黒」アイテム。軽やかな雰囲気で着こなすコツ&コーデ集
持っててよかった「黒」アイテム。軽やかな雰囲気で着こなすコツ&コーデ集

持っててよかった「黒」アイテム。軽やかな雰囲気で着こなすコツ&コーデ集

「黒」アイテムは合わせやすく着回し力も抜群なので、やっぱり持っておいて損なしです。でも「黒」という色の持つメンズライクな雰囲気や、ともすればフォーマルだったりシックな印象によって、コーデを考える際、苦手意識を持ってしまう方もいるのではないでしょうか?今回は「黒」アイテムを、より軽やかなニュアンスで着こなすテクニックをご紹介。黒アイテムをもっと好きになって活用してもらえたら嬉しいです!2020年08月31日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
コーディネートカラーブラックコーデ夏コーデ黒パンツ
お気に入り数297

合わせやすく、魅力的な「黒」アイテム

白とは違ったイメージを上手に取り入れる

持っててよかった「黒」アイテム。軽やかな雰囲気で着こなすコツ&コーデ集
出典:
モノトーンの白と黒はそれぞれ言わずと知れた着回しの効くカラー。爽やかで清潔感を感じる白アイテムは、クリーンでナチュラルな着こなしに活躍する色味です。一方、イメージが対照的な黒は、シックでクールなイメージと、上品さも併せ持っています。そんな色のもつ長所を、コーデにも上手に活かしていきましょう。

着こなしで「黒」のイメージは変わる

持っててよかった「黒」アイテム。軽やかな雰囲気で着こなすコツ&コーデ集
出典:
アイテムの着こなし次第で、同じ黒でも女性らしいイメージからメンズライクなニュアンス、よそゆきの上品なコーデまで幅広く雰囲気の違う装いを楽しむことが出来ます。つまり、着こなし次第で「黒」のイメージは大きく変わるのです。では早速、着こなし方を見ていきましょう!

気軽に黒の「カットソー/トップス」を着こなす

透け感のある黒アイテムはお洒落に着こなしやすい

ノーカラーのブラウスは、シンプルなシルエットだからこそ大きめのサイズを選んで、肩の力が抜けた着こなしを。インナーは黒で揃えて統一感を。
出典:

ノーカラーのブラウスは、シンプルなシルエットだからこそ大きめのサイズを選んで、肩の力が抜けた着こなしを。インナーは黒で揃えて統一感を。

肩の落ちたデザインが素敵なトップスは、後ろが少し長くなっている変形デザイン。メンズライクなシルエットですが、透け感があることで女性らしさも出せる優秀アイテムです。
出典:

肩の落ちたデザインが素敵なトップスは、後ろが少し長くなっている変形デザイン。メンズライクなシルエットですが、透け感があることで女性らしさも出せる優秀アイテムです。

細かいラメの入ったシャイニーブラウスは、黒が苦手という方もチャレンジしやすいアイテム。明るい色味のボトムを合わせれば、やわらかで優しげなイメージをプラスできます。
出典:

細かいラメの入ったシャイニーブラウスは、黒が苦手という方もチャレンジしやすいアイテム。明るい色味のボトムを合わせれば、やわらかで優しげなイメージをプラスできます。

白いボトムと合わせて爽やかなメリハリを

黒のトップスをハイウエストのパンツと合わせて。パンツが明るい色味だと、トップスの黒とコントラストがはっきりして、メリハリのあるコーデに。
出典:

黒のトップスをハイウエストのパンツと合わせて。パンツが明るい色味だと、トップスの黒とコントラストがはっきりして、メリハリのあるコーデに。

メンズライクな四角いシルエットが特徴のTシャツに、真っ白な太めのパンツを合わせて、雰囲気を盛り上げて。ブルーデニムにせず、白にすることでカジュアル過ぎない絶妙なバランスに仕上がります。
出典:

メンズライクな四角いシルエットが特徴のTシャツに、真っ白な太めのパンツを合わせて、雰囲気を盛り上げて。ブルーデニムにせず、白にすることでカジュアル過ぎない絶妙なバランスに仕上がります。

かっちりめの「シャツ・シャツワンピース」は上手に外す

シンプルに1枚で着こなして大人カジュアルに

ビッグシルエットのシャツは、ボタンを上下外し、腕をまくったりとラフに着こなして。堅苦しくないシャツコーデにする秘訣です。
出典:

ビッグシルエットのシャツは、ボタンを上下外し、腕をまくったりとラフに着こなして。堅苦しくないシャツコーデにする秘訣です。

ノーカラーのシャツは、後ろが長くなっている変形タイプ。お尻がすっぽりと隠れるので、タイトスカートが苦手でもチャレンジしやすいですよ♪トートバッグなどラフなアイテムを合わせてリラックスムードに。
出典:

ノーカラーのシャツは、後ろが長くなっている変形タイプ。お尻がすっぽりと隠れるので、タイトスカートが苦手でもチャレンジしやすいですよ♪トートバッグなどラフなアイテムを合わせてリラックスムードに。

ラフなコーデも黒ならいつもよりシックにきまる

ゆるっとしたシルエットだから華奢見せ効果バツグン!バックが長めになったデザイン&袖のバルーン風フォルムがこなれた抜け感を作り出してくれます。白パンツはもちろん、明るめのデニムを合わせてもラフになりすぎずシックにまとまります。
出典:

ゆるっとしたシルエットだから華奢見せ効果バツグン!バックが長めになったデザイン&袖のバルーン風フォルムがこなれた抜け感を作り出してくれます。白パンツはもちろん、明るめのデニムを合わせてもラフになりすぎずシックにまとまります。

柔らかい質感のシャツワンピースは、手首が覗く七分袖。後ろにタックが入っていて、長さも違うのでAラインのように見えます。白いパンツを忍ばせて、ラフなコーデを満喫しましょう。
出典:

柔らかい質感のシャツワンピースは、手首が覗く七分袖。後ろにタックが入っていて、長さも違うのでAラインのように見えます。白いパンツを忍ばせて、ラフなコーデを満喫しましょう。

甘くなりすぎない「黒スカート」は大人の味方

広がらないスカートはカジュアルだけど女性らしい着こなしに

足首がちらりと覗くタイトスカート。履くだけで大人な雰囲気になるので、ボーダートップスと合わせてパリジェンヌな装いにシフト。
出典:

足首がちらりと覗くタイトスカート。履くだけで大人な雰囲気になるので、ボーダートップスと合わせてパリジェンヌな装いにシフト。

ひざ下丈のタイトスカートは、シンプルなトップスをinして。コーデのポイントは青いソックスとサンダル。シンプルコーデほど、足元に遊びを入れるとよりお洒落に見えますよ。
出典:

ひざ下丈のタイトスカートは、シンプルなトップスをinして。コーデのポイントは青いソックスとサンダル。シンプルコーデほど、足元に遊びを入れるとよりお洒落に見えますよ。

フレアスカートでリラックス感漂うコーデに

黒のフレアスカートは履くだけでシックに見える魔法のボトム。だからこそトップスやスニーカーで力を抜いて、リラックス感を演出しましょう。
出典:

黒のフレアスカートは履くだけでシックに見える魔法のボトム。だからこそトップスやスニーカーで力を抜いて、リラックス感を演出しましょう。

少し艶感のあるスカートには、レディライクなベージュのトップス、キャメルのバレエシューズを合わせてきめ過ぎない女性らしい装いに。ヘアをアップにするだけで爽やかさもプラスできます。
出典:

少し艶感のあるスカートには、レディライクなベージュのトップス、キャメルのバレエシューズを合わせてきめ過ぎない女性らしい装いに。ヘアをアップにするだけで爽やかさもプラスできます。

黒が苦手な人でも取り入れやすいのは「パンツ」

ワンピースやチュニックと合わせてレイヤード風に

白いチュニックを黒いパンツに合わせて、バランスよく。小物も黒で揃えれば、より統一感アップ。ポイントはベルトでブロッキングし、スタイルアップさせてみて。
出典:

白いチュニックを黒いパンツに合わせて、バランスよく。小物も黒で揃えれば、より統一感アップ。ポイントはベルトでブロッキングし、スタイルアップさせてみて。

ボトムに困りがちなシャツワンピースに、黒のペチパンツを忍ばせて。丈感を意識して合わせると、まだみんな気が付いていないお洒落なレイヤードコーデに。
出典:

ボトムに困りがちなシャツワンピースに、黒のペチパンツを忍ばせて。丈感を意識して合わせると、まだみんな気が付いていないお洒落なレイヤードコーデに。

細身のパンツをフレアなシャツワンピースに合わせて。頭から足元までグラデーションを描くようにアイテムをカラーリングするとバランスが取れたコーデになります。
出典:

細身のパンツをフレアなシャツワンピースに合わせて。頭から足元までグラデーションを描くようにアイテムをカラーリングするとバランスが取れたコーデになります。

シンプルな着こなしで黒の良さを際立たせる

すこし緩めのパンツには、カットソーとニットベストをレイヤードしてカジュアルに。白が脇役としてコーデに入ると、黒の魅力が引き立ちます。
出典:

すこし緩めのパンツには、カットソーとニットベストをレイヤードしてカジュアルに。白が脇役としてコーデに入ると、黒の魅力が引き立ちます。

色がボケやすいアイテムには、黒のパンツで引き締めるのがおススメ。パキっとコントラストを付けてくれるので、コーデが魅力的に見えます。足元に外しを入れるとなお良し◎。
出典:

色がボケやすいアイテムには、黒のパンツで引き締めるのがおススメ。パキっとコントラストを付けてくれるので、コーデが魅力的に見えます。足元に外しを入れるとなお良し◎。

上下ともにビッグシルエットなコーデ。だからこそ、裾から覗かせるインナーの白Tの存在が大事になってきます。足元は、サンダルやスニーカーなどのカジュアルアイテムではなく、かっちりめのアイテムを選びましょう。さりげなく綺麗めなニュアンスをプラスできます。
出典:

上下ともにビッグシルエットなコーデ。だからこそ、裾から覗かせるインナーの白Tの存在が大事になってきます。足元は、サンダルやスニーカーなどのカジュアルアイテムではなく、かっちりめのアイテムを選びましょう。さりげなく綺麗めなニュアンスをプラスできます。

黒アイテムはやっぱり万能!

持っててよかった「黒」アイテム。軽やかな雰囲気で着こなすコツ&コーデ集
出典:
黒アイテムで作る着こなしの中にあなたのお気に入りは見つかりましたか?合わせ方次第で印象がガラリと変わりますね!お手持ちの黒アイテムで実践してみてください。もっともっとお洒落を楽しみましょう♪

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play