1. トップ
  2. ファッション
  3. トップス
  4. シャツ
  5. 基本と実例コーデから学ぶ。大人のシャツ選び&旬の着こなしレッスン
基本と実例コーデから学ぶ。大人のシャツ選び&旬の着こなしレッスン

基本と実例コーデから学ぶ。大人のシャツ選び&旬の着こなしレッスン

世代を選ばずに活躍してくれる定番アイテム「シャツ」。定番だからこそ、自分に合ったアイテムを選び、着こなしのアレンジも楽しみたいものです。シャツ選びの基本ポイント、今の気分に合う着こなしテクニックや素敵なコーデをまとめました。2020年08月20日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
トップスシャツ着こなし白シャツ
お気に入り数658

ずっと着たいから。シャツの選び方と着こなしをおさらい

ファッションの定番アイテムとして、フォーマルからカジュアルまで活躍してくれる「シャツ」。ずっと着たいアイテムだからこそ、きちんとサイズを合わせて、コーディネートをアップデートし、上手にお付き合いしていきたいもの。
基本と実例コーデから学ぶ。大人のシャツ選び&旬の着こなしレッスン
出典:
この記事では、シャツの選び方の基本と、今の気分に合う着こなしについてご紹介したいと思います。

シャツ選びの基本ポイント

サイズについて

基本と実例コーデから学ぶ。大人のシャツ選び&旬の着こなしレッスン
出典:pixabay.com
一般的にシャツのサイズを選ぶ際は、まずシャツと自分の肩幅を合わせます。肩幅より小さいと窮屈で、大きいとだらしなくなってしまうのでジャストサイズがおすすめだそう。次に背中や脇の部分をチェック。背幅がきついとシワが寄り、背中のお肉が目立ってしまうことも。アームホールにはに少しゆとりを持たせた方が着心地もいいですね。
また、バストトップからは10センチほどの余裕を取るとよいそうです。胸周りが大きすぎるとインナーが見えやすく、きついと下着のラインが出てしまいます。

素材について

シャツは、生地の素材もその機能も様々です。例えば天然素材は肌触りや通気性に優れていたり、合成繊維が入ると洗濯しやすく形状記憶の機能があったり、目的によって使い分けるといいですね。
基本と実例コーデから学ぶ。大人のシャツ選び&旬の着こなしレッスン
出典:pixabay.com
代表的な素材は綿(コットン)、ポリエステル、麻(リネン)などです。

・綿(コットン)の特徴
通気性が高く、着心地がよい。天然素材で肌の弱い人も安心。
・ポリエステルの特徴
軽くて丈夫、シワになりにくい。すぐに乾いて、洗濯しても縮みにくい。
・麻(リネン)の特徴
熱がこもらず、天然素材の中でも最も涼しいと言われる。放湿性が高いので汗が乾きやすい。

また、とろみ、張りのあるもの、透けるものなど、素材の質感によってイメージが変わります。
フェミニン、カジュアル、フォーマルなどテイストに合わせて選んでみましょう。

旬のシャツの着こなし、3つのテクニック

基本と実例コーデから学ぶ。大人のシャツ選び&旬の着こなしレッスン
出典:
ここ最近のレディースシャツのトレンドは、ビッグサイズやゆとりのあるシルエット。とはいえ、ただゆるく着ればいいものでもありません。カジュアル過ぎず、だらしなく見えない着こなしのテクニックは、以下の3つです。

1.清潔感

ボリュームのあるシャツは、いい意味でも悪い意味でもリラックス感が出ます。くだけすぎた着方をしてしまうと、子供っぽかったりだらしなく見えることも。大人の女性ならば、「清潔感」は大切にしたいものですよね。
例えば画像のように、裾をインしてきれいめなパンツと組み合わせるとメリハリが生まれ、オフィスカジュアルにもなる上品コーデに。清涼感のある色の組み合わせも爽やかでおすすめです。
出典:

例えば画像のように、裾をインしてきれいめなパンツと組み合わせるとメリハリが生まれ、オフィスカジュアルにもなる上品コーデに。清涼感のある色の組み合わせも爽やかでおすすめです。

2.こなれ感

「こなれている」とは、シンプルなのにおしゃれに見える、自然体だけどかっこいい、そんな空気感に使われます。まさに、大人の女性が目指したい雰囲気。ベースはシンプルで、よく見るとディテールのデザインが効いていたり、小物を上手に合わせるなど、小さな工夫が重なっているのが特徴です。
画像のようなドルマンスリーブなど、袖、裾、襟などにちょっとしたアクセントがあるものを選ぶと、こなれ感を出しやすいですね。
出典:

画像のようなドルマンスリーブなど、袖、裾、襟などにちょっとしたアクセントがあるものを選ぶと、こなれ感を出しやすいですね。

3.大人の抜け感

適度に肌を見せることで、ボリュームのあるシルエットのバランスがよくなりスタイルアップしたり、女性らしさが際立つ「抜け」。特に小柄な女性はこの抜け感があると、服のボリューム感に負けず着こなすことができるのだとか。
例えば袖をまくる、ボタンを外して襟を抜く、ナチュラルに崩したヘアを合わせるなどが、定番テクニックです。
出典:

例えば袖をまくる、ボタンを外して襟を抜く、ナチュラルに崩したヘアを合わせるなどが、定番テクニックです。

真似したい、シャツの素敵コーデ集

襟の小さなスタンドカラーの白シャツは、Tシャツ感覚で使える優れもの。合わせるボトムスを選ばないので、忙しい朝にはお助けアイテムになってくれます。ナチュラルカラーのパンツと一緒にきれいめに着たり、レッドやグリーンなどの彩度の高い色を合わせてもおしゃれです。
出典:

襟の小さなスタンドカラーの白シャツは、Tシャツ感覚で使える優れもの。合わせるボトムスを選ばないので、忙しい朝にはお助けアイテムになってくれます。ナチュラルカラーのパンツと一緒にきれいめに着たり、レッドやグリーンなどの彩度の高い色を合わせてもおしゃれです。

大きな襟や胸ポケットがついたCPOタイプのシャツはジャケットとしても使えます。画像は、麻が入った素材のさらりとしたシャツをジャケット代わりにしたコーデです。シックなモノトーンの配色とスポーティーなアイテムを合わせた、大人のカジュアルスタイルです。
出典:

大きな襟や胸ポケットがついたCPOタイプのシャツはジャケットとしても使えます。画像は、麻が入った素材のさらりとしたシャツをジャケット代わりにしたコーデです。シックなモノトーンの配色とスポーティーなアイテムを合わせた、大人のカジュアルスタイルです。

カジュアルなイメージのオーバーオールも、Tシャツではなく、シックな色の開襟シャツと一緒に着ればきれいめにまとまりますね。ブラック小物で落ち着きと大人っぽさもプラスして、キナリノ世代も取り入れやすそうなリラックスコーデです。
出典:

カジュアルなイメージのオーバーオールも、Tシャツではなく、シックな色の開襟シャツと一緒に着ればきれいめにまとまりますね。ブラック小物で落ち着きと大人っぽさもプラスして、キナリノ世代も取り入れやすそうなリラックスコーデです。

首の詰まったデザインのシャツは、ビッグシルエットでもきちんと見えます。ベージュのストライプ柄に白ボトムスを合わせたコーデは、上品な色合わせでオフィスカジュアルにもぴったりです。
出典:

首の詰まったデザインのシャツは、ビッグシルエットでもきちんと見えます。ベージュのストライプ柄に白ボトムスを合わせたコーデは、上品な色合わせでオフィスカジュアルにもぴったりです。

こちらは、シンプルなワンピースタイプのロングシャツにこだわりの小物使いが目を引く一例。ハットやメガネなど味のあるアイテムを合わせ、髪型のスタイリングも抜かりなく。個性と可愛さが光るコーデです。
出典:

こちらは、シンプルなワンピースタイプのロングシャツにこだわりの小物使いが目を引く一例。ハットやメガネなど味のあるアイテムを合わせ、髪型のスタイリングも抜かりなく。個性と可愛さが光るコーデです。

着こなしがシンプルすぎるかも...という時は、柄シャツを羽織ってみるのも手です。着こなしにアクセントが生まれて、華やかさも加わります。また、気になる二の腕や腰回りもふわっと目隠しできるので、大人の女性はぜひ取り入れてみたいコーデですね。
出典:

着こなしがシンプルすぎるかも...という時は、柄シャツを羽織ってみるのも手です。着こなしにアクセントが生まれて、華やかさも加わります。また、気になる二の腕や腰回りもふわっと目隠しできるので、大人の女性はぜひ取り入れてみたいコーデですね。

最近流行のバックシャンスタイルのシャツも素敵です。画像は深い切れ込みとリボンがアクセントになったデザイン。ワンピースの上に重ねたり、ワイドバンツと組み合わせたり、レイヤードの楽しみが広がります。
出典:

最近流行のバックシャンスタイルのシャツも素敵です。画像は深い切れ込みとリボンがアクセントになったデザイン。ワンピースの上に重ねたり、ワイドバンツと組み合わせたり、レイヤードの楽しみが広がります。

シャツはそのまま着るだけでなくアレンジすることもできます。例えば、ロングシャツの裾をウエストでキュッと結んだアレンジ。引き締め効果で女性らしさが引き立ち、腰高に見えるのもポイント。結ぶだけなので、シャツ初心者さんにも簡単にできる技です。
出典:

シャツはそのまま着るだけでなくアレンジすることもできます。例えば、ロングシャツの裾をウエストでキュッと結んだアレンジ。引き締め効果で女性らしさが引き立ち、腰高に見えるのもポイント。結ぶだけなので、シャツ初心者さんにも簡単にできる技です。

ワントーンのゆる×ゆるのコーデでは、ベルトでメリハリをつけるというアレンジも人気です。シャツの上からベルトを締めたら、ふわりとトップスを引き出してシルエットを調整。ぼんやりしがちなベージュトーンに奥行きが出て、スタイルアップにつながります。
出典:

ワントーンのゆる×ゆるのコーデでは、ベルトでメリハリをつけるというアレンジも人気です。シャツの上からベルトを締めたら、ふわりとトップスを引き出してシルエットを調整。ぼんやりしがちなベージュトーンに奥行きが出て、スタイルアップにつながります。

旬のシャツアレンジといえば、シャツを斜めにたすき掛けするコーデも注目です。シンプルな服も、一気におしゃれ上級者な雰囲気になれます。カーディガンと同じく寒暖差対策にも便利なので、出番が多そうなアレンジスタイルです。
出典:

旬のシャツアレンジといえば、シャツを斜めにたすき掛けするコーデも注目です。シンプルな服も、一気におしゃれ上級者な雰囲気になれます。カーディガンと同じく寒暖差対策にも便利なので、出番が多そうなアレンジスタイルです。

シャツといつも、これからも

基本と実例コーデから学ぶ。大人のシャツ選び&旬の着こなしレッスン
出典:
きちんと感を残しながら、頑張りすぎないおしゃれを楽しめる「シャツ」。コーデによって雰囲気も変えることができ、毎日着ても楽しみが尽きないアイテムです。お気に入りの一枚と一緒に、自分らしいアレンジを色々試してみてくださいね。

画像のご協力ありがとうございました

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play