1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. スタイル・テイスト
  5. クラシカル
  6. ノスタルジック×ナチュラル。60's/70's/80'sの最旬コーデ教えます
ノスタルジック×ナチュラル。60's/70's/80'sの最旬コーデ教えます

ノスタルジック×ナチュラル。60's/70's/80'sの最旬コーデ教えます

昔の映画を観て、女性たちのファッションの可愛さにびっくり!そんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。この記事では、今にも通じるセンスで、だけどどこか懐かしい、【60's/70's/80'sの最旬コーデ】を2020年の私たちが取り入れるテクニックをご紹介します♪ナチュラルさんにぴったりの、落ち着いていてでもどこか個性的なコーデを集めています。最近コーデにマンネリを感じている方は必見です!2020年06月01日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
コーディネートスタイル・テイストクラシカル着こなしレトロ
お気に入り数940

レトロ映画みたいな、憧れファッション

ノスタルジック×ナチュラル。60's/70's/80'sの最旬コーデ教えます
出典:unsplash.com
昔の映画を観て、そのファッションの可愛さに驚かされたことはありませんか?流行は巡ってきますから、時代遅れどころか「今っぽい!」と感じるスタイルも少なくありません。今は少し珍しく感じるファッションでも、あえて今っぽくアレンジして取り入れることでコーデの幅を広げることができますね。
そこで今回は、60年代、70年代、80年代ファッションのエッセンスを今のコーデに取り入れるポイントを紹介します!ぜひチェックしてみてくださいね♪

【60’s】パッションあふれる!ポップなレトロモダン

①とにかく元気な色×色コーデ!

相性のいいカラー同士で組むのがポイント!

華やかな色に色を重ねるのが60年代ファッションの最先端。落ち着いた色が多い今のコーデにあえて取り入れて、新しい風を吹かせちゃいましょう!
上のコーデは、相性のいいオレンジ系カラーと紺色系カラーをメインに使うことで、カラフルながらも統一感あるコーデに仕上げています。
出典:

華やかな色に色を重ねるのが60年代ファッションの最先端。落ち着いた色が多い今のコーデにあえて取り入れて、新しい風を吹かせちゃいましょう!
上のコーデは、相性のいいオレンジ系カラーと紺色系カラーをメインに使うことで、カラフルながらも統一感あるコーデに仕上げています。

小物でカラーを取り入れて

面積の大きいカラーアイテムにカラー小物を組み合わせれば、カラフルコーデのハードルはぐっと下がります。ビタミンカラーをふんだんに使った、元気になれそうなコーデですね♪
出典:

面積の大きいカラーアイテムにカラー小物を組み合わせれば、カラフルコーデのハードルはぐっと下がります。ビタミンカラーをふんだんに使った、元気になれそうなコーデですね♪

②大きめ幾何学模様で華やかに

大柄初心者さんなら縦ストライプ

幾何学模様を全面に使ったコーデも多くみられた60年代。同系色同士の縦ストライプなら、大人女子にも着こなしやすいですね。
出典:

幾何学模様を全面に使ったコーデも多くみられた60年代。同系色同士の縦ストライプなら、大人女子にも着こなしやすいですね。

ポルカドットでレトロさアップ!

レトロな柄と言えばポルカドット。黒地に白のオーソドックスなもの以外にもさまざまなバリエーションがあるので、自分のコーデに取り入れやすいものをチョイスして。
出典:

レトロな柄と言えばポルカドット。黒地に白のオーソドックスなもの以外にもさまざまなバリエーションがあるので、自分のコーデに取り入れやすいものをチョイスして。

③女性らしさを表現するシースルー

薄グレーなら大人っぽい&使いやすい

60年代には、女性らしい印象を際立たせるシースルーも流行しました。実は今年の流行アイテムでもあるシースルートップス。着るだけで今っぽい印象も叶います。白や薄いグレー、ベージュなら白シャツと同じように使えるので、おすすめです♪
出典:

60年代には、女性らしい印象を際立たせるシースルーも流行しました。実は今年の流行アイテムでもあるシースルートップス。着るだけで今っぽい印象も叶います。白や薄いグレー、ベージュなら白シャツと同じように使えるので、おすすめです♪

カラーシースルーで華やかに

オレンジやピスタチオカラーは、シースルーシャツの中でも特に大人気。軽やかな素材も相まって、春夏らしい着こなしをかなえてくれます。
出典:

オレンジやピスタチオカラーは、シースルーシャツの中でも特に大人気。軽やかな素材も相まって、春夏らしい着こなしをかなえてくれます。

④ミリタリー風アイテムでクールに決める

カーキジャケット×黒コーデが王道

女性らしいファッションが流行したと同時に、メンズアイテムであるミリタリージャケットをあえて着るのも流行った60年代。カーキジャケット×黒の組み合わせなら、簡単にかっこいい印象が手に入ります。
出典:

女性らしいファッションが流行したと同時に、メンズアイテムであるミリタリージャケットをあえて着るのも流行った60年代。カーキジャケット×黒の組み合わせなら、簡単にかっこいい印象が手に入ります。

ガーリーアイテムにあえてミリタリーを

ガーリー派さんなら、花柄ワンピースなど甘めのアイテムにミリタリージャケットを合わせるのがおすすめ。大人っぽい甘辛MIXコーデになりますよ。
出典:

ガーリー派さんなら、花柄ワンピースなど甘めのアイテムにミリタリージャケットを合わせるのがおすすめ。大人っぽい甘辛MIXコーデになりますよ。

⑤タイトなラインで女性らしく

女性のボディラインをしっかり見せるようなファッションも60年代の特徴。トップスをウエストインしたり、ウエストを絞ったりすれば、無理なくコンパクトなシルエットに。タイトスカートをはいて、女性らしいIラインシルエットを叶えましょう。
出典:

女性のボディラインをしっかり見せるようなファッションも60年代の特徴。トップスをウエストインしたり、ウエストを絞ったりすれば、無理なくコンパクトなシルエットに。タイトスカートをはいて、女性らしいIラインシルエットを叶えましょう。

スカーフでさらにレトロムードを盛り上げて♪

Iラインコーデにスカーフをプラスすれば、一気に60年代らしいレトロファッションに。大きめ&色柄の華やかなスカーフを選ぶのがポイントです♪
出典:www.instagram.com(@nyan22u22nyan)

Iラインコーデにスカーフをプラスすれば、一気に60年代らしいレトロファッションに。大きめ&色柄の華やかなスカーフを選ぶのがポイントです♪

シンプルコーデが垢抜ける。『スカーフ』を使った簡単ヘアアレンジ集
シンプルコーデが垢抜ける。『スカーフ』を使った簡単ヘアアレンジ集

ようやく、少しずつ秋の涼やかな風が感じられるようになってきましたね。ファッションも露出が減り、Tシャツやカットソー、長袖のワンピースにシフトチェンジする季節です。そんなシンプルコーデに加えたいのが「スカーフ」。スカーフは首元にサッと巻いても良いですが、ヘアアレンジにも取り入れやすいんですよ。いつもの一つ結びにプラスして頭に巻くだけでおしゃれ度もこなれ度もup♪今回は、秋のファッションに早速取り入れたい「スカーフを使ったヘアアレンジ」をご紹介したいと思います。

スカーフアレンジをたくさん集めた記事。動画での解説もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

60’sのおすすめ映画|ただ派手なだけじゃない!品のある60年代ファッション

シャレード デジタル・リマスター版 [Blu-ray]
出典:amazon.co.jp

『ティファニーで朝食を』で有名なオードリー・ヘプバーンが主人公の映画。60’sらしい華やかながらも品の良いファッションも楽しめる映画です♪

シャレード デジタル・リマスター版 [Blu-ray]
2,418円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

【70’s】デニムにヒッピー…HAPPYになれるカジュアルな装い

①フォークロアでヒッピーのエッセンスを♪

落ち着いた色柄のものから取り入れてみて

一見難しそうなイメージのヒッピーファッション。色や柄が落ち着いたものなら普段のファッションにもマッチしやすくなります。ナチュラルな風合いの生地が可愛いですね♪
出典:

一見難しそうなイメージのヒッピーファッション。色や柄が落ち着いたものなら普段のファッションにもマッチしやすくなります。ナチュラルな風合いの生地が可愛いですね♪

一枚で主役級のフォークロアワンピ

民族柄が入ったワンピースは一枚で主役級。色味も意外と落ち着いたものが多く、体形も拾わないのでどんな方でもチャレンジしやすいのが特徴です。派手さはなくとも目を引くおしゃれなコーデが一枚で作れます。
出典:

民族柄が入ったワンピースは一枚で主役級。色味も意外と落ち着いたものが多く、体形も拾わないのでどんな方でもチャレンジしやすいのが特徴です。派手さはなくとも目を引くおしゃれなコーデが一枚で作れます。

②裾が広がったベルボトムでスタイルアップ!

フレアパンツはまさに今流行中!

パンツの裾が大きく広がったベルボトムは70年代を象徴するアイテム。実は、今リバイバルしてるって知ってますか?裾の広がりを少し抑えて今っぽいシルエットに仕上げた「フレアパンツ」が今じわじわ流行中なんです!
普段のパンツをフレアパンツにするだけで、ぐっと今どきなコーデに仕上がりますよ♪
出典:

パンツの裾が大きく広がったベルボトムは70年代を象徴するアイテム。実は、今リバイバルしてるって知ってますか?裾の広がりを少し抑えて今っぽいシルエットに仕上げた「フレアパンツ」が今じわじわ流行中なんです!
普段のパンツをフレアパンツにするだけで、ぐっと今どきなコーデに仕上がりますよ♪

一見普通のカジュアルもフレアパンツで今っぽく

コロンとしたサークルバッグやカンカン帽で、レトロ気分をさらに盛り上げて♪
出典:

コロンとしたサークルバッグやカンカン帽で、レトロ気分をさらに盛り上げて♪

③マニッシュスタイルを取り入れて

70’sファッションに欠かせない大きめジャケット

70年代には、女性があえて男性サイズのジャケットを着ることが流行りました。大きめのジャケットを着ることで、逆に華奢な女性らしさが強調される、今にも通じるコーデテクニックです。
今っぽくカジュアルダウンさせるなら、インナーをTシャツにしたり、スニーカーを合わせたりするのがおすすめ。
出典:

70年代には、女性があえて男性サイズのジャケットを着ることが流行りました。大きめのジャケットを着ることで、逆に華奢な女性らしさが強調される、今にも通じるコーデテクニックです。
今っぽくカジュアルダウンさせるなら、インナーをTシャツにしたり、スニーカーを合わせたりするのがおすすめ。

スカーフできちんと感とレトロ感を

髪に巻いてもレトロ感を出してくれるスカーフ。ジャケットと合わせるなら、首に巻くのがおすすめです。きちんとしていながら華やかな印象なので、オフィスカジュアルにも。
出典:

髪に巻いてもレトロ感を出してくれるスカーフ。ジャケットと合わせるなら、首に巻くのがおすすめです。きちんとしていながら華やかな印象なので、オフィスカジュアルにも。

④花柄で程よくガーリーに♪

柄の中にある色を使って統一感あるコーデに

大胆、かつカラフルな花柄も流行した70年代。カラーの花柄に少しハードルを感じる人は、柄の色数を抑えつつ、柄の中の色を使ってコーデを組んでみて。統一感のある、今っぽいコーデに仕上がります。
出典:

大胆、かつカラフルな花柄も流行した70年代。カラーの花柄に少しハードルを感じる人は、柄の色数を抑えつつ、柄の中の色を使ってコーデを組んでみて。統一感のある、今っぽいコーデに仕上がります。

ガーリーな花柄ブラウスをチノで引き締め

甘めのアイテムが苦手な方は、花柄ブラウスの色を抑えめにしたうえで、大人カジュアルなコーデに合わせるのがおすすめ。
出典:

甘めのアイテムが苦手な方は、花柄ブラウスの色を抑えめにしたうえで、大人カジュアルなコーデに合わせるのがおすすめ。

⑤デニムが無いと70’sは始まらない!

インディゴならデニム×デニムにも挑戦しやすい

とにかくデニムが流行った70年代。デニムを上下に使ったコーデもよく見られました。現代を生きるキナリノ世代が取り入れるなら、インディゴデニムで揃えてセットアップ風に着こなすのがおすすめ!
出典:

とにかくデニムが流行った70年代。デニムを上下に使ったコーデもよく見られました。現代を生きるキナリノ世代が取り入れるなら、インディゴデニムで揃えてセットアップ風に着こなすのがおすすめ!

ダメージジーンズはキレイめアイテムで中和

だぼっとしたダメージジーンズも70年代には流行。今っぽく着るなら、他のアイテムは綺麗めで揃えて、ハズシとしてダメージジーンズを取り入れるのがおすすめ。パンツがゆるっとしている分、トップスはコンパクトにしてメリハリのあるコーデに仕上げましょう。
出典:

だぼっとしたダメージジーンズも70年代には流行。今っぽく着るなら、他のアイテムは綺麗めで揃えて、ハズシとしてダメージジーンズを取り入れるのがおすすめ。パンツがゆるっとしている分、トップスはコンパクトにしてメリハリのあるコーデに仕上げましょう。

70’sのおすすめ映画|今にも通じるマニッシュなセンスが素敵

アニー・ホール [AmazonDVDコレクション]
出典:amazon.co.jp

70年代のロマンスコメディ映画。ダイアン・キートン演じるマニッシュなファッションのヒロインは今から見てもとってもおしゃれ♪

アニー・ホール [AmazonDVDコレクション]
1,000円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る

【80’s】一言では表せない、ファッションの多様性が生まれた時代

①ちょいゆるプレッピースタイルで大人っぽく

ゆる×ゆるコーデにチェックを取り入れて

ゆるっとしたプレッピースタイルが流行った80年代。トラディショナルなタータンチェックで、プレッピーのエッセンスを気軽に取り入れましょ。上下ともにゆる×ゆるで揃えつつ、カラーアイテムをどこかに入れるのがレトロかつおしゃれに見せるコツ。
出典:

ゆるっとしたプレッピースタイルが流行った80年代。トラディショナルなタータンチェックで、プレッピーのエッセンスを気軽に取り入れましょ。上下ともにゆる×ゆるで揃えつつ、カラーアイテムをどこかに入れるのがレトロかつおしゃれに見せるコツ。

カレッジトップスでアメカジ風に

大学のロゴなどが入ったカレッジトップスも、当時らしさを取り入れるコツ。ボトムスはジーンズだとカジュアルすぎるので、チノパンなどでバランスを取って。
出典:

大学のロゴなどが入ったカレッジトップスも、当時らしさを取り入れるコツ。ボトムスはジーンズだとカジュアルすぎるので、チノパンなどでバランスを取って。

②トラディショナルなお嬢さん風♪

クラシカルなボウタイブラウスであなたも「ハマトラ」♪

横浜トラディショナル、通称ハマトラと呼ばれるクラシカルなお嬢さん風ファッションも80年代には流行。ボウタイブラウスなら、簡単にレトロなハマトラコーデを作ることができます。
出典:

横浜トラディショナル、通称ハマトラと呼ばれるクラシカルなお嬢さん風ファッションも80年代には流行。ボウタイブラウスなら、簡単にレトロなハマトラコーデを作ることができます。

ドッキングワンピでお手軽クラシカル!

ドッキングワンピなら、1枚でハマトラファッション♪花柄などを取り入れる場合も、モノトーンやくすみカラーをメインにすることで、大人っぽく着こなすことができます。
出典:

ドッキングワンピなら、1枚でハマトラファッション♪花柄などを取り入れる場合も、モノトーンやくすみカラーをメインにすることで、大人っぽく着こなすことができます。

③全身真っ黒でスタイリッシュに決める

カジュアルアイテムで「カラス族」に

全身真っ黒な「カラス族」は今でいうオールブラック。かっこいいけど敷居が高い…と感じる方は、色を黒で揃えつつアイテムをカジュアルなものにしてみて。
出典:

全身真っ黒な「カラス族」は今でいうオールブラック。かっこいいけど敷居が高い…と感じる方は、色を黒で揃えつつアイテムをカジュアルなものにしてみて。

ところどころに白を挟むのも今っぽい!

完全に真っ黒にするのではなく、小物やチラ見せインナーを白にすることで、今っぽいモノトーンコーデに仕上がります。
出典:

完全に真っ黒にするのではなく、小物やチラ見せインナーを白にすることで、今っぽいモノトーンコーデに仕上がります。

④大人に着こなすストリートMix

モノトーンならストリート風でも取り入れやすい

ストリートファッションも80年代の流行。現代の大人女子が取り入れるなら、モノトーンで揃えつつゆったりシルエットで今っぽさを出すのがおすすめです。足元はダッドスニーカーでレトロ感をプラスして。
出典:

ストリートファッションも80年代の流行。現代の大人女子が取り入れるなら、モノトーンで揃えつつゆったりシルエットで今っぽさを出すのがおすすめです。足元はダッドスニーカーでレトロ感をプラスして。

ゆるスウェットで作るカジュアルガーリー♪

ロゴスウェットはスカートと合わせてカジュアルガーリーに。ロゴができるだけシンプルなものを選ぶと、スウェットでも大人っぽく仕上がります。
出典:

ロゴスウェットはスカートと合わせてカジュアルガーリーに。ロゴができるだけシンプルなものを選ぶと、スウェットでも大人っぽく仕上がります。

⑤元祖「森ガール」?ナチュラルガーリーなオリーブ女子♪

素材感とカラーで「オリーブ女子」を表現して

元祖森ガールとも言われる「オリーブ女子」。そのままだと大人女子には甘すぎるので、素材でナチュラル感を表現しましょう。カラーはベージュをベースに、くすみパステルカラーを投入するのがおすすめです。
出典:

元祖森ガールとも言われる「オリーブ女子」。そのままだと大人女子には甘すぎるので、素材でナチュラル感を表現しましょう。カラーはベージュをベースに、くすみパステルカラーを投入するのがおすすめです。

ナチュラル可愛い編み下ろしにチャレンジ!

フェミニンかつナチュラルな雰囲気に仕上がる編み下ろしは、オリーブ女子コーデにぴったり。ロングの人はぜひチャレンジしてみて!
出典:www.instagram.com(@_quietmettie_k)

フェミニンかつナチュラルな雰囲気に仕上がる編み下ろしは、オリーブ女子コーデにぴったり。ロングの人はぜひチャレンジしてみて!

ふんわり、華やか。大人の色気と品を備えたゆるふわ「編み下ろし」が気になる!
ふんわり、華やか。大人の色気と品を備えたゆるふわ「編み下ろし」が気になる!

ひと昔前まではアップのヘアアレンジといえばハーフアップか高い位置でのアップが主流でしたが、最近低い位置でまとめたダウンスタイルも人気。その中でもミディアム~ロングさんに人気が高いのが「編み下ろし」。三つ編みや編み込み、ツイストなどを下まで編んでまとめる編み下ろしは大人女子が簡単に可愛くなれるヘアアレンジです。今回はそんな編み下ろしスタイルの基本からプロが作る素敵アレンジまでをご紹介します。

一見難しそうな編み下ろし。この記事では、アレンジ方法を動画でも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください♪

80’sのおすすめ映画|ポップなプレッピーファッションは見ているだけで楽しい♪

ヘザース ベロニカの熱い日 [Blu-ray]
出典:amazon.co.jp

まさに80年代!なファッションが楽しめる映画。学園ものだけあって、プレッピー調のポップなファッションはとっても素敵です。

ヘザース ベロニカの熱い日 [Blu-ray]
3,696円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

今日は〇〇年代にタイムスリップ!

ノスタルジック×ナチュラル。60's/70's/80'sの最旬コーデ教えます
出典:unsplash.com
ずっと昔から、女性はおしゃれを楽しんできたもの。過ぎ去った時代に想いを馳せつつ、あの頃からちょっぴりヒントをもらいましょう。一味違う、あなたらしいコーデになるはずですよ♪

写真提供

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play