1. トップ
  2. ファッション
  3. トップス
  4. ブラウス
  5. 白ブラウス
  6. “ちょっと甘め”がカギ。エレガントブラウスで作る大人の春コーデ
“ちょっと甘め”がカギ。エレガントブラウスで作る大人の春コーデ

“ちょっと甘め”がカギ。エレガントブラウスで作る大人の春コーデ

肌寒い日も少しずつ減ってきた。ほんのり暖かな春の始まり。待ちに待った心地よい季節のコーディネートの主役に軽やかなブラウスを取り入れてみてはいかが?2020年03月21日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
トップスブラウス白ブラウス大人コーディネート大人ナチュラル
お気に入り数894

春のブラウスとボトムの蜜月関係

“ちょっと甘め”がカギ。エレガントブラウスで作る大人の春コーデ
出典:
ポカポカと暖かな春の季節にピッタリのアイテム"ブラウス"。しかし、取り入れ方を間違えてしまうと少し幼くなってしまったり、コンサバになりすぎてしまうことも…。そんな春のブラウスを女性らしく、そして旬に着こなすポイントは「ブラウスとボトムのバランス」。中でも、特に重要なポイントを3つご紹介します。

その1:色のバランス

“ちょっと甘め”がカギ。エレガントブラウスで作る大人の春コーデ
出典:
上下の色の合わせ方は、コーディネートの中で最も印象が変わるポイントなので要注意!
ブラウスの色味や形に応じてボトムを変えてみると、一気にコーディネート全体の雰囲気をアップデートできます。例えば、メリハリを出したい場合は、ブラウスをホワイトカラーに、ボトムはブラックやデニムなどの色味の濃いものを合わせると、シックにまとまります。また、まとまりやこなれ感を出したい場合は、ブラウスはイエロー系やベージュなど、柔らかい色味に。同系色のボトムを合わせることで、コーディネートが旬にまとまります。

その2:サイズのバランス

“ちょっと甘め”がカギ。エレガントブラウスで作る大人の春コーデ
出典:
ブラウスに限らずよく耳にするルールですが、サイズ感は、コントラストが重要。
上下でボリュームを出す部分と絞る部分を作ってあげるのが鉄則です。トップスをオーバーサイズにするときは、ボトムはシルエットのすっきりとしたものを合わせたり、反対にトップスにストンとしたすっきりシルエットを選んだら、ワイドパンツやボーイフレンドデニムなど、少しゆったりとボリュームのあるボトムを合わせると全体のバランスが整います。

その3:素材のバランス

“ちょっと甘め”がカギ。エレガントブラウスで作る大人の春コーデ
出典:
素材は、トップスとボトムの素材を近づけることでまとめやすくなります。
ブラウスがしっかりとしたパリッと素材の場合は、ボトムもデニムのような硬めの生地を合わせると、バランスが◎。反対に、シアー感のあるブラウスなど、なめらかな素材の場合は、ボトムも柔らかなサテンなどの素材を合わせると、コーディネートがすっきりとまとまります。

甘めのブラウスにはパリッとジーンズを合わせて

ガーリームードの漂う、襟元や袖にデザインをあしらったボリュームブラウス。春のムードにぴったりのアイテムですが、一歩間違えると甘くなりすぎてしまいがち…。そんな時には、ジーンズでカジュアルさやラフさを足してあげると、あどけなさと大人の余裕が見え隠れする春らしいコーディネートに仕上がります。ジーンズの素材は、ブラウスと対照に、肉厚でしっかりめを選ぶとバランスが◎。

ガーリーなブラウスとブラックデニムでシックにまとめて

襟元のリボンや袖の広がりがあるガーリーなブラウスにはブラックのデニムを合わせることで甘辛のバランスを意識して。ホワイトのバッグを合わせることでさらに軽やかな印象に。
出典:

襟元のリボンや袖の広がりがあるガーリーなブラウスにはブラックのデニムを合わせることで甘辛のバランスを意識して。ホワイトのバッグを合わせることでさらに軽やかな印象に。

ホワイト×デニムで王道の春コーデを

肩落ちする緩めのシルエットのブラウスにはハイウエストのデニムを合わせてあげることでスタイルアップ。バッグとシューズをブラウンで統一すると今年っぽさが増します。
出典:

肩落ちする緩めのシルエットのブラウスにはハイウエストのデニムを合わせてあげることでスタイルアップ。バッグとシューズをブラウンで統一すると今年っぽさが増します。

濃いデニムとスニーカーでカジュアルライクに

襟元が華やかなブラウスには、シルエットがすっきりとしたストレートジーンズをチョイス。足元にスニーカーを合わせることで、さらに程よい抜け感を演出。
出典:

襟元が華やかなブラウスには、シルエットがすっきりとしたストレートジーンズをチョイス。足元にスニーカーを合わせることで、さらに程よい抜け感を演出。

肌寒い日にはソックスやアウターも取り入れて

少し肌寒い日には、アウターを片手に。シューズには、ブラウスと同色の靴下を忍ばせて寒さ対策もバッチリ。
出典:

少し肌寒い日には、アウターを片手に。シューズには、ブラウスと同色の靴下を忍ばせて寒さ対策もバッチリ。

シアー素材のブラウスは淡いカラーで柔和にまとめて

この春トレンドのシアー素材のブラウスをコーディネートの主役に持ってくるときは、トップスとボトムにめりはりをつけすぎないことがポイント。ボトムにも、やわらかな素材とカラーをチョイスすることで、春らしさあふれる装いに。旬のサテン素材を選ぶとさらにこなれ感が。全体的に淡いカラーで統一すると春らしさがUP。

柔らかなグリーンの差し色で春っぽさを演出

今年トレンドのシアー感のあるボリュームブラウスにグリーンのパンツを合わせると春のムードにぴったりの柔らかい印象に。シューズもベージュやホワイトなど、やわらかなカラーを合わせて。
出典:

今年トレンドのシアー感のあるボリュームブラウスにグリーンのパンツを合わせると春のムードにぴったりの柔らかい印象に。シューズもベージュやホワイトなど、やわらかなカラーを合わせて。

春カラーは絶妙な淡さでまとめるとバランス◎

もう少し暖かくなってきたら、シアー素材のシャツブラウスの中にタンクトップをちらつかせて。昨シーズンから引き続きトレンドのサテンのパンツを合わせることで、コーディネートを旬にアップデート。
出典:

もう少し暖かくなってきたら、シアー素材のシャツブラウスの中にタンクトップをちらつかせて。昨シーズンから引き続きトレンドのサテンのパンツを合わせることで、コーディネートを旬にアップデート。

個性派小物でコーディネートをアップデート

透け感のあるシアーブラウスのインナーにブラックを投入するとちょっぴり大人な印象に。コーデ全体を淡いカラーでまとめたら、デザインの凝ったバッグでスパイスを加えてみて。
出典:

透け感のあるシアーブラウスのインナーにブラックを投入するとちょっぴり大人な印象に。コーデ全体を淡いカラーでまとめたら、デザインの凝ったバッグでスパイスを加えてみて。

寒色でまとめてエレガントなムードに

ブラウスの色に思い切ってラベンダー色を持ってくることで、周りに差を付けてみて。春にあえて寒色でまとめることで、よりエレガントなテイストに。
出典:

ブラウスの色に思い切ってラベンダー色を持ってくることで、周りに差を付けてみて。春にあえて寒色でまとめることで、よりエレガントなテイストに。

ワンピースやベストとのレイヤードも◎

サロペットはベーシックなカラーを選べば大人の雰囲気に

ブラウスにブラックのボリューム感たっぷりのサロペットを合わせてラフなガーリーさを漂わせて。足元は、あえてヌーディーなフラットシューズを合わせることで、コーディネート全体がより柔らかくまとまります。
出典:www.felissimo.co.jp

ブラウスにブラックのボリューム感たっぷりのサロペットを合わせてラフなガーリーさを漂わせて。足元は、あえてヌーディーなフラットシューズを合わせることで、コーディネート全体がより柔らかくまとまります。

ボリュームブラウスにはタイトなジャンパースカートを

襟にボリュームのあるブラウスには、すっきりとしたシルエットのジャンパースカートを合わせてコーディネートにメリハリを。キャップやスポーティーなバッグをチョイスするとよりカジュアルな印象に。
出典:

襟にボリュームのあるブラウスには、すっきりとしたシルエットのジャンパースカートを合わせてコーディネートにメリハリを。キャップやスポーティーなバッグをチョイスするとよりカジュアルな印象に。

同系色の重ね着で周りに一歩差をつけて

ロング丈のブラウスには、同系色のベストを重ねることで一気に上級者の風格に。ホワイトの面積が多いときには、ガーリーになりすぎないよう、デニムでバランスをとってみて。
出典:

ロング丈のブラウスには、同系色のベストを重ねることで一気に上級者の風格に。ホワイトの面積が多いときには、ガーリーになりすぎないよう、デニムでバランスをとってみて。

同系色は異素材MIXでまとめると上級コーデに

全身を同系色でまとめるコーディネートは、質感に差をつけると、一味違った仕上がりに。
柔らかな色味でまとめたら、シューズに柄を取り入れることでちょっぴりスパイスを。
ビスチェは、Tシャツなどにも合わせやすい優れものなので、1枚用意しておくと春夏に大活躍の予感。
出典:

全身を同系色でまとめるコーディネートは、質感に差をつけると、一味違った仕上がりに。
柔らかな色味でまとめたら、シューズに柄を取り入れることでちょっぴりスパイスを。
ビスチェは、Tシャツなどにも合わせやすい優れものなので、1枚用意しておくと春夏に大活躍の予感。

ロング丈のブラウスはストレートパンツでシックに着こなして

おしりがすっぽり隠れる丈感のシャツに合わせたいのは、すっきりとしたシルエットのパンツ。同じブラウスでも、ボトムにベーシックカラーのブラックやブラウンを選ぶと、シックな印象に。反対に、明るめの色味を取り入れると、柔らかな仕上がりに変身。ボトムのカラーだけでグッと雰囲気を変えられる、とても便利なスタイル。


フレアパンツでトレンド感を演出して

Aラインのブラウスに、シルエットの綺麗なフレアパンツを合わせると、一気に今年っぽい装いに。カラーはモノトーンにまとめてあげると、ちょっぴりモードに仕上がります。
出典:

Aラインのブラウスに、シルエットの綺麗なフレアパンツを合わせると、一気に今年っぽい装いに。カラーはモノトーンにまとめてあげると、ちょっぴりモードに仕上がります。

ベージュを投入すると一気に柔らかな印象に

同じブラウスも、パキッと硬めのベージュのパンツを合わせると一気にカジュアルな雰囲気に。シューズはコーディネートがぼやけてしまわないよう、ブラックで引き締めて。
出典:

同じブラウスも、パキッと硬めのベージュのパンツを合わせると一気にカジュアルな雰囲気に。シューズはコーディネートがぼやけてしまわないよう、ブラックで引き締めて。

ブラックスキニーでミニマルにまとめて

ゆるっと大きめシルエットのブラウスには、アンクル丈のスキニーを合わせてすっきりとまとめて。足元をヌーディーな色で外すと、一気におしゃれな雰囲気が完成。
出典:

ゆるっと大きめシルエットのブラウスには、アンクル丈のスキニーを合わせてすっきりとまとめて。足元をヌーディーな色で外すと、一気におしゃれな雰囲気が完成。

寒い日にはそっとハイネックを忍ばせて

少し肌寒い日には、ヌーディーなカラーのハイネックを忍ばせて。冬っぽくなってしまわないように、ブーツに明るめのカラーを取り入れると◎。
出典:

少し肌寒い日には、ヌーディーなカラーのハイネックを忍ばせて。冬っぽくなってしまわないように、ブーツに明るめのカラーを取り入れると◎。

ダークカラーのブラウスは軽やか素材をチョイスして

淡いカラーのブラウスに抵抗のある方も挑戦しやすいのが、ブラックやブラウンなど、暗めの色味のブラウス。ブラウスのカラーを暗めにするときに気をつけたいポイントは、素材とデザイン、そしてボトムの色味。素材は肌が少し透けるようなシアー素材や、シワ加工の入った動きのあるものがおすすめ。また、デザインはギャザーの入ったものや、フワッと広がるAラインのデザインで軽やかさを演出しましょう。コーディネートが暗くまとまってしまわないように、ボトムは明るめのトーンを選ぶとベターです。

ライトグレーとブラックで春のモノトーンを楽しんで

ブラックのシャツは冬っぽくなってしまわないよう、しわ加工の入ったエアリーな素材を選ぶと、春っぽく着こなせます。パンツには、淡いグレーを取り入れれば、色物がに苦手なあなたにもチャレンジしやすいコーディネートに。
出典:

ブラックのシャツは冬っぽくなってしまわないよう、しわ加工の入ったエアリーな素材を選ぶと、春っぽく着こなせます。パンツには、淡いグレーを取り入れれば、色物がに苦手なあなたにもチャレンジしやすいコーディネートに。

軽やかな差し色でトレンドと季節感を織り交ぜて

ストンとしたシルエットのロングシャツには、軽やかなカラーのパンツやシューズを合わせることで春らしさを演出。ブラックのトップスには、シルバーのアクセサリーも相性バッチリ。
出典:

ストンとしたシルエットのロングシャツには、軽やかなカラーのパンツやシューズを合わせることで春らしさを演出。ブラックのトップスには、シルバーのアクセサリーも相性バッチリ。

オールホワイトと透け感でエレガントに

周りに少し差をつけたいあなたにおすすめなのが、ブラウンのシアーシャツブラウス。
ブラックと比べると、より春っぽく抜け感のある印象に。インナーとボトムをホワイトで統一すると、さらに上級者っぽい雰囲気に。
出典:

周りに少し差をつけたいあなたにおすすめなのが、ブラウンのシアーシャツブラウス。
ブラックと比べると、より春っぽく抜け感のある印象に。インナーとボトムをホワイトで統一すると、さらに上級者っぽい雰囲気に。

タックパンツ合わせは職場でも◎

オフィスで浮かないコーディネートをお探しの方にもピッタリなのが、こちらのコーディネート。タックパンツをチョイスするとお堅めの職場でもOKなエレガントスタイルに。首元のみにシアー感があるので程よい大人っぽさが醸し出せます。
出典:

オフィスで浮かないコーディネートをお探しの方にもピッタリなのが、こちらのコーディネート。タックパンツをチョイスするとお堅めの職場でもOKなエレガントスタイルに。首元のみにシアー感があるので程よい大人っぽさが醸し出せます。

合わせ方次第で変幻自在のブラウスをクローゼットにお迎えして

Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

ボトムの色や形、レイヤードの仕方など、コーディネート次第で様々な顔を見せてくれる春のブラウス。今年のブラウスは、質感に色味、デザインも豊富に取り揃っている模様…♡あなたの春の相棒に万能ブラウスをプラスしてみてはいかが?

素敵な画像のご提供ありがとうございました♡

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play