1. トップ
  2. ファッション
  3. 服選び
  4. 目指すは「私服の制服化」!少ない服でもおしゃれな《シンプリストの服選び》
目指すは「私服の制服化」!少ない服でもおしゃれな《シンプリストの服選び》

目指すは「私服の制服化」!少ない服でもおしゃれな《シンプリストの服選び》

ライフスタイルの変化で着る服に迷ったり、年齢とともに体のラインが変わったり、今までの服がなんだか似合わなくなってきたり――こんなお悩みはありませんか? 大人のわたしたちには、たくさんの服は必要ありません。自分らしくいられる定番の服がいくつかあれば、十分おしゃれは楽しめるのです。目指すのは「私服の制服化」。少ない服でもおしゃれな《シンプリストの服選び》を始めましょう。2019年11月28日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
服選びシンプルファッションミニマリストワードローブシンプリスト
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数4409
流行だから、安かったからという理由で着ている服はありませんか? おしゃれは自己表現のツールです。ファッションは、どんな自分でいたいか、自分らしさとは何かを表すもの。《シンプリストの服選び》は、自分の定番パターンを見つけ、少ない服を存分に着回し、おしゃれを楽しむメソッドです。
出典:

流行だから、安かったからという理由で着ている服はありませんか? おしゃれは自己表現のツールです。ファッションは、どんな自分でいたいか、自分らしさとは何かを表すもの。《シンプリストの服選び》は、自分の定番パターンを見つけ、少ない服を存分に着回し、おしゃれを楽しむメソッドです。

自分の定番パターンを見つけよう

自分の定番といえるようなスタイルはありますか。定番パターンが決まると、服選びやコーディネートに迷いがなくなり、おしゃれがグンと楽になります。どんな物事もシンプルに考えるとうまくいくように、おしゃれもシンプル化することです。そうすれば、今まで見失っていた自分らしさを表現できるようになりますよ。
出典:

自分の定番といえるようなスタイルはありますか。定番パターンが決まると、服選びやコーディネートに迷いがなくなり、おしゃれがグンと楽になります。どんな物事もシンプルに考えるとうまくいくように、おしゃれもシンプル化することです。そうすれば、今まで見失っていた自分らしさを表現できるようになりますよ。

どんな自分でいたい?自分らしさとは?

あなたの「自分らしさ」を表すキーワードは何でしょうか?シンプル、きれいめ、ナチュラル、きちんと、少しカジュアル、こなれ感、リラックス……あなたらしさを表すキーワードを書き出してみましょう。それが、あなたの定番パターンを見つけるヒントになります。
出典:unsplash.com

あなたの「自分らしさ」を表すキーワードは何でしょうか?シンプル、きれいめ、ナチュラル、きちんと、少しカジュアル、こなれ感、リラックス……あなたらしさを表すキーワードを書き出してみましょう。それが、あなたの定番パターンを見つけるヒントになります。

あなたの定番パターンは?

あなたらしさを表すキーワードから、定番パターンを見つけましょう。「シンプルできちんと」なら、パリッとした素材のシャツ+ラインのきれいなボトムス。「ナチュラルでリラックス」なら、やわらかな自然素材でゆったり体が泳ぐサイズ感……というように。
出典:

あなたらしさを表すキーワードから、定番パターンを見つけましょう。「シンプルできちんと」なら、パリッとした素材のシャツ+ラインのきれいなボトムス。「ナチュラルでリラックス」なら、やわらかな自然素材でゆったり体が泳ぐサイズ感……というように。

+小物アレンジで変化を

定番パターンを決めてしまうと、ワンパターンになってしまうのでは?と不安になるかもしれません。そこで服を買い足してしまっては、タンスの肥やしを増やすだけ。
《シンプリストの服選び》では、アクセサリーやストール、帽子、ソックスやタイツなどの小物類で変化をつけます。オールシーズン使えるもの、季節感を演出するもの、顔回りや足元に流行をほどよく取り入れつつ、あなたらしさを表すアレンジを楽しんで。
出典:

定番パターンを決めてしまうと、ワンパターンになってしまうのでは?と不安になるかもしれません。そこで服を買い足してしまっては、タンスの肥やしを増やすだけ。
《シンプリストの服選び》では、アクセサリーやストール、帽子、ソックスやタイツなどの小物類で変化をつけます。オールシーズン使えるもの、季節感を演出するもの、顔回りや足元に流行をほどよく取り入れつつ、あなたらしさを表すアレンジを楽しんで。

目指すのは「私服の制服化」

《シンプリストの服選び》が目指すのは、持ち服を少数精鋭化することです。そうすれば毎日コーディネートに迷うこともありませんし、いつだって自分らしくいられる安心感も得られます。いきなり服を減らすのではなく、まずは自分の定番パターンを見つけるところから始め、試行錯誤を繰り返しつつ「私服の制服化」を目指すのです。
出典:unsplash.com

《シンプリストの服選び》が目指すのは、持ち服を少数精鋭化することです。そうすれば毎日コーディネートに迷うこともありませんし、いつだって自分らしくいられる安心感も得られます。いきなり服を減らすのではなく、まずは自分の定番パターンを見つけるところから始め、試行錯誤を繰り返しつつ「私服の制服化」を目指すのです。

大人こそ少ない服でおしゃれを楽しむ

人目を気にして常に流行を追いかけ、いつも新しい服を身にまとう――それもひとつの選択肢ではあります。ただ、今までの服が似合わなくなってきたら、それらを手放し、自分らしくいられる服だけをもつのが賢明です。大人になった今こそ、少ない服でおしゃれを楽しむ“心の余裕”をもちたいものですね。
出典:

人目を気にして常に流行を追いかけ、いつも新しい服を身にまとう――それもひとつの選択肢ではあります。ただ、今までの服が似合わなくなってきたら、それらを手放し、自分らしくいられる服だけをもつのが賢明です。大人になった今こそ、少ない服でおしゃれを楽しむ“心の余裕”をもちたいものですね。

少ない服はメリットがいっぱい!

少ない服にはメリットがたくさんあります。例を挙げると、何がどれだけあるかが把握しやすい、衣替えや収納が楽になる、といった管理面。新しく買い足すものを計画的に決められる、無駄遣いがなくなって自己肯定感が増す、といった経済面や精神面。そして何より、コーディネートを考えるのに苦労しないというメリットが大きいでしょう。
出典:

少ない服にはメリットがたくさんあります。例を挙げると、何がどれだけあるかが把握しやすい、衣替えや収納が楽になる、といった管理面。新しく買い足すものを計画的に決められる、無駄遣いがなくなって自己肯定感が増す、といった経済面や精神面。そして何より、コーディネートを考えるのに苦労しないというメリットが大きいでしょう。

着倒した服は迷いなく手放せる

服の数が少ないと、そのぶん着回す回数も増え、劣化が早まります。これをデメリットと捉えるのではなく、最後まで使い切ったと考えれば、迷いなく手放せますよね。古くなった服を手放すことで、その時のあなたにフィットする服が入る余裕が生まれ、ワードローブが常に循環するようになります。
出典:unsplash.com

服の数が少ないと、そのぶん着回す回数も増え、劣化が早まります。これをデメリットと捉えるのではなく、最後まで使い切ったと考えれば、迷いなく手放せますよね。古くなった服を手放すことで、その時のあなたにフィットする服が入る余裕が生まれ、ワードローブが常に循環するようになります。

ワンシーズン10着前後で着回す

ワンシーズン何着の服があればいいかは、人それぞれです。着ていく場所、服の素材、洗濯の頻度、考え方や価値観によっても、正解は異なるからです。「トップス3、ボトムス3、はおりもの3」というように、ワンシーズンの軸となる服を決め、あなたの暮らし方に合わせて調整していくとよいでしょう。
出典:unsplash.com

ワンシーズン何着の服があればいいかは、人それぞれです。着ていく場所、服の素材、洗濯の頻度、考え方や価値観によっても、正解は異なるからです。「トップス3、ボトムス3、はおりもの3」というように、ワンシーズンの軸となる服を決め、あなたの暮らし方に合わせて調整していくとよいでしょう。

コーデの考え方とセンスアップの方法

少ない服を着回すには、どう組み合わせればいい? おしゃれに見える方法は? ここでは、そんな素朴な疑問を解決する、コーデの考え方とセンスアップの方法をご紹介します。もう似合わないかも……と思っている服も、使いようによっては、今のあなたを引き立てるアイテムにもなりますよ。
出典:

少ない服を着回すには、どう組み合わせればいい? おしゃれに見える方法は? ここでは、そんな素朴な疑問を解決する、コーデの考え方とセンスアップの方法をご紹介します。もう似合わないかも……と思っている服も、使いようによっては、今のあなたを引き立てるアイテムにもなりますよ。

コーデは5パートに分けて考える

大人のコーディネートは、足し算引き算でバランスよくまとめることです。その際、コーディネートを、顔回り、上半身、下半身、手元、足元の5パートに分けて考えます。5パートのなかでも特に、顔回りや手元、足元を意識するのが、おしゃれ度アップのポイントです。
出典:unsplash.com

大人のコーディネートは、足し算引き算でバランスよくまとめることです。その際、コーディネートを、顔回り、上半身、下半身、手元、足元の5パートに分けて考えます。5パートのなかでも特に、顔回りや手元、足元を意識するのが、おしゃれ度アップのポイントです。

「好き」を諦めない方法

今の自分にはもう似合わないかも……と諦めがちな「好き」は、あなたらしさのエッセンスでもあります。派手なアイテムは面積を小さくする、甘いアイテムは辛口カラーで引き締める、キレイめとカジュアルをミックスするなど、使い方を変えれば、「好き」を諦めずにあなたらしさを表現できますよ。
出典:

今の自分にはもう似合わないかも……と諦めがちな「好き」は、あなたらしさのエッセンスでもあります。派手なアイテムは面積を小さくする、甘いアイテムは辛口カラーで引き締める、キレイめとカジュアルをミックスするなど、使い方を変えれば、「好き」を諦めずにあなたらしさを表現できますよ。

センスアップには自撮りがマスト!

どうやったらセンスアップできる? 似合う服が見つかる? そんなお悩みには、自撮りで「人から見られた自分」を客観視することです。姿見に映った自分を撮ってもいいですし、タイマー撮影でもOK。「人から見られた自分」を客観視することで、「着ているだけ」とは違った視点が得られて、センスアップにつながります。
出典:unsplash.com

どうやったらセンスアップできる? 似合う服が見つかる? そんなお悩みには、自撮りで「人から見られた自分」を客観視することです。姿見に映った自分を撮ってもいいですし、タイマー撮影でもOK。「人から見られた自分」を客観視することで、「着ているだけ」とは違った視点が得られて、センスアップにつながります。

《シンプリストの服選び》で大人のおしゃれを*

少ない服でおしゃれを楽しむ《シンプリストの服選び》をご紹介しました。今までの服が似合わなくなってきたり、自分らしい装いが分からなくなってきたりしたら、ワードローブを見直すチャンスです。ご紹介した方法をご参考に、今のあなたにぴったりのおしゃれを楽しんでくださいね。
出典:

少ない服でおしゃれを楽しむ《シンプリストの服選び》をご紹介しました。今までの服が似合わなくなってきたり、自分らしい装いが分からなくなってきたりしたら、ワードローブを見直すチャンスです。ご紹介した方法をご参考に、今のあなたにぴったりのおしゃれを楽しんでくださいね。

少ない服でもオシャレに!「ワードローブチェック」&「服選びのルール」
少ない服でもオシャレに!「ワードローブチェック」&「服選びのルール」

クローゼットに服はたくさんあるのに、着ていく服がない! いつも同じような服ばかり買って失敗する……。服がありすぎるがゆえに、整理ができずストレスを感じている方も多いですよね。クローゼットをもっとスッキリさせたい! お気に入りの服でオシャレを楽しみたい! そんな願望を叶えるには、まずは手持ちの服を減らすことです。少ない服でもオシャレを楽しむための、とっておきの方法をご紹介します。

何から始めたらいいか分からない方は、ワードローブチェックから始めてみてはいかがでしょう。こちらの記事で詳しくご紹介しています。
今回画像をお借りしたサイトさまのページはこちらです。
長く愛せるお洋服がたくさんありますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play