スカート派もパンツ派も♪私らしく着こなす、幼く見えない【スウェットコーデ】集

スカート派もパンツ派も♪私らしく着こなす、幼く見えない【スウェットコーデ】集

ニットに継ぐ秋冬の定番アイテム、「スウェット」。カジュアルなアイテムなので一見「コーデがカジュアルダウンする」「メンズライクになり過ぎる」「子供っぽく見えることがある」などのマイナスなイメージを抱かれる方もいるかと思います。でもサイズや合わせ方次第でコーデの幅がぐっと広がります。今回は合わせるボトムス「スカートorパンツ」に分けて、それぞれおすすめのコーデをご紹介します♪2019年10月31日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
トップス
スウェット
秋冬ファッション
秋コーデ
パンツコーデ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1499

スウェットの魅力は合わせやすさ

スカート派もパンツ派も♪私らしく着こなす、幼く見えない【スウェットコーデ】集
出典:
フードの付いたパーカータイプと、クルーネックのシンプルなタイプが今の主流です。それぞれお好みに着こなして、女性らしいコーデや、大人カジュアルなコーデなどイメージも幅広くチェンジすることが出来るでしょう。合わせるボトムがスカートかパンツかでバランスが大きく変わってくるので、今回はそれぞれ分けてご紹介します。

「スカート」と合わせて女性らしく

プリーツスカートを合わせて“さりげなく”フェミニンに

淡いパープルのプリーツスカートは、甘くなりすぎないように黒のパーカーで引き締めて。カジュアルなアイテムでもカラーリングが大人仕様の場合はトートバッグやスニーカーでカジュアルダウンさせましょう。
出典:

淡いパープルのプリーツスカートは、甘くなりすぎないように黒のパーカーで引き締めて。カジュアルなアイテムでもカラーリングが大人仕様の場合はトートバッグやスニーカーでカジュアルダウンさせましょう。

優しいベージュのスカートにはオフホワイトのスウェットを合わせて爽やかなカラーリングに。コーデの引き締め役には黒のスニーカーを合わせましょう。
出典:

優しいベージュのスカートにはオフホワイトのスウェットを合わせて爽やかなカラーリングに。コーデの引き締め役には黒のスニーカーを合わせましょう。

フェミニンなスタイルが苦手な人は、モノトーンでまとめるのが正解。スウェットに黒のプリーツスカートを合わせましょう。アクセントには、目を引くヒョウ柄スニーカーでらしさをプラスして。
出典:

フェミニンなスタイルが苦手な人は、モノトーンでまとめるのが正解。スウェットに黒のプリーツスカートを合わせましょう。アクセントには、目を引くヒョウ柄スニーカーでらしさをプラスして。

柄スカートでトレンドコーデに♪

今年の春夏から大人気の花柄スカートですが、秋冬もパーカーに合わせて楽しみましょう♪モカのパーカーに、同色×黒の柄スカートでグラデーションにすると統一感のあるコーデになります。
出典:

今年の春夏から大人気の花柄スカートですが、秋冬もパーカーに合わせて楽しみましょう♪モカのパーカーに、同色×黒の柄スカートでグラデーションにすると統一感のあるコーデになります。

白いパーカーには、秋らしいチェックスカートを合わせて。トレンドのボアアウターとレザーバッグでより秋冬気分を盛り上げましょう♪
出典:

白いパーカーには、秋らしいチェックスカートを合わせて。トレンドのボアアウターとレザーバッグでより秋冬気分を盛り上げましょう♪

珍しいYシャツ柄!のスカートに目が釘付け。パキっとしたポップなカラーのスウェットには、黒ベースの柄スカートを合わせると、北欧っぽい雰囲気に仕上がるのでぜひ試してみて。
出典:

珍しいYシャツ柄!のスカートに目が釘付け。パキっとしたポップなカラーのスウェットには、黒ベースの柄スカートを合わせると、北欧っぽい雰囲気に仕上がるのでぜひ試してみて。

タイトスカートでレディな着こなし

一見グレーがかったホワイト系のスウェットに、ケーブルニットのタイトスカートを合わせて1トーンコーデに。足元はブラック系のショートブーツで印象を引き締めましょう。
出典:

一見グレーがかったホワイト系のスウェットに、ケーブルニットのタイトスカートを合わせて1トーンコーデに。足元はブラック系のショートブーツで印象を引き締めましょう。

グレー×黒のモノトーンコーデ。重い色を下半身にまとめることでスタイルアップして見えます。カーデはスウェットよりも濃い色にすることで着やせ効果が狙えます。
出典:

グレー×黒のモノトーンコーデ。重い色を下半身にまとめることでスタイルアップして見えます。カーデはスウェットよりも濃い色にすることで着やせ効果が狙えます。

クリーミーなベージュのパーカーには、同系色のニットタイトスカートを合わせて。ウェストの紐をきゅっと絞ってメリハリを出しましょう。さらにバッグとスニーカーの色を統一してまとまりのあるコーデに。
出典:

クリーミーなベージュのパーカーには、同系色のニットタイトスカートを合わせて。ウェストの紐をきゅっと絞ってメリハリを出しましょう。さらにバッグとスニーカーの色を統一してまとまりのあるコーデに。

「パンツ」と合わせてメンズライクにも、大人可愛いコーデにも!

×デニムで休日カジュアルに♪

黒いスキニーデニムに、絶妙なブルーのスウェット合わせて。白いインナーをちらりと見せることでコントラストが生まれおしゃれ感が増します。
出典:

黒いスキニーデニムに、絶妙なブルーのスウェット合わせて。白いインナーをちらりと見せることでコントラストが生まれおしゃれ感が増します。

アウトドアやアクティブに活動する日にぴったりのコーデ。スキニー以外は、ビッグシルエットかつ大きいサイズを選んで、お尻をすっぽり隠して着崩しましょう。
出典:

アウトドアやアクティブに活動する日にぴったりのコーデ。スキニー以外は、ビッグシルエットかつ大きいサイズを選んで、お尻をすっぽり隠して着崩しましょう。

ジャストサイズな丈短めのパーカーには、ゆったりシルエットのデニムを合わせて。コンパクトなコーデに仕上げると、大人っぽい上品さが残ります。
出典:

ジャストサイズな丈短めのパーカーには、ゆったりシルエットのデニムを合わせて。コンパクトなコーデに仕上げると、大人っぽい上品さが残ります。

お洒落さんの定番の足元は「パンツ × パンプス or バレエシューズ」

グレーでまとめたスウェットコーデ。白のインナーを覗かせてコーデにコントラストを付けましょう。足元にはアクセントになるゴールドのパンプスをプラス。
出典:

グレーでまとめたスウェットコーデ。白のインナーを覗かせてコーデにコントラストを付けましょう。足元にはアクセントになるゴールドのパンプスをプラス。

カラー×ロゴが可愛いスウェットは、黒小物でまとめてスッキリとしたコーデに。足元は白ソックス+バレエシューズでチャーミングな女性らしさも忘れずに。
出典:

カラー×ロゴが可愛いスウェットは、黒小物でまとめてスッキリとしたコーデに。足元は白ソックス+バレエシューズでチャーミングな女性らしさも忘れずに。

ブラウンのパーカーには、シックに黒いパンツと黒パンプスを合わせて。より女性らしく着こなすなら、ピアスやバッグもレディなアイテムを選びましょう。
出典:

ブラウンのパーカーには、シックに黒いパンツと黒パンプスを合わせて。より女性らしく着こなすなら、ピアスやバッグもレディなアイテムを選びましょう。

1トーンコーデで大人っぽく

センタープレスのパンツに、同系色のスウェットを重ねて。優しいベージュを選ぶと、余裕のある大人の休日スタイルになります。
出典:

センタープレスのパンツに、同系色のスウェットを重ねて。優しいベージュを選ぶと、余裕のある大人の休日スタイルになります。

たまにはクールにきめたい、そんなときはやっぱりブラック。シンプルなコーデこそ、スウェット自体のデザインにこだわったり、合わせるバッグもミニマルなリュックにして、お洒落度をアップさせましょう。
出典:

たまにはクールにきめたい、そんなときはやっぱりブラック。シンプルなコーデこそ、スウェット自体のデザインにこだわったり、合わせるバッグもミニマルなリュックにして、お洒落度をアップさせましょう。

上下ともゆるっとシルエットのスウェット×パンツコーデ。全て同色にするのではなく、足元は黒にしてほんわかと広がりのある雰囲気をきゅっと抑えましょう。
出典:

上下ともゆるっとシルエットのスウェット×パンツコーデ。全て同色にするのではなく、足元は黒にしてほんわかと広がりのある雰囲気をきゅっと抑えましょう。

スウェットの魔法 ~アウターコーデがよりお洒落に見違える♪

ニットアウターで作るほっこりコーデ

フード付きの特権、アウターからフードを出した着こなし!グレートーンを全身に取り入れることで、まとまり感のあるコーデになっています。
出典:

フード付きの特権、アウターからフードを出した着こなし!グレートーンを全身に取り入れることで、まとまり感のあるコーデになっています。

ベージュ系の落ち着き感のあるスウェットには、白いほっこりニットカーデを合わせて。パンツは黒にして引き締めたら、バッグにはボリュームたっぷりのファー素材を選んで、ほっこりムードに追い打ちを!
出典:

ベージュ系の落ち着き感のあるスウェットには、白いほっこりニットカーデを合わせて。パンツは黒にして引き締めたら、バッグにはボリュームたっぷりのファー素材を選んで、ほっこりムードに追い打ちを!

ダウンを合わせてメンズライクに!

ボリュームたっぷりのダウンには、ブラウンのスウェットを合わせて柔らかい雰囲気をプラス。他は黒で統一して、ボリュームを出しつつもまとまりのあるコーデに仕上げましょう。
出典:

ボリュームたっぷりのダウンには、ブラウンのスウェットを合わせて柔らかい雰囲気をプラス。他は黒で統一して、ボリュームを出しつつもまとまりのあるコーデに仕上げましょう。

白いパーカーは、ダウンからフードを覗かせましょう。ブラウンのパンツを合わせて柔らかい雰囲気に。メンズライクにし過ぎないコツは、ヘアアレンジやバッグなどの小物使いに手を抜かないこと。
出典:

白いパーカーは、ダウンからフードを覗かせましょう。ブラウンのパンツを合わせて柔らかい雰囲気に。メンズライクにし過ぎないコツは、ヘアアレンジやバッグなどの小物使いに手を抜かないこと。

よそゆきアウターもパーカーで上品カジュアルに♪

いつもは会社に着ていくようなベーシックなノーカラーコートも、実はパーカーがお似合い♪白・黒・グレーのモノトーンコーデを作って、カジュアルだけど品のあるスタイルに。
出典:

いつもは会社に着ていくようなベーシックなノーカラーコートも、実はパーカーがお似合い♪白・黒・グレーのモノトーンコーデを作って、カジュアルだけど品のあるスタイルに。

白のジャケット風アウターはやっぱりビッグシルエットが気分。中に着るスウェットはコンパクトなサイズにして、着ぶくれを防止しましょう。ボトムに黒ベースのスカートを合わせれば、コーデにメリハリが出ます。
出典:

白のジャケット風アウターはやっぱりビッグシルエットが気分。中に着るスウェットはコンパクトなサイズにして、着ぶくれを防止しましょう。ボトムに黒ベースのスカートを合わせれば、コーデにメリハリが出ます。

スウェットコーデを見直してより私らしい着こなしを楽しもう!

スカート派もパンツ派も♪私らしく着こなす、幼く見えない【スウェットコーデ】集
出典:
スウェットが色んな雰囲気やイメージで着こなせることを実感していただけたでしょうか?スカートでもパンツでも、がらりと雰囲気を変えて着こなすことが出来ます。レイヤードも楽しめるので、是非自分らしい着こなしを探してみて下さい♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play