“色使い”にもう悩まない!シンプルで素敵な「2色コーディネート」のすすめ

“色使い”にもう悩まない!シンプルで素敵な「2色コーディネート」のすすめ

お出かけ前や朝の身支度、鏡の前でコーディネートを確かめるのは楽しい時間ですが、“この色は合ってるのかな?”“差し色は何にしよう……”など悩んでいるうちに時間が迫る!なんてことよくありますよね。そこでおすすめなのが、簡単なのにおしゃれに決まる「2色コーディネート」。覚えておくべき相性の良いカラーとコーディネートをご紹介していきますよ。2019年08月31日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
コーディネート
カラー
シンプルファッション
カラーコーディネート
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1182

「2色コーディネート」って何?

“色使い”にもう悩まない!シンプルで素敵な「2色コーディネート」のすすめ
出典:
「2色コーディネート」とは、その名の通り2色だけで作るスタイル。2色だけでコーディネートを上手に作れるのかな?と思われるかもしれませんが、色合わせやバランスを意識すれば意外と難しくなく、まとまり良く洗練された着こなしに仕上げることが出来ます。

それでは、2色コーディネートのやり方と、相性の良い色の組み合わせ&コーディネートをピックアップしていきますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

2色コーディネートのやり方は2通り

やり方[1] テーマカラー2色を先に決める

まずはテーマカラーを2色決めるやり方。「ブラック+ベージュ」がテーマなら、2色のアイテムを集めていくだけ!この方法なら、お買い物の際に全身トータルコーディネートするときにも決めやすいです。
出典:

まずはテーマカラーを2色決めるやり方。「ブラック+ベージュ」がテーマなら、2色のアイテムを集めていくだけ!この方法なら、お買い物の際に全身トータルコーディネートするときにも決めやすいです。

やり方[2] 主役となるアイテムから先に選ぶ

コーディネートの主役にしたいお気に入りのアイテムがあるのであれば、そのアイテムを引き立てるような色を選ぶのも良いですね。その場合は、濃淡を意識するのがポイントです。
出典:

コーディネートの主役にしたいお気に入りのアイテムがあるのであれば、そのアイテムを引き立てるような色を選ぶのも良いですね。その場合は、濃淡を意識するのがポイントです。

ふんわり“ナチュラル”テイストな2色コーディネート

ホワイト×ベージュ

ナチュラルトーンと言えば王道の2つのカラー。どちらも淡色で差し色を入れがちですが、あえて他の色を入れずに2色でまとめることで、ふんわりと優しい雰囲気が全身から漂います。
出典:

ナチュラルトーンと言えば王道の2つのカラー。どちらも淡色で差し色を入れがちですが、あえて他の色を入れずに2色でまとめることで、ふんわりと優しい雰囲気が全身から漂います。

レッド(ボルドー)×ベージュ

淡くまとまりがちなナチュラルスタイルですが、印象的なコーディネートにしたいのであればコントラストがおしゃれなこちらの2色がおすすめ。淡いベージュが、ビビッドなレッドの魅力を引き立てます。
出典:

淡くまとまりがちなナチュラルスタイルですが、印象的なコーディネートにしたいのであればコントラストがおしゃれなこちらの2色がおすすめ。淡いベージュが、ビビッドなレッドの魅力を引き立てます。

ブラウン×ベージュ

大人なブラウンと優しいベージュの濃淡が自然なメリハリを作ってくれて、難しく考えずともコーディネートにまとまりが生まれます。
出典:

大人なブラウンと優しいベージュの濃淡が自然なメリハリを作ってくれて、難しく考えずともコーディネートにまとまりが生まれます。

カーキ×アイボリー

カーキカラーと言えば、まさに植物のような自然の印象を与える定番のナチュラルカラー。大人っぽい印象もあるので、あえてアイボリーを合わせることで優しい表情に。
出典:

カーキカラーと言えば、まさに植物のような自然の印象を与える定番のナチュラルカラー。大人っぽい印象もあるので、あえてアイボリーを合わせることで優しい表情に。

アクティブな“カジュアル”テイストの2色コーディネート

ブラック×イエロー(マスタード)

個性的な印象のイエローやマスタードですが、ブラックと合わせれば落ち着いた印象に。軽やかなアクティブカラーは、親しみやすいカジュアルファッションとの相性◎
出典:

個性的な印象のイエローやマスタードですが、ブラックと合わせれば落ち着いた印象に。軽やかなアクティブカラーは、親しみやすいカジュアルファッションとの相性◎

ベージュ×ブルー

アースカラー同士の2色は、お互いトーンが似ていて落ち着きがありマッチしやすいです。ボーイッシュなコーディネートとも相性が良く、また男性にも好まれるカラーなので、メンズコーデにも◎。
出典:

アースカラー同士の2色は、お互いトーンが似ていて落ち着きがありマッチしやすいです。ボーイッシュなコーディネートとも相性が良く、また男性にも好まれるカラーなので、メンズコーデにも◎。

ベージュ×ブラック

ナチュラルなベージュとシックなブラックの対照的なカラーは、お互いの魅力を引きたて、バランス良くまとまります。ラフ過ぎず決め過ぎない、こなれたカジュアルスタイルになりますよ。
出典:

ナチュラルなベージュとシックなブラックの対照的なカラーは、お互いの魅力を引きたて、バランス良くまとまります。ラフ過ぎず決め過ぎない、こなれたカジュアルスタイルになりますよ。

ホワイト×ブルー

春夏で着こなしたくなる明るいカラー。寒色ならではの清潔感と爽やかさで、透明感のある着こなしが叶います。ブルーの鮮やかさがアクティブな印象にしてくれます。
出典:

春夏で着こなしたくなる明るいカラー。寒色ならではの清潔感と爽やかさで、透明感のある着こなしが叶います。ブルーの鮮やかさがアクティブな印象にしてくれます。

素敵な大人の“シック”な2色コーディネート

ブラック×グレー

ブラックで程良く引き締まったモノトーンコーデ。淡いグレーが上品で、どこかアンニュイな雰囲気が漂う大人コーデが完成します。
出典:

ブラックで程良く引き締まったモノトーンコーデ。淡いグレーが上品で、どこかアンニュイな雰囲気が漂う大人コーデが完成します。

ネイビー×ホワイト

きれいめからメンズライクまで幅広いコーデに合わせやすい王道カラー。落ち着いたカラーゆえに単調になりやすいので、ストライプやチェックなど柄を取り入れてみたり、個性のある形の小物などを合わせてみるのもおすすめです。
出典:

きれいめからメンズライクまで幅広いコーデに合わせやすい王道カラー。落ち着いたカラーゆえに単調になりやすいので、ストライプやチェックなど柄を取り入れてみたり、個性のある形の小物などを合わせてみるのもおすすめです。

パープル×ブラック

パープルとブラックは、色気のある大人っぽさを演出するのにぴったりな配色です。ブラックに映える鮮やかなパープルが、エレガントな大人の女性の雰囲気を作り出してくれます。
出典:

パープルとブラックは、色気のある大人っぽさを演出するのにぴったりな配色です。ブラックに映える鮮やかなパープルが、エレガントな大人の女性の雰囲気を作り出してくれます。

レッド(ボルドー)×ブラック

色っぽく、ドレッシーな印象の華やかなレッドカラー。明るいカラーを合わせるとまとまりが無くなるので、ブラックといったダークカラーで引き締めるのがおすすめ。
出典:

色っぽく、ドレッシーな印象の華やかなレッドカラー。明るいカラーを合わせるとまとまりが無くなるので、ブラックといったダークカラーで引き締めるのがおすすめ。

計算された2色コーディネートで、一目置かれるおしゃれさんに

“色使い”にもう悩まない!シンプルで素敵な「2色コーディネート」のすすめ
出典:
2色コーディネートはいかがでしたか?あえて少ない色でまとめることで、スッキリとした印象になりますよね。シンプルだけど、計算されたこだわりも感じられて、一目置かれるおしゃれ感を作り出せますよ。ぜひ真似してみてださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play