『9月の服装』は何を着ればいい?ほんの少し“秋”を楽しむコーデ

『9月の服装』は何を着ればいい?ほんの少し“秋”を楽しむコーデ

9月に入れば、猛暑の夏も終わりと思いきや、長引く残暑...。快適さを重視すれば、なかなか夏服から抜け出せない時期ですよね。一方で、おしゃれに目を向ければ、そろそろ夏にも飽きた!秋モードにシフトしていきたいという欲求もむくむく湧いてくる頃です。今回は、ほんの少し「秋」を取り入れながらおしゃれを楽しむテクニック&着こなしをご提案します。 2019年08月26日作成

カテゴリ:
ファッション
ブランド:
ヴェリテクール
GASA
ICHI Antiquite's
キーワード:
コーディネート
シーン・季節
秋コーデ
旅行用品
オケージョン
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1072

私らしく、快適に。「秋」を少しずつおしゃれに取り入れよう!

『9月の服装』は何を着ればいい?ほんの少し“秋”を楽しむコーデ
出典:
夕方、陽が落ちる少し前、外を歩くと小さな秋の気配。まだ暑さは残るけど、真夏とは違う。季節の移り変わりを実感できるこの時期だからこそ、きっと、おしゃれな人はこっそり楽しんでいる。ほんの少しの秋の香りを。

まず取り入れたいのは「秋」カラー

「秋」を取り入れるなら、まずは色から。さらっと着られるブラウスもマスタードカラーを選べば、落ち着いた雰囲気。ブラックやグリーン、ダークカラーのボトムを合わせて、秋らしいシックな着こなしがおすすめです。
出典:

「秋」を取り入れるなら、まずは色から。さらっと着られるブラウスもマスタードカラーを選べば、落ち着いた雰囲気。ブラックやグリーン、ダークカラーのボトムを合わせて、秋らしいシックな着こなしがおすすめです。

ワイドシルエットのシャツワンピース。夏は白が軽やかで素敵だけど、秋は深みのある色をセレクトしてみて。ただ1枚、普段のジーンズに重ねるだけでも、小洒落ていますよね。
出典:

ワイドシルエットのシャツワンピース。夏は白が軽やかで素敵だけど、秋は深みのある色をセレクトしてみて。ただ1枚、普段のジーンズに重ねるだけでも、小洒落ていますよね。

快適さを保つゆったりシルエットのワンピース

まだ暑さの残る時期、肌にまとわりつく衣類は重たくて、あまり心地よいものではありません。できれば、体からゆとりがあるシルエットのものを選んで、快適さも保つよう心がけましょう。
出典:

まだ暑さの残る時期、肌にまとわりつく衣類は重たくて、あまり心地よいものではありません。できれば、体からゆとりがあるシルエットのものを選んで、快適さも保つよう心がけましょう。

ガウンのようにさっと羽織ったり、ウェストをキュッと絞ったり、アレンジしやすいカシュクールワンピース。着心地を自分で調整しやすいので便利。とても重宝しますよ。
出典:

ガウンのようにさっと羽織ったり、ウェストをキュッと絞ったり、アレンジしやすいカシュクールワンピース。着心地を自分で調整しやすいので便利。とても重宝しますよ。

レイヤードしやすいジャンパースカート&エプロンワンピース

レイヤードしやすく、色んな着こなし方ができるジャンパースカートやエプロンワンピース。どこかノスタルジックな雰囲気もあって、大人の女性が着るととても可愛らしいのです。ナチュラルな着こなしがお好きな方には、ベージュやブラウンがおすすめです。
出典:

レイヤードしやすく、色んな着こなし方ができるジャンパースカートやエプロンワンピース。どこかノスタルジックな雰囲気もあって、大人の女性が着るととても可愛らしいのです。ナチュラルな着こなしがお好きな方には、ベージュやブラウンがおすすめです。

後ろ姿がややエプロン風に見えるタックドレス。中にTシャツを着たり、ニットを合わせたり、様々な重ね着を楽しむことができます。同系色のざっくりニットカーディガンを羽織ってもきっと素敵。1年を通して、かなり長いこと活躍してくれそうです。
出典:

後ろ姿がややエプロン風に見えるタックドレス。中にTシャツを着たり、ニットを合わせたり、様々な重ね着を楽しむことができます。同系色のざっくりニットカーディガンを羽織ってもきっと素敵。1年を通して、かなり長いこと活躍してくれそうです。

体温調節しやすいトップス

初秋にトップスを購入するなら、体温調節しやすく快適さを保てるようなシルエット&素材のものを選びましょう。リトアニアリネンの柔らかな生地感と、たっぷりとした袖が可愛らしいチュニックは、ボリュームもあって、存在感も十分。前出のジャンパースカートとのセットアップもおすすめです。
出典:

初秋にトップスを購入するなら、体温調節しやすく快適さを保てるようなシルエット&素材のものを選びましょう。リトアニアリネンの柔らかな生地感と、たっぷりとした袖が可愛らしいチュニックは、ボリュームもあって、存在感も十分。前出のジャンパースカートとのセットアップもおすすめです。

ざっくり編まれたナチュラル感たっぷりのニットは、素材に和紙が使われているため、さらっとした着心地。汗ばむ日も心地よさを保ってくれる上、こなれ感も演出してくれるなかなか優秀なニットです。
出典:www.instagram.com(@ichi_antiquites)

ざっくり編まれたナチュラル感たっぷりのニットは、素材に和紙が使われているため、さらっとした着心地。汗ばむ日も心地よさを保ってくれる上、こなれ感も演出してくれるなかなか優秀なニットです。

ジャケットは通気性の良い素材を

春もそうですが、秋のワードローブにもぜひ加えていただきたいのがジャケット類。9月に秋冬物の生地は重たくなってしまうので、リネンやコットンなど軽めの素材がおすすめです。シワをあまり気にせずおしゃれに着こなせるリネンは1枚あるとかなり便利なので、ぜひ持っておくべき。ややゆったりめなデザインを選んで、ラフに着こなすのも素敵ですよ。
出典:

春もそうですが、秋のワードローブにもぜひ加えていただきたいのがジャケット類。9月に秋冬物の生地は重たくなってしまうので、リネンやコットンなど軽めの素材がおすすめです。シワをあまり気にせずおしゃれに着こなせるリネンは1枚あるとかなり便利なので、ぜひ持っておくべき。ややゆったりめなデザインを選んで、ラフに着こなすのも素敵ですよ。

シャツのような感覚で気軽に着られるリネンジャケット。スタンドカラーやラウンドした裾の部分など、他であまり見ないデザインがユニーク。女性らしく柔らかい表情が魅力的です。
出典:www.instagram.com(@ichi_antiquites)

シャツのような感覚で気軽に着られるリネンジャケット。スタンドカラーやラウンドした裾の部分など、他であまり見ないデザインがユニーク。女性らしく柔らかい表情が魅力的です。

旅行にもおすすめ!アレンジしやすい羽織りアイテム

ボタンを留めたり外したり、袖をまくったり...自在な着こなし方ができるコンパクトなジャケットは旅先でも重宝するもの。生地にハリや程よい光沢があるコットンリネンは上品でどんな場面でも着こなしやすいのでおすすめです。シワ加工まで施されているこちらのジャケットは持ち運びもしやく旅のワードローブにも最適の1着です。
出典:

ボタンを留めたり外したり、袖をまくったり...自在な着こなし方ができるコンパクトなジャケットは旅先でも重宝するもの。生地にハリや程よい光沢があるコットンリネンは上品でどんな場面でも着こなしやすいのでおすすめです。シワ加工まで施されているこちらのジャケットは持ち運びもしやく旅のワードローブにも最適の1着です。

くるっと丸めて持ち運べるカーディガン。アレンジ次第でスタイリングに変化をつけられるのもいいところ。マンネリになりがちな旅先のファッションも楽しく彩ってくれますよ。
出典:

くるっと丸めて持ち運べるカーディガン。アレンジ次第でスタイリングに変化をつけられるのもいいところ。マンネリになりがちな旅先のファッションも楽しく彩ってくれますよ。

初秋に似合う結婚式のお呼ばれスタイル

初秋のオケージョンスタイルで気をつけたいのは、重さの加減。露出しすぎたり軽くしすぎたりするのも品がよくないし、かといって重めの素材も暑苦しく見えてしまいます。ドッド柄の軽やかさが印象的なこちらのドレスは、モードでありながらナチュラルな優しさも感じさせるデザインが魅力的です。
出典:

初秋のオケージョンスタイルで気をつけたいのは、重さの加減。露出しすぎたり軽くしすぎたりするのも品がよくないし、かといって重めの素材も暑苦しく見えてしまいます。ドッド柄の軽やかさが印象的なこちらのドレスは、モードでありながらナチュラルな優しさも感じさせるデザインが魅力的です。

立体感ある花柄のレースが目を引くジャガード生地のドレス。生地が華やかなので、アクセサリーは、小さなパールのピアスでも十分。シンプルで上品な着こなし方をする方が、その人自身の魅力が引き立ちます。
出典:

立体感ある花柄のレースが目を引くジャガード生地のドレス。生地が華やかなので、アクセサリーは、小さなパールのピアスでも十分。シンプルで上品な着こなし方をする方が、その人自身の魅力が引き立ちます。

夜のパーティーに招待された場合は、腕や肩は少し露出した方が垢抜けて見える場合もあります。フレンチスリーブくらいを選べば、腕がほっそりと見えておすすめ。ワントーン&縦長のシルエットを意識すると大人っぽく洗練された印象になりますよ。
出典:

夜のパーティーに招待された場合は、腕や肩は少し露出した方が垢抜けて見える場合もあります。フレンチスリーブくらいを選べば、腕がほっそりと見えておすすめ。ワントーン&縦長のシルエットを意識すると大人っぽく洗練された印象になりますよ。

フォーマルな場面で着回しがきくジャケット。秋のオケージョンスタイルの必須アイテムといっても過言ではないでしょう。今の気分は、ミニマルでややゆったりとしたデザインのジャケット。端正なルックスが大人の余裕を感じさせます。
出典:

フォーマルな場面で着回しがきくジャケット。秋のオケージョンスタイルの必須アイテムといっても過言ではないでしょう。今の気分は、ミニマルでややゆったりとしたデザインのジャケット。端正なルックスが大人の余裕を感じさせます。

ほんの少し「秋」を取り入れながらおしゃれを楽しむアイディアをご紹介しましたが、いかがでしたか?お店では、秋冬ものが並ぶ中、実際のところは気温もまだ高く、衣替えモードにはなかなか移行できないのがこの時期の悩みどころ。でもこんな時こそ、きっと、着こなし方の柔軟性が試されるのです。ジャケットやゆったりトップス、ワンピース...便利で着回しの効くアイテムをどんどん活用して、しなやかに気分良くおしゃれを楽しんでくださいね。
画像は下記サイトからお借りしました。ありがとうございました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play