20代後半からは何を着る?『素敵な大人』になるための“おしゃれのヒント”

20代後半からは何を着る?『素敵な大人』になるための“おしゃれのヒント”

年を重ねてもチャーミングな人って、自分のスタイルが元々定まっているように見えるけれど、実はそう単純なものでもありません。その時々の環境の変化にも対応し、色んな経験をしていく中で、きっと装いもアップデートを繰り返してきたはず。今回は、素敵な大人になるべく、「おしゃれ」に対する姿勢やものの選び方、着こなし方のヒントをご紹介します。どんな女性になりたいかを思い浮かべながら、自分らしいおしゃれについて改めて考えてみましょう。 2019年05月16日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
コーディネート
大人コーディネート
夏コーデ
春コーデ
定番
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1138

服を選ぶ時のポイント

服に着られてしまうのではなく、
「自分らしく着こなせる」アイテムを選ぼう。

ベーシックで上質なパンツ

ベーシックなチノパンは、カジュアルはもちろん、ジャケットを羽織ればオフィシャルな場面で着まわせるのでとても便利。生地の質感、シルエットなど、パンツ選びはディティールまで拘って。ぴっちりタイトなものよりも、太ももにややゆとりがある方が、足がすっきり見えますよ。
出典:

ベーシックなチノパンは、カジュアルはもちろん、ジャケットを羽織ればオフィシャルな場面で着まわせるのでとても便利。生地の質感、シルエットなど、パンツ選びはディティールまで拘って。ぴっちりタイトなものよりも、太ももにややゆとりがある方が、足がすっきり見えますよ。

アレンジを加えやすいシンプルなワンピース

シンプルですっきりしたデザインのワンピースは、アクセサリーやレイヤードで変化を付けやすいので、長く愛用することができます。自分の定番カラーで選ぶと、手持ちのアイテムと上手く組み合わせることができるので、おすすめです。
出典:

シンプルですっきりしたデザインのワンピースは、アクセサリーやレイヤードで変化を付けやすいので、長く愛用することができます。自分の定番カラーで選ぶと、手持ちのアイテムと上手く組み合わせることができるので、おすすめです。

カジュアル&フォーマル、どちらも対応できるジャケット

大人になると段々出番が多くなるのが、薄手のコートよりもジェケット。さっと脱ぎ着が楽だし、気候が不安定なときも重宝します。オフィスやオケージョン専用のものだけでなく、カジュアル&セミフォーマルに使えるジャケットは、1,2着持っておくようにしましょう。
出典:

大人になると段々出番が多くなるのが、薄手のコートよりもジェケット。さっと脱ぎ着が楽だし、気候が不安定なときも重宝します。オフィスやオケージョン専用のものだけでなく、カジュアル&セミフォーマルに使えるジャケットは、1,2着持っておくようにしましょう。

大人になった自分に少しの贅沢を。生地をたっぷり使った服

年を重ねるとだんだん露出が多めだったり薄っぺらな服が似合わなくなってくる...というより、何だか心許ないのです。でもやっぱり、フェミニンなものも着たい!と思うこともありますよね。そんな時は、ちょっと贅沢に、たっぷり生地を使ったワンピースやスカートはいかがでしょう?女性らしい気分にさせてくれますよ。
出典:

年を重ねるとだんだん露出が多めだったり薄っぺらな服が似合わなくなってくる...というより、何だか心許ないのです。でもやっぱり、フェミニンなものも着たい!と思うこともありますよね。そんな時は、ちょっと贅沢に、たっぷり生地を使ったワンピースやスカートはいかがでしょう?女性らしい気分にさせてくれますよ。

ジーンズは今の自分のスタイルに合うものを

ジーンズは丈夫で長年もつものだけど、10代や20代前半のころとは体型や雰囲気も変わっているのに、無理やり合わせるのはちょっと待って。今の自分にちょうどよくフィットするもの(=少しゆとりをもって着られるもの)を選ぶように心がけましょう。
出典:

ジーンズは丈夫で長年もつものだけど、10代や20代前半のころとは体型や雰囲気も変わっているのに、無理やり合わせるのはちょっと待って。今の自分にちょうどよくフィットするもの(=少しゆとりをもって着られるもの)を選ぶように心がけましょう。

レインシューズはショート丈のものがベター

レインアイテムも大人になったら、きちんと揃えておきたいもの。靴で言うと、使い勝手が良いのは、ロング丈のレインブーツよりもショート丈のもの。パンツでも履きやすいし、置き場所もスペースを取りすぎないのがいいですね。素敵なレインアイテムは、悪天候でも颯爽と歩ける心の余裕を与えてくれます。
出典:

レインアイテムも大人になったら、きちんと揃えておきたいもの。靴で言うと、使い勝手が良いのは、ロング丈のレインブーツよりもショート丈のもの。パンツでも履きやすいし、置き場所もスペースを取りすぎないのがいいですね。素敵なレインアイテムは、悪天候でも颯爽と歩ける心の余裕を与えてくれます。

アクセサリーや小物類は、心ときめくものを

自分に似合うベーシックな服があれば、安心ではあるのだけれど、おしゃれ心はそう簡単には満足しないものですよね。だから純粋に、きれいだな、かわいいな...と思うものを身に着けることを疎かにしないで。洋服では取り入れにくい時も小物類なら気軽です。美しいストールは、巻き方次第で表情に変化をつけられるのでおすすめです。
出典:

自分に似合うベーシックな服があれば、安心ではあるのだけれど、おしゃれ心はそう簡単には満足しないものですよね。だから純粋に、きれいだな、かわいいな...と思うものを身に着けることを疎かにしないで。洋服では取り入れにくい時も小物類なら気軽です。美しいストールは、巻き方次第で表情に変化をつけられるのでおすすめです。

大人だから押さえておきたい。着こなしのチェックポイント

無理してスタイルよく見せるのはNG。
自分の今のスタイルを知って、心地よく、姿勢よく、そして魅力的に、服を着こなしましょう。

スタイリングは頭の先からつま先まで。全身チェックは欠かさずに

どれだけ最新のアイテムを身に着けていたとしても、上手く着こなせていなければ的外れな印象に。見落としがちな後ろ姿も含めて、全身チェックは欠かさないようにしましょう。
出典:

どれだけ最新のアイテムを身に着けていたとしても、上手く着こなせていなければ的外れな印象に。見落としがちな後ろ姿も含めて、全身チェックは欠かさないようにしましょう。

顔色が冴えないときは...きれいなカラーでスタイリング

ちょっとお疲れ気味だったり、顔色が優れない時は、明るい色の服を身に着けて。自分の肌や目の色に合う色を選ぶようにしましょう。
出典:

ちょっとお疲れ気味だったり、顔色が優れない時は、明るい色の服を身に着けて。自分の肌や目の色に合う色を選ぶようにしましょう。

靴下や靴に品格が表れる。細かな部分こそ気配りを

細かなところではあるけど、おしゃれに手を抜かない人は、靴下や靴もきちんと整っています。ここが汚れていたり、くたびれていると、美しい服を着ていても、だらしなく見えてしまいますので、気をつけましょう。上質な革靴をメンテナンスしながら、きれいに履きこなしている人は、とても素敵ですよ。
出典:

細かなところではあるけど、おしゃれに手を抜かない人は、靴下や靴もきちんと整っています。ここが汚れていたり、くたびれていると、美しい服を着ていても、だらしなく見えてしまいますので、気をつけましょう。上質な革靴をメンテナンスしながら、きれいに履きこなしている人は、とても素敵ですよ。

大人の女性のリアルクローズ

TPOや季節感、その場の雰囲気にマッチしたものを。
心配りができる女性は、きっと、おしゃれ上手なんです。

寒暖差を無理して我慢しない。おしゃれに対策しよう!

賢い大人のおしゃれにとって、心地よくいられることは重要課題。昼間は暖かくても夜はひんやり...みたいな場合も、状況に応じて衣服を上手に調整。そんな、余裕のあるおしゃれを楽しめるようになりたいですね。
出典:

賢い大人のおしゃれにとって、心地よくいられることは重要課題。昼間は暖かくても夜はひんやり...みたいな場合も、状況に応じて衣服を上手に調整。そんな、余裕のあるおしゃれを楽しめるようになりたいですね。

カジュアルだけど、崩しすぎない。重ね着のバランス

手持ちのアイテムを組み合わせての重ね着は、着こなしに変化を付けられるし楽しいけれど、バランスには気を付けて。使う色は2、3色までにする!などルールを決めると、スタイリングしやすいですよ。
出典:

手持ちのアイテムを組み合わせての重ね着は、着こなしに変化を付けられるし楽しいけれど、バランスには気を付けて。使う色は2、3色までにする!などルールを決めると、スタイリングしやすいですよ。

楽ちんだけど、スタイルよく!ワンピースは賢く着こなす

さっと着られるし、メインの1枚としてスタイリングが決まるワンピースは、便利なアイテム。お気に入りの1着なら、それを着ている自分がスタイルよく素敵に見えるように工夫して。すっきり見えるシルエット、足元とのバランスなど、やっぱり全身チェックは大切です。
出典:

さっと着られるし、メインの1枚としてスタイリングが決まるワンピースは、便利なアイテム。お気に入りの1着なら、それを着ている自分がスタイルよく素敵に見えるように工夫して。すっきり見えるシルエット、足元とのバランスなど、やっぱり全身チェックは大切です。

オケージョンスタイルでも自分らしさは大切

ブラックドレスやドレッシーなワンピースなど、オケージョンスタイルは、着なれていないと、他人と印象が被ってしまうことも。好きなデザイナーのドレス、ワンポイントになるアクセサリーやバッグ...どこか小さなポイントでも、自分らしさを演出することを意識すれば、着られている感はなくなり、こなれた雰囲気になりますよ。
出典:www.instagram.com(@3etdemi)

ブラックドレスやドレッシーなワンピースなど、オケージョンスタイルは、着なれていないと、他人と印象が被ってしまうことも。好きなデザイナーのドレス、ワンポイントになるアクセサリーやバッグ...どこか小さなポイントでも、自分らしさを演出することを意識すれば、着られている感はなくなり、こなれた雰囲気になりますよ。

好きなカラーを差し色に

気分が上がる!大好きなカラーを差し色に。自然と笑顔になれるハッピーな着こなしは、本人だけじゃなく、きっと周りも明るい気分にさせてくれるはずです。
出典:

気分が上がる!大好きなカラーを差し色に。自然と笑顔になれるハッピーな着こなしは、本人だけじゃなく、きっと周りも明るい気分にさせてくれるはずです。

よく年を重ねるほど、内面が顔に現れてくると言いますが、装いだって同じこと。シーンや気候に柔軟に合わせ、マナーを守り、自分が心地よくいられる服を選ぶ...センスはもしかしたら、基本的な日々の心掛けで磨かれていくのかもしれません。「おしゃれって楽しい!」そうさらっと言える素敵な大人の女性を目指しませんか?

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play