今日からナチュラルウーマン!優しげ「ベージュのワンピース」で作る大人コーデ集

今日からナチュラルウーマン!優しげ「ベージュのワンピース」で作る大人コーデ集

華やかな明るい色味も素敵だけれど、ミルクティーのような優しいベージュの服を身にまとったときのほうが、より自然体で心地良い気分になれる気がしませんか。季節のお洋服が街には多く出回っていますが、今回は、より特別感の増す「ワンピース」に着目。その中でも、大人女性のナチュラルな魅力を引き立ててくれるベージュのワンピースの着こなし方をご紹介します。2019年05月07日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
ワンピース
春コーデ
シャツワンピース
ベージュコーデ
ロングワンピース
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
259

今の気分は「ベージュ」

春の心地の良い日差しの下で着たくなるのが「ベージュ」色。今回は、その中でもより特別感が演出できる“ワンピース”にフォーカス。さっそく、今着たいベージュワンピースのコーディネートをタイプ別にご紹介します!
出典:

春の心地の良い日差しの下で着たくなるのが「ベージュ」色。今回は、その中でもより特別感が演出できる“ワンピース”にフォーカス。さっそく、今着たいベージュワンピースのコーディネートをタイプ別にご紹介します!

【定番!】シャツ/ブラウス風ワンピースコーデ

襟ありタイプ

前をきちんと留めて着こなすシャツワンピースもいいけれど、ロングアウターのようにさらりと羽織って着こなすのもとっても素敵ですよ。ボトムに迷った時は、とりあえずデニムを合わせておけばOK!
出典:

前をきちんと留めて着こなすシャツワンピースもいいけれど、ロングアウターのようにさらりと羽織って着こなすのもとっても素敵ですよ。ボトムに迷った時は、とりあえずデニムを合わせておけばOK!

ジャケット風の襟ありシャツワンピースは、ウエストマークのおかげで、カシュクールっぽくも着こなせる逸品です。春気分を盛り上げる綺麗なミントグリーンのスカートをボトムに仕込めば、お洒落を楽しみたい休日コーデにぴったり!
出典:

ジャケット風の襟ありシャツワンピースは、ウエストマークのおかげで、カシュクールっぽくも着こなせる逸品です。春気分を盛り上げる綺麗なミントグリーンのスカートをボトムに仕込めば、お洒落を楽しみたい休日コーデにぴったり!

花柄のベージュワンピースは、前と後ろで長さの違うロマンティックなデザイン。インナーで爽やかな白を取り入れつつ、羽織として着こなすことで、甘すぎないコーディネートに仕上がっています。
出典:

花柄のベージュワンピースは、前と後ろで長さの違うロマンティックなデザイン。インナーで爽やかな白を取り入れつつ、羽織として着こなすことで、甘すぎないコーディネートに仕上がっています。

いつものシャツワンピースに、上からベストを重ねて。たったこれだけでコーディネートのお洒落さや新鮮さがぐんとアップします!ポイントは締め色の黒をポイントで取り入れているところです。
出典:

いつものシャツワンピースに、上からベストを重ねて。たったこれだけでコーディネートのお洒落さや新鮮さがぐんとアップします!ポイントは締め色の黒をポイントで取り入れているところです。

バンドカラータイプ

ウエストをきゅっと結べるレディなシルエットながら、胸元の両方にポケットがあるのでミリタリージャケットを思わせるようなカジュアル要素も備わったワンピース。大人シンプルに1枚でさらりと着こなして。
出典:

ウエストをきゅっと結べるレディなシルエットながら、胸元の両方にポケットがあるのでミリタリージャケットを思わせるようなカジュアル要素も備わったワンピース。大人シンプルに1枚でさらりと着こなして。

ゆったりオーバーサイズのワンピースは、そのデザイン性を活かしてメンズライクにコーディネート。パンツも太目ですが、ストライプのお陰で縦のラインが強調され、足長さんに。アクセントにカンカン帽をプラスすれば、休日のお出かけリラックススタイルに◎
出典:

ゆったりオーバーサイズのワンピースは、そのデザイン性を活かしてメンズライクにコーディネート。パンツも太目ですが、ストライプのお陰で縦のラインが強調され、足長さんに。アクセントにカンカン帽をプラスすれば、休日のお出かけリラックススタイルに◎

シャツワンピースの前ボタンをぜんぶ開けて。いつも無地のインナーを入れがちなところを、ボーダーに変えるだけでコーデの幅がぐっと広がります!印象もフレッシュになるので、コーデがマンネリ化してきたな、と感じたら是非取り入れてみて下さい。
出典:

シャツワンピースの前ボタンをぜんぶ開けて。いつも無地のインナーを入れがちなところを、ボーダーに変えるだけでコーデの幅がぐっと広がります!印象もフレッシュになるので、コーデがマンネリ化してきたな、と感じたら是非取り入れてみて下さい。

整列したボタンと丸いお袖が素敵なワンピース。半袖だと夏以外は着られないイメージですが、インに長袖を仕込めば、こんなにお洒落に!さらに、白のカットソー+白のレギンスで色味を統一すれば、怖いものなしですね。
出典:

整列したボタンと丸いお袖が素敵なワンピース。半袖だと夏以外は着られないイメージですが、インに長袖を仕込めば、こんなにお洒落に!さらに、白のカットソー+白のレギンスで色味を統一すれば、怖いものなしですね。

トップス+パンツのインナーが多いですが、トップスをTシャツワンピなどにチェンジしてみて。丈の段差が縮まり、羽織と丈のバランスを取りやすくなります。足元はハイカットをチョイスして、丈のバランスを上からも下からも減らしていき、ベストなバランスを実現できるはず。
出典:

トップス+パンツのインナーが多いですが、トップスをTシャツワンピなどにチェンジしてみて。丈の段差が縮まり、羽織と丈のバランスを取りやすくなります。足元はハイカットをチョイスして、丈のバランスを上からも下からも減らしていき、ベストなバランスを実現できるはず。

カシュクールタイプ

透け感のある柔らか素材のワンピースは、足元にもトーン違いのベージュを取り入れてコーデ全体にまとまり感を。白のインナーで爽やかさのエッセンスも忘れずに。
出典:

透け感のある柔らか素材のワンピースは、足元にもトーン違いのベージュを取り入れてコーデ全体にまとまり感を。白のインナーで爽やかさのエッセンスも忘れずに。

ギャザーがふんだんに入ったカシュクールタイプのワンピースは、レギンスやサンダルでアクティブに着こなしましょう。カンカン帽を被ったらよりスタイリッシュに!
出典:

ギャザーがふんだんに入ったカシュクールタイプのワンピースは、レギンスやサンダルでアクティブに着こなしましょう。カンカン帽を被ったらよりスタイリッシュに!

切り替えAラインタイプ

トップがシャツ、スカート部分がプリーツという素敵な切り替えワンピース。ベージュという優しい色味に、パキっとした青をさし色で入れることで、落ち着いた佇まいの中に遊びゴコロを感じる着こなしが表現できます。
出典:

トップがシャツ、スカート部分がプリーツという素敵な切り替えワンピース。ベージュという優しい色味に、パキっとした青をさし色で入れることで、落ち着いた佇まいの中に遊びゴコロを感じる着こなしが表現できます。

【着心地抜群♪】カットソー/スウェット素材のワンピースコーデ

サイドにプリーツの切り替えが入った、スウェットワンピース。カジュアル過ぎず、甘すぎない絶妙なワンピースは、1枚で着こなしてそのデザイン性を楽しみましょう!重ねるのはレギンスやスキニーが◎。
出典:

サイドにプリーツの切り替えが入った、スウェットワンピース。カジュアル過ぎず、甘すぎない絶妙なワンピースは、1枚で着こなしてそのデザイン性を楽しみましょう!重ねるのはレギンスやスキニーが◎。

ロングなTシャツワンピは、そのルーズ感を楽しむために、太目のゆるデニムを合わせて。アクセントに柄モノの可愛い帽子や、コントラストを出すために白いスニーカーを取り入れましょう。
出典:

ロングなTシャツワンピは、そのルーズ感を楽しむために、太目のゆるデニムを合わせて。アクセントに柄モノの可愛い帽子や、コントラストを出すために白いスニーカーを取り入れましょう。

フロントにボタンのついたTシャツワンピースは、サイドに少しスリットが入っていて動きやすい作り。大人な雰囲気に着こなしたいときは、ブラウンのパンツや、ワイヤーハンドルバッグなどの小物使いでモード感を加えましょう。
出典:

フロントにボタンのついたTシャツワンピースは、サイドに少しスリットが入っていて動きやすい作り。大人な雰囲気に着こなしたいときは、ブラウンのパンツや、ワイヤーハンドルバッグなどの小物使いでモード感を加えましょう。

サイドに大きく入ったスリットと、バックのベルトデザインが印象的なレイヤードを楽しむためのワンピース。ベルトと同色のレギンスを合わせたら、サンダル+メッシュバッグ+キャップとリラックス感のあるアイテムを揃えて、ゆるっとリラクシンスタイルを満喫しましょう!
出典:

サイドに大きく入ったスリットと、バックのベルトデザインが印象的なレイヤードを楽しむためのワンピース。ベルトと同色のレギンスを合わせたら、サンダル+メッシュバッグ+キャップとリラックス感のあるアイテムを揃えて、ゆるっとリラクシンスタイルを満喫しましょう!

【着回し自在】キャミワンピ/ジャンパースカートのコーデ

シンプルなジャンパースカートには、白いブラウスを重ねて大人のオンナノコらしさをプラス。その雰囲気を高めるために、ソックス+パンプスでレトロ感を添えましょう。
出典:

シンプルなジャンパースカートには、白いブラウスを重ねて大人のオンナノコらしさをプラス。その雰囲気を高めるために、ソックス+パンプスでレトロ感を添えましょう。

ウエストから下がプリーツ仕様になったジャンバースカートには、シンプルな白Tシャツを重ねて。夏を先取りしたい気分の時には、サンダルと麦わらベレー帽を合わせて、爽やかな季節感を満喫しましょう。
出典:

ウエストから下がプリーツ仕様になったジャンバースカートには、シンプルな白Tシャツを重ねて。夏を先取りしたい気分の時には、サンダルと麦わらベレー帽を合わせて、爽やかな季節感を満喫しましょう。

キナリに近いベージュのキャミワンピースは、ブラウンのTシャツを合わせると、まるでミルクティーのような配色に。それだけだとコーデがぼやけてしまうので、足元に黒を足すとお洒落に引き締まります。
出典:

キナリに近いベージュのキャミワンピースは、ブラウンのTシャツを合わせると、まるでミルクティーのような配色に。それだけだとコーデがぼやけてしまうので、足元に黒を足すとお洒落に引き締まります。

【空気感を楽しむ】ふんわりAラインワンピースコーデ

綺麗なドレープのAラインワンピース。1枚で着ても勿論素敵ですが、白のパンツ+白スニーカーで爽やかさをプラス。レイヤード次第でワンピースの表情ががらりと変わります。
出典:

綺麗なドレープのAラインワンピース。1枚で着ても勿論素敵ですが、白のパンツ+白スニーカーで爽やかさをプラス。レイヤード次第でワンピースの表情ががらりと変わります。

胸の部分からウエストまでタックの入った雰囲気のあるワンピース。ふわっと広がるスカートは、素材に張り感があるため子どもっぽく見えません。ベレー帽とおじ靴を組み合わせて、美術館へお出かけしたくなる休日コーデに♪
出典:

胸の部分からウエストまでタックの入った雰囲気のあるワンピース。ふわっと広がるスカートは、素材に張り感があるため子どもっぽく見えません。ベレー帽とおじ靴を組み合わせて、美術館へお出かけしたくなる休日コーデに♪

さらりとした風合いのワンピースには、同じ素材感のジャケットを合わせて。まるでアンサンブルのように見えるコーデは、お洒落上級者さんの風格!仕上げに黒のサンダルと、黒のパイピングが効いた帽子を合わせればワンランク上のおめかしスタイルが完成します。
出典:

さらりとした風合いのワンピースには、同じ素材感のジャケットを合わせて。まるでアンサンブルのように見えるコーデは、お洒落上級者さんの風格!仕上げに黒のサンダルと、黒のパイピングが効いた帽子を合わせればワンランク上のおめかしスタイルが完成します。

【特別な日に着たい】女性らしいシルエットワンピース

ぽわんとした袖、ギャザーが入ったウエスト周りが特徴のロング丈ワンピース。女性らしいワンピースは、1枚で着こなし、アクセサリーもほぼなしでシンプルに着こなしましょう。雰囲気を壊さないように、こだわりバッグも同系色に。
出典:

ぽわんとした袖、ギャザーが入ったウエスト周りが特徴のロング丈ワンピース。女性らしいワンピースは、1枚で着こなし、アクセサリーもほぼなしでシンプルに着こなしましょう。雰囲気を壊さないように、こだわりバッグも同系色に。

淡いベージュにさりげない小花柄が大人可愛いロングワンピースは、1枚でさらりと。少ししゅっとしたトゥのフラットシューズを合わせることで、ワンピースの甘さが抑えられ、好バランスに。
出典:

淡いベージュにさりげない小花柄が大人可愛いロングワンピースは、1枚でさらりと。少ししゅっとしたトゥのフラットシューズを合わせることで、ワンピースの甘さが抑えられ、好バランスに。

ベージュのワンピースでもっと私らしく!

これから着たい、気になるベージュのワンピースは見つかりましたか?レイヤードしたり、1枚で着こなしたり、お気に入りのコーディネートでベージュワンピースコーデを楽しんでください!
出典:

これから着たい、気になるベージュのワンピースは見つかりましたか?レイヤードしたり、1枚で着こなしたり、お気に入りのコーディネートでベージュワンピースコーデを楽しんでください!

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play