あらためて見直したい“大人”のたしなみ。【シーン別】フォーマルコーデ

あらためて見直したい“大人”のたしなみ。【シーン別】フォーマルコーデ

普段はナチュラルで着心地が楽な自分なりのスタイルを確立しているという方も、フォーマルな場に行くとなると、服装を選ぶのが急に難しくなるもの。しかも年を重ねるほど、普段着vsおしゃれ着、カジュアルvsフォーマルといった区別だけでなく、社会的な立場や状況も絡めて選ぶことが大切になってきます。シーンに合った装いのポイントをきちんと押さえた上で、どんな時も自分らしく、自信を持っておしゃれを楽しみましょう。 2019年03月02日作成

カテゴリ:
ファッション
ブランド:
susuri
tamas
キーワード:
コーディネート
スタイル・テイスト
フォーマル
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
315

オケージョンアイテムを選ぶポイントを覚えておこう

普段着る服を選ぶのは楽しいのに、フォーマル服は何となく気がのらない...そんな経験はありませんか?しかも、結婚式や入学式...特別な機会の服を間近になってから選ぶとなると、気が急いて余計に面白くないものです。いざという時に困らないよう、必要最低限のアイテムは良いタイミングで揃えておきましょう。
出典:

普段着る服を選ぶのは楽しいのに、フォーマル服は何となく気がのらない...そんな経験はありませんか?しかも、結婚式や入学式...特別な機会の服を間近になってから選ぶとなると、気が急いて余計に面白くないものです。いざという時に困らないよう、必要最低限のアイテムは良いタイミングで揃えておきましょう。

ブラウスは質感とディティールに拘って

きれいめなブラウスは、スーツやセットアップに合わせたり、フォーマルな場面で良く出番のあるもの。素材やディティールに拘って、質感に艶があり、上品なデザインのものをセレクトするとよいでしょう。普段のパンツスタイルにさらっと合わせても、とても素敵ですよ。
出典:

きれいめなブラウスは、スーツやセットアップに合わせたり、フォーマルな場面で良く出番のあるもの。素材やディティールに拘って、質感に艶があり、上品なデザインのものをセレクトするとよいでしょう。普段のパンツスタイルにさらっと合わせても、とても素敵ですよ。

年齢を選ばない美しいシルエットのワンピース

ワンピースも同じく、光沢や艶のある質感のものを選ぶとフォーマル感が出ます。レースや装飾のあるものを選ぶのもよいのですが、使い勝手がよいのは、シンプルでシルエットの美しさが強調されたタイプ。年齢を重ねても長く着ることができますし、あらゆるシーンで活用することができます。
出典:

ワンピースも同じく、光沢や艶のある質感のものを選ぶとフォーマル感が出ます。レースや装飾のあるものを選ぶのもよいのですが、使い勝手がよいのは、シンプルでシルエットの美しさが強調されたタイプ。年齢を重ねても長く着ることができますし、あらゆるシーンで活用することができます。

誰もが1着は持っておきたいブラックワンピース。定番中の定番ですから、素材は上質なもの、着心地が楽なもの、そして自分のスタイルにフィットするデザインを選びましょう。お気に入りが見つかったら、それはあなたにとってかなり利用価値が高く、信頼できる服になるはずです。
出典:

誰もが1着は持っておきたいブラックワンピース。定番中の定番ですから、素材は上質なもの、着心地が楽なもの、そして自分のスタイルにフィットするデザインを選びましょう。お気に入りが見つかったら、それはあなたにとってかなり利用価値が高く、信頼できる服になるはずです。

ジャケットは着回し力で選ぶ

ファーマルな場面にも似合うドレッシーな雰囲気のジャケット。デザインだけでなく、自分の体形にきちんと合うかも含めて選ばないと残念なことになってしまう可能性も。急に入用になる前に、気になるジャケットがあれば、チェックしておきましょう。ノーカラーのサテン地のジャケットは使いやすくて、かなりおすすめのアイテムです。
出典:

ファーマルな場面にも似合うドレッシーな雰囲気のジャケット。デザインだけでなく、自分の体形にきちんと合うかも含めて選ばないと残念なことになってしまう可能性も。急に入用になる前に、気になるジャケットがあれば、チェックしておきましょう。ノーカラーのサテン地のジャケットは使いやすくて、かなりおすすめのアイテムです。

高すぎず低すぎない程よい加減のヒール靴

フォーマルシーンに合うパンプスは2,3足は持っておきたいもの。ヒールの高さに決まりがあるというわけではありませんが、特にドレスアップしたスタイルの場合は、ヒールがないとバランスが悪く見えてしまいます。また、高すぎて安定感がないと歩き方が滑稽になってしまいがち。大人の女性はスタイルだけでなく品の良さも重視したいもの。5㎝位のヒールを目安にすると良いでしょう。
出典:

フォーマルシーンに合うパンプスは2,3足は持っておきたいもの。ヒールの高さに決まりがあるというわけではありませんが、特にドレスアップしたスタイルの場合は、ヒールがないとバランスが悪く見えてしまいます。また、高すぎて安定感がないと歩き方が滑稽になってしまいがち。大人の女性はスタイルだけでなく品の良さも重視したいもの。5㎝位のヒールを目安にすると良いでしょう。

普段、ヒール靴を履きなれていなかったり、妊娠中や小さなお子さんがいる場合は、できるだけフラットなタイプの靴が安心という場合もあります。そういう時は、エナメルなどおしゃれ靴らしい素材や装飾が付いたデザインのものを選ぶといいですね。秋冬ならベルベッドも素敵ですよ。
出典:

普段、ヒール靴を履きなれていなかったり、妊娠中や小さなお子さんがいる場合は、できるだけフラットなタイプの靴が安心という場合もあります。そういう時は、エナメルなどおしゃれ靴らしい素材や装飾が付いたデザインのものを選ぶといいですね。秋冬ならベルベッドも素敵ですよ。

小ぶりなハンドバッグ

大は小を兼ねるといいますが、ファーマルな場面でそれは当てはまりません。バッグはできるだけ小ぶりなものを持つのがスマート。パーティーには華やかなクラッチバッグがあると素敵ですが、子どもの式典や学校行事にはそぐいません。上品なハンドバッグが1つあると安心です。
出典:

大は小を兼ねるといいますが、ファーマルな場面でそれは当てはまりません。バッグはできるだけ小ぶりなものを持つのがスマート。パーティーには華やかなクラッチバッグがあると素敵ですが、子どもの式典や学校行事にはそぐいません。上品なハンドバッグが1つあると安心です。

華やかで品のあるアクセサリー

式典では、派手なアクセサリーをジャラジャラ付けるよりも、華やかで品のあるアクセサリーを数点付けるほうが洒落ています。真珠のアクセサリーはその点、どんなフォーマルな場面にも似合うので安心。でも、時には素材を変えて可愛らしいデザインのものを付けてみてもいいですね。
出典:

式典では、派手なアクセサリーをジャラジャラ付けるよりも、華やかで品のあるアクセサリーを数点付けるほうが洒落ています。真珠のアクセサリーはその点、どんなフォーマルな場面にも似合うので安心。でも、時には素材を変えて可愛らしいデザインのものを付けてみてもいいですね。

コサージュよりも気軽で、洗練されて見えるのはブローチ。作家ものやアンティーク...せっかくなら自分の好み似合うものを選びましょう。
出典:

コサージュよりも気軽で、洗練されて見えるのはブローチ。作家ものやアンティーク...せっかくなら自分の好み似合うものを選びましょう。

結婚式、披露宴、2次会...ドレスアップの基本とは?

結婚式や披露宴、2次会や職場のパーティー...マナーを守って、自分らしくドレスアップを楽しむために覚えておきたいポイントをお伝えします。

【昼の結婚式】肌の露出は控えて

昼の結婚式や披露宴は、場所や式のタイプにもよりますが、基本的には正礼装が正解。肌の露出を控え、詰まった襟元や長袖を意識して選ぶとよいでしょう。華やかなワンピース、アンサンブル、スーツで問題ありませんが、ラメやスパンコールなど、キラキラしすぎるものは避けた方が無難です。
出典:

昼の結婚式や披露宴は、場所や式のタイプにもよりますが、基本的には正礼装が正解。肌の露出を控え、詰まった襟元や長袖を意識して選ぶとよいでしょう。華やかなワンピース、アンサンブル、スーツで問題ありませんが、ラメやスパンコールなど、キラキラしすぎるものは避けた方が無難です。

【夜の結婚式】光り物で華やかさをプラス

夜の正礼装はというと、イブニングドレスが最も正式なものです。イブニングドレスは袖なし、ロング丈が基本ですが、そこまで格式高い場面でなけでば、短めの丈でも構いません。そして、昼とは逆で、肩や胸元、背中が少し空いたデザインのものを選ぶと素敵です。ただ品格は大切ですので、その点は注意しましょう。ラメやサテン、タフタ、シフォンなど、パーティーらしい素材で華やかさを演出するのがポイント。また、昼夜関らず、結婚式では強すぎる色やバイカラー、大きな柄物などは似つかわしくないので覚えておきましょう。
出典:

夜の正礼装はというと、イブニングドレスが最も正式なものです。イブニングドレスは袖なし、ロング丈が基本ですが、そこまで格式高い場面でなけでば、短めの丈でも構いません。そして、昼とは逆で、肩や胸元、背中が少し空いたデザインのものを選ぶと素敵です。ただ品格は大切ですので、その点は注意しましょう。ラメやサテン、タフタ、シフォンなど、パーティーらしい素材で華やかさを演出するのがポイント。また、昼夜関らず、結婚式では強すぎる色やバイカラー、大きな柄物などは似つかわしくないので覚えておきましょう。

結婚式に黒タイツはNG?

結婚式にふさわしいのは、ベージュのストッキング。というのは知っているけれど、ドレスの色合いに合わせて黒を選びたくなることもありますよね。最近では、シアー感のある黒いストッキングであれば、ドレッシーに見えてOKとされる傾向もあるようです。ただ、全身を黒でまとめてしまうと、喪服のような暗い印象に見えてしまいがちです。大切なのは、祝福をする気持ち。新郎新婦や親族、他のゲストの方々、そして自分も含め晴れやかな気持ちになれるよう配慮しましょう。
出典:

結婚式にふさわしいのは、ベージュのストッキング。というのは知っているけれど、ドレスの色合いに合わせて黒を選びたくなることもありますよね。最近では、シアー感のある黒いストッキングであれば、ドレッシーに見えてOKとされる傾向もあるようです。ただ、全身を黒でまとめてしまうと、喪服のような暗い印象に見えてしまいがちです。大切なのは、祝福をする気持ち。新郎新婦や親族、他のゲストの方々、そして自分も含め晴れやかな気持ちになれるよう配慮しましょう。

パンツスタイルで気をつけておきたいこと

パンツスーツで気を付けたいのは、ビジネスウーマンのような印象に見えてしまうこと。お祝い事なので、デザインの凝ったブラウスを合わせるなど、パーティーらしい装いに見えるよう工夫することが大切です。パンツ派の方は、柔らかな色合いや光沢感のある素材など、パーティーに似合うセットアップを持っておくと重宝しますよ。
出典:

パンツスーツで気を付けたいのは、ビジネスウーマンのような印象に見えてしまうこと。お祝い事なので、デザインの凝ったブラウスを合わせるなど、パーティーらしい装いに見えるよう工夫することが大切です。パンツ派の方は、柔らかな色合いや光沢感のある素材など、パーティーに似合うセットアップを持っておくと重宝しますよ。

2次会パーティーは、略礼装でOK

親族が集まる結婚式&披露宴とは違って、友だちだけの2次会パーティーはもうちょっと気軽なもの。自分らしいドレススタイルを楽しみましょう!ただ、招待状に、「平服でお越しください」と書いてあっても、それを鵜呑みにはしないで。パーティーにコットンやジーンズなどカジュアルすぎる素材はNGなので、気をつけましょう。
出典:www.instagram.com(@aranciatobuyer)

親族が集まる結婚式&披露宴とは違って、友だちだけの2次会パーティーはもうちょっと気軽なもの。自分らしいドレススタイルを楽しみましょう!ただ、招待状に、「平服でお越しください」と書いてあっても、それを鵜呑みにはしないで。パーティーにコットンやジーンズなどカジュアルすぎる素材はNGなので、気をつけましょう。

ドレッシーなワンピースに華やかなアクセサリー、きちんとドレスアップをしたうえで、自分らしいおしゃれを楽しむなら問題ありません。靴下はカジュアルに見えてしまいがちですが、ラメやレースなど、パーティーらしい質感のものなら素敵ですよ。
出典:

ドレッシーなワンピースに華やかなアクセサリー、きちんとドレスアップをしたうえで、自分らしいおしゃれを楽しむなら問題ありません。靴下はカジュアルに見えてしまいがちですが、ラメやレースなど、パーティーらしい質感のものなら素敵ですよ。

入学式&卒業式...ママが心得ておきたいオケージョンスタイル

入学式や卒業式、わが子の大切な式典の日。もちろん主役は子どもたちではあるけれど、ママも素敵なオケージョンスタイルで笑顔いっぱいに過ごしましょう。

卒業式はダークカラーが基本

卒園式や卒業式はダークカラーのセットアップが基本。黒やグレー、ネイビーが主流です。一方、入園式や入学式ではオフホワイトやパステルカラー、ライトグレーなど明るい色が似合います。ただ、卒園&入学が続く時期に、別々に新調するのは面倒ですよね。急ぎ、1着で着まわしたいなら、ネイビーがおすすめ。インナーやアクセサリーによって雰囲気が変わりますし、品が良い色合いなので様々な場面で活躍してくれますよ。
出典:

卒園式や卒業式はダークカラーのセットアップが基本。黒やグレー、ネイビーが主流です。一方、入園式や入学式ではオフホワイトやパステルカラー、ライトグレーなど明るい色が似合います。ただ、卒園&入学が続く時期に、別々に新調するのは面倒ですよね。急ぎ、1着で着まわしたいなら、ネイビーがおすすめ。インナーやアクセサリーによって雰囲気が変わりますし、品が良い色合いなので様々な場面で活躍してくれますよ。

クロップドパンツできちんと感を演出

式典でのパンツスタイルは、クロップド丈で足首がすっきり見えるものがベストです。学校行事はずっと外靴でいるのではなく、校内に入るために室内履きに履き替えることも...。長い丈のパンツだとダボついてだらしなく見えてしまいますよ。
出典:

式典でのパンツスタイルは、クロップド丈で足首がすっきり見えるものがベストです。学校行事はずっと外靴でいるのではなく、校内に入るために室内履きに履き替えることも...。長い丈のパンツだとダボついてだらしなく見えてしまいますよ。

ディティールが凝ったトップスで洗練された雰囲気に

ちょっと人と差を付けたいなら、ディティールが凝ったデザイン性の高いトップスで勝負してみても。上質な素材であれば、品格もあり、ジャケット要らずな雰囲気になります。
出典:

ちょっと人と差を付けたいなら、ディティールが凝ったデザイン性の高いトップスで勝負してみても。上質な素材であれば、品格もあり、ジャケット要らずな雰囲気になります。

入学式に映えるのはやっぱりパステルカラー

わが子の成長を喜び、晴れやかな気持ちで新しいスタートを切る入学式。春らしく明るい雰囲気でコーディネートしたいなら、パステルカラーのスーツスタイルがおすすめです。せっかくなら、自分の好きなデザインのものを選んで、普段のおしゃれ着としても活用しちゃいましょう。
出典:

わが子の成長を喜び、晴れやかな気持ちで新しいスタートを切る入学式。春らしく明るい雰囲気でコーディネートしたいなら、パステルカラーのスーツスタイルがおすすめです。せっかくなら、自分の好きなデザインのものを選んで、普段のおしゃれ着としても活用しちゃいましょう。

大人のフォーマルは、あれもこれもと流行に合わせて選ぶのではなく、ある程度着回しができて、きちんと感があるものを揃えておきたいもの。そして、着るのは他の誰でもない自分自身なのですから、好きなテイストも含めて選ぶことは、やっぱり重要です。フォーマルシーンでのマナーや品格に気を配りつつ、自分らしいコーディネートを楽しんでくださいね。
画像は下記サイトからお借りしました。ありがとうございました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play