シーズン問わずに着れる万能選手◎『スウェット』をプレイフルに着こなそう

シーズン問わずに着れる万能選手◎『スウェット』をプレイフルに着こなそう

春、夏、秋、冬、使いようによっては、いつでもOKな懐の深さを持つスウェット。特に冬は、お手入れがやや面倒なセーターやニット類に比べて、スウェットの良さはとにかく気楽であること。ただ、その楽ちんさゆえ、気を抜くと部屋着に見られかねないのが難点。今回は、普段着から少し進んで、おしゃれに着まわすスウェットがテーマ。合わせるボトムのテイストを替えたり、レイヤードを工夫したり...今よりもっと、プレイフルにスウェットを活用しませんか? 2019年01月15日作成

カテゴリ:
ファッション
ブランド:
マイヨ
AURALEE
PHEENY
キーワード:
コーディネート
シーン・季節
着こなし
パーカー
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
196
シーズン問わずに着れる万能選手◎『スウェット』をプレイフルに着こなそう
出典:
着心地の良さ、メンテナンスのしやすさ、そしてアレンジのしやすさ...挙げれば、3拍子以上のメリットが揃っているスウェット。ただ、ある意味主張の少ない、フラットな魅力を持つアイテムなだけに、気を抜くと凡庸に見えてしまうことも。おしゃれに見せるコツも含めて、改めて、スウェットを選ぶ際のポイントを押さえておきましょう。

着回し力抜群!パーカーは色で選ぶ

羽織りものとして使っても、アウターと組み合わせても良し。とにかく使い勝手の良いパーカーは、男女ともに人気のアイテム。そして定番中の定番カラーといえば、グレーですよね。とはいえ、グレーにも幅があり、色味によって、印象が変わります。やや明るめの杢グレーは、柔らかい雰囲気。コートやジャケットとの相性もばっちりです。
出典:

羽織りものとして使っても、アウターと組み合わせても良し。とにかく使い勝手の良いパーカーは、男女ともに人気のアイテム。そして定番中の定番カラーといえば、グレーですよね。とはいえ、グレーにも幅があり、色味によって、印象が変わります。やや明るめの杢グレーは、柔らかい雰囲気。コートやジャケットとの相性もばっちりです。

グリーンでもちょっと押さえた色であれば、とてもナチュラル。合わせる色の範囲が広いので、重宝しそうです。
出典:

グリーンでもちょっと押さえた色であれば、とてもナチュラル。合わせる色の範囲が広いので、重宝しそうです。

スポーティーで程よく力の抜けたカタチは、ビビッドカラーをのせても大袈裟じゃなく、とてもかわいい。大人が着るならやっぱり、デザインはもとより、生地の質感とかフードの立ち上がりとかも気にしておきたい。ベーシックアイテムでも、本当にお気に入りに値するものは、そうたくさんはないもの。気に入ったら色違いで揃えておくのもおすすめです。
出典:

スポーティーで程よく力の抜けたカタチは、ビビッドカラーをのせても大袈裟じゃなく、とてもかわいい。大人が着るならやっぱり、デザインはもとより、生地の質感とかフードの立ち上がりとかも気にしておきたい。ベーシックアイテムでも、本当にお気に入りに値するものは、そうたくさんはないもの。気に入ったら色違いで揃えておくのもおすすめです。

シルエットが決め手!重ね着もしやすいプルオーバー

装飾のないナチュラルな表情が魅力のプルオーバー。スウェットはセーターと比べて、気楽に着られるのもうれしいですよね。丈の長さや襟の空き具合などでも印象が変わってくるので、よく吟味して選びましょう。
出典:

装飾のないナチュラルな表情が魅力のプルオーバー。スウェットはセーターと比べて、気楽に着られるのもうれしいですよね。丈の長さや襟の空き具合などでも印象が変わってくるので、よく吟味して選びましょう。

生地の直線的なラインがかえって女性の体を柔らかく見せてくれる効果も!裾や袖の切りっぱなし感がかっこいいですね。
出典:

生地の直線的なラインがかえって女性の体を柔らかく見せてくれる効果も!裾や袖の切りっぱなし感がかっこいいですね。

袖を折り返してインナーをチラ見せ。ちょっとした小技で遊べるのがスウェットの良いところ♡
出典:

袖を折り返してインナーをチラ見せ。ちょっとした小技で遊べるのがスウェットの良いところ♡

+αのアクセントを求める方におすすめのスウェット

気取らないスタイルにシンプルなスウェットもいいけれど、時にはピリッとアクセントになるものも選択肢に加えて。たとえば、ロゴものは外しアイテムとして応用価値が高く、大人の女性が潔く着ると、とても洒落て見えたりします。ポイントは、外しアイテムは1点のみで、盛りすぎないこと。シンプルシックなスタイルにさらりと合わせるのが上級者です。
出典:

気取らないスタイルにシンプルなスウェットもいいけれど、時にはピリッとアクセントになるものも選択肢に加えて。たとえば、ロゴものは外しアイテムとして応用価値が高く、大人の女性が潔く着ると、とても洒落て見えたりします。ポイントは、外しアイテムは1点のみで、盛りすぎないこと。シンプルシックなスタイルにさらりと合わせるのが上級者です。

変幻自在!スウェットの着こなし

使い方次第で、いくつもの表情を導き出せるスウェット。あなたらしさも大切にしつつ、色んなスタイリングを試してみませんか?

シンプル&ナチュラル

ほどよく厚みがあり、きれいなシルエットのトレーナー。すっきりとした、そのままの佇まいを生かしたいなら、敢えてストイックなくらいにシンプルにスタイリング。全身のバランスが要になってくるので、ヘアメイクも清潔感を第1にすることが大切です。
出典:

ほどよく厚みがあり、きれいなシルエットのトレーナー。すっきりとした、そのままの佇まいを生かしたいなら、敢えてストイックなくらいにシンプルにスタイリング。全身のバランスが要になってくるので、ヘアメイクも清潔感を第1にすることが大切です。

ガーリー×スポーティー

かわいいものが好きでも全身がフェミニンというのはちょっと気恥ずかしかったり、段々似合わなく感じてきたりすることもありますよね。場面によっては、ちょっとドレッシー過ぎるかなというワンピースもパーカーでカジュアルダウンすれば、こなれた着こなしに。とてもラフにチャレンジできる合わせ技です。
出典:

かわいいものが好きでも全身がフェミニンというのはちょっと気恥ずかしかったり、段々似合わなく感じてきたりすることもありますよね。場面によっては、ちょっとドレッシー過ぎるかなというワンピースもパーカーでカジュアルダウンすれば、こなれた着こなしに。とてもラフにチャレンジできる合わせ技です。

ミニスカートときれい色パーカーで女性らしく。柔らかい色合いのコーデにグレータイツを合わせたところが大人っぽくて洒落ています。
出典:

ミニスカートときれい色パーカーで女性らしく。柔らかい色合いのコーデにグレータイツを合わせたところが大人っぽくて洒落ています。

大人カジュアル

スウェットとスラックスというリラックススタイルに、レオパード柄のパンプスを合わせて。ピリッとスパイスを効かせるところが大人のテクニック。
出典:

スウェットとスラックスというリラックススタイルに、レオパード柄のパンプスを合わせて。ピリッとスパイスを効かせるところが大人のテクニック。

タートルネックのセーターに上質なウールのパンツ。カチッとトラッドに着こなすのも素敵だけど、上にパーカーを重ねたところが憎い演出。優しい色合いで合わせたことで、上品さが損なわれることなく、きれいにまとまっています。
出典:

タートルネックのセーターに上質なウールのパンツ。カチッとトラッドに着こなすのも素敵だけど、上にパーカーを重ねたところが憎い演出。優しい色合いで合わせたことで、上品さが損なわれることなく、きれいにまとまっています。

覚えておきたい!スウェットのレイヤード術

ワンランク上のスウェットコーデを目指すなら、レイヤードスタイルにもチャレンジするべき。全身が映る姿鏡の前で、バランスをチェックしながらスタイリングしましょう。

裾をレイヤード

スウェットの下から少しインナーをのぞかせる。たったこれだけのことだけど、着こなしにメリハリが出るから不思議。インナーと靴下を白で合わせて清潔感も上手に演出しています。
出典:

スウェットの下から少しインナーをのぞかせる。たったこれだけのことだけど、着こなしにメリハリが出るから不思議。インナーと靴下を白で合わせて清潔感も上手に演出しています。

裾から出す分量を大胆に多めにしてみるアレンジも。ここは全身のバランスも大事ですが、色の組み合わせ方も肝。レイヤードして一部分だけが浮いてしまうことのないよう、適度なバランスを保つことが大切です。
出典:

裾から出す分量を大胆に多めにしてみるアレンジも。ここは全身のバランスも大事ですが、色の組み合わせ方も肝。レイヤードして一部分だけが浮いてしまうことのないよう、適度なバランスを保つことが大切です。

シャツ×スウェット

上下スウェットは、時にジャージに見えてしまう危険もありますが、シャツをインナーにして重ね着すれば、清廉な印象に。ボーイッシュスタイルのワンポイントに、ピンクのキャップというのも、かわいらしいですね。
出典:

上下スウェットは、時にジャージに見えてしまう危険もありますが、シャツをインナーにして重ね着すれば、清廉な印象に。ボーイッシュスタイルのワンポイントに、ピンクのキャップというのも、かわいらしいですね。

ドレス×スウェット

ちょっと変化球で、ドレス×スウェット。洋服のデザインの良さもありますが、色味を調整しつつレイヤードすることで、品よく柔らかく仕上がっています。タートルネックにスウェットを重ねる合わせ技は、他にもパンツはもちろん、ジャンパースカートやロングスカートなどにも幅広く応用できそう。色々試してみたいですね。
出典:

ちょっと変化球で、ドレス×スウェット。洋服のデザインの良さもありますが、色味を調整しつつレイヤードすることで、品よく柔らかく仕上がっています。タートルネックにスウェットを重ねる合わせ技は、他にもパンツはもちろん、ジャンパースカートやロングスカートなどにも幅広く応用できそう。色々試してみたいですね。

気取りがなく、こなれた雰囲気にまとめるのが上手なスウェット。その良い部分をうまく引き出すためにも、質の良いものを選ぶことも大切。すぐに伸びてしまったり、型崩れしてしまうようなものだと、どうしてもだらしなく見えてしまうので、気をつけましょう。また、様々なスタイルに応用するには、あまり型にはめて考え過ぎない方が楽しめます。ぜひ、あなたらしい着こなし方を見つけて下さいね。
画像は下記サイトからお借りしました。ありがとうございました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play