この冬は、お気に入りの1足を見つけたい。「ローファー別」おすすめコーデ帳

この冬は、お気に入りの1足を見つけたい。「ローファー別」おすすめコーデ帳

ローファーは、シンプルな着こなしのアクセントとしても、女性らしいコーデにもぴったりの一足です。冬には、温かみのあるデザインや色、素材も多く出回るので、おしゃれさんの足元を引き締めてくれますよ。 ローファーにまつわるイロハから、デザイン、ボトムス別のおすすめコーデまで、ご紹介します。 2018年12月08日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
ローファー
冬コーデ
クラシカル
フラットシューズ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
848

ローファーのはじまりって?

ローファーの起源を知っていますか?

ウィキペディアによると世界初のローファーについては諸説あり、ロンドンのオーダーメードシューズ店として名高いワイルドスミス(Wildsmith)社において、1926年に王室や上流階級へのカントリー調の室内靴として作成されたのがはじまりともいわれています。
出典:

ローファーの起源を知っていますか?

ウィキペディアによると世界初のローファーについては諸説あり、ロンドンのオーダーメードシューズ店として名高いワイルドスミス(Wildsmith)社において、1926年に王室や上流階級へのカントリー調の室内靴として作成されたのがはじまりともいわれています。

はじめは、イギリスのハノーヴァー朝の国王 ジョージ4世のため狩猟中の休憩時に利用する室内靴としてカジュアルなスリッポンを作成。

その後、いくつかのモデルチェンジが行われ、最終的に「ワイルドスミスローファー(Wildsmith Loafer) 」と呼ばれるようになったそうです。

日本では1960年代に流行したアイビースタイルの定番靴としてローファーが愛用されました。
出典:

はじめは、イギリスのハノーヴァー朝の国王 ジョージ4世のため狩猟中の休憩時に利用する室内靴としてカジュアルなスリッポンを作成。

その後、いくつかのモデルチェンジが行われ、最終的に「ワイルドスミスローファー(Wildsmith Loafer) 」と呼ばれるようになったそうです。

日本では1960年代に流行したアイビースタイルの定番靴としてローファーが愛用されました。

代表的なローファーの種類についてご紹介!

コインローファー

シーンを選ばず使いやすいのが、ベーシックなコインローファーです。

特徴は、甲部分のサドルにある切り込み。
アメリカのG.H.Bass社が作成したローファー「ウィージャンズ(Weejuns)」が、世界で最初のコインローファーと言われています。
出典:

シーンを選ばず使いやすいのが、ベーシックなコインローファーです。

特徴は、甲部分のサドルにある切り込み。
アメリカのG.H.Bass社が作成したローファー「ウィージャンズ(Weejuns)」が、世界で最初のコインローファーと言われています。

トラッド風の着こなしにベーシックなコインローファーはぴったり。
足元を引き締めてくれ、きちんと感が増します。
出典:

トラッド風の着こなしにベーシックなコインローファーはぴったり。
足元を引き締めてくれ、きちんと感が増します。

ビットモチーフ

甲部分に金具のアクセントを用いたビットローファー。

コインローファーより、より高級感、きちんと感があるので、ジャケットなどオフィスカジュアルにもよく似合います。
出典:

甲部分に金具のアクセントを用いたビットローファー。

コインローファーより、より高級感、きちんと感があるので、ジャケットなどオフィスカジュアルにもよく似合います。

ビットローファーは、こんなシャープなトゥのデザインもおすすめ。

大人っぽいロングプリーツスカートとも相性◎
コーデに取り入れるだけで上品なアクセントになってくれます。
出典:

ビットローファーは、こんなシャープなトゥのデザインもおすすめ。

大人っぽいロングプリーツスカートとも相性◎
コーデに取り入れるだけで上品なアクセントになってくれます。

タッセルローファー

流行に左右されない、オーソドックスな一足です。
すっきりとしたデザインながら、タッセルがクラシカル感を増し、ローファーの魅力が引き立つデザイン。

カジュアルにもクラシカルにも、幅広く活用できそう。
出典:

流行に左右されない、オーソドックスな一足です。
すっきりとしたデザインながら、タッセルがクラシカル感を増し、ローファーの魅力が引き立つデザイン。

カジュアルにもクラシカルにも、幅広く活用できそう。

クラシカルに履きこなすなら、こんなたっぷりとしたワンピースとのコーディネートがおすすめ。
ボリュームのある着こなしを足元で引き締めてくれます。
出典:

クラシカルに履きこなすなら、こんなたっぷりとしたワンピースとのコーディネートがおすすめ。
ボリュームのある着こなしを足元で引き締めてくれます。

厚底タイプ

厚底ローファーは、スタイルアップが叶うすぐれもの!
ソールのボリューム感でカジュアルにもキレイめにも履きこなせます。
ロング丈やクロップド丈のボトムとも相性が良いですが、靴下と合わせてみるのもかわいらしくおすすめ。
出典:

厚底ローファーは、スタイルアップが叶うすぐれもの!
ソールのボリューム感でカジュアルにもキレイめにも履きこなせます。
ロング丈やクロップド丈のボトムとも相性が良いですが、靴下と合わせてみるのもかわいらしくおすすめ。

切りっぱなしのデニムにも、厚底のローファーはおすすめ!
一見シンプルですが、愛らしくボリューミーなトップスとのバランスも良く、少し遊び心のある着こなしに仕上がっています。
出典:

切りっぱなしのデニムにも、厚底のローファーはおすすめ!
一見シンプルですが、愛らしくボリューミーなトップスとのバランスも良く、少し遊び心のある着こなしに仕上がっています。

「ボトムス別」おしゃれなローファーコーデをご紹介

デザインや色味によってさまざまな雰囲気を演出してくれるローファー。

おしゃれ上手な方は、どのようなローファーコーデを楽しんでいるのか、ボトムス別にご紹介します。
出典:

デザインや色味によってさまざまな雰囲気を演出してくれるローファー。

おしゃれ上手な方は、どのようなローファーコーデを楽しんでいるのか、ボトムス別にご紹介します。

ワイドパンツ

そのままでも、かかとを踏んでスリッポン風にも履ける2WAYのビットローファーを、ワイドパンツに合わせて。

メンズライクな着こなしなのに、ローファーにあしらわれたベロアとゴールドのビットが、女性らしいエッセンスを加えています。
出典:

そのままでも、かかとを踏んでスリッポン風にも履ける2WAYのビットローファーを、ワイドパンツに合わせて。

メンズライクな着こなしなのに、ローファーにあしらわれたベロアとゴールドのビットが、女性らしいエッセンスを加えています。

クロップドパンツ

クロップドパンツはくるぶしが見えるので、ローファーを合わせるとよりきっちり、すっきりとした印象に。

鮮やかな靴下を合わせて、遊び心を加えてみるのもおすすめです。
出典:

クロップドパンツはくるぶしが見えるので、ローファーを合わせるとよりきっちり、すっきりとした印象に。

鮮やかな靴下を合わせて、遊び心を加えてみるのもおすすめです。

フレアスカート

広がりのあるロングフレアスカートを、ローファーで引き締めて。

素材や丈によっては、ショートブーツでは重たくなり過ぎてしてまうことも。ローファーであれば、軽やかな色のソックスと合わせて、抜け感をつくることができます。
出典:

広がりのあるロングフレアスカートを、ローファーで引き締めて。

素材や丈によっては、ショートブーツでは重たくなり過ぎてしてまうことも。ローファーであれば、軽やかな色のソックスと合わせて、抜け感をつくることができます。

タイトスカート

ロングタイトのスカートに柄物のタイツとリボンデザインのローファーを合わせたコーデ。
スカートのスリットからチラッとのぞく白のレースとリボンが女性らしく、愛らしい雰囲気をも醸し出しています。
出典:

ロングタイトのスカートに柄物のタイツとリボンデザインのローファーを合わせたコーデ。
スカートのスリットからチラッとのぞく白のレースとリボンが女性らしく、愛らしい雰囲気をも醸し出しています。

ワンピース

ブルーの花柄ワンピースにエナメルのローファーを合わせたコーデ。

エナメルのローファーは、艶やかな質感で足元が華やぎます。
程よく上品なので、着こなしのアクセント使いとしてもおすすめの一足です。
出典:

ブルーの花柄ワンピースにエナメルのローファーを合わせたコーデ。

エナメルのローファーは、艶やかな質感で足元が華やぎます。
程よく上品なので、着こなしのアクセント使いとしてもおすすめの一足です。

サロペット

グレンチェックのサロペットには、タッセルローファーを合わせたコーデがおすすめ。

シックだけれど、こだわりを感じる足元に仕上がっています。
クラシカルなイメージのあるタッセルローファーは、靴下の色にもこだわって履きこなしたいですね。
出典:

グレンチェックのサロペットには、タッセルローファーを合わせたコーデがおすすめ。

シックだけれど、こだわりを感じる足元に仕上がっています。
クラシカルなイメージのあるタッセルローファーは、靴下の色にもこだわって履きこなしたいですね。

ローファーは冬のおしゃれのアクセントにおすすめ♪

この冬は、お気に入りの1足を見つけたい。「ローファー別」おすすめコーデ帳
出典:
ベーシックなデザインでも、ファーやボアがあしらわれた暖かなものでも、“ローファー”を一足着こなしにプラスするだけで、冬のコーディネートがおしゃれに引き立ちます。

ご紹介したローファーコーデを参考に、冬のおしゃれを楽しんでくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play