今までとは違う「新しい」組み合わせ◎色を知って楽しむ【カラーコーディネート】

今までとは違う「新しい」組み合わせ◎色を知って楽しむ【カラーコーディネート】

洋服を選ぶ時、いつも同じカラーのアイテムばかりを選んでしまうという方は多いのではないでしょうか?正しい色の組み合わせが分からなかったり、トレンドカラーの服を何色に合わせていいか分からず困ったり…洋服のカラーバランスは難しいもの。そこで、色が持つ印象や配色のコツをおさえて、改めてカラーコーディネートを楽しんでみませんか。いつもと違ったカラーアイテムを取り入れるだけで、気分や印象も新しくなりますよ。2019年10月17日更新

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
コーディネート
カラー
秋冬ファッション
着こなし
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
925

洋服を選ぶ前に。覚えておきたい「基本の配色」

色の組み合わせの基本

カラーの組み合わせは、同じような色の「同系色」と対照的な色の「反対色」の配色使いがあります。同系色は、青、緑、紫の「寒色系」と赤、黄、オレンジの「暖色系」に分けられており、似たような色を組み合わせる事でコーディネートに統一感が出ます。一方、赤と青のような反対色の組み合わせは、それぞれの色が引き立つ関係となるため、個性的で印象的な色使いになります。
出典:unsplash.com

カラーの組み合わせは、同じような色の「同系色」と対照的な色の「反対色」の配色使いがあります。同系色は、青、緑、紫の「寒色系」と赤、黄、オレンジの「暖色系」に分けられており、似たような色を組み合わせる事でコーディネートに統一感が出ます。一方、赤と青のような反対色の組み合わせは、それぞれの色が引き立つ関係となるため、個性的で印象的な色使いになります。

カラフルな「有彩色」に対し、白、黒、グレーの「無彩色」は、有彩色を使ったコーディネートのバランスを整える働きがあります。モノトーンコーデとしても使えますが、色の入ったコーデにしたい時は、一緒に無彩色を使うとカラフルな色も取り入れやすくなります。
出典:unsplash.com

カラフルな「有彩色」に対し、白、黒、グレーの「無彩色」は、有彩色を使ったコーディネートのバランスを整える働きがあります。モノトーンコーデとしても使えますが、色の入ったコーデにしたい時は、一緒に無彩色を使うとカラフルな色も取り入れやすくなります。

色が持つイメージ・印象

色にはそれぞれの色が持つイメージや、その色が与える印象があります。例えば、「黒」は都会的で上質な雰囲気と神秘的なイメージを持っています。
出典:www.pexels.com

色にはそれぞれの色が持つイメージや、その色が与える印象があります。例えば、「黒」は都会的で上質な雰囲気と神秘的なイメージを持っています。

ブラック

フォーマルやビジネスシーンに使うことも多い黒は、厳格で近寄りがたいイメージを抱かれないように、TPOに応じて上手に取り入れるのがポイントです。
出典:

フォーマルやビジネスシーンに使うことも多い黒は、厳格で近寄りがたいイメージを抱かれないように、TPOに応じて上手に取り入れるのがポイントです。

秋冬コーデに欠かせない「黒アイテム」。重くなりすぎない今っぽコーデをチェック
秋冬コーデに欠かせない「黒アイテム」。重くなりすぎない今っぽコーデをチェック

黒トップスやボトムスは、秋冬コーデに大活躍してくれるアイテム。でもダークトーンのアイテムに頼り過ぎると、全身が重くなりがちですよね。今回は黒を取り入れても重くなり過ぎない、大人女子にぴったりな秋コーデとスタイリングのコツをご紹介します。

こちらの記事では「黒アイテム」を使ったコーディネートのコツをご紹介しています。

レッド

目を惹く鮮やかな赤は、情熱的でアクティブな印象を与えます。華やかなカラーなので、ベーシックなカラーと組み合わせるとバランスが良くなります。
出典:

目を惹く鮮やかな赤は、情熱的でアクティブな印象を与えます。華やかなカラーなので、ベーシックなカラーと組み合わせるとバランスが良くなります。

ドラマチックな“赤コーデ”でいつもよりもおしゃれな私に。
ドラマチックな“赤コーデ”でいつもよりもおしゃれな私に。

靴下に赤を忍ばせる。ブラックコーデにストールで赤をプラスする。など、赤をいつものコーディネートに少し足してあげるだけで、格段とおしゃれ度が増すんです。ナチュラル・カジュアル・モードなど、さまざまなスタイルに簡単にあわせることができるんですよ。そんな『赤』を主役にした、いつもよりもドラマチックなコーディネートをご紹介します。

コーディネートに「赤」をプラスするだけで、洗練された印象に…。格段とおしゃれ度が増す赤を使ったコーディネートはこちら。

ブルー

青はクールな印象を与えるカラーです。知的で真面目な雰囲気が出るので、カジュアルなアイテムでも品が生まれるため、大人コーデに使えます。
出典:

青はクールな印象を与えるカラーです。知的で真面目な雰囲気が出るので、カジュアルなアイテムでも品が生まれるため、大人コーデに使えます。

差し色にも♪冬の街に映える「青ニット」を使った素敵なコーディネート集
差し色にも♪冬の街に映える「青ニット」を使った素敵なコーディネート集

「さわやか夏色?」と思われがちなカラー「青」ですが、実は冬の街にも美しく映え、差し色にもなる使い勝手抜群のカラーなんです。ネイビーに近い深い青から、やわらかなパステルブルーまでいろんなトーンがあってコーディネートするのも迷ってしまいます。今回はそんな絶妙な色使いの青ニットを使った素敵なコーディネートをご紹介いたします。大人っぽくて、ナチュラルで、シンプルなスタイルが好きな人、ぜひチェックしてみてください♪

秋冬に上手に取り入れたい「青ニット」を使った素敵なコーディネートをご紹介しています。

イエロー

黄色は元気で明るい印象を与えます。社交的で遊び心のあるコーデが作れるので、イベント時のおでかけコーデ等にオススメです。
出典:

黄色は元気で明るい印象を与えます。社交的で遊び心のあるコーデが作れるので、イベント時のおでかけコーデ等にオススメです。

ハッピーで仲良しになれるカラーのコーデ。「イエロー」を取り入れた装い
ハッピーで仲良しになれるカラーのコーデ。「イエロー」を取り入れた装い

色彩の心理学では、黄色はかなりパワフルな力を秘めている色だと言われています。たとえば、見ているだけで楽しい気分にしてくれるとか、イエローを身に着けているとコミュニケーションが円滑に進むなど・・・。ちょっと自信を失ってしまったときなど、黄色のアイテムをコーデに取り入れるとなぜか明るい気分になれるから不思議です。ぜひ、黄色を味方にして前向きにファッションを楽しみましょう。

着るだけで元気になれるカラー「イエロー」を取り入れた素敵な装いを紹介しています。

グリーン

自然色でもあるグリーンは、ナチュラルな印象で爽やかな着こなしが楽しめます。
出典:

自然色でもあるグリーンは、ナチュラルな印象で爽やかな着こなしが楽しめます。

パープル

妖艶なカラーの紫は、神秘的でミステリアスな危うさが素敵です。
出典:

妖艶なカラーの紫は、神秘的でミステリアスな危うさが素敵です。

秋の装いに奥行きをプラスする、「パープルアイテム」の素敵な着こなし
秋の装いに奥行きをプラスする、「パープルアイテム」の素敵な着こなし

秋のメインカラー、ブラウン・レッド・マスタードとも相性のいいパープルを今年は主役やちょこっと使いで、コーディネートに取り入れてみませんか?パープルは色味によって雰囲気が変わるので、なりたい印象に合わせて選ぶことができます。おすすめのパープルアイテムと、素敵な着こなしも合わせてご紹介します。

ブラウンやベージュなどの秋の装いに、鮮やかなパープルを取り入れてみませんか?濃いめの色からラベンダーカラーまで「パープル」アイテムを使ったおしゃれさんの参考になる着こなしが満載です。

あると安心【無彩色】を取り入れたコーデ

レッド×ブラック

エネルギッシュな赤は、落ち着きのある無彩色のブラックと組み合わせる事でメリハリのあるコーデに仕上がります。
出典:

エネルギッシュな赤は、落ち着きのある無彩色のブラックと組み合わせる事でメリハリのあるコーデに仕上がります。

ブラックは色鮮やかなレッドカラーを引きたてる役割も持っているので、小物でアクセントとして取り入れるのもオススメです。
出典:

ブラックは色鮮やかなレッドカラーを引きたてる役割も持っているので、小物でアクセントとして取り入れるのもオススメです。

グリーン×ブラック

グリーンは、癒し、安心感、ナチュラルな印象があります。グリーンカラーを取り入れる時のポイントは、トーンを合わせる事です。深いグリーンカラーは、ブラックやチョコレートカラーとの相性が良く、落ち着いたコーデに仕上がります。
出典:

グリーンは、癒し、安心感、ナチュラルな印象があります。グリーンカラーを取り入れる時のポイントは、トーンを合わせる事です。深いグリーンカラーは、ブラックやチョコレートカラーとの相性が良く、落ち着いたコーデに仕上がります。

イエロー×ブラック

鮮やかで目を引くイエローは、子供っぽい印象にもなりがち。ブラックやグレーの無彩色を合わせると大人っぽいコーデに仕上げります。
出典:

鮮やかで目を引くイエローは、子供っぽい印象にもなりがち。ブラックやグレーの無彩色を合わせると大人っぽいコーデに仕上げります。

オレンジ×ブラック

明るいオレンジカラーは顔映りを良くしてくれる効果もあるので、若々しい雰囲気が出ます。ブラックカラーや濃いめのデニムを組み合わせれば、鮮やかさに大人っぽさもプラスされてシックなコーデに。
出典:

明るいオレンジカラーは顔映りを良くしてくれる効果もあるので、若々しい雰囲気が出ます。ブラックカラーや濃いめのデニムを組み合わせれば、鮮やかさに大人っぽさもプラスされてシックなコーデに。

パープル×ホワイト

神秘的でセクシーなパープルは、ブラックと組み合わせると妖艶な雰囲気に。ホワイトを合わせるとエレガントさを出す事ができます。カジュアルなコーディネートに取り入れると清潔感がアップするので、都会的で洗練された印象に仕上がります。
出典:

神秘的でセクシーなパープルは、ブラックと組み合わせると妖艶な雰囲気に。ホワイトを合わせるとエレガントさを出す事ができます。カジュアルなコーディネートに取り入れると清潔感がアップするので、都会的で洗練された印象に仕上がります。

ブルー×グレー

クールで鮮やかなブルーは、グレーと組み合わせる事で落ち着きのある装いに。カッコイイ着こなしをしたい時にオススメです。
出典:

クールで鮮やかなブルーは、グレーと組み合わせる事で落ち着きのある装いに。カッコイイ着こなしをしたい時にオススメです。

ベージュ×ホワイト

カラフルなカラーが苦手な方は、ベージュとホワイトでナチュラルなコーデに。素朴で優しい雰囲気が漂うので、第一印象もgoodな色合いです。
出典:

カラフルなカラーが苦手な方は、ベージュとホワイトでナチュラルなコーデに。素朴で優しい雰囲気が漂うので、第一印象もgoodな色合いです。

お手本にしたい【寒色系・暖色系(同系色)】で作るおしゃれな着こなし

ピンク×ブラウン

可愛らしいイメージが強いピンクカラーは、落ち着きのあるブラウンカラーとの組み合わせで上品さがプラスされます。暖色同士なので、意外にも違和感なく着こなせるカラーの組み合わせです。
出典:

可愛らしいイメージが強いピンクカラーは、落ち着きのあるブラウンカラーとの組み合わせで上品さがプラスされます。暖色同士なので、意外にも違和感なく着こなせるカラーの組み合わせです。

ネイビー×グリーン

ネイビーとグリーンの落ち着いた寒色系同士の配色は、ホワイトをチラ見せするなど、間に明るめの色をはさむことで野暮ったい印象になりません。
出典:

ネイビーとグリーンの落ち着いた寒色系同士の配色は、ホワイトをチラ見せするなど、間に明るめの色をはさむことで野暮ったい印象になりません。

ネイビー×ブルー

鮮やかなブルーと落ち着きのあるネイビー。同系色でもトーンや素材を変えるだけで、変化のあるスタイルに仕上がります。
出典:

鮮やかなブルーと落ち着きのあるネイビー。同系色でもトーンや素材を変えるだけで、変化のあるスタイルに仕上がります。

コツをおさえれば怖くない【反対色】コーデ

グリーン×ベージュ

淡いカーキには、トーンを合わせたベージュカラーを。トーンを落とすとぼやけた印象になりがちなので、ブラックやレッドなど、はっきりした色の小物でアクセントを付けると全体のバランスが良くなります。
出典:

淡いカーキには、トーンを合わせたベージュカラーを。トーンを落とすとぼやけた印象になりがちなので、ブラックやレッドなど、はっきりした色の小物でアクセントを付けると全体のバランスが良くなります。

イエロー×ブルー

イエローと反対色のブルーの組み合わせは派手になりがちですが、やや暗めのトーンにするだけで、自然な組み合わせのコーデが作れます。
出典:

イエローと反対色のブルーの組み合わせは派手になりがちですが、やや暗めのトーンにするだけで、自然な組み合わせのコーデが作れます。

オレンジ×ネイビー

元気な印象のオレンジに反対色のネイビーを組み合わせたコーディネート。柄入りのニットですが、グレーやブラックの無彩色が入っており、全体のトーンが暗めなので、落ち着きのある素朴でナチュラルなコーデに仕上がっています。
出典:

元気な印象のオレンジに反対色のネイビーを組み合わせたコーディネート。柄入りのニットですが、グレーやブラックの無彩色が入っており、全体のトーンが暗めなので、落ち着きのある素朴でナチュラルなコーデに仕上がっています。

色の組み合わせをもっと楽しんで

今までとは違う「新しい」組み合わせ◎色を知って楽しむ【カラーコーディネート】
出典:
色の組み合わせによって同じ色でもガラリと印象が変わります。色が持つ印象を上手に活かして、ステキな着こなしを楽しんでみてくださいね。

参考にしたい!「色」にまつわるコーデの記事はこちら

いま着たい気分!「赤」「黄」「青」の“原色カラー”で魅せる、おしゃれコーデ見本帖
いま着たい気分!「赤」「黄」「青」の“原色カラー”で魅せる、おしゃれコーデ見本帖

赤や黄色といった原色は、普段敬遠しがちという方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方でも気軽にトライしていただきたい「赤」「黄」「青」で魅せる原色カラーコーデをご紹介します。使い方次第でいつものコーデがより【華やか】に【明るく】仕上がります。早速明日からのコーデの参考にしてみて下さいね。

おしゃれな「カラーパンツ」コーデ15選。ポイントはシルエットと色の選択!
おしゃれな「カラーパンツ」コーデ15選。ポイントはシルエットと色の選択!

カラーパンツというと、おしゃれ上級者が扱うイメージを持っている人も多いはず。でも実はシルエットや色の選び方のポイントを押さえるだけで、大人のデイリーコーデにぴったりはまってくれるんです。今回はそんなカラーパンツを選ぶ際のポイントと、大人コーデにカラーパンツを取り入れた素敵な着こなし集をご紹介します。親子リンクコーデやカップルコーデにもおすすめですよ。

この冬も大活躍♪「カーディガン」を使ったカラー別 大人コーデ集
この冬も大活躍♪「カーディガン」を使ったカラー別 大人コーデ集

春・秋・冬と3シーズン使えるカーディガンは、着回しが利きやすく様々な場面で活躍してくれる頼れるアイテム。ベーシックカラーはもちろんですが、アクセントになるようなビビッドカラーも意外と合わせやすく、色違いでいくつか揃えておくととっても便利。今回はそんなカーディガンを取り入れた大人の冬コーデをカラー別にご紹介します。自分が持っているカラーや気になるカラーをチェックして、ぜひコーデの参考にしてみてください♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play