8a7baca3defa1ab065c7fb1c09eb20d7fbf92d32

【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ
vol.9-モデル kazumiさん【後編】

「素敵なあの人は、なんでおしゃれなんだろう?」――この疑問をご本人にぶつけて、おしゃれのあれこれを聞く連載の第9回目。今回はモデルのkazumiさんにお話を伺いました。 前編ではkazumiさんのおしゃれのルーツや定番アイテムについて伺いました。後編では今の気分やとっておきアイテムについて伺っています。ナチュラルな魅力あふれるkazumiさんの「あれこれ」をどうぞ。(2018年08月15日作成)

写真:松木宏祐 ヘアメイク:高松由佳文:キナリノ編集部

<< 前編はこちら
【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ 
vol.9-モデル kazumiさん【後編】

今の「ナチュラルファッション」のアイコン的存在のkazumiさん。モデルとして雑誌や広告での活躍はもちろん、私服のコーディネートも絶大な支持を得ています。
そんなkazumiさんに、後編ではコーディネートやとっておきアイテム、ブランドとのコラボレーションについても伺いました。

今着たいコーディネート

大好きなオールインワンは秋の気配が漂うボルドー。ついつい集めてしまうという麦わら帽子とかごバッグで季節感のバランスをとるおでかけコーディネート。

大好きなオールインワンは秋の気配が漂うボルドー。ついつい集めてしまうという麦わら帽子とかごバッグで季節感のバランスをとるおでかけコーディネート。

きれいなイエローの『a koloni』のワンピースに、裾がレースの同ブランドのぺチパンツを合わせて。
かごバッグのシルバーがナチュラルガーリーなコーディネートのアクセントに。

きれいなイエローの『a koloni』のワンピースに、裾がレースの同ブランドのぺチパンツを合わせて。
かごバッグのシルバーがナチュラルガーリーなコーディネートのアクセントに。

「今年はつば広が気分!」というカンカン帽子に合わせたチェックのワンピースは、今秋の『Sunny clouds(サニークラウズ)』とコラボレーションアイテム。ソックスで秋色を足して、季節を先取り。

「今年はつば広が気分!」というカンカン帽子に合わせたチェックのワンピースは、今秋の『Sunny clouds(サニークラウズ)』とコラボレーションアイテム。ソックスで秋色を足して、季節を先取り。

今のおしゃれの気分

ナチュラルをベースに、色々なテイストをその日の気分で着ているkazumiさん。
なかでも、一番多いのは“大人ガーリー”な服だそうです。

「レースなどの女性らしさがあるデザインや、素材の質感に味わいがある服が気分です。」

今日のコーディネートもそうですが、kazumiさんは色々なワンピースやオールインワンを着ているイメージ。
普段からやっぱり多いようで、
「とにかく楽ちんで、地方に行くことも多いので、無理せず動きやすいのが一番だな、と思って着ていることが多い」ようです。

体を締め付けない、ゆるりと着心地の良いナチュラルファッションは、時にだらしなく見えてしまうこともあります。そうならないために、気をつけているポイントがあるそうです。
【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ 
vol.9-モデル kazumiさん【後編】

「ほんの少し、どこかに女性らしさを忘れない服が好きです。裾がレースになっている、とか、ディテールに感じられるものが好き。昔から大人ガーリーな服が好きだったというのも理由なんだと思います。」

“大人ガーリー”なテイストは、ナチュラルな服を着る前から好きだったもの。
今まで読んできた雑誌や着ていた洋服から受け取ったものが、知らず知らずのうちに活かされているのですね。

とっておきアイテム

とっておきアイテムは、シャネルのチェーンバッグ。
【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ 
vol.9-モデル kazumiさん【後編】

「普段全くハイブランドを身につけないのですが、30代になるタイミングで長く持てるものが欲しくて買いました。本当にとっておきの時にしか使わないのですが、大事に持ち続けていつか子どもが出来たら譲ってあげられたらいいな、と思います。」

大事な友人の結婚式や、誕生日の食事などの特別な時などの数回持っただけ、と言うとおり、新品のようにきれいなバッグ。
今は日常で頻繁に使うことはありませんが、憧れのイメージがあるそうです。

「細いデニムにTシャツ1枚を着て、小ぶりなチェーンバッグにケータイと小さいポーチだけ入れてさっそうと歩くような女性像に対する憧れは昔からありました。なんて素敵なんだろう…って。」

ブランドと作る“リアルクローズ”

洋服やバッグなど、色々なブランドとコラボレーションアイテムを作るkazumiさん。アイテムを作るときにこだわっているポイントなどはあるのでしょうか?

「その時にもよりますが、自分が着たい服であることと、値段も考えます。値段が高くておしゃれな服はもちろん素敵だけど、気軽に買えるものではないし、普段使いにはハードルが高いので。モデルとしてもあまり背伸びせず、身近な存在として見てもらえたらいいなとずっと思っています。」

今回のコーディネートでkazumiさんが着ているワンピースは『Sunny clouds(サニークラウズ)』とコラボレーションしたアイテム。
“最高のふだん着を目指して”というブランドコンセプトに共感して、色々なことを考えて作っています。
着心地や洗濯しやすい素材、さらにはスタイルの良く見える切り替え位置、多くの人に着てもらえる色…など、日常で着るからこそのポイントがたくさん。

「時間があるときはなるべく打ち合わせに行き、自分で着てみます。ギリギリまで考えて、納得出来た上で“本当にかわいいから着てね”と言えるのが最高だな、と思いながら“私が着たい服”を毎シーズン作らせていただいています。」
【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ 
vol.9-モデル kazumiさん【後編】

洋服の選びかた

仕事で、プライベートでたくさんの洋服と出会ってきたkazumiさん。
どんな基準で洋服を買っているのでしょうか。
【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ 
vol.9-モデル kazumiさん【後編】

「定番や、長く使うだろうなと思うアイテムは少々値段が高くても潔く買うようにしています。オールシーズン使えるものを買うことも増えました。」

多少、値段が高いものも思い切って購入。良いものを普段から気負いなく身につけられる女性になりたいと思い、なるべく普段も着ることを心がけているそうです。

また、定番にプラスする流行のものは特にプチプライスのもので取り入れてバランスを取っているkazumiさん。
特にナチュラル系のプチプラブランドをよく着るようで、様々なブランド名があがりました。

「Samansa Mos2(サマンサモスモス)、studio CLIP(スタジオクリップ)を着るし、merlot(メルロー)も最近気になります。GU、ZARA、ユニクロなどを見に行くのも好きだし、洋服を見ることが好きなんだと思います。」

子どもの頃から、筋金入りの“洋服好き”はここでも健在。
展示会やネット通販で買うことも多いけれど、店舗に買い物に行ったときにはなるべく試着もするそうです。
【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ 
vol.9-モデル kazumiさん【後編】

「買い物に行った時は着ます!着てみると何か違う、顔色と全然合わない、ということもあるので。」

買うかどうかは、幅広くたくさんの洋服を見て直感で決めているのでしょうか。

「直感です。なんかかわいいとか、持ってないから着てみよう、とか直感で決めることが多いです。でも、高いやつは着るかなあ、とすごく考えます。日常で着れないのはやっぱりもったいないと思ってしまうので。」

kazumiさんが洋服を選ぶときに、特に気をつけていることが2つあります。
1つ目は、“顔映り”。

「仕事で初対面の人に会うことも多いし、印象って大事だなと思っています。同じピンクでも濃いピンクと薄いピンクでは全然違った印象になるし、どっちがいいんだろう?と鏡で合わせて比べたりもします。」

年齢を重ねることで、似合う色が変わってきたそうです。

「だんだん、明るい色を着るようになってきました。昔は目立ちすぎたらどうしよう、とか思って恥ずかしくて着れなかったんですけど。そこは潔く考えないようになって、着たいもの着ればいいじゃん!って思うようになってきました。」

2つ目は“着丈”。

「年々、自分の好きな着丈とか、形やラインがわかってきました。作らせてもらう機会もあるからか、だいたい想像できるように。だから、通販の時は丈感を見ます。ワンピースは120cm以上の丈が好きなんです。」
【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ 
vol.9-モデル kazumiさん【後編】

「体型コンプレックスがあるので丈は長めが好きです。部活をずっとやっていたので、脚も筋肉質な感じで細くはない。だからなるべく体型をごまかせる感じの服を着ていることが多くて、だんだん丈感やバランスを習得してきました。」

kazumiさんのコーディネートは、いつも絶妙な丈感が目を引きます。
野暮ったくない、細い足首がすっと見えるバランスは、しっかりと考えて作られたもの。

「165cmくらいの身長だと、このくらいの丈がバランスよく今っぽいのかなと思います。ちょっと短いと脚が太く見えちゃったりとか、絶妙におばさんになるじゃないですか。ナチュラルファッションだからこそ、バランスが大事だと思います。丈感が最重要です。何言ってるんだ、いう感じですけど。(笑)」

謙遜しながらも「最重要」と言い切る絶妙なバランス。
昔買った少し短めのワンピースでも、丈をコーディネートで調整する方法があるそうです。

「ワンピースの丈が短かったら同系色のスカートをカムフラージュで穿いたり。最近は裾がレースになっているぺチパンツが使えるな、と思っています。」


今の自分に似合う服をしっかりと客観視出来ていますが、それは今までいろんな洋服をたくさん着てきたからでしょうか。
【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ 
vol.9-モデル kazumiさん【後編】

「そうですね。それは色々なジャンルの服を着てきた結果かもしれないです。自分が楽しくて心地良くて、テンションが上がる服はこんな感じ、というのがわかってきたからだと思います。」

kazumiさんの話を聞いていると、自分が心地良くいられる・自分らしくいられる洋服こそが「リアルクローズ」なんだと気付かされました。
インタビュー中、終始明るく、時に爆笑しながらお話してくれたkazumiさん。
笑顔で自分らしく仕事やおしゃれ楽しんでいる彼女に、これからも目が離せません。

kazumi(モデル)

奈良県出身。雑誌『リンネル』や、ライオン『バファリン』のCM出演など、様々な広告・雑誌でモデルとして活躍。Instagram等のSNSを通じて発信する私服や暮らしぶりも人気を集める。数多くのファッションブランドと作るコラボアイテムも好評。

バックナンバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キナリノアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play