暑くても涼しげに着こなしたい。"汗が目立たない"服の選び方&"サラサラ汗"対策

暑くても涼しげに着こなしたい。"汗が目立たない"服の選び方&"サラサラ汗"対策

少し外に出るだけで汗が吹き出てしまうこの時期、洋服の汗染みが気になることも多いですよね。実は同じ量の汗をかいても、洋服の色やデザインによって汗の目立ち方はかなり変わります。また、サラサラの汗はすぐに乾いて臭いも気にならないので、体質を改善することも大切なんです。汗でお悩みの方は、この二つの点に着目してみましょう。 2018年08月12日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
コーディネート
シーン・季節
夏コーデ
着こなし
服選び
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
226

気になる汗のシミ。目立たせないようにするには?

汗をたくさんかくのは体にとって必要なことですが、洋服に汗がしみてしまうのは困りもの。汗染みが人目に触れることに抵抗を感じる女性は多いのではないでしょうか?
出典:

汗をたくさんかくのは体にとって必要なことですが、洋服に汗がしみてしまうのは困りもの。汗染みが人目に触れることに抵抗を感じる女性は多いのではないでしょうか?

とはいえ、夏の外出で汗をかくことは避けられません。それならば、汗が目立たない洋服選びに着目してみましょう。同じ量の汗でも、服の色やデザインによって汗の目立ち方はかなり違うんです。
出典:www.instagram.com(@aranciatobuyer)

とはいえ、夏の外出で汗をかくことは避けられません。それならば、汗が目立たない洋服選びに着目してみましょう。同じ量の汗でも、服の色やデザインによって汗の目立ち方はかなり違うんです。

また、速乾性の高い汗はサラサラしているのが特徴です。つまり、汗を目立たせないようにするには、汗の質を改善することも大切なんですね。"洋服の選び方"と"サラサラの汗をかく方法"を取り入れて、夏のお出かけをもっと快適にしてみましょう。
出典:stocksnap.io

また、速乾性の高い汗はサラサラしているのが特徴です。つまり、汗を目立たせないようにするには、汗の質を改善することも大切なんですね。"洋服の選び方"と"サラサラの汗をかく方法"を取り入れて、夏のお出かけをもっと快適にしてみましょう。

これなら大丈夫。汗が目立たない"3大カラー"

汗が染みた時でも目立たないのは、汗染みと元の色とにあまり差がない色の洋服です。その3大カラーと言えるのが、"黒・白・ネイビー"の3種類。迷った時はこのうちのどれかを選べば安心ですよ。
出典:

汗が染みた時でも目立たないのは、汗染みと元の色とにあまり差がない色の洋服です。その3大カラーと言えるのが、"黒・白・ネイビー"の3種類。迷った時はこのうちのどれかを選べば安心ですよ。

特にサラっと涼しげに着こなせるのは、爽やかな"白"。水分を含んでもほとんど色が変わらないので、たくさん汗をかく人にオススメのカラーです。
出典:

特にサラっと涼しげに着こなせるのは、爽やかな"白"。水分を含んでもほとんど色が変わらないので、たくさん汗をかく人にオススメのカラーです。

同じ白のアイテムでも、素材やデザインで雰囲気の違いを楽しめます。コットンやリネンなどの通気性の良い素材、透け感のあるレースなどを選ぶのもいいですね。
出典:

同じ白のアイテムでも、素材やデザインで雰囲気の違いを楽しめます。コットンやリネンなどの通気性の良い素材、透け感のあるレースなどを選ぶのもいいですね。

一方、黒やネイビーはダークカラーなので、汗が染みて生地が濃い色に変化しても目立たないという良さがあります。速乾性の高いポリエステルなどの素材なら、さらに快適に過ごせますよ。
出典:

一方、黒やネイビーはダークカラーなので、汗が染みて生地が濃い色に変化しても目立たないという良さがあります。速乾性の高いポリエステルなどの素材なら、さらに快適に過ごせますよ。

その他のカラーを涼しく着こなすには?

グレー・カーキ・ベージュなどの落ち着いたカラーや、原色、パステルカラーは、汗をかいた時に目立ってしまいます。でも、これらのカラーも選び方次第で涼しく着こなすことは可能です。その簡単なポイントを見てみましょう。
出典:pixabay.com

グレー・カーキ・ベージュなどの落ち着いたカラーや、原色、パステルカラーは、汗をかいた時に目立ってしまいます。でも、これらのカラーも選び方次第で涼しく着こなすことは可能です。その簡単なポイントを見てみましょう。

ゆったりしたデザイン

体にフィットしすぎないゆったりしたデザインを選べば、肌への密着が少なく、服に汗が染み込む量も抑えることができます。肌に張り付く不快感も軽減されますね。
出典:

体にフィットしすぎないゆったりしたデザインを選べば、肌への密着が少なく、服に汗が染み込む量も抑えることができます。肌に張り付く不快感も軽減されますね。

レース素材

透け感たっぷりのレースは、夏にぴったりの素材です。汗が目立ちやすい原色系のアイテムも、レース素材ならサラリと着こなせます。
出典:

透け感たっぷりのレースは、夏にぴったりの素材です。汗が目立ちやすい原色系のアイテムも、レース素材ならサラリと着こなせます。

座る時間が長いなら、"ボトムス"も要チェック

デスクワークなどで長時間座ることが多いと、お尻や太ももに汗をかいてしまうこともありますよね。そんな時はボトムスの選び方に注意してみましょう。基本はトップスと同じく、汗が目立たないカラーでふんわりしたデザインであること。ギャザースカートなら、おしゃれもしっかり楽しめます。
出典:

デスクワークなどで長時間座ることが多いと、お尻や太ももに汗をかいてしまうこともありますよね。そんな時はボトムスの選び方に注意してみましょう。基本はトップスと同じく、汗が目立たないカラーでふんわりしたデザインであること。ギャザースカートなら、おしゃれもしっかり楽しめます。

また、汗が目立ってしまいそうなアースカラーなら、素材選びで工夫するとよいでしょう。例えばこちらのパンツは、コットンを原料とした"キュプラ"製。レーヨンと同じ仲間の繊維で、吸湿性や放湿性が高いのが特徴です。
出典:

また、汗が目立ってしまいそうなアースカラーなら、素材選びで工夫するとよいでしょう。例えばこちらのパンツは、コットンを原料とした"キュプラ"製。レーヨンと同じ仲間の繊維で、吸湿性や放湿性が高いのが特徴です。

汗かきさんは"インナー"にもこだわりを

「洋服の選び方だけでは対処できない!」という汗かきさんは、インナーで汗対策をしてみましょう。脇にパッドが付いたタイプは、定番のインナーと言えますよね。カップ付きなら1枚で着られるので、バスト周りがすっきりします。
出典:

「洋服の選び方だけでは対処できない!」という汗かきさんは、インナーで汗対策をしてみましょう。脇にパッドが付いたタイプは、定番のインナーと言えますよね。カップ付きなら1枚で着られるので、バスト周りがすっきりします。

また、ボトムスの汗対策には"ショートパンツ"のインナーが有効です。上下セットで揃えれば可愛さUP♪汗をガードするのはもちろん、ボトムスの透け感が気になる時にも役立ちますよ。
出典:

また、ボトムスの汗対策には"ショートパンツ"のインナーが有効です。上下セットで揃えれば可愛さUP♪汗をガードするのはもちろん、ボトムスの透け感が気になる時にも役立ちますよ。

インナーの素材はポリエステルやレーヨンなどがオススメです。速乾性が高く、サラっとした肌触りをキープできます。何色か用意しておくと、洋服に合わせやすくて便利ですね。
出典:

インナーの素材はポリエステルやレーヨンなどがオススメです。速乾性が高く、サラっとした肌触りをキープできます。何色か用意しておくと、洋服に合わせやすくて便利ですね。

サラサラの汗をかくには?すぐに始められる"生活習慣"

サラサラの汗は水に近く、すぐに乾いて臭いもあまり残りません。たくさん汗をかいてもサラリと過ごせるよう、普段から良い汗をかく習慣を身に付けましょう。
出典:www.instagram.com(@6directions.efu2)

サラサラの汗は水に近く、すぐに乾いて臭いもあまり残りません。たくさん汗をかいてもサラリと過ごせるよう、普段から良い汗をかく習慣を身に付けましょう。

湿り気を残しながら拭く

本来、汗は体温を下げるためにかくものです。そのため、体温が下がりきっていないうちに汗を拭き取ると、さらに汗が出てきてしまいます。一番理想的なのは、少し湿り気を残しながら拭くこと。濡らしたタオルや汗拭きシートなどを使って、押さえるように拭くといいそうですよ。
出典:

本来、汗は体温を下げるためにかくものです。そのため、体温が下がりきっていないうちに汗を拭き取ると、さらに汗が出てきてしまいます。一番理想的なのは、少し湿り気を残しながら拭くこと。濡らしたタオルや汗拭きシートなどを使って、押さえるように拭くといいそうですよ。

冷たい飲み物は避ける

キンキンに冷えた飲み物を口にすると、汗腺が急に閉じて、体温調節がうまく出来なくなってしまいます。飲み物はできるだけ常温で、あるいは軽く冷やした物を少しずつ飲むようにしましょう。
出典:stocksnap.io

キンキンに冷えた飲み物を口にすると、汗腺が急に閉じて、体温調節がうまく出来なくなってしまいます。飲み物はできるだけ常温で、あるいは軽く冷やした物を少しずつ飲むようにしましょう。

こまめに体を動かす

質の良い汗をかくには、代謝を上げることが肝心です。でも、激しい運動は熱中症の危険性もありますよね。暑い時期は無理をせず、階段をこまめに使うなど、日常の中で出来ることを見つけてみましょう。
出典:www.photo-ac.com

質の良い汗をかくには、代謝を上げることが肝心です。でも、激しい運動は熱中症の危険性もありますよね。暑い時期は無理をせず、階段をこまめに使うなど、日常の中で出来ることを見つけてみましょう。

足湯で温まる

"入浴"は運動をせずに代謝を高める効率的な方法です。とはいえ、湯船に長く浸かっていると暑さでのぼせてしまいます。そこでオススメなのが"足湯"です。血流が滞りがちな下半身が温められて、全身にじんわり汗をかけますよ。
出典:pixabay.com

"入浴"は運動をせずに代謝を高める効率的な方法です。とはいえ、湯船に長く浸かっていると暑さでのぼせてしまいます。そこでオススメなのが"足湯"です。血流が滞りがちな下半身が温められて、全身にじんわり汗をかけますよ。

暑い日もサラリと涼しげに過ごしましょう

汗をかくことは体にとって大切なことなので、無理に止める必要はありません。洋服の選び方や生活習慣を工夫して、暑い日も快適にお過ごし下さいね!
出典:www.instagram.com(@6directions.efu2)

汗をかくことは体にとって大切なことなので、無理に止める必要はありません。洋服の選び方や生活習慣を工夫して、暑い日も快適にお過ごし下さいね!

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play