提供: パナソニック
お気に入りは毎日着たい。洋服のプロに学ぶ「一着への愛着」の育てかた

お気に入りは毎日着たい。洋服のプロに学ぶ「一着への愛着」の育てかた

毎日使う日用品はもちろん、毎日着る洋服だって、いいものは長く大切に使いたいもの。今回は、着るごとにその洋服に愛着がわいてくる素敵な習慣についてご紹介します。 2018年04月10日作成

カテゴリ:
ファッション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
465

一着への「愛着」の育て方。

お気に入りの洋服を見つけたら、長く大切に着たいもの。その洋服と一緒にこれからどんな物語に出会うのか、想像するだけでもワクワクします。
お気に入りは毎日着たい。洋服のプロに学ぶ「一着への愛着」の育てかた
「お洋服が買われていく時は、お嫁に出す気分で見送ります」と語るのは、人気のヴィンテージショップ「グリモワール」マネジャーで、これまで数えきれない程の「一点モノ」との一期一会の現場に立ち会ってきたhitoさん。50年以上前の海外の洋服が、海を渡ってお客さんのもとに届く。ヴィンテージ服とお客さんとの出会いは、それ自体がひとつの「物語」なのです。「服は毎日着るものなので、着るだけでワクワクできる"物語"のある洋服との出会いをプロデュースするのはやりがいのある仕事です」とhitoさん。

手をかけることで、「愛着」を育てる。

お気に入りは毎日着たい。洋服のプロに学ぶ「一着への愛着」の育てかた
流行りものの洋服だと、「来年も着られるのかな」と思うこともありますが、ヴィンテージは流行りすたりなく着られ、生地や縫製もしっかりしているものが多いので結果長く着られるといいます。なによりいいのは、「買ったときよりも大切な気持ちが増えていくこと。また、手をかけるほどその"一着への愛着"が育っていくのを感じられる」ところ。

素人でもできる、手入れのコツは?

お気に入りは毎日着たい。洋服のプロに学ぶ「一着への愛着」の育てかた
毎日ちゃんとお手入れすれば、その分だけ長く着られますが、誤った手入れをしてしまうと生地を痛めてしまうことも。買ったお客さんに手入れの方法を聞かれたら、hitoさんが必ずオススメしている方法があります。それは「パナソニックの衣類スチーマーでお手入れする」こと。繊細なヴィンテージでも失敗することがなく安心なのだそうで、hitoさん自身もおうちで愛用しているそう。

出かける前の少しのケアで、パリッとした印象に。

お気に入りは毎日着たい。洋服のプロに学ぶ「一着への愛着」の育てかた
パナソニックの衣類スチーマーは、立ち上がりがたったの約24秒とスピーディで、たっぷりのスチームが連続して広範囲に出続ける「連続・パワフル&ワイドスチーム設計」だから、朝の出がけにも短時間でサッとシワをのばすことができます。ハンガーにかけたまま使えてアイロン台なども用意しなくていいので、毎日の洋服ケアが手軽になります。特に服の背中のシワは意外と見られるものなので、しっかりケアしておきたいところです。

シワを伸ばすだけでなく、ニオイケアも。

お気に入りは毎日着たい。洋服のプロに学ぶ「一着への愛着」の育てかた
衣類スチーマーのメリットはシワを伸ばすだけではなく、ニオイケアの効果もあります。この春新しくなったパナソニックの衣類スチーマー(NI-FS540)は、「3倍パワフルスチーム」という機能もついており、ニオイの粒子を通常の約3倍のパワフルなスチームで吹き飛ばしてくれます。いつも使っているhitoさんも「(新しいモデルは)スチームが出るのが早くなったし、出る量が多いですね」とさらにグレードアップした性能にびっくりした様子。

折り目をつけたいときはアイロン台を使って

お気に入りは毎日着たい。洋服のプロに学ぶ「一着への愛着」の育てかた
アイロン面がフラットなので、通常のアイロンとしても使えます。パンツの折り目をつける時や、スカートや上着のプリーツをたたせる時には台を使ってしっかりおさえます。「プリーツは上のほうは台でしっかり押さえて、下のほうは折り目をつけすぎないようにスチームを使うのがコツです」とプロのワザを教えてくれました。

プロの「裏」ワザ。

お気に入りは毎日着たい。洋服のプロに学ぶ「一着への愛着」の育てかた
「ちょっと繊細な生地の場合は、裏側からスチームをあてるといいですよ」と、ヴィンテージショップならではの「裏」ワザを披露してくれたhitoさん。買い付けからボタンやほつれの修繕、そして店頭に並んで買われていくまでを見つめ続けてきたからこそ、優しく愛情のこもった洋服のケア方法と、生地を見つめる愛着あふれる瞳が印象的でした。

新しくなったパナソニックの衣類スチーマーで「愛着」を育てよう。

お気に入りは毎日着たい。洋服のプロに学ぶ「一着への愛着」の育てかた
新しい服でも、ヴィンテージでも。お気に入りの服をちゃんと手入れする習慣は持ちたいもの。毎日のケアによって衣類の状態にも敏感になりますし、なにより一着一着への愛着を育んでいくことって素敵なこと。
新しくなったパナソニックの「衣類スチーマー NI-FS540」(4月下旬発売予定/オープン価格)は、新機能の3倍パワフルスチームの他にも、約24秒のスピーディな立ち上がり、連続・パワフル&ワイドスチーム、左利きでも使いやすい360度スチームや705gの軽量ボディなど使いやすさ抜群。毎朝少しのケアで、素敵な印象を与えられる女性になりましょう。
icons Googl Play