ポイントを押さえて脱・マンネリ♪いつもの「黒コーデ」をクラスアップさせる着こなし術

ポイントを押さえて脱・マンネリ♪いつもの「黒コーデ」をクラスアップさせる着こなし術

同じような印象になりやすく、マンネリ化しやすい黒コーデ。黒で揃えるだけでおしゃれに見えるので便利な着こなしではありますが、重たく暗い印象を招いてしまう一面も。黒コーデをもっと軽やかに、いつもとちょっと違う、と思わせられるようなスタイリングをしてみませんか?黒コーデをもっとおしゃれに着こなすためのポイントをご紹介します。 2018年02月03日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
コーディネート
カラー
ブラックコーデ
差し色
ワントーンコーデ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
636

黒一色のコーデはマンネリ化しやすい…

黒のワントーンコーデは、おしゃれに見えるけれど重くなりやすかったり、マンネリ化しやすいのが難点。そこで今回は黒一色コーデの印象を簡単に変えられるポイントと、素敵なコーデをご紹介します。
出典:

黒のワントーンコーデは、おしゃれに見えるけれど重くなりやすかったり、マンネリ化しやすいのが難点。そこで今回は黒一色コーデの印象を簡単に変えられるポイントと、素敵なコーデをご紹介します。

脱・マンネリ!「黒コーデ」攻略法

赤を差し色に使う

黒コーデはダークな印象になりやすいので、ビビッドで明るい赤を差し色に使うテクニックがおすすめ。マフラーやストールなどでプラスすると、顔の印象も明るくなります。
出典:www.instagram.com(@__784__)

黒コーデはダークな印象になりやすいので、ビビッドで明るい赤を差し色に使うテクニックがおすすめ。マフラーやストールなどでプラスすると、顔の印象も明るくなります。

こちらは靴下で赤をプラスしている着こなし。ワンピースの折り返し部分やバッグなどの小物に白が入ることで、より軽やかな印象になります。
出典:

こちらは靴下で赤をプラスしている着こなし。ワンピースの折り返し部分やバッグなどの小物に白が入ることで、より軽やかな印象になります。

ワンピース・タイツ・シューズ、全身黒一色のワントーンコーデ。これだけだと重くなるので、クラッチバッグでさりげなく赤をプラス。赤の面積が大きくないので、派手になり過ぎることもありません。
出典:

ワンピース・タイツ・シューズ、全身黒一色のワントーンコーデ。これだけだと重くなるので、クラッチバッグでさりげなく赤をプラス。赤の面積が大きくないので、派手になり過ぎることもありません。

ベージュ系の小物をプラス

黒コーデには、ベージュや白系の爽やかカラーの小物をプラスするのもおすすめです。黒の中にコサージュやブローチなどで一点だけホワイト系のアイテムがあると、パッと目を惹くアクセントになってくれます。
出典:

黒コーデには、ベージュや白系の爽やかカラーの小物をプラスするのもおすすめです。黒の中にコサージュやブローチなどで一点だけホワイト系のアイテムがあると、パッと目を惹くアクセントになってくれます。

こちらは黒コーデに、ベージュのニット帽を合わせた着こなしです。トップにカラーを持ってくることで、全身黒でもカジュアルで可愛らしい印象に。
出典:

こちらは黒コーデに、ベージュのニット帽を合わせた着こなしです。トップにカラーを持ってくることで、全身黒でもカジュアルで可愛らしい印象に。

白色のインナーを仕込む

いつも黒でまとめている着こなしの、インナーだけを白に変えるのもおしゃれ見えするテクニックの一つです。上品な印象のモノクロコーデに仕上がります。
出典:

いつも黒でまとめている着こなしの、インナーだけを白に変えるのもおしゃれ見えするテクニックの一つです。上品な印象のモノクロコーデに仕上がります。

黒のカーディガンに、白のタートルネックをインした着こなし。靴下も白色で合わせて、黒コーデの中にメリハリを利かせています。
出典:

黒のカーディガンに、白のタートルネックをインした着こなし。靴下も白色で合わせて、黒コーデの中にメリハリを利かせています。

こちらも黒コーデに、ハイネックの白インナーを合わせています。靴下などを見せずに全身真っ黒で揃える時は、インナーの白が柔らかさと女性らしさを与えてくれるエッセンスに。
出典:

こちらも黒コーデに、ハイネックの白インナーを合わせています。靴下などを見せずに全身真っ黒で揃える時は、インナーの白が柔らかさと女性らしさを与えてくれるエッセンスに。

靴やバッグを差し色に使う

黒コーデの雰囲気をいつもと変えたい時は、靴やバッグで黒以外のカラーを差し色としてプラスしてみましょう。こちらはバッグとスニーカーで白をプラスしてモノトーンコーデに。
出典:www.instagram.com(@__784__)

黒コーデの雰囲気をいつもと変えたい時は、靴やバッグで黒以外のカラーを差し色としてプラスしてみましょう。こちらはバッグとスニーカーで白をプラスしてモノトーンコーデに。

黒ワンピースに、茶色のバッグと白スニーカーで色をプラス。バッグや靴を変えるだけで、黒ワンピースの印象も大きく変わりますね。
出典:

黒ワンピースに、茶色のバッグと白スニーカーで色をプラス。バッグや靴を変えるだけで、黒ワンピースの印象も大きく変わりますね。

黒のタートルネックワンピースに、黒のタイツとスニーカー。バッグとシューズに少し入った白色が、黒コーデを大人上品な印象にまとめています。
出典:

黒のタートルネックワンピースに、黒のタイツとスニーカー。バッグとシューズに少し入った白色が、黒コーデを大人上品な印象にまとめています。

黒に近いネイビーやグレーを合わせる

黒一色だけでまとめる着こなしに飽きてしまったという方は、黒に近い濃いネイビーやグレーのアイテムをプラスしてみましょう。ちょっとした色の違いが、黒コーデの印象を軽やかにしてくれます。
出典:

黒一色だけでまとめる着こなしに飽きてしまったという方は、黒に近い濃いネイビーやグレーのアイテムをプラスしてみましょう。ちょっとした色の違いが、黒コーデの印象を軽やかにしてくれます。

黒のワンピースに、グレーのレギンスを合わせた着こなし。黒タイツやレギンスを合わせるとシンプルで重たい印象になるので、よい切替カラーになっていますね。
出典:

黒のワンピースに、グレーのレギンスを合わせた着こなし。黒タイツやレギンスを合わせるとシンプルで重たい印象になるので、よい切替カラーになっていますね。

黒のブラウスに濃いネイビーのパンツを合わせたスタイル。バッグやシューズも黒でまとめているので、おしゃれで上品なコーデに仕上がっています。
出典:

黒のブラウスに濃いネイビーのパンツを合わせたスタイル。バッグやシューズも黒でまとめているので、おしゃれで上品なコーデに仕上がっています。

柄のある黒アイテムを選ぶ

黒コーデはどうしても重くなってしまうから苦手という方は、柄の入った黒アイテムを選ぶのがおすすめです。あまり派手過ぎない柄を選ぶことで落ち着いた印象になり、黒コーデ初心者さんでも簡単にワントーンコーデに挑戦しやすくなります。
出典:

黒コーデはどうしても重くなってしまうから苦手という方は、柄の入った黒アイテムを選ぶのがおすすめです。あまり派手過ぎない柄を選ぶことで落ち着いた印象になり、黒コーデ初心者さんでも簡単にワントーンコーデに挑戦しやすくなります。

こちらはさりげなくストライプが入ったワンピースに、黒いボトムスを合わせた着こなし。良く見ないとわからないくらいにさりげない柄なら、黒コーデのカッコよさが薄まることもありません。
出典:

こちらはさりげなくストライプが入ったワンピースに、黒いボトムスを合わせた着こなし。良く見ないとわからないくらいにさりげない柄なら、黒コーデのカッコよさが薄まることもありません。

マットなデザインが施されているこちらのワンピースなら、全身黒で揃えても、クラシカルで上品な印象に仕上がっていますね。
出典:

マットなデザインが施されているこちらのワンピースなら、全身黒で揃えても、クラシカルで上品な印象に仕上がっていますね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
どうしてもマンネリしがちな黒コーデ。マンネリ解消ポイントを押さえて、いろんな合せ方を楽しんでみてくださいね♪
出典:

いかがでしたでしょうか?
どうしてもマンネリしがちな黒コーデ。マンネリ解消ポイントを押さえて、いろんな合せ方を楽しんでみてくださいね♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play