気分までほっこり*「ミルクティー配色」で優しげコーディネートをつくってみませんか?

気分までほっこり*「ミルクティー配色」で優しげコーディネートをつくってみませんか?

どうしても冬の着こなしは重苦しくなってしまう…。そんな悩みをお持ちの方は、「ミルクティー」のようなまろやか配色でスタイリングしてみるのはいかが?とっても新鮮で、ナチュラルな着こなしが完成しますよ♪ 2018年02月01日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
コーディネート
アースカラー
ナチュラルコーディネート
着こなし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1427

冬のコーディネートはミルクティー配色で

ベージュにキャメル、ブラウンにオフホワイト…。そんなミルクティーを思わせる色使いで洋服を組み合わせると、コーディネートがマイルドに仕上がり、同時にバツグンのおしゃれ感も叶えてくれます。もちろん、冬にありがちな着こなしの重見え回避にも効果的♪今回は、そんなミルキーコーディネートのスタイリング実例を、たっぷりご紹介していきたいと思います。

出典: www.instagram.com(@crouka1953)

ベージュにキャメル、ブラウンにオフホワイト…。そんなミルクティーを思わせる色使いで洋服を組み合わせると、コーディネートがマイルドに仕上がり、同時にバツグンのおしゃれ感も叶えてくれます。もちろん、冬にありがちな着こなしの重見え回避にも効果的♪今回は、そんなミルキーコーディネートのスタイリング実例を、たっぷりご紹介していきたいと思います。

ホワイトのニットにベージュボトムを合わせて

シンプルコーディネートにソフトさをプラス

ざっくりニットにコーデュロイパンツ。この時期らしい定番スタイルも、ミルクティーなカラーブロックで今っぽい装いに。

出典: www.instagram.com(@hasen_._)

ざっくりニットにコーデュロイパンツ。この時期らしい定番スタイルも、ミルクティーなカラーブロックで今っぽい装いに。

ブラック小物で輪郭はハッキリと

全身のぼんやり感をなくしたいときは、ブラックの帽子&シューズがお役立ち。チェーンネックレスを加えれば、さり気ないリッチ感も演出できます。

出典: www.instagram.com(@heritagew)

全身のぼんやり感をなくしたいときは、ブラックの帽子&シューズがお役立ち。チェーンネックレスを加えれば、さり気ないリッチ感も演出できます。

フラワー刺繍で女性らしく

上下のまろやかな色使いに、可憐なお花模様の刺繍。すべての要素が相まって、コーディネートにナチュラルスウィートなムードが漂います。

出典: www.instagram.com(@parici_official)

上下のまろやかな色使いに、可憐なお花模様の刺繍。すべての要素が相まって、コーディネートにナチュラルスウィートなムードが漂います。

大きめニットはフロントINが◎

オーバーサイズのバルキーニットは、裾を少しパンツに入れるだけでバランスアップ!袖口からは指先だけ出すようにすると、キュートさがさらに引き立ちます。

出典: www.instagram.com(@miki__072)

オーバーサイズのバルキーニットは、裾を少しパンツに入れるだけでバランスアップ!袖口からは指先だけ出すようにすると、キュートさがさらに引き立ちます。

落ち着きのあるブラウンニットをトップスに

優しいコントラストが生む絶妙グラデーション

キャメル寄りの色味なら、ブラウンニットもフレッシュなイメージをキープ。もこもこのウォーミーバッグで、季節感も匂わせておきましょう。

出典: www.instagram.com(@aaraataamaa)

キャメル寄りの色味なら、ブラウンニットもフレッシュなイメージをキープ。もこもこのウォーミーバッグで、季節感も匂わせておきましょう。

フリルつきインナーでガーリッシュに

ひとつボタンのカーディガンに、フリルが控えめあしらわれハイネックプルオーバー。そんな甘めの合わせでも、ミルクティー配色なら子供っぽい仕上がりにはなりません。

出典: www.instagram.com(@_bulledesavon_)

ひとつボタンのカーディガンに、フリルが控えめあしらわれハイネックプルオーバー。そんな甘めの合わせでも、ミルクティー配色なら子供っぽい仕上がりにはなりません。

裾から見えるホワイトがアクセント

少し濃いめのブラウンニットには、爽やかなホワイトのインナーを指名。裾から少し覗かせることで、コーディネート全体がクリーンに転びます。

出典: www.instagram.com(@hasen_._)

少し濃いめのブラウンニットには、爽やかなホワイトのインナーを指名。裾から少し覗かせることで、コーディネート全体がクリーンに転びます。

コートもまろやかカラーをセレクト

淡いベージュでナチュラルな雰囲気に

ミルクティー配色の着こなしでは、もちろんアウターもマイルドカラーをセレクト。色に軽さがあるので、ロングコートでも重たい印象になりません。

出典: www.instagram.com(@chambre_de_charme_official)

ミルクティー配色の着こなしでは、もちろんアウターもマイルドカラーをセレクト。色に軽さがあるので、ロングコートでも重たい印象になりません。

ダッフルコートも薄いカラーリングが新鮮

ブラックやネイビーなど、濃いめの色味が多いトラディショナルなダッフルコート。ライトベージュにするだけで、グッと今年らしい装いが完成します。

出典: www.instagram.com(@parici_official)

ブラックやネイビーなど、濃いめの色味が多いトラディショナルなダッフルコート。ライトベージュにするだけで、グッと今年らしい装いが完成します。

ミルクティースタイルがもっとこなれる着こなし技

ぬくぬく帽子で冬らしさを醸して

ミルクティーコーディネートは色の対比が弱いので、その分遊びのある小物使いをしてもOK!存在感のある帽子を投入すれば、着こなしに程良いインパクトが備わります。

出典: www.instagram.com(@parici_official)

ミルクティーコーディネートは色の対比が弱いので、その分遊びのある小物使いをしてもOK!存在感のある帽子を投入すれば、着こなしに程良いインパクトが備わります。

ボーダーを仕込んでパリシックに

オフホワイトのカーディガンに、ベーシックなボーダープルオーバーを忍ばせて。カジュアルなボーダーも、ベージュ系アイテムのおかげで上品な表情に変わります。

出典: www.instagram.com(@parici_official)

オフホワイトのカーディガンに、ベーシックなボーダープルオーバーを忍ばせて。カジュアルなボーダーも、ベージュ系アイテムのおかげで上品な表情に変わります。

オートミールのストールをぐるり

ひんやりとした冷気が気になる首回り。オートミールカラーのストールで、防寒とルックの格上げを狙いましょう♪

出典: www.instagram.com(@hacbywondermountain)

ひんやりとした冷気が気になる首回り。オートミールカラーのストールで、防寒とルックの格上げを狙いましょう♪

グレーを重ねて大人っぽく

温かみのあるミルクティーコーディネートに、あえてシャープなグレー小物をプラス。柔らかなイメージを残しつつ、ほんのりアーバンな趣に引っ張れます。

出典: www.instagram.com(@heritagew)

温かみのあるミルクティーコーディネートに、あえてシャープなグレー小物をプラス。柔らかなイメージを残しつつ、ほんのりアーバンな趣に引っ張れます。

今年はミルクティー配色を満喫しよう

ダークに偏りがちな真冬のスタイリング。ミルクティーコーディネートなら、派手色を使う必要もなく、シンプルリッチな着こなしが実現します。ぜひ参考にして、いつもの装いを上品にトーンアップさせてみてくださいね♪

出典: www.instagram.com(@aaraataamaa)

ダークに偏りがちな真冬のスタイリング。ミルクティーコーディネートなら、派手色を使う必要もなく、シンプルリッチな着こなしが実現します。ぜひ参考にして、いつもの装いを上品にトーンアップさせてみてくださいね♪

キナリノアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play