“大人の女性”だからこそ似合う。エフォートレスでナチュラルな「ジャケット」着こなし術

“大人の女性”だからこそ似合う。エフォートレスでナチュラルな「ジャケット」着こなし術

1年を通して活躍してくれるジャケット。カジュアルにもエレガントにも表情を変えられる永遠のマストアイテムを、無難に着こなすだけではちょっぴり味気ない。カチッとキメすぎず、ほどよい抜け感を出すポイントを押さえて、余裕のある洗練された大人の女性の魅力を引き立たせましょう。素材・カラー・デザイン・スタイル別 に、肩の力を入れすぎずに楽しめるジャケットコーディネートのコツをご紹介します。 2018年01月11日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
アウター
ジャケット
コーディネート
秋冬ファッション
大人ナチュラル
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
231

【素材】で選ぶジャケットコーデ

リネンジャケット

優しい着心地のリネンジャケットは、幅広い季節に使える万能アイテムです。カジュアルなTシャツやゆったりめのYシャツをインナーにして、あえて崩したラフさをプラスして。シルエットをシャープにしすぎないことで、柔らかい素材感を活かすナチュラルな着こなしになります。ワンピースやメンズライクの太めパンツを合わせる時には、重くなりすぎないように色でメリハリをつけてみて。
出典:

優しい着心地のリネンジャケットは、幅広い季節に使える万能アイテムです。カジュアルなTシャツやゆったりめのYシャツをインナーにして、あえて崩したラフさをプラスして。シルエットをシャープにしすぎないことで、柔らかい素材感を活かすナチュラルな着こなしになります。ワンピースやメンズライクの太めパンツを合わせる時には、重くなりすぎないように色でメリハリをつけてみて。

ウールジャケット

ウール製のジャケットは、伸縮性が高く着心地が快適。型崩れしにくいのも嬉しい特徴です。保温性が高く、1着あれば冬にも便利。シフォンワンピースやゆとりのあるパンツと合わせると、清楚で柔らかい表情になります。
出典:

ウール製のジャケットは、伸縮性が高く着心地が快適。型崩れしにくいのも嬉しい特徴です。保温性が高く、1着あれば冬にも便利。シフォンワンピースやゆとりのあるパンツと合わせると、清楚で柔らかい表情になります。

ツイードジャケット

エレガントな印象を持つツイードジャケット。シンプルなアイテムと組み合わせると、素材の存在感が引き立ちます。パンツスタイルと合わせれば、甘くなりすぎない大人のコーデに。スリムなスキニージーンズと組み合わせる時には、ショートブーツやパンプスで足元を引き締めると上品さが漂うシルエットに仕上がります。
出典:

エレガントな印象を持つツイードジャケット。シンプルなアイテムと組み合わせると、素材の存在感が引き立ちます。パンツスタイルと合わせれば、甘くなりすぎない大人のコーデに。スリムなスキニージーンズと組み合わせる時には、ショートブーツやパンプスで足元を引き締めると上品さが漂うシルエットに仕上がります。

コットンジャケット

コットンジャケットは、なんといっても軽やかさが魅力です。カジュアルに着こなせて、普段使いに大活躍。シャープさを出したい時には、インナーをシンプルに。ボートネックやVネックを合わせると、都会らしさが演出できます。
出典:

コットンジャケットは、なんといっても軽やかさが魅力です。カジュアルに着こなせて、普段使いに大活躍。シャープさを出したい時には、インナーをシンプルに。ボートネックやVネックを合わせると、都会らしさが演出できます。

差がつく【定番カラー】の着こなし

ブラック

コーディネートしやすいけれど、無難にもなりがちな黒ジャケット。同系色のベルトをジャケットの上からしてみたり、インナーや小物に差し色を加えてみたり、ちょっとしたテクニックでおしゃれ度が断然アップします。清潔感のある白をインナーにしたら、スニーカーも白で合わせてみると、さりげなく上級者らしいスタイルになりますよ。
出典:

コーディネートしやすいけれど、無難にもなりがちな黒ジャケット。同系色のベルトをジャケットの上からしてみたり、インナーや小物に差し色を加えてみたり、ちょっとしたテクニックでおしゃれ度が断然アップします。清潔感のある白をインナーにしたら、スニーカーも白で合わせてみると、さりげなく上級者らしいスタイルになりますよ。

ネイビー

飽きずに長く使い続けられるネイビーのジャケット。相性の良いカラーは、白、グレー、水色、キャメルなど。ネイビーを羽織るだけで全体が引き締まるので、インナーやボトムスにチェックや花のプリントなど柄を重ねてもOKです。
出典:

飽きずに長く使い続けられるネイビーのジャケット。相性の良いカラーは、白、グレー、水色、キャメルなど。ネイビーを羽織るだけで全体が引き締まるので、インナーやボトムスにチェックや花のプリントなど柄を重ねてもOKです。

グレー

失敗しないジャケットカラーといえば、グレーです。どんなボトムスとも、どんなネックとも合わせやすい優等生。安定感を求めるなら淡い色のアイテムを、逆にメリハリをつけたいなら濃い色を合わせましょう。ストライプのYシャツやボーダーのニットをチョイスするだけでも、表情が豊かに変わります。
出典:

失敗しないジャケットカラーといえば、グレーです。どんなボトムスとも、どんなネックとも合わせやすい優等生。安定感を求めるなら淡い色のアイテムを、逆にメリハリをつけたいなら濃い色を合わせましょう。ストライプのYシャツやボーダーのニットをチョイスするだけでも、表情が豊かに変わります。

ベージュ

ベーシックなカラーの中でも特に奥行きのあるスタイルを作ることができるのが、ベージュ。ビビッドな色と合わせても上品さを保てる、着まわし力に優れた鉄板カラーです。主張しすぎない大人の上質感を出すには、服はシンプルにそろえ、伊達眼鏡や帽子などの小ワザで旬を取り入れるのが効果的。
出典:

ベーシックなカラーの中でも特に奥行きのあるスタイルを作ることができるのが、ベージュ。ビビッドな色と合わせても上品さを保てる、着まわし力に優れた鉄板カラーです。主張しすぎない大人の上質感を出すには、服はシンプルにそろえ、伊達眼鏡や帽子などの小ワザで旬を取り入れるのが効果的。

決め手にしたい【デザイン】のポイント

ヘリンボーン柄

クラシカルなジャケット柄の1つが、ヘリンボーンです。「ニシンの骨」とも訳されていますが、V字型の織り模様が入った柄のことを言います。レトロでシックなイメージがあり、リッチなおしゃれ感を出せるデザインです。
出典:

クラシカルなジャケット柄の1つが、ヘリンボーンです。「ニシンの骨」とも訳されていますが、V字型の織り模様が入った柄のことを言います。レトロでシックなイメージがあり、リッチなおしゃれ感を出せるデザインです。

シャープに見せてくれる効果があるヘリンボーンジャケット。シンプルなデニムスタイルをスマートにまとめることができます。
出典:

シャープに見せてくれる効果があるヘリンボーンジャケット。シンプルなデニムスタイルをスマートにまとめることができます。

ノーカラー

フェミニンにもクールにも、日によって雰囲気を変えられるのが、ノーカラージャケットです。ポイントは、襟がないこと。ノーカラーの場合、冬にはタートルニットと合わせるのが定番ですが、首元をスッキリさせれば華奢な美しさが魅力的に。デニムパンツ+カジュアルシューズという崩したスタイルも、上品なシルエットのノーカラージャケットを加えればスタイリッシュに変身します。コーディネートのバリエーションを楽しみたい人は、ぜひ持っていたいデザインです。
出典:

フェミニンにもクールにも、日によって雰囲気を変えられるのが、ノーカラージャケットです。ポイントは、襟がないこと。ノーカラーの場合、冬にはタートルニットと合わせるのが定番ですが、首元をスッキリさせれば華奢な美しさが魅力的に。デニムパンツ+カジュアルシューズという崩したスタイルも、上品なシルエットのノーカラージャケットを加えればスタイリッシュに変身します。コーディネートのバリエーションを楽しみたい人は、ぜひ持っていたいデザインです。

【スタイル別】ジャケットを活かすコツ

コットン製のジャケットは他のどんな素材とも相性が良く、秋冬は「ジャケットonアウター」もおしゃれにキマります。
出典:

コットン製のジャケットは他のどんな素材とも相性が良く、秋冬は「ジャケットonアウター」もおしゃれにキマります。

+カジュアルジーンズ

ベーシックなテーラードジャケット+ジーンズは、カッコ可愛いカジュアルコーデの定番。そこに今っぽい大人の個性を出すなら、ざっくりジャケットを選ぶのがおすすめ。ジャケットそのものがシンプルなデザインの場合は、インナーに目を惹くカラーを合わせてスパイスを加えてみて。
出典:

ベーシックなテーラードジャケット+ジーンズは、カッコ可愛いカジュアルコーデの定番。そこに今っぽい大人の個性を出すなら、ざっくりジャケットを選ぶのがおすすめ。ジャケットそのものがシンプルなデザインの場合は、インナーに目を惹くカラーを合わせてスパイスを加えてみて。

+ふんわりスカート

スタイルのコンプレックスもカバーできるスカートスタイル。リネン生地など軽めのジャケット素材を選ぶと、重たくならずスッキリとした印象になります。細身シルエットを作りたければ、同系色を重ねて縦長ラインを強調するのがポイント。袖をまくってラフさを出したり、ショールやシューズでワンポイントアクセントをつけましょう。
出典:

スタイルのコンプレックスもカバーできるスカートスタイル。リネン生地など軽めのジャケット素材を選ぶと、重たくならずスッキリとした印象になります。細身シルエットを作りたければ、同系色を重ねて縦長ラインを強調するのがポイント。袖をまくってラフさを出したり、ショールやシューズでワンポイントアクセントをつけましょう。

裾に膨らみがあるバルーンジャケットは、スカートスタイルと合わせて柔らかな印象を作ることができます。小柄な人は、スカートの丈をあまり長くしすぎないほうがバランス良く見えます。
出典:

裾に膨らみがあるバルーンジャケットは、スカートスタイルと合わせて柔らかな印象を作ることができます。小柄な人は、スカートの丈をあまり長くしすぎないほうがバランス良く見えます。

+ワイドパンツ

ワイドパンツは上手にコーディネートすれば美脚効果抜群です。合わせやすいのは、ノーカラーのショートジャケット。柔らかな肌触りの素材を選べば、ほどよくリラックス感のあるスタイルが完成します。型にはまりすぎないラフさを楽しむことこそが、大人の女性のおしゃれの醍醐味。スニーカーやダーク系のブーツと合わせてマニッシュさを演出するのもいいですね。
出典:

ワイドパンツは上手にコーディネートすれば美脚効果抜群です。合わせやすいのは、ノーカラーのショートジャケット。柔らかな肌触りの素材を選べば、ほどよくリラックス感のあるスタイルが完成します。型にはまりすぎないラフさを楽しむことこそが、大人の女性のおしゃれの醍醐味。スニーカーやダーク系のブーツと合わせてマニッシュさを演出するのもいいですね。

ゆるっと“抜け感”を出して着こなしましょう!

“大人の女性”だからこそ似合う。エフォートレスでナチュラルな「ジャケット」着こなし術
出典:
いかがでしたでしょうか。気になるジャケットタイプはありましたか?
自分らしさをためらわず出せること、そして上品さをラフに着こなせることが、落ち着いた大人の美しさです。あえて遊びをプラスして、カジュアルとフォーマルをミックスしつつ、いつもとは違うスタイルにチャレンジしてみてください。オンでもオフでも、リラックスできるおしゃれを楽しみましょう。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play